著作権とは
【ちょさくけん】
はてなキーワード 無料辞書
広義には、著作物を創作したことにより著作者に発生する権利。
狭義には、広義の著作権のうち著作者人格権以外の財産的な権利。
著作物の公正な利用と著作者の保護との調和を図るために設定された。
知的所有権の1つであり、インターネットの普及の影響を最も受けている分野の一つ。

著作権を侵害した場合は、著作権者から民事上の請求を受ける。
例えば、損害賠償請求民法709条)、不当利得返還請求民法703条、704条)、信用回復措置請求著作権法115条)、差止請求著作権法112条)。これらの民事上の請求は、著作権財産権であることに基づく。
また、著作権を侵害した場合は、上記した民事上の責任だけでなく、刑事上の制裁も受け得る。著作権を侵害した罪の成立には、刑法原則どおり故意が必要である。なお、著作権を侵害した罪は親告罪であるが、これは、同罪が著作権という私権を保護法益とするものであり、従って刑事上の制裁の判断を著作権者に委ねることが相当と考えられるためである。
著作権の権利を有する人から、その権利の保護対象を利用する場合には、権利者から許諾を得なくてはならない。
この許諾を与える者をライセンサーといい、許諾を受ける者をライセンシーという。
 
日本国著作権法における「著作権
日本国著作権法における著作者人格権を除いた狭義の著作権には、以下のものが含まれる。
(1/3)
■関連キーワード
著作権法 / ニコニコ動画 / YouTube / 日本国憲法
[emoji:510]「著作権」関連商品
はじめての著作権法 (日経文庫) よくわかる音楽著作権ビジネス 基礎編 5th Edition 楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書) 18歳の著作権入門 (ちくまプリマー新書)
[emoji:B83]キーワード「著作権」に戻る

[emoji:836]画面上へ戻る