中央卸売市場とは
【ちゅうおうおろしうりしじょう】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:4B2]社会 
中央卸売市場は、卸売市場法に基づき、農林水産大臣の指定する開設区域内に、農林水産大臣の認可を受けて、都道府県または人口20万人以上を有する市が開設する生鮮食料品等の卸売市場。
開設主体は、地方公共団体に限定され、農林水産大臣の監督(立入検査、改善命令業務停止命令、認可取消等)もある。
■関連キーワード
地方卸売市場 / 東京都 / 日本国憲法 / 地方自治体
[emoji:02A]最終更新日15/12/31
[emoji:510]「中央卸売市場」関連商品
魚仲卸を天職にした男京都市中央卸売市場で66年 しごと場たんけん 日本の市場〈2〉青果市場・花き市場 大阪中央卸売市場食いだおれを支える巨大魚市場のすべて (Vol.1) 激動に直面する卸売市場: 農業競争力強化プログラムを受けて
[emoji:B85]「中央卸売市場」をもっと検索
[emoji:814]「中央卸売市場」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る