七草粥とは
【ななくさがゆ】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:980]食べ物 
毎年1月7日(人日の節句)に春の七草を入れて炊いた粥。また、1月7日の朝に食し、新年の無病息災・豊年を願う行事のこと。「菜粥」、「薺(なずな)粥」とも。新年の季語
正月疲れで弱った胃腸を労わる意味合いもあると言われる。
基本の七草(「春の七草」)
※()内は、読み方と別名
七草の中から数種のみを用いる簡略型、七草の代わりにほうれん草や三つ葉を用いる代用型も。地域差あり。
参考リンク
レシピ
[emoji:03E]次へ
■関連キーワード
人日の節句 / 春の七草 / 小正月 / ゼルダ無双
[emoji:02A]最終更新日14/1/6
[emoji:510]「七草粥」関連商品
桃屋 ごはんですよ!  ミニパック箱入り (10g×6包)×6箱 七草粥三人佐平次捕物帳 (時代小説文庫) 桃屋 ごはんですよ!  お徳用 390g 桃屋 梅ぼしのり 105g
Wikipedia では
七草(ななくさ)は、人日の節句1月7日)の朝に、7種の野菜が入った粥を食べる風習のこと。本来七草と書いた場合秋の七草を指し、正月のものは七種と書いて「ななくさ」と読むが、一般には正月のもの七草と書かれる。 昔の七草 昔の七草とは、これ以下の「春の七...
[emoji:03E]続きを読む
出典: フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
[emoji:B85]「七草粥」をもっと検索
[emoji:4CE]「七草粥」のニュース
[emoji:814]「七草粥」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る