DRAMとは
【でぃーらむ】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:538]コンピュータ 
Dynamic Random Access Memory
半導体記憶素子の作り方で、コンデンサーにビットを記憶させるタイプのメモリをさす。時間が経過するとコンデンサーに蓄えた電荷が減少するため、一定時間内に再書き込みを行わなければならない。したがって、電源を落とすと記憶内容は消去されてしまう。
トランジスタの電気の流れで記憶するタイプは、SRAM と呼ばれる。
DRAM は、SRAM に比べて、スピードは、遅いが、安くでき、また集積度も上げやすいため、主記憶(メインメモリー)によく使用される。
関連ページ
http://e-words.jp/w/DRAM.html
■関連キーワード
電気回路 / ゲルマニウム / トランジスタ / 覚醒剤
[emoji:02A]最終更新日12/2/29
[emoji:510]「DRAM」関連商品
BUFFALO DRAMキャッシュ搭載 USB3.0用 外付けHDD(冷却ファン搭載) 2TB HD-GD2.0U3D メモリICの実践活用法UVEPROM/EEPROM/SRAM/DRAMの構造と使い方 ドリームフィールド(Dram Field) マジックボールキャッチセット 投げてキャッチ 092 The Great Drams of Scotland: A Conversational Meander Through the Rich History of Scotch Whisky and the Brands That Have Brought It to Life
Wikipedia では
Dynamic Random Access Memoryダイナミック・ランダム・アクセス・メモリDRAM、ディーラム)は、コンピュータなどに使用される電子部品の一つで、コンデンサキャパシタ)に電荷を蓄えることにより情報記憶する。RAM一種コンピュータ主記憶装置デジタルテレ...
[emoji:03E]続きを読む
出典: フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
[emoji:B85]「DRAM」をもっと検索
[emoji:814]「DRAM」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る