聖教新聞とは
【せいきょうしんぶん】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:03C]一般 
創価学会の機関紙。宗教法人創価学会の出版・機関紙部門である「聖教新聞社」が発行する。
なお聖教新聞社は、宗教法人創価学会の一部門であり、独自の法人格は持たない。
1951年4月20日創刊。旬刊、週刊、週2回刊、週3回刊を経て、1965年7月に現在の日刊となる。
朝刊のみ。購読料は月ぎめ1,880円(税込み)。
公称発行部数は550万部。日本で発行されている日刊新聞では読売新聞(1000万部)、朝日新聞(800万部)に次ぐ部数となるが、創価学会員が一家で何部も購読したり、知り合いに無料で贈呈することがあるので、部数の多さに較べて影響力は低い。


聖教新聞社の構成
位置づけ
古参の創価学会員の間では、聖教新聞は「池田先生からのお手紙」と位置づけられ、大変大切にされている。このため、古くからの熱心な創価学会員では、聖教新聞の古新聞を梱包に使ったり掃除に使ったりするのを、嫌う人がいる。
紙面
一面トップは、池田大作創価学会名誉会長(SGI会長、創価大学創立者、創価学園創立者、東洋哲学研究所創立者、民音創立者など、記事によって肩書きが替わる)が、海外の大学や自治体から顕彰を受けた、という内容の記事であることが多い。
また、寸鉄という一言コメント、名字の言というコラム(朝日新聞天声人語に相当)が一面に掲載される。
ほかに本部幹部会などの大きな会合があった場合は、それが報道される。
本部幹部会などでの池田氏スピーチ記録は二・三日後に2面から3面にかけて掲載されるが、脱線や失言などは編集・カットされている。
また、日蓮正宗と対立してからは、創価学会幹部による座談会が毎日のように掲載される。
座談会は、対立する日蓮正宗僧侶や、山崎正友創価学会顧問弁護士竹入義勝公明党委員長、などへの批判を主な内容とする。座談会の発言内容が下品である、と指摘する声も一部にある。
また、一般の政治・経済・事件に関する記事も、テレビ欄直前の2面(一般紙の社会面に相当する面)にわたって掲載されている。これは独自記事ではなく、通信社から配信された記事である。
新聞漫画も掲載されているが、宗教的な教訓を含んでいることがほとんどであり、面白みにかけるきらいがある。
新聞小説としては、池田大作による「新・人間革命」が連載されている。
(筆名は法悟空。単行本化される際には池田大作名義に変更される。なお、池田氏の手によるのではなく、代筆だと指摘する人もいる) (続きがあります)
[emoji:03E]次へ
[emoji:02A]最終更新日09/12/2
[emoji:510]「聖教新聞」関連商品
青年部体験談特集 RUN IT!: 笑顔の明日に向かって 小説 聖教新聞内部告発実録ノベル 新・名字の言 選集 <新時代編> 創価学会の歴史と伝統
[emoji:B85]「聖教新聞」をもっと検索
[emoji:814]「聖教新聞」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る