徒然草とは
【つれづれぐさ】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:546]読書 
鎌倉時代後期の随筆吉田兼好著。序段および二四三段から成る。
尚古思想と仏教無常観を中心として、人間生活の諸相に対する批評、感想、伝聞などが述べられている。文体は伝統的な和文体と、新しく生まれた和漢混淆文体とで表現され、平淡で雅趣がある。題は序段「つれづれなるままに」から来ているが、一説によれば、今川了俊が冊子にして書名をつけたとも言う。
■関連キーワード
創価学会 / エッセイ / 感情表現 / 表現の自由
[emoji:02A]最終更新日05/3/18
[emoji:510]「徒然草」関連商品
こころ彩る徒然草 ~兼好さんと、お茶をいっぷく すらすら読める徒然草 (講談社文庫) 徒然草 (角川ソフィア文庫ビギナーズ・クラシックス) 新版 徒然草 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)
Wikipedia では
徒然草(つれづれぐさ)は、吉田兼好こと卜部兼好(うらべかねよし)が書いた随筆清少納言の『枕草子』、鴨長明の『方丈記』と合わせて日本三大随筆の一つと評価されている。 概要 鎌倉時代、1330年8月から1331年9月頃にまとめられたとする説が主流であるが、数多くの説...
[emoji:03E]続きを読む
出典: フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
[emoji:B85]「徒然草」をもっと検索
[emoji:4CE]「徒然草」のニュース
[emoji:539]「徒然草」を含むブログ
[emoji:527]備忘録
[emoji:330]mamamenn[emoji:02A]17/12/15
[emoji:527]ただゆりWorks:童話作…
[emoji:330]tadayuri0228[emoji:02A]17/12/14
[emoji:527]ninpu’s diary
[emoji:330]chunnochun[emoji:02A]17/12/14
[emoji:814]「徒然草」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る