木走日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-02-23 ホリエモンの元部下の話

[][][]ホリエモンの元部下の話 09:05

 私事で恐縮ですが私も本業はIT関連でして、実は今私が関わっているあるWebサイト構築業務においてビジネス提携しているK氏という人物がおります。彼はなかなか有能な男でして、もともと音楽関係のプロデューサーをしていたのですが、企画力が認められてIT業界に転職してきた経歴を持っています。

 で、今は独立フリーランスであるそのK氏の以前の所属会社が、ライブドアの前身会社株式会社オン・ザ・エッヂでした。

 堀江氏の今に通じる当時からの手法は単純明快であります。『自社にないサービス・コンテンツ・ソフトウエアは会社ごと買収して吸収すべし』であります。

 この話はもう有名ですから一部読者のみなさまもご存じかとは思いますが、堀江氏が当時から今までに買収してきた企業・コンテンツの数は両手の指では足りませんし、その強引な手法で民事裁判沙汰になっていることも昨年来、すでに報道されていることであります。 有名なところで、『弥生』、『Opera』、『東京グルメ』などなど挙げればきりがないほどの買収商品・買収コンテンツが、現在のライブドアの基幹商品にラインナップされています。

 さて、K氏の話に戻りますが株式会社オン・ザ・エッヂ時代、堀江氏の直の幹部(年齢はK氏のほうが10才近く上なのですが)として、ほぼ毎日行動をともにしてきました。当時から日の出の勢いの堀江氏は毎週六本木で部下を連れて飲み歩いていたそうですが、それはともかく、今回の件でK氏に感想を求めたところ次のような興味深いコメントをもらいました。以下、K氏と私との飲み屋での会話です。

私「今回のニッポン放送の株買い占め騒動だけど、どう思う?」

K「率直に言って、なにもおどろかなかったよ。堀江氏がいつかこのような行動に打って出るのはわかっていたからね。今まで業界で通用した方法に彼は自信を持っていたから、去年のプロ野球球団買収劇もそうだけど、今までと同じ手法で業界以外に勝負に出たわけだね。」

私「一部に堀江氏の行動を批判するマスメディアの動きがあるけれど、どう思う?」

K「堀江氏が抱えている民事訴訟の内容をメディアは勉強すべきだね。彼がどんな手法でIT業界で伸し上がってきたのか勉強しないとピントはずれな批判で終わっちゃうと思うよ。」

私「それってどんな手法なの?」

K「・・・・・。私がここで言う立場じゃないよ。」

(私が迂闊でしたが、彼もある民事裁判の関係者の一人でした。)

私「また、一部で彼を擁護する論調もネットなんかで見られるけど、どう思う?」

K「彼を偶像化すべきではないと思う。俺から言わせれば批判者も賛同者も、本当の彼を知らないんだと思う。」

私「そんなにひどい人間なの?」

K「彼は有能な経営者であり策士であり、評価されるべき人物であることは間違いないと思うよ。ひどい人間ではなくて、彼の行動の原動力、キーワードは『オプティマイズド・最適化』だと思う。最適化された環境を提供して顧客ニーズをつかむ、そのためにあらゆる手段を講じる。彼の行動は彼なりにクリティカルであり、利用できる資源を最適化しつつ活用しているんだ。」

私「じゃあ、ひどい人間じゃないんだ?」

K「その答えは利用される側に立って考えれば自明でしょう。彼は優しい男では決してないってことだよ。田中真紀子と同じで彼から距離を置けば置くほど彼の評価はある意味高くなるけど、彼を良く知る人間ほど彼をよく言う者はいないだろうということさ。」

私「最後に聞くけど、君はなんで堀江氏の会社をやめたの?」

K「ある日真面目な顔で飲み屋で堀江氏に言われたんだ。『Kさん。知ってますか?僕はね、死なないんですよ』 その時俺はついていけないと思ったんだ。」


(木走まさみず)

以上です。K氏の話の内容は、あくまで、読者のみなさんのご判断にお任せします。


関連テキスト

●ホリエモン考〜最適化された秩序破壊者

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20050302

フジサンケイグループのダブルスタンダード

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20050304

●進化を忘れた放送業界

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20050305

●ホリエモンは『不死身』ではなく『破壊者』だと思います

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20050307

●破壊者ホリエモンが投じた一石〜悪しき秩序は守られたか

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20050308

●蟷螂(とうろう)が斧(おの)を取りて隆車(りゆうしや)に向かう〜今こそ撤収の時

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20050311

●木走教授のトンデモ講義〜ホリエモン報道におけるメディアリテラシー論

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20050312

●最適化すすむホリエモンVS捨て身の焦土作戦

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20050314

●今こそ、勝利の凱歌をあげよ〜秩序を破壊したホリエモン

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20050324

岩崎信二岩崎信二 2005/02/23 22:16 『千客万来』新規開店おめでとう御座います。
木走さんは、とっくにどこかでホームページかブログを開いていると思っていました。今後の楽しみが増えました。知らないことをたくさん教えてください。期待しています。

kibashirikibashiri 2005/02/24 02:03 岩崎様おひさしぶりです。今後ともよろしくお願いいたします。
こちらからも遊びに行かせていただきます。

abcs650abcs650 2005/02/25 01:57 はじめまして、これは興味深い話ですね。どっちの肩入れもせずニュースを眺めてましたが、こういう話を読むと堀江さんの言葉ひとつに「あーこれはこういう裏が・・・」と勘ぐってまた違った解釈が生まれそうです。トラックバックさせていただきます。

abcs650abcs650 2005/02/25 08:39 トラックバックが重複していました、ご迷惑をおかけします。

kibashirikibashiri 2005/02/25 11:36 abcs650様 初めましてよろしくです。トラバありがとうございます。後ほどそちらにも遊びに行きますね。これからもよろしくお願いいたします。

ucchijouucchijou 2005/02/25 14:45 あ、abcsさんに先を越されてますか。早いなぁ(汗。
まだ考えをマトメ中なんですが私もTB打ちました。参考になります。

kibashirikibashiri 2005/02/25 15:37 ucchijou様 木走です。ようこそ、初めましてです。トラバありがとうございました。後ほど遊びに行かせていただきます。これからもどうぞよろしくです。

yonepyonep 2005/02/25 20:49 僕も死なないんですよ。

kibashirikibashiri 2005/02/25 21:36 ようこそyonep様。コメントありがとうございます。そうですか?yonep様も死なないのですか?貴重な情報ありがとうございます。(汗

てててて 2005/02/26 14:46 偶然このページを見かけただけなんですが、わたしの最近の印象とぴったり一致していておどろきました。じつは最近知り合いに対して「ライブドアは傍から見ていると面白いし有能だと思うけど、直接は関わりたくないね」と言っていたんです。
まあ、ただのまぐれだと思いますが何かの因果を感じたので書き込みさせていただきました(笑)

kibashirikibashiri 2005/02/26 16:01 てて様ようこそです。やはりあの会社に関わるとみなさん同じ印象を持つのでしょうか?興味のあるところですね。
今後ともよろしくお願いいたします。

堀江派より堀江派より 2005/02/28 20:53 「僕はね、死なないんですよ」これは、私が思うに『経営者として、他企業から殺されることはない』という意味であって、生身の人間としてという意味ではないと思います。堀江さんの発言はすべて、企業家としての発言で普通に聞いたら誤解を受けているだけだと思います。例えば、『支配する』と言った言葉もそうだと思うのですが・・・

takashinobuyukitakashinobuyuki 2005/02/28 22:30 僕はいつか死ぬと思います。

み 2005/02/28 23:00 「そんなにひどい人間なの?」という自分の先入観を出しといて
判断はお任せします、ってのもどうかと。

kibashirikibashiri 2005/02/28 23:11 堀江派より様。ようこそです。うん、私も個人的にはそのような解釈しています。どっかで読みましたが、ナポレオンの「与の辞書に不可能の文字はない」みたいな、堀江氏自身の生き様を込めている発言なのかもですね。

kibashirikibashiri 2005/02/28 23:13 takashinobuyuki 様。初めまして。いきなりの深いコメントありがとうございます。私も輪廻転生なしの最後の人生のようなのでまちがいなく死にますです。

kibashirikibashiri 2005/02/28 23:17 み様。コメントありがとうございます。鋭いご指摘ですが、この記事自体は中立です。補足すればすでに私はこの会話の前に、裁判の内容を知っていてずいぶん強引な手法であると考えていました。ただ私個人は堀江氏に悪意はありません。近々、このブログで私見を書こうと思っています。

benriyabenriya 2005/03/01 12:13 「内容は、あくまで、読者のみなさんのご判断にお任せします」
この一文が胸糞悪い。

kibashirikibashiri 2005/03/01 14:36 benriya様。この会派は一次ソースとして皆様に提供したものであります。私個人の堀江氏に関する私見はあらためて、別の機会にこのブログで述べようと思っております。

東大同期性より東大同期性より 2005/03/02 17:20 お金を稼いで何が悪い

kibashirikibashiri 2005/03/03 10:14 東大同期性様。どうもです。そうですね。悪いことではないと思います。関連テキストもお読みいただければ、私の今の考えを理解いただけると思いますです。

rabbitfootrabbitfoot 2005/03/04 16:32 リンクはらせていただきました。おもしろいですね。「ほりえもんDNA」が、どこかへ引き継がれて生き延びてゆく・・・ということでしょうか?

kibashirikibashiri 2005/03/04 19:03 rabbitfoot様。初めまして、コメントありがとうございます。
「ほりえもんDNA」ですか・・・ 何か、ゴジラ細胞をバラに移植して誕生した怪獣「ビオランテ」を思い起こしてしまいました。
「ほりえもんDNA」・・・うーむ、生命力ありそうですよね。

tomotomo 2005/03/04 23:02 飲み屋での会話を出されても…説得力ないです

kibashirikibashiri 2005/03/05 01:13 tomo様。初めまして、コメントありがとうございます。おっしゃるとおりです。このネタは説得力を有しているかどうかも含めて皆様に判断いただければと考えて公開したものです。tomo様のご判断は決して少数派ではないと思っております。

こんなんでましたこんなんでました 2005/03/29 01:27 「僕は死なない」 著:堀江貴文 発売日:2005/03/29 出版社:livedoorパブリッシング JAN/ISBNコード:4779400007

kibashirikibashiri 2005/03/29 12:04 こんなんでました様。はじめまして、ようこそです。どひゃー、出ましたか、ついに。前々からそんな本があるとか、出るとか、うわさを見聞きしていましたが。
 本を出すぐらいですから、堀江氏はやはりこのフレーズがお気に入りなのだということなのでしょうか?
 しかしなあ、冷静に考えると、すげータイトルですなあ。(爆

space_travelspace_travel 2005/10/08 23:15 宇宙旅行事業をホリエモンはやろうとしているそうです。
けど、軍事偵察宇宙ステーションはマズイでしょう。
http://opencube.dip.jp/~hh001/content2/space_travel2.html