特許とは
【とっきょ】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:03C]一般 
行政機関である特許庁が、新規且つ有用な発明を出願した人に与える、発明を一定期間、独占的且つ排他的に実施できる権利。
特許制度は、発明の保護と利用を通じて、発明を奨励し、もって産業の発達を目的とした制度である(特許法1条)。
特許権者は、業として特許発明の実施をする権利を占有する(68条本文)。
解説
特許権者とは、特許庁により発明について特許を受けた者を指します。特許庁には特許原簿(27条)というものがあって、そこに登録されるわけです。ちょうど土地の登記を想像していただければ近いと思います。
その「実施をする権利を占有する」とは、独占排他的にその特許の対象となる発明を支配する権利を持つということです。これも土地に対する所有権と同様の権利性質を有します。(この土地は俺のもんだ)
特許権は、自分で特許発明を実施したり、他人に貸して(特許発明の実施許諾(77条、78条))ライセンス料をとったりできる積極的権利(独占権: 俺の土地は俺が使う、使いたいなら金払え)と、他人が無断で特許発明を実施する行為を排除、具体的には差止め(100条)・損害賠償(民法709条)などできる消極的権利(排他権: 俺の土地なんだから出ていきやがれ)から成り、土地等と同様な物権的性質を有するといえます。
関連
■関連キーワード
著作権 / 日本国憲法 / クリエイティブ・コモンズ / ダウンロード
[emoji:02A]最終更新日16/4/16
[emoji:510]「特許」関連商品
技術者・研究者のための特許の知識と実務 第2版 技術者のための特許実践講座  技術的範囲を最大化し,スムーズに特許を取得するテクニック 女子大生マイの特許ファイル 知財戦略のススメ コモディティ化する時代に競争優位を築く
Wikipedia では
特許(とっきょ、Patent、パテント)とは、法令の定める手続により、国が発明者または特許出願人に対し、特許権付与する行政行為特許制度歴史 特許は、有用発明を公開した発明者または特許出願人に対し、その発明を公開したことの代償として、一定期間、その発明...
[emoji:03E]続きを読む
出典: フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
[emoji:B85]「特許」をもっと検索
[emoji:4CE]「特許」のニュース
[emoji:814]「特許」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る