ダムとは
【だむ】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:B56]サイエンス 
ダムとは、河川などの水をせき止めるために設けられる土木構造物である。
狭義では日本の河川法に準じた区分により、基礎地盤から堤頂までが15m以上ある堰堤をダムと呼び(特に区別したい場合は大ダムや高ダムと呼ぶ)、15m以下の物は堰、もしくは単に堰堤と呼ぶ。また、水以外の物を貯留することを目的とした構造物(砂防ダムなど)は法律上ダムとは異なる物として扱われる。
なお、ダムの定義は、国により違いがあり、国際大ダム会議(1928年創設)では、堤高が5.0m以上かつ貯水容量が300万m³以上の堰堤を「ダム」として定めている。
ダムは材質(コンクリート・岩石等)や構造(重力式・アーチ式等)により分類される。
主な形式とその例を下記に示す。
日本国内にある既設及び建設・計画中の大ダムについてまとめた資料として、財団法人日本ダム協会より「ダム年鑑」が毎年刊行されている。また、同協会のサイトにある「ダム便覧」というサイトから同様の内容を得ることが出来る。
■関連キーワード
ダム湖 / 都道府県 / Jリーグ / 長野駅
[emoji:02A]最終更新日17/10/16
[emoji:510]「ダム」関連商品
地球の歩き方JAPAN ダムの歩き方 全国版はじめてのダム旅入門ガイド (地球の歩き方 JAPAN) ダムカード大全集 Ver.2.0 トコトンやさしいダムの本 (今日からモノ知りシリーズ) ダム大百科 (ブルーガイド・グラフィック)
[emoji:B85]「ダム」をもっと検索
[emoji:4CE]「ダム」のニュース
[emoji:539]「ダム」を含むブログ
[emoji:527]水辺遍路
[emoji:330]cippillo[emoji:02A]18/10/23
[emoji:814]「ダム」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る