三線とは
【さんしん】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:803]音楽 
琉球王国の版図である現在の沖縄県奄美群島を中心に長く用いられてきた弦楽器中国福建省の三弦が伝わり成立した。16世紀頃沖縄から堺に伝わった三線三味線の起源となった。
琉球民謡象徴である楽器であり、沖縄民謡琉球民謡との縁は深い。
(本土の)三味線よりも小ぶりなサイズで、胴にはニシキヘビの皮が張られている。CFCにチューニングすることを本調子、CGCにすることを二揚げと呼ぶ。ほかに一揚げ、三下げなど。
沖縄本島および先島系では爪とよばれる水牛などの角で作られた道具を指にはめて弾くが、奄美系の演奏方法では長細い棒状の竹でつくられたバチを指で挟んで奏でる。
■関連キーワード
チューニング / 三味線 / バンジョー / 宜野湾市
[emoji:02A]最終更新日14/6/23
[emoji:510]「三線」関連商品
沖縄三線 初歩の初歩入門 (初心者に絶対!!) 沖縄三線で弾く ビギンの三線曲集  [一五一会譜付] 三線で聴きたい弾きたい 沖縄のうた BEST16 DVD付 これからはじめる!! 沖縄三線入門 ~これだけは知っておきたいすべてが見て・弾けるDVD付~ (~これだけは知っておきたい すべてが見て・弾ける DVD付~)
Wikipedia では
真壁型・人工皮の三線 三線(さんしん)は三本の弦(糸)をもつ楽器弦楽器特に撥弦楽器に分類される)で、沖縄県および鹿児島県奄美地方で広く使用されている。琉球三味線とも。 中国の三弦(サンシェン)を起源とするという。16世紀には堺に伝わり、三味線のもとにな...
[emoji:03E]続きを読む
出典: フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
[emoji:B85]「三線」をもっと検索
[emoji:4CE]「三線」のニュース
[emoji:814]「三線」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る