「龍谷の森」の生き物たち このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-05-27

[]「龍谷の森」自然観察会


今日の午前は「龍谷の森」で鳥と昆虫を主とした自然観察会。対象は龍大の学生と「龍谷の森」里山保全の会。ガイドは自分と、この森で鳥を見続けている龍大理工学部のYくん、そして里山ORCのKさんに協力してもらった。


この季節は夏鳥もやってきて、鳥の種類がとても多い。しかし、葉が茂っているので、姿を見ることはなかなか難しい時期でもある。熊谷を下り、堂の集落を抜けてSルートに入り、椎茸栽培の場所が終点。ここを約2時間半かけて歩いた。


確認できた鳥は、17種:ホオジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、キビタキ、メジロ、エナガ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ヤブサメ、ウグイス、アオバト、スズメ、ツバメ、トビ、カワラヒワ、ダイサギ。


途中、参加者の方にも、里山でのかつての植物利用方法などを解説してもらい、こちらもよい勉強になった。普段なら30分足らずのルートだが、ゆっくりと生き物を見ながらだったので、2時間半でも時間が足らないくらい。また初夏の頃にも企画したい。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kheperer/20060527/p1