PHSとは
【ぴーえいちえす】
はてなキーワード 無料辞書
[emoji:03C]一般 
移動電話の一種。Personal Handyphone Systemの略。技術規格、端末の両方を指すことがある。技術規格は日本で策定された。
無線方式
無線方式は、電波産業会(ARIB)により、STD-28として規格化されている。
無線伝送方式はTDMA-TDD(時分割多重方式)を用いる。周波数帯は1.9GHzが割り当てられている。
PHSでは、端末の出力が20mW程度(一部の事業者は300mW)である。一般携帯電話(ドコモmovaなどのPDCcdmaなど)の1W〜5Wに対し出力が小さいため、以下の特徴を持つ。
  1. アンテナ等の回路の小型化が可能である。従って、端末・無線基地局一般携帯電話に比べ小型化が容易である。
  2. 無線基地局あたりの通信エリアは150m〜500mであり、一般携帯電話に比べ狭い。(マイクロセル方式)
    そのため、自動車などの中で使う場合のように、端末が高速移動中の場合は無線基地局の切り替え(ハンドオーバー)が多く必要になり、通信品質が低下する。しかし、移動管理が高機能であれば、通信品質の低下は回避可能である。また、マイクロセル方式は一定のエリアでサービスする場合、多くの基地局があるため、特定の基地局通信が集中する可能性が低く、安定したサービスを提供できる利点もある。
伝送ネットワーク
PHSでは、伝送ネットワーク等の部分(OSIモデルでいうトランスポート層以上)は規格化されていない。
ただし、数年前からウィルコム(旧DDIポケット)は独自に無線方式、IP網の開発を重ねており、携帯電話との差は無くなってきている。
(なお、ウィルコムの独自開発部分は上記STD-28の対象外であり、一般に公開されていない)
サービス提供事業者
日本では、以下3グループによりサービスが提供されていたが、サービスの終了が進みソフトバンクワイモバイル)が最後に残るのみとなった。
  1. ソフトバンクワイモバイル)(旧WILLCOM, 旧DDIポケットソフトバンクウィルコム沖縄の2社)
    AIR-EDGEAIR-EDGE PHONEWILLCOM SIM STYLE
  2. NTTドコモ(旧NTTパーソナル, 2008年1月7日事業停止)
    パルディオシリーズ、P-inシリーズ
  3. アステルグループ(ケイ・オプティコムなど)
    アステルシリーズ
起源
開発当初の名称は「第二世代ディジタルコードレス電話」で、コードレス電話を家の外でも使えるようにできないか、というのが元々の発想だった。
そのため、伝送ネットワークには固定網のISDNを用いることが想定されていた。
一般携帯電話では、基地局とその間の伝送ネットワークからネットワークが構成される。伝送ネットワークには端末の移動による伝送路の変化を実現する機能(移動管理機能)が必要になるため、一般携帯電話用の伝送ネットワークには、固定網(NTT等のネットワーク)をそのまま使うことができない。PHSのサービスイン時には、高コストな移動管理機能を省くことにより、安価な移動電話サービスを提供しようというねらいがあったのである。 (続きがあります)
[emoji:03E]次へ
■関連キーワード
NTTドコモ / 携帯電話 / ソフトバンク / テレビ朝日
[emoji:02A]最終更新日18/5/12
[emoji:510]「PHS」関連商品
WILLCOM SII PORTUS WX02S (BLUE) Willcom WX04S iiro ホワイト 白ロム STOLA WX08K willcom [ホワイト] STOLA WX08K willcom [ブラック]
Wikipedia では
PHSの端末例 ドコモPHS 633S(シャープ)・ウィルコム AH-K3001V(京セラ)・同 WX310SA(三洋電機) PHSピーエイエス、Personal Handy-phone System)は、長距離携帯して移動した先で長距離間の通信使用できる、小型電話機のこと。また、同電話機による移動体通信サービ...
[emoji:03E]続きを読む
出典: フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
[emoji:B85]「PHS」をもっと検索
[emoji:4CE]「PHS」のニュース
[emoji:539]「PHS」を含むブログ
[emoji:527]HEROの音楽道
[emoji:330]HERO_music[emoji:02A]18/6/18
[emoji:527]向日性
[emoji:330]akane_fukamachi[emoji:02A]18/6/17
[emoji:814]「PHS」そのほか

[emoji:836]画面上へ戻る