萌えとは
【もえ】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:03C]一般 
オタク特有のスラング
2004年、流行語大賞ノミネート。2005年は「萌え〜」として流行語大賞トップテン入り。
一般に「架空のキャラクターに対する愛情」として理解されることが多い。が、マスコミ的にはオタク全般に対するイメージと合わさり、歪んだ伝搬をされることもしばしばである。なぜか萌えメイドさん、のニュアンスが付加されるなど。
語源について
1990年頃から、ある特定の(名前に「萌」の文字が含まれている)アニメキャラクターや声優などのファンの間で使われていたとされる。その発信元が誰のファンからなのかは諸説紛々ある。
  1. NHKアニメ恐竜惑星」(1993年〜)のヒロイン「萌」説
  2. 美少女戦士セーラームーン」(1992年〜)の「土萠ほたる」説
  3. 声優の「長崎萠」(1995年〜)説
  4. 石はしる垂水の上の早蕨の萌えいずる春になりにけるかも(万葉集/志貴皇子)(785年〜)説
実際には「燃える」のミスタイプ説、駄洒落説が有力であり、上記の三例は成立過程のひとつに過ぎないとみなす識者も多い。
萌え」、と語幹で切って名詞化されているのは、「萌える」という動詞としてだけでなく、「萌え萌え」という反復語(擬態語に近い)や「萌え〜!」という感嘆詞(これは上記の「萌」という名前のヒロインを叫んだものでもある)として用いられることが多かったため。こういった擬態語や感嘆詞としての表現は、「燃える」の方が先行していたことに注意(パソコン通信の過去ログなどで「燃え燃え」や「燃え〜!」といった会話が発見できる)。
そもそも「燃える」という表現自体が、キャラクターへの愛情を自然現象に喩えたメタファーだったわけだが(「心温まる」という隠喩表現があるように)、「芽生える」という意味の「萌える」の方が、より適切なメタファーとして機能したため、現在の普遍性を獲得しえたのだと思われる。
一般書や雑誌、同人誌における黎明期の用例の収集。
  • 2001年3月16日初版発行のコミック、ぢたま某『気分気分』(第2巻)の第8話のタイトルが「らぶこめ気分もえもえ気分」(p.87)
用法
萌え」自体は名詞、もしくは形容動詞の語幹として活用する。
前述したように「萌え萌え」という擬態語、「萌え!」「萌え〜!」という感嘆詞としての用法がある他、接頭辞(「萌え属性」など)や接尾辞(「妹萌え」など)としても用いられる。
動詞としての「萌える」は、一人称にも他人称にも付けることが可能なので、「私は○○に萌える」「あなたは(私から見て)萌える」「彼女は(私から見て)萌える」などと多種多様に表現することができるが、日本語の常として主語は省略されがちである。
なお、本来「萌え」は「草木が芽ぐむこと」を指す言葉である。 (続きがあります)
[emoji:03E]次へ
■関連キーワード
ダウンロード / はてな / 神戸市 / コミケ
[emoji:02A]最終更新日08/6/15
[emoji:510]「萌え」関連商品
おとなの萌王 俺の夏休み妄想予定 萌えキャラクターの描き方 顔・からだ編 ZNT 萌えニャンコ呼吸ランプ ベッドサイド イル ミネーションライト 24連続照明 間接照明 猫ランプZNT-C101 萌え絵の教科書 応用編 (三才ムック vol.528)
[emoji:B85]「萌え」をもっと検索
[emoji:4CE]「萌え」のニュース
[emoji:539]「萌え」を含むブログ
[emoji:527]意識高い系中島diary
[emoji:330]Nakajima_IT_blog[emoji:02A]19/2/19
[emoji:814]「萌え」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る