干支とは
【えと】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:03C]一般 
えと〔「兄エ弟オト」の意〕
(一)〔旧暦で〕十干(ジッカン)と十二支(ジュウニシ)を順次組み合わせて年月日に当てたもの。年の場合、同一の組合せは六十年ごとに再現。その理由は、十干に対し、十二支の方が二項多いので、順次組合せがずれて行き、両者の末尾が再びそろい、最初の組合せに戻るのに六十年かかることによる。→本卦還(ホンケガエ)り・還暦・華甲(カコウ)
(二)俗に、十二支の称。「来年の―は寅トラ」
[表記]普通、「{干支}」と書く。
新明解国語辞典、改行は引用者)
関連キーワード
■関連キーワード
カレンダー / 著作権 / 著作権法 / 普通な
[emoji:02A]最終更新日03/9/15
[emoji:510]「干支」関連商品
【新装版】干支の活学人間学講話 (安岡正篤人間学講話) 干支一運60年の天皇紀: 藤原不比等の歴史改作システムを解く かぎ針編みで 2サイズ楽しめる! 干支のあみぐるみ (アサヒオリジナル) アニア 干支アニア 戌 (柴犬)
[emoji:B85]「干支」をもっと検索
[emoji:4CE]「干支」のニュース
[emoji:539]「干支」を含むブログ
[emoji:527]金烏玉兎庵
[emoji:330]kinugyokutoan[emoji:02A]18/10/20
[emoji:527]金烏玉兎庵
[emoji:330]kinugyokutoan[emoji:02A]18/10/20
[emoji:527]金烏玉兎庵
[emoji:330]kinugyokutoan[emoji:02A]18/10/20
[emoji:814]「干支」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る