裁判とは
【さいばん】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:4B2]社会 
裁判(さいばん)とは、社会における利害の衝突や犯罪等に対してその解決や線引きを行うため、第三者が行う法的に効力のある判定である。
広辞苑からの引用を示す。
(「宰判」とも書く)物事を治め管理すること。また、民政を管理すること。
正邪・曲直を判定すること。
〔法〕裁判所裁判官が具体的事件につき公権に基づいて下す判断。訴訟法上は、判決・決定・命令の3種に細分。
広辞苑 第五版 普通版 - はてなキーワード
裁判は不法な者を法で裁く事が出来るものであるので、不法行為に出会ったら積極的に行っていくのが望ましい。
日本における裁判
日本国憲法32条に「何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない。」とあるように、裁判所裁判を受ける権利はかなり不可侵的な権利であるので、刑務所で刑を受けていても、また精神科病院強制入院となっていても、これを受ける事が可能である*1
訴えが裁判所によって「受理」されると「事件」となり「事件番号」が割り振られる。
なお、日本の裁判においては書面主義を採用しており、準備書面によって主張を行っていく事になる。
公判期日の口頭弁論においては準備した書面を全て読み上げもせず、主張は「準備書面の通りです。」の一言で終わりであり、後は裁判官からの確認や次回期日の設定をして終わりである。一般的な民事訴訟であれば一回20分といったところであろう。
某ゲームの様に「異議あり!」「待った!」「(つきつけ)」等は、まぁ、無い。ありゃ罠だ。
裁判の費用
裁判には多くの費用と時間がかかると思われているが、それは弁護士に依頼をした場合で、本人訴訟を行う場合は然程費用は必要無い。
民事訴訟で費用として必要なのは、訴状に貼付する手数料としての収入印紙*2通信に必要な切手裁判関係では郵券と言われる)*3、程度である。少額訴訟などは1万円内で全費用が済む場合も多いだろう。また、裁判費用*4については負けた側が支払う事になっているため確実に勝てるのであれば費用については後でその負担が無くなる。弁護士を頼まなければ訴訟は気軽に起こす事が出来る額なのである(なお、代理人(通常は弁護士)を使わずに行う訴訟一般本人訴訟と言う)。
また、刑事訴訟においては被害者は警察又は検察告訴告発、あるいは通報(単なる情報提供。実は犯罪に対してあまり望ましくない官憲への通知手段である。*5)を行う事により、後は国家の負担で調査(捜査)や訴訟が行われる事になる (続きがあります)
[emoji:03E]次へ
■関連キーワード
京都市 / ネットワーク / ドラマ / 八王子市
[emoji:02A]最終更新日16/3/20
[emoji:510]「裁判」関連商品
裁判官は劣化しているのか 裁判官! 当職そこが知りたかったのです。 -民事訴訟がはかどる本- 日本の裁判がわかる本 冤罪と裁判 (講談社現代新書)
[emoji:B85]「裁判」をもっと検索
[emoji:4CE]「裁判」のニュース
[emoji:539]「裁判」を含むブログ
[emoji:527]BIGFACEs Opinion
[emoji:330]thebigface[emoji:02A]19/4/26
[emoji:527]BLOG@NO/ON (避難所)
[emoji:330]tataki[emoji:02A]19/4/26
[emoji:814]「裁判」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る