アブヤーネとは
【あぶやーね】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:7FA]地理 
ابیانه
イランの中部、エスファハンとカシャーンの間ほどのところにある集落で、サファヴィー朝以前にあたるゾロアスター教時代の文化を色濃く留めることで知られる村である。
斜面の上に赤土で作られた家々が並ぶ様は実に美しいと評され、それはまさにこの地の悠遠の時代を旅人の脳裏に思い起こさせよう。
■関連キーワード
関ジャニ∞ / ゾロアスター教 / インド / イラン
[emoji:02A]最終更新日13/6/13
[emoji:510]「アブヤーネ」関連商品
E06 地球の歩き方 イラン 2012〜2013 イラン人は面白すぎる! (光文社新書) イランの歴史イラン・イスラーム共和国高校歴史教科書 (世界の教科書シリーズ45) イランの野望 浮上する「シーア派大国」 (集英社新書)
[emoji:B85]「アブヤーネ」をもっと検索
[emoji:539]「アブヤーネ」を含むブログ
[emoji:527]些事記
[emoji:330]printt[emoji:02A]18/4/16
[emoji:527]たからづか山便り
[emoji:330]hanasanpo[emoji:02A]10/3/30
[emoji:814]「アブヤーネ」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る