放射能とは
【ほうしゃのう】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:B56]サイエンス 
物質から放射線が放出される性質。又は放射線を放出する能力。放射能を有する物質のことを「放射性物質」という。
放射性物質」と同じ意味の言葉として使われることが多いが(例:放射能汚染・放射能漏れなど)、本来は誤用である。
喩えて言うなら、電球放射性物質電球から出る光を放射線とすると、放射能に当るのは電球が光を出す性質又は能力ということになる。漏れるのは放射性物質放射線であって、性質や能力が漏れ出ることはない。
単位
放射性物質放射能の強さは、1秒間に原子核が崩壊する数で表され、ベクレル(記号Bq)という単位で表す。
かつては、1グラムのラジウムが持つ放射能を単位とし、これを1キュリー(記号Ci)としていた。1グラムのラジウムは毎秒3.7×1010個のα線を放射しているので、1キュリーは3.7×1010ベクレルということになる。
■関連キーワード
キュリー / 放射線 / グラム / 陽子線
[emoji:02A]最終更新日04/8/26
Wikipedia では
放射能(ほうしゃのう、Radioactivity)の物理学的な定義は、放射線を出す能力であるが、広義には放射能もつ物質放射性物質)の意味でも使われている。 :放射能の強さは、1 秒間に崩壊する原子核の数で表され、ベクレル記号Bq)という単位で表す。原子核崩壊するとき...
[emoji:03E]続きを読む
出典: フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
[emoji:B85]「放射能」をもっと検索
[emoji:4CE]「放射能」のニュース
[emoji:814]「放射能」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る