定量的とは
【ていりょうてき】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:03C]一般 
対象の状態を連続する数値の変化に着目してとらえること。
用例
  • さまざまな計算過程を経て明示された数値をもとに判断を行う定量的分析を行う。
  • 定量的に判断できるよう実施計画を立てる。
  • 改善目標を定量的に設定する。
[emoji:02A]最終更新日14/2/3
[emoji:510]「定量的」関連商品
定量的リスク管理の実務流動性リスク管理、FTP、リスク統合、ストレステストの実践的手法 続 定量的品質予測のススメ(SEC BOOKS) 定量的リスク管理 -基礎概念と数理技法- 色彩工学入門-定量的な色の理解と活用-
Wikipedia では
定量的研究(ていりょうてきけんきゅう、英:quantitative research)とは、対象の量的な側面に注目し、数値を用いた記述分析を伴う研究対象質的側面に注目した定性的研究の対概念である定量的記述対象となるのは、繰り返し生起する現象や、細かな構成要素の集ま...
[emoji:03E]続きを読む
出典: フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
[emoji:B85]「定量的」をもっと検索
[emoji:814]「定量的」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る