北条時頼とは
【ほうじょうときより】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:4B2]社会 
鎌倉幕府五代執権北条時氏の次男。母は安達景盛の娘(松下禅尼)。
蘭渓道隆を招いて、建長寺を建立したことで知られる。また「鉢の木」などの廻国伝説でも有名。

寛元四年(1246)、兄北条経時の死去により執権職を継承。その直後に起きた宮騒動、翌年の宝治合戦で敵対勢力を解体・鎮圧して権力基盤を固めた。
また、康元元年(1256)に病を得て出家した際に、北条長時執権職を譲ったが、北条氏の家督については北条時宗が成長するまでの代理とした。これによって、以後彼の子孫に受け継がれる得宗家が執権職に関わりなく権力の中枢に位置することとなり、得宗専制への基礎を築いた。
■関連キーワード
ともさかりえ / 伊東四朗 / 浅野温子 / 大河ドラマ
[emoji:02A]最終更新日08/9/13
[emoji:510]「北条時頼」関連商品
北条時頼 (人物叢書) 鎌倉争続 北条時頼から時宗へ (文藝春秋企画出版) 執権時頼と廻国伝説 (歴史文化ライブラリー) 吾妻鏡の思想史北条時頼を読む
Wikipedia では
北条時頼(ほうじょう ときより、安貞元年5月14日(1227年6月29日) - 弘長3年11月22日 (旧暦)|11月22日(1263年12月24日))は、鎌倉幕府第5代執権(在職 1246年 - 1256年)である官位正五位|正五位下相模守。北条泰時の孫で、北条時氏次男。母は安達景盛の娘・松下...
[emoji:03E]続きを読む
出典: フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
[emoji:B85]「北条時頼」をもっと検索
[emoji:4CE]「北条時頼」のニュース
[emoji:539]「北条時頼」を含むブログ
[emoji:527]Garden of Words ?文…
[emoji:330]nakatico[emoji:02A]17/9/13
[emoji:527]ゆこたび 温泉情報
[emoji:330]yukoyukofumufumu[emoji:02A]17/9/11
[emoji:814]「北条時頼」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る