ミニとは
【みに】
はてなキーワード 無料辞書
MINIからリダイレクトされました
英国BMCに始まり、現在はBMWのミニブランドで発売されている小型自動車
大まかには1959年から2000年まで生産が続けられた初代ミニ(オールドミニ、ローバーミニなど)、2001年に発表された現行ミニ(ニューミニ、BMWミニなど)とに分けられる。

初代ミニ
 1956年に勃発したスエズ動乱に伴う欧州各国の石油事情悪化の結果、より小型で燃費のいい車が求められたことによって生まれた。主任設計者はアレック・イシゴニス*1
 設計メーカーはBMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)*2、コードナンバーはADO15(Austin Drawing/Design Office no./Project 15)。
 まず最大の特徴は、当時小型車のレイアウトとして基本となっていたリアエンジン・リアドライブ*3ではなく、フロントエンジン・フロントドライブを採用したことといえる。エンジンは開発期間が短かったために、既存の直列4気筒OHVを使用しているが、ギアボックスをエンジンの下に収め、エンジンオイルとミッションオイルを共用とすることで、幅を抑えつつエンジンの横置きを可能にし、動力スペースを最小限に抑え、車体の約8割を乗客・荷物スペースとした。当時としては革新的な考えであり、現代の小型車の礎はミニによって作られたといえる。
 他にも、アレックス・モールトン*4が開発したゴムの反力を利用するラバーコーンサス、10インチといった小径タイヤの採用、ドア内も荷物スペースとして使える引き戸式窓など、とことんまでスペースの有効利用を図っている。
 生産期間は実に長く、その間さまざまなタイプの販売や、改良が行われている。主なものをあげると以下のとおり。

モーリス・ミニ・マイナー
オースティン・セブン(62年にオースティン・ミニに改称)
Mk I
 1959年8月、最初に発売された車種。基本のサルーンタイプ。848cc、34ps。
 モーリスとオースティンの両ブランド名で、現在のバッジ・エンジニアリングのはしりとでも言うべき方法で販売された。低価格ではあったが、革新的過ぎたため、当初の売れ行きはよくなかった。しかし、文化人や芸術家上流階級が飛びついたことをきっかけに、徐々に受け入れられていく。
Mk II
 1967年、ボディ内外をマイナーチェンジ。もっとも目立つのはフロントグリルがそれまでの鬚付きから、角型に変わったこと、オースティンとモーリスで同じものを使用したことがあげられるだろう。他にも、サスペンションをハイドラスティック・サスペンションに、フロントブレーキを2リーディングドラムに、クラッチをダイアフラムに改良した。
 848ccモデルのほか、998ccモデルも存在。

オースティン/モーリス・1/4トン・ミニ・バン
 1961年に発売開始。エンジンユニットは848ccだが、後に998ccも追加された。
 ホイールベースを延長したバンタイプ。商用車使用であり、荷室に側窓はない。1980年代まで退き違い窓、外付けドアヒンジなどのまま生産が続いた。

オースティン/モーリス・1/4トン・ミニ・ピックアップ
 1961年に誕生。ミニ・バンとともに変遷し、生産時期もほぼ同じ。

オースティン・ミニ・カントリーマン
モーリス・ミニ・トラベラー
(1/4)
[emoji:510]「ミニ」関連商品
PCエンジン mini メガドライブミニW プレイステーション クラシック メガドライブミニ
[emoji:B83]キーワード「ミニ」に戻る

[emoji:836]画面上へ戻る