存在とは
【そんざい】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:03C]一般 
文法的用法
  1. 人や事物があること、いること。また、その人や事物。
  2. 実体・基体・本質・本性など、他のものに依存することなくそれ自体としてあり、非本来的・偶有的でなく、絶対的・必然的にあるもの。
  3. 現に事実として今ここにある事や物および人間の実存。現実存在。
  4. 感覚や経験に現れるもの。現象。
概念的解釈
  1. しばしば哲学に用いられる概念。ジャン=ポール・サルトル実存主義は有名で、彼は1943年に「存在と無」という著書を発表した。
  2. 若者がしばしば陥る中二病的思想。例)「俺の存在意義とはなんなのだろう」
  3. メンヘラがしばしば陥る症状。例)「私なんてこの世に存在している価値はない」
  4. やなせたかし的思想。「何のために生まれて 何をして喜ぶ わからないまま終わる そんなのは嫌だ」
関連キーワード
実在・実存・内在・共存・併存
■関連キーワード
ヤンデレ / 哲学者 / 無神論 / 政治哲学
[emoji:02A]最終更新日11/9/3
[emoji:510]「存在」関連商品
存在せぬ帰路 (MyISBN - デザインエッグ社) 存在の耐えられない軽さ [DVD] ハイデガー『存在と時間』入門 (講談社現代新書) 見えない存在からメッセージを受け取る 超実践ワークブック
Wikipedia では
存在(そんざい、existence)とは、この世界の多様な現象を把握するために、一定の条件を満たした現象群を統合した呼称一般的にはその現象群が物理因果関係を持つ時、その現象群は存在する、と認識される。例えば何らかの塊に力を加えて動いた時、我々はその塊が物理的に...
[emoji:03E]続きを読む
出典: フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
[emoji:B85]「存在」をもっと検索
[emoji:4CE]「存在」のニュース
[emoji:814]「存在」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る