「龍谷の森」の生き物たち このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-07-29

kheperer2006-07-29

[]鳥調査


朝4時30分。ヒグラシの大合唱で目が覚める。5時02分。ぴたりとヒグラシの鳴き声がやむ。次はニイニイゼミの出番。


Sルートに移動し、5時30分鳥類のラインセンサス調査開始。

今日の鳥は、メジロスズメシジュウカラヤマガラハシブトガラスコゲラヒヨドリアオジ?・ウグイスホオジロコジュケイ、センサス時間外ではオオタカ、ヤブサメ。計13種が確認できた。キビタキはもう南に渡ったのだろうか、全く鳴き声が聞こえなかった。毎年夏場は鳥の出現種数が少ない。


IBOYのトラップを回収すると、タワー下にはモモスズメが10頭ちかく入っていた。


[060729:ツチガキの1種:Sルート]

枯れ木に咲く花のよう

2006-07-28

kheperer2006-07-28

[]ライトトラップ


毎月恒例のライトトラップ調査。先日の大雨で、森が水没したが、さすがにもう大丈夫だろうと「龍谷の森」に入る。


夕刻、夕立が来たので林内の湿度は異常に高い。向こうがかすんで見える。Sルートはぬかるんだまま、Vルートも所々水がたまっている。毎月幕を張ってライトトラップをしているS625あたりも水没していた。それ以外の場所もぬかるんでいるのでテントを張るのは厳しい。


とりあえずIBOYのライトトラップをタワーに設置し、森を出る。今回は初めて熊谷のえん堤に幕を張る。温度も湿度も高い夜はいろんな昆虫がやってきそうだ。しかし、しばらくするとまた雨が落ちてくる。遠雷も徐々に近づく。あわてて発電機や幕などを撤収。山での調査で雷ほど怖いものはない。


以前四国の山の尾根で雷雲に追いつかれ、窪地にひれ伏した苦い経験がある。雷雲が真上に来るとバラバラと大粒のヒョウが降ってくる。気休めなんだろうが、眼鏡も腕時計もはずす。近くに雷が落ちると目の前がホワイトアウトし、地面が揺れる。生きた心地がしなかった。


で、雷鳴がおさまると、雨もやむ。調査再開。雨上がりであまり虫はやってこない。梅雨時は天気が不安定でこまる。こればかりは如何ともしがたし。近くのヤナギの樹液に来たのかコクワガタがとれ、カブトムシの匂いもする。幕にはオオトモエやキシタバなどがやってきた。


[2006.7.28: ゴマダラシロエダシャク: 熊谷えん堤]

2006-07-26

[]「龍谷の森」里山保全の会 2006年度総会


日時・場所: 2006年8月5日(土)  龍谷大学瀬田キャンパス


午後1時〜2時半ごろまで:森の散策(希望者は午後1時に龍谷大学瀬田学舎内バス停前に集合してください。)

午後3時〜5時 総会: 瀬田学舎1号館6階 619号室(1号館入り口すぐのエレベーターで6階まで上がり、エレベーターを出てすぐ左の大きな部屋)

午後5時〜7時 懇親会: 7号館地下、実習室(毎回調理実習を行う部屋)


懇親会費: 500円


注: 事前申し込みの必要ありません。随時積極的に御参加ください。夏休み大学生協休みのため、懇親会はいつものように手作りにしました。いくらかの手料理ビール、花酒で夏の夜をご歓談ください。(江南和幸) 

2006-07-23

[]2006年京都大学生態学研究センター 集中講義セミナー

里山生物多様性・人と里山との関わり」公募実習受講生募集について


1. 実習課題

 「里山生物多様性・人と里山との関わり」


2. 開催目的および内容の概略

 かつての里山は薪炭林・農用林として人々の暮らしにとって重要な場所であった。しかし、燃料革命農業革命により里山伝統的な利用価値を失い、都市近郊では急速に開発が進んでいる。さらに里山は、人が管理してきた自然にも関わらず、豊かな生物多様性を育んできた。

 この実習では、1500年余りにわたり利用されてきた滋賀県大津市草津市瀬田丘陵の里山(植生は1960年代まではアカマツ林、現在はコナラ林が優占)をフィールドとして、植物昆虫,クモ,菌類などの観察・採集・調査により、里山生物多様性調査の手法をまなぶ。また、講義では人と里山生物とのかかわりをまなぶ。


3. 開催日時

 2006年9月4日(月)〜2006年9月8日(金)


4. 開催場所

  龍谷大学瀬田学舎の「龍谷の森」、

  京都大学生態学研究センターの「CERの森」、

  立命館大学びわこ・くさつキャンパスの「BKC湿地」


5. 講師一覧

 <野外実習>

 土屋 和三 龍谷大学文学部教授 「里山の植生と植物相調査」

 吉田 真  立命館大学理工学部教授「クモの観察と採集」

 谷垣 岳人 龍谷大学法学部講師  「ライトトラップによる昆虫の調査」

 横山 和正 滋賀大学教育学部教授  「キノコの観察と採集」

 清水 勇  京都大学生態学研究センター 教授 「ニホンミツバチの生態」

 藤田 昇  京都大学生態学研究センター 助手 「コアサンプルによる里山林の齢構成」

 木村 一也 金沢大学自然計測応用研究センター 日本学術振興会特別研究員 「森の種子散布-動物に運ばれた種子を調べるー」


 <講義 / 里山自然社会人文科学>  

 阪本 寧男  京都大学名誉教授 元龍谷大学国際文化学教授 「里山民族生物学

 丸山 徳次  龍谷大学文学部教授 「里山環境倫理

 須川 恒   龍谷大学兼任講師  「里山保全の道具箱(鳥類からみた)」


6. 対象学生

 学部3〜4年生、大学院修士課程及び博士課程の大学院生


7. 受講採用人数 約10人


8. 所要経費 受講費は不要


9. 受講条件

 受講者(学生)は、「学生教育研究災害障害保険」等に必ず加入していること。


10.受講申込

  受講希望者は、「公募実習受講願」に必要事項を記入の上,「学生教育研究災害障害保険」等の写しを添えて,生態学研究センター公募実習係へ提出して下さい。(封筒の表に「公募実習受講願在中」と朱書すること)「公募実習受講願」は、ホームページから入手いただくか,生態学研究センター公募実習係へ請求ください。


11.受講願送付および問い合わせ先

  〒520-2113 滋賀県大津市平野町2丁目509-3

  京都大学生態学研究センター 公募実習係

  TEL:077-549-8200、FAX:077-549-8201

  Home page:http://www.ecology.kyoto-u.ac.jp

   e-mail:kumi@ecology.kyoto-u.ac.jp(@が全角になっています)


なお、詳細については下記まで問い合わせください。

土屋和三 龍谷大学里山学・地域共生学オープン・リサーチ・センター龍谷大学文学部教授

住所・連絡先:612-8577 京都市伏見区深草塚本町67

電話:075-642-1111内線3436 Fax:075-643-8510

e-mail: kma@let.ryukoku.ac.jp(@が全角になっています)



12.申込期限:平成18年8月15日

2006-07-22

[]REC親子自然観察会


今回の講座は、昆虫採集と標本作り。雨ならどうしようかと気をもんでいたが、梅雨の間の奇跡的な晴れ。しかし、「龍谷の森は」至る所が水没していたので、午前中は、びわこ文化公園にでかける。


この公園にはビオトープがあり、トンボのよい生息環境となっている。それを目当てに行くも、ビオトープを含めてあたり一面水没。昨日今日と、水難続きだ。

しょうがないので、周りで網を振ると、チョウトンボ・キイトトボ・ウスバキトンボシオカラトンボ・オオシオカラトンボなどが入る。草原には、カヤキリ・マダラスズ・ツチイナゴ・ショウリョウバッタ・トノサマバッタ・ツユムシハラオカメコオロギ?などがいた。


公園の中には、樹液の出ているコナラがあるのだが、昼間はスズメバチが群がり、近寄りがたい。


午後は「龍谷の森」の熊谷へ。先ほどの草原に比べると虫影は薄い。ウチワヤンマ・ハラビロトンボがとれる。チョウは、モンキアゲハ・ジャノメチョウ・キチョウベニシジミなど。


参加者の中には、とっても虫に詳しい子どももいて、これはクビキリギスですか?カヤキリですか?(この2種は似ている)と的を射た質問をしてくる。ちょっとうれしい。親御さんにはぜひ子どもの得意分野をのばしてあげて欲しい、と思った。


標本作りは、今日拾ったすでに死んだ昆虫を使う。


昆虫標本講座をするときに気を使うのは、採集した虫を殺して標本にするかどうかと言う問題。以前に保護者から問い合わせがあったし、この観察会の企画会議でも議論に上がった。この講座では、生きた虫を飼育して、死んだら標本にしてちょうだいと言っている。採集したらすぐに殺して、標本にするというやり方もあるとは思う。しかし、飼育することで、少なくとも昆虫の餌や寿命についての知識が深まり、例えうまく飼育できなかった場合でも、いとも簡単に虫は死んでしまうと言う命のはかなさなどが体験できるため、より教育的であると自分は考えている。


最後に家の近くにお気に入りのフィールドを見つけて、そこの昆虫標本を作ることを勧めた。同じ場所でとれた虫たちからはその場所の環境を推定することができる。昆虫を使った環境指標である。そんな定点観測の昆虫標本を持ち寄って、環境を評価しあう会も面白いかもしれない。

2006-07-21

kheperer2006-07-21

[]「龍谷の森」大出水


今日は「龍谷の森」で香里ヶ丘高校生物部のガイド。雨天決行とのことだったので、雨の中、森に向かう。


2日前、森のいたるところが水没しているということだったので、待ち合わせ場所の椎茸広場に近いSルート南側(0番)から森に入る。


なんと竹林を過ぎたあたりからルートが水没している。

迂回しようにもそこら一体が大きな池のようだ。


結局しょうがないので比較的浅い場所を渡る。それでもすねくらいまで水没。


Sルートからバイオトイレに行こうとするが小川が行く手を遮る。

はたまたしょうがないので、そのまま渡る。


どうやらV0ルートが完全に川となっているようだ。

なんとか皆と合流して第二水場に。


満水、、、

水は石組みのえん堤を越えてザーザー流れている。

もちろん第一水場も満水。


この森に入って6年になるが、台風の後で一時的に水がたまったことはあったが、これほど流れたことはなかった。

連日の雨で森の保水力を完全に越えたのだろう。


そもそもV0ルートと呼んでいる涸れ沢にえん堤があるってことは、上流の公設市場ができる前は集水域が今より広く、もっと頻繁に水が流れていたのかも知れない。


で、雨も止んだので、V11ルート150mのくい打ちをした。

[2006.7.21: V11ルートくい打ち]



f:id:kheperer:20060721130138j:image

[2006.7.21: 第1水場]

4/22の様子


f:id:kheperer:20060721124127j:image

[2006.7.21: 第2水場: 粘土の山側]

7/15の様子


f:id:kheperer:20060721124338j:image

[2006.7.21: 第2水場: えん堤側]

2006-07-19

[]水場作り


前期最後の水場作り。今日は会議で参加できないので、TYさんに監督をお願いする。


どうなったか気になり、夜に電話する。すると思いがけない返事。

なんと水場が満水となって、堰堤を越えて流下していたとのこと。


例年、このあたりの梅雨は祇園祭の山鉾巡行ともに明けるのだが、今年は長引いている。


連日降っていたが、まさかそこまでなっているとは予想外。


この目で見なければ。

2006-07-18

[]フィールドワーク中止


朝から雨。しかも各地で記録的な豪雨。


フィールドワークを中止することにした。


前期はあと1回。どうなる水場。

2006-07-15

kheperer2006-07-15

[]水場作り

春から続けている水場作りも大詰め。今日は第二水場に粘土をはった。


龍谷の森」の土壌は砂地(砂礫層)のため、雨が降ってもすぐに地下に浸透する。そこで、水をためるには水を通さない粘土をはる必要がある。今日はその作業。


集合時刻の一時間前から大雨が降ったが、集合時刻にはやむ。梅雨時は天候が不安定なので、フィールドワーク主催するには気をもむことが多い。


学生23人とともにバケツリレー方式で粘土を運ぶ。粘土じたいは以前に業者に運んでもらったので、作業は比較的楽だ。


実質2時間の作業でほぼはり終える。


前期はあと2回。どこまでできるか。

2006-07-11

社会学テーマ実習


今日フィールドワーク瀬田キャンパス近くの源内峠に行く予定だったが、足下が良くないので文化ゾーンあたりの自然観察会に変更。


キャンパスを出て、びわこ文化公園に向かう。公園にはビオトープがあり、キイトトンボがたくさん出ていた。草原ではマダラスズの鳴き声が響く。雨のあとでテングタケなどのたくさんのキノコも出ていた。


瀬田丘陵の文化ゾーンには、びわこ文化公園・県立図書館・近代美術館埋蔵文化財センターがあり、大学から歩いて行ける。


びわこ文化公園の真ん中に樹液の出ているコナラの木が何本かあり、カナブンスズメバチが群がっていた。夜に来るとカブトクワガタが採れそうだ。


帰る途中でヒグラシの鳴き声を今年初めて聞いた。

2006-07-07

[]小学校総合学習のガイド


今日は大津市の小学校の総合学習で「龍谷の森」に6年生160人がやってきた。


まず室内でパワーポイント使って、里山やそこに住む生きものたちについて紹介。


自動撮影カメラで撮れたほ乳類・タワーでのライトトラップ調査で採集した昆虫・この森で確認されたコウモリを見せる。


子供たちの反応も上々だ。


次に森に入って、バイオトイレの説明や腐葉土に発生したカブトムシを掘り出して見せる。ちょうど蛹が羽化を始めたようで、掘ると次々と新成虫が出てくる。子供たちもおおよろこび。


昼食をとったあと、木材運び・森の探検・水場作りの3班にわかれて作業する。


自分は水場作り班担当。稲作とため池作りの話や、結いという労働交換があったことを話しながら、ため池を作る。


バケツリレー方式で土嚢袋を運び出す。途中からいくつ運んだかを子供たちがカウントする。計300回以上も運んだ。


子どもたちは実によく働いてくれた。あとで感想を聞くと、みるみる出来上がっていくのでみな達成感があったようだ。


あと今日は、金沢大学でキノコを調査しているAさんの「龍谷の森」Cルートに沿ったキノコ調査。雨のあとでキノコが出てきたが発生量は多くないようだ。いつもの尾根道でシロハツモドキが出始めた。


小学生が帰ったあとに第一水場を見に行くと、まだ水がたまっていた。どこかから飛んできたのか、たくさんのアメンボがいる。こちらにもトノサマガエルがいた。ふだん見かけることはないが、餌を探しにか森の奥まで来ているようだ。

2006-07-04

kheperer2006-07-04

[]ライトトラップ調査


毎月恒例のライトトラップ調査。梅雨で延期になっていたので、6月分の調査。


連日雨のすぐれない天気だったが、なんとか降っていない今日強行。


しかし、ついていない日はとことんついてない。


まず車のインキー(JAFを呼んで事なきを得る)を手始めに、酢エチ忘れ(バポナを買いに走る)、ライトトラップのインバーター故障(予備を使う)、近くの銭湯が休日、夜半から雨とまあ、かつて2年間の調査中一度たりとも起こったことのないアクシデントが一日に集中する。しかも翌朝も雨で鳥の調査中止。


神さま、われわれ、なにか気に触るようなことでもしたのでしょうか、、、


[2006.7.4: アカメガシワの花に来たメイガの一種]

[][]IBOY調査


水場2カ所にIBOY方式の昆虫相調査用のマレーゼトラップを設置。水場作成による昆虫相変化の継続調査中。この調査は昨年から開始。年3回しており、今年初。あとタワーにはウィンドウトラップ設置。


3日間連続で設置し、とれた昆虫を毎日回収する。今年からはこの回収を環境ソリューション工学科の学生にお願いしている。

Connection: close