221kgの海と空

2014-11-25 It is not always so.

ハイハイ地獄

[] 坊っちゃん

明日から愛媛松山に行ってきます。2泊3日でお出張地元エンタメ企業社内報取材でやんす。

どうやら別媒体も同時に取材に入ってるらしく、取材対象者さん一人につきインタビュー時間が15分とか。

冗談抜きで15分ってそれすごいですね何聞けってんですかどるらぁっということで、半ば強引に質問シートを渡し、事前に記入しておいてもらいました。

さてさてどうでるか、乞うご期待です。

3日間で話を聞くのが30数人っていつ書けって話ですかそれってもう乞うご祈祷です。

願うしかねえ。みんないい人だって祈るしかねえ。

家内と幼子2人にいたっては「あたいらもついてくー」とのたまう次第です。父ちゃん仕事だっつーのと丁重にお断りしたところ、名古屋から義父母が東京に遊びに来るなんて地点に着地しました。

f:id:kg-t:20141124125323j:image

たくさん遊んでもらいなさい。父ちゃんは行ってきます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kg-t/20141125

2014-11-24 There is no doubt about it.

ああ帰りたい

[] 淡水〜南港〜饒河街夜市_140804

淡水は台湾北部を走るバスの始終点であると同時に、台北市内へ伸びるMRT地下鉄)の始発駅でもある。最北端の灯台からは40分くらいかな。

f:id:kg-t:20140804154302j:image

淡水いい感じだったです。着いて降りたら川の街です。

観光客もそりゃ多いけどさ、老街を歩いて、昼飯(もちろん魯肉飯)とタピオカ紅茶ジュースを飲んで、川沿いでホゲーっと散歩中の犬とお話してたらそりゃ楽しいさ。

f:id:kg-t:20140804161258j:image

f:id:kg-t:20140804163333j:image

f:id:kg-t:20140804155331j:image

f:id:kg-t:20140804154517j:image

よーしお宿に向かうぞー。汗で服が限界間近。特にズボンヤバい、潮吹く。

淡水発のMRT淡水線に乗って台北車站(台北駅)へ。そこで南港線に乗り換えて南港駅へ。駅名と路線名が同じところを移動移動。

直線距離だったら今日目的地・南港と、今日の出発点・基隆は相当近いです。

それはつまりこういうことですが。秋葉原から飯田橋に行きたいんだけど、山手線に乗ってみたいからとぐるーり上半分を新宿まで電車に乗って、総武線に乗り換えてようやく着いた的な。そんな感じ。

f:id:kg-t:20131119141221j:image

南港駅はなかなか大きくて、国鉄MRTが走ってるので人の出入りも多いんでしょう。ビル結構あった。

f:id:kg-t:20140804175102j:image

f:id:kg-t:20140804175606j:image

お宿は駅から歩いて7.8分のところ「May Rooms Taipei (南港安樂旅社)」。

まり入り口が狭くて一度通り過ぎちゃったけど、レセプションのお姉さんも感じよいし、シングルルームバストイレ付きはうれしいです。共有スペースの目の前の部屋だったもんで、いつでも人の声はするけどまったく問題なし。

f:id:kg-t:20140805100605j:image

f:id:kg-t:20140805100614j:image

f:id:kg-t:20140805100044j:image

f:id:kg-t:20140805100050j:image

f:id:kg-t:20140805100416j:image

そして待ち合わせです。歩りえこ氏と夜市で落ち合う話〜。おほほ☆

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kg-t/20141124

2014-11-23 Today also happens to be Tony’s 25th birthday.

おすましさーん

[] 鶏祭り

3連休入り口東京のはずれでお仕事でした。土曜日だけどそんなのかんけーねーっつーことでお仕事でした。

その前の時間練馬酉の市に参戦しました。考えてみればおれ初めてかも。家内も言っていましたが、「もっと早く知っておけば毎年来てるお祭りだね」ってやつです。

f:id:kg-t:20141125232141j:image

写真を撮ってなかったので、夜、仕事帰りに駅に降り立ち、普段の221倍混雑している駅前辟易したプーチカに送ってもらった一枚。だいこんざーつ。

ちなみに来年2015年酉の市は──

だそうです。チェキラ済み。

ちなみにちなみに一葉の中で父ちゃんは“おうちシゴト”と“お外のシゴト”をしているようです。

f:id:kg-t:20141124115211j:image

父ちゃんがんばるよ。「できるだけ」ってやつの限界を広げていきたいよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kg-t/20141123

2014-11-22 I ran all the way to the station.

ふふふ

[] 赤羽の昼に駆ける

MTGすんぞーと我らが誇るチェヤング先生と日程を詰めていくうちに、赤羽っつーのは昼からイケるんだと盛り上がったはいいものの、案外あれなのな、一回閉めるところが多いのな。

いやーホント<川栄>には本当に行きたいのです。うなぎと鳥料理が楽しめるわけですよ? こいつはそいつは盛り上がるですねー。

f:id:kg-t:20141124134729j:image

なぜうちのお袋とうちの愛娘はそんなに端っこを歩くのかと、そんなハテナの3連休です。

7年前のいまごろは2次会の打ち合わせをギリギリまでやっていたようなすべて丸投げたような気がするね。

本日いーふーふの日はうちの両親の結婚記念日でして、明日23日はうちら結婚記念日でして。

7年前のいまごろは、7年後のいまごろの生活をまったく想像していなかった気がするね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kg-t/20141122

2014-11-21 She has become expert in operating a computer.

昨年のいまごろ。着るものが変わってな

[] 「素晴らしい一年でありますように」

自分で言うのもなんですが、僕は人の誕生日を大切にしています

それはなにもトランク開けたらバラの花束的なやつ(って言い回し最近使ったな。まあいいや)ではなくて、直接その人に向かって「おめでとう」を言うってことです。

またまた“直接”ってのは面と向かってだけじゃなくて電話メールなどで本人にダイレクト祝辞を述べると、まあそういうことです。FBだったらフィードじゃなくてメッセージでってことです。まあそんいうことなんですってば。

ここ最近誕生日おめでとうの後に続く言葉に「素晴らしい一年でありますように」というのをよく見る。ヒジョーによく見る。

いや、全然いいんだけど、この言葉を見るたびになんともいえない違和感があったのだけれど、その理由を再来年のいまごろ考えてみることにしました。に先駆けて。

まあ人には人の付き合い方があるので、距離感なんてのもあるし、万人が見ているところで飛び交う祝福の言葉価値を加えるなら、こうした願い系のひと言にも存在感があると思うようにしてるだし。

ちなみにおれも使ってました。場合によってはいまもです。「素晴らしい一年でありますように」。

から別にどーでもいいんだけど、違和感についてちょっと考えたんだ。

その出自がどこにあるかってーと、おそらく「一年」なんだと思うんだ。

「素晴らしい一年でありますように」って、向こう一年のおまいさんに降りかかるいろいろな“素晴らし”さを今日この日さえ祈っておけばオッケー、に聞こえるんだな。年始だったらまだわかるがなあ。しかも人が人の一年に対してその素晴らしいを祈念するやりとり、別に見たかねえんだなあ。

ただまあ朝のあいさつ「Have a good day!」と同じっちゃー同じだし、いつものごとくで考えすぎてるだけなんで、おれの違和感には特に違和感ありません。

そしてまた、みんなの一年は素晴らしいに決まっているのだからあえて言う必要がないよね、って話もしておきたい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kg-t/20141121