「龍谷の森」の生き物たち このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-06-29

kheperer2006-06-29

[]水場初の生物


第二水場に水がたまる。でも水場全体ではなく、一番深くなっているところ2m四方くらい。粘土はまだはっていないが、流出した粘土が目詰まりし不透水層をつくったようだ。


早速トノサマガエルがやってきた。水場の住人第一号だ。ふだん林内ではほとんど目にすることはないが、どこからともなくやってきた。


以前、イシガメを見つけたことあったので、水場を作ると、意外にいろんな生きものがすぐに住み着くかも知れない。

[]ピットフォール


今日は、「龍谷の森」に新規の定点ピットフォールを5つ設置した。設置場所は、R14のコウヤミズキのあるあたり。この場所は粘土層があるため、小さな水たまりがあり、年中湿気ている。湿性環境の指標であるリョウメンシダも生えている。


この森では湿性環境はまれである。ここの昆虫相はほかの場所とは違うかもしれない。何が採れるのか楽しみだ。

Connection: close