三宅洋平が国会議員になることの意義

7/15 Yohei Miyake at Kyoto 2


7/15 Yohei Miyake at Kyoto 3


7/15 Yohei Miyake at Kyoto 4


7/15三宅洋平選挙フェス@京都市役所前


ミュージシャン三宅洋平が2013年参議院選挙に緑の党の推薦を受けて全国比例区に立候補した。そのことを初めて聞かされたときは、またよくあるお花畑のサヨクかと思って、正直あまり期待していなかった。もちろん彼は素晴らしいミュージシャンだが、ミュージシャンとしての人気と実力は、議員としてのそれとは別だろうと思っていた。しかし彼の「選挙フェス」をYouTubeや生で聴いた結果、彼は本物だと確信するに至った。まずは以下の動画を観てほしい。


唄う選挙演説 三宅洋平(比例区)緑の党(2013/07/04)


彼の演説からは、人間や自然を守りたいという心からの優しさ、自らの頭で考えて発される言葉の力、そして覚悟を決めた者だけが持つ凄みが伝わってくる。また、これまでの政治家にはなかった全く新しい政治へのアプローチ、ただ自己主張するだけでなく、皆で勉強して、皆で行動しようと呼びかける姿勢に、政治を本当の意味で国民の手に取り戻せるのではないかという期待を感じさせる。


もちろん彼の主張の各論に対しては、手放しでは賛成できないことも多い。特に、原発と放射能に対する過剰な危険視や国防の軽視、巷に蔓延るエセ科学、陰謀論などを安易に受け入れてしまうようなところなどには問題があると思っている。しかし、だからといって彼が全てだめだとは思わない。少なくとも彼は人々の声に耳を傾けて学ぶ謙虚さを持っている。それは上の動画からも分かる。おかしいと思えばそれを自ら伝え、意見を交わせばいいし、間違いがあれば訂正していけばいいのだ。それに、彼は与党ではないので、彼が国会議員になる=彼の主張がそのまま通る、というわけではない。ただ、彼のような人間が与党の政策に対して異なる視点から問題意識を投げかければ、より多くの国民が問題を認識して考えるようになるだろう。そうなれば、与党も国民の疑問に対して十分に説明することを求められる。その結果、たとえ与党の政策が通るにしても、その過程で議員・国民ともに政策への理解を深めることができ、皆がより納得できる形で政治が進められるようになるはずだ。


私は個人的な考えとして、議会を上手く機能させ、正しい意思決定を行っていくためには、右から左、若者から老人、貧乏人から金持ちまで多様なバックグラウンドや支持基盤、政治思想を持った議員を国会に参加させること、そして様々な国民の声を汲み取り国会で自分の意見として発信し、また国会で議論していることを国民に正しく伝えることのできる議員の数を増やすことが何よりも重要だと考えている。そのために、三宅洋平が国会の一員となる意義はとてつもなく大きいと思うのだ。政策だけを見た場合、私は正直どちらかと言うと彼よりも自民党の考えに近い。しかし、現在の日本の政治を取り巻く状況を変えていくには、平凡な自民党候補を応援して自民党が獲得すると思われる六十数議席をさらに一議席増やすよりも、たった一人でも三宅洋平のような異色の存在を国会に送り込んだ方が絶対に効果が大きいと思うから、彼を支持するのだ(ちなみに私は全く同じ理由で過去10年近く、日本最右翼として知られる西村眞悟議員を支持し続けてきた)。


Twitterを見ていると、三宅洋平への注目度はかなりのものがあると思う。特にこれまで政治に興味を持っていなかった若者達の間で支持が広がっているようだ。個人的に三宅洋平支持が増えるのは嬉しいことだが、できればそんな若者たちにも、ただ感動したからとか音楽が好きだからとかいった理由で無批判に三宅洋平を支持するのではなく、自分の頭でもっとしっかり考えてほしいと思う。たしかに三宅洋平はいいことを言っているように聞こえるかも知れないが、他の候補者だってまた違った素晴らしい意見を持っているかも知れない。伝え方が三宅洋平ほど上手くないだけで。この機会に色々な候補者の意見を比較し、自分の頭で考えてから、誰を支持し、投票するか決めてほしい。


とりあえず東京近辺の人は、時間があれば今日(7/20)午後2時から8時まで、渋谷ハチ公前で選挙フェスがあるから見に行ってみるといい。そして明日21日の投票日まで、どうしたら日本が良くなるか皆で考えよう。


参考記事

コメント
0件
トラックバック
0件
ブックマーク
0 users
khastie
khastie