資本金とは
【しほんきん】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:03C]一般 
→資本
会社の運営の基礎として、出資者が提供した扱いとする金額。会社法の第三節、第四百四十五条から第四百五十一条において規定される。
もともとは泡沫会社の乱立を防ぐために導入された制度で、一定額以上の責任財産を会社に保有させるという意味合いがある。
株式会社資本金は、時価発行増資をした場合は、発行済み株式×額面とは一致しなくなる。
[emoji:02A]最終更新日08/3/26
[emoji:510]「資本金」関連商品
法人税における資本金等の額企業会計と法人税との調整 図解 いちばんやさしい会社の作り方資本金0円でもしっかりできる お金と経済の本質 [価値を創出するものが豊かになる] [DVD] 稼ぐ人が実践している お金のPDCA
Wikipedia では
資本金(しほんきん)とは、株式会社財産を堅持するうえで基準とする一定計算上の数額のことをいう。転じて、何か事を行う場合の元手をさす場合もある。 会社法における資本金 *会社法は、以下で条数のみ記載する。 物的会社株式会社有限会社)に一定額以上の責任財...
[emoji:03E]続きを読む
出典: フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
[emoji:B85]「資本金」をもっと検索
[emoji:814]「資本金」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る