木走日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-01-15 いざ進め〜ツ! ガンバレ、朝日新聞!!!

kibashiri2006-01-15

[]いざ進め〜ツ! ガンバレ、朝日新聞!!! 12:48



●♪♪ケロッ! ケロツ! ケロッ! いざ進め〜ツ 地球侵略せよ!!!♪♪

 例によって下らないマクラ話から・・・

 最近、小学三年生の娘カナコが妙な唄を口ずさんでいます。

♪♪

ケロッ! ケロツ! ケロッ!

いざ進め〜ツ 地球侵略せよ

ケッケロッケロ〜!

傘持って出かけた日にはいつも晴れ

「気をつけ〜ッ、目を喰い縛れェェ!!」

カレーのライスを炊き忘れ

閉まるドア 小指はさんだ 飛び乗ったら行き先ちがう

社員旅行はケロン あ、買った方が安いね晩のおかずッ!

♪♪

 それにしても歌詞の内容がメチャクチャなんでありまして、なんだあ、「地球侵略せよ」とは物騒なんですが、「傘持って出かけた日にはいつも晴れ」とはマーフィーの法則みたいでまだいいですが、「気をつけ〜ッ、目を喰い縛れェェ!!」は、「歯」の間違いだろうが・・・

 メロディーが印象的でまあ行進曲というかマーチなんでしょうがとても覚えやすく、カナコが毎日家でうたっているものだからこちらまで覚えてしまったですよ。

 で、奥さんに「ヤツの唱っているへなちょこな「ケロッ! ケロツ! ケロッ!」は何の唄なの?」と尋ねれば、今小学生の間ではやっている『ケロロ軍曹』とかいうアニメの主題歌である『ケロッ!とマーチ』だそうなのであります。

■『ケロロ軍曹』ホームページ

http://sunrise-inc.co.jp/keroro/

■ケロッ!とマーチ [Maxi]

角田信朗&いはたじゅり

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001ZX2GI/ref=pd_bxgy_text_1/503-9038127-5751159

 ああ、これかあ、この宇宙カエルなら、時々当ブログを紹介してくれたことがある『ITALのクリップ』さんのとこで見たことがあったでした。

ITALのクリップ

http://italblog.txt-nifty.com/clip/

 で、アニメ評論家の氷川竜介氏のこのアニメの「ここが見どころ」評はこうです。

このアニメは生活ギャグ、少年マンガ伝統の「居候もの」である。人語を発するカエルたちの正体はケロン星人……地球侵略者の尖兵だったというから驚きだ。しかし、なぜか地球人も宇宙人も互いになじんでしまったところに、居心地のいい世界が出現する。笑いどころはケロロ軍曹の持つ二つのギャップだ。軍隊口調で任務に忠実な基本性格と日常生活のギャップ。宇宙人から見た地球文化のギャップ。この2つのギャップの間を右往左往するケロロのアクションが爆笑につながっていく。ガンダムなどアニメのパロディも満載で、キャラクターもすっきりと美しく、テンポよくリズミカルに笑える。主題歌「ケロッ!とマーチ」は一度聴いたら耳について離れない名曲だ!

http://www.b-ch.com/cgi-bin/contents/ttl/det.cgi?ttl_c=216

 うーん、たしかに「主題歌「ケロッ!とマーチ」は一度聴いたら耳について離れない名曲だ! 」は、名曲かどうかは別としても一度聴いたら耳について離れないのではあります。

 職場でも、朝は「♪♪ケロッ! ケロツ! ケロッ! いざ進め〜ツ 地球侵略せよ!!!♪♪」と自分を励まし、客先で商談に失敗すれば「♪♪ケッケロッケロ〜! 傘持って出かけた日にはいつも晴れ♪♪」と自分を慰め、従業員のソフトがバグを出せば「♪♪気をつけ〜ッ、目を喰い縛れェェ!!♪♪」と叱りつけております。(爆笑)

 歌詞の全文が知りたいと思っていたら全文を掲載している奇特なブログがありましたですよ。

1. 「ケロッ!とマーチ」(2004年4月3日から2005年3月26日まで)

   歌:角田信朗&いはたじゅり、作詞:もりちよこ、作曲、編曲:沢田完

(中略)

《ケロッ!とマーチ》

ケロッ! ケロツ! ケロッ!

いざ進め〜ツ 地球侵略せよ

ケッケロッケロ〜!

傘持って出かけた日にはいつも晴れ

「気をつけ〜ッ、目を喰い縛れェェ!!」

カレーのライスを炊き忘れ

閉まるドア 小指はさんだ 飛び乗ったら行き先ちがう

社員旅行はケロン あ、買った方が安いね晩のおかずッ!

ピロッ! ピロッ! ピロッ!

突撃は〜ッ 動く歩道で行け

ピッピロッピロ〜!

早寝して寝坊してまた二度寝する

「全体〜ッ、止まれ回れ、お手ッ!!!」

嫌われたいのに愛される

いらないもの買った大バーゲン ほしいものあるとお金がない

四の五の言えよケロン

あ、カミナリ鳴っても隠すヘソがないツ!!!

熟きこの血潮と 胸に刻まれし闘魂

永遠に勝ち誇れ 我らがケロン!

熟きこの血潮と 胸に刻まれし闘魂

永遠に勝ち誇れ 愛しき星よ! 我らがケロン!

「全体〜ツ、止まっちゃダメッ!!!」

「あ”〜〜〜……」

ゲロッ! ゲロッ! ゲロッ!

高らかに〜ッ 勝利のオタケビを

ゲッゲロッゲロ〜!

はりきって電話に出たらファクシミリ

「”平成”は本日より”ケロロ元年”でありま〜〜〜すッ!!!」

四角いトコロは丸く掃け

水かき汗っかきベソっかき 歯みがきならイチゴの香り

ケロンは宇宙一、たぶん あ、駅から5分は実は15分!!!

それじゃーソルジャーど疲れさん!!!

ケロッ ケロッ!

ケロッ!!

ケロッ!!! ケロッ!!!!

the Utopia 神在祂的天堂裡 這個世界平安無事 より抜粋

http://blog.yam.com/the_utopia/archives/341766.html

 あれ、ここ中国の人のサイトじゃないですか?

 へええ、日本アニメ恐るべしでありますね。

 それはさておき歌詞の内容に戻りますが、ハハハハ、しかし全文「あ、駅から5分は実は15分!!!」とか、おもしろいおばかな歌詞ですねえ(笑)

 いや、変な唄にはまっちゃったのであります。(苦笑



●一昨日(13日)の「問題がないわけではない」朝日社説

 で、本題なのですが、一昨日(13日)の社説で朝日と産経はまた靖国関連で揃い踏みしたのであります。

【朝日社説】自民総裁選 靖国を避けて通れるか

http://www.asahi.com/paper/editorial20060113.html

【産経社説】ポスト小泉 靖国を政争の具にするな

http://www.sankei.co.jp/news/060113/morning/editoria.htm

 うーん、この9月のポスト小泉の自民党総裁選では、例によって朝日が靖国を争点にせいと訴え、産経が靖国は争点にするなと訴えているのですね。

 ・・・

 はあ。

 もう、両紙社説ともタイトルだけで内容が手に取るように透視できるので、本文の引用はしません(苦笑

 一カ所だけ朝日社説にちゃちゃを入れておきますと、

 中国など相手側に問題がないわけではない。それでも、こじれにこじれた外交をどう立て直すか、次期総裁つまり次の日本首相の座を争う政治家たちに、打開策が問われないはずがないではないか。

 ここの「中国など相手側に問題がないわけではない」とは、社説テキストとしてはどうでしょうかねえ。

 「問題がないわけではない」という表現は実はほぼ100%の事象に付けることが可能な言語不明瞭意味ほぼ不明な表現なのでありますよ

 現代日本語では批判にはなっていないのです。

 たとえば「木走日記に問題がないわけではない」とか、「カナコの通信簿に問題がないわけではない」、「木走家の食卓のおかずに問題がないわけではない」、「木走の月のお小遣いに問題がないわけではない」って、どうよ(爆)

 実はこの世に100%完璧な正しい事象などほとんどないわけで「問題がないわけではない」のは大抵成立してしまうのであって、すなわち批判にはなっていないのであります。

 「カナコの通信簿」とか「木走の月のお小遣い」とか、問題だらけでかなり深刻な様相であっても「問題がないわけではない」で片づけてしまえば軽い問題だという印象操作が可能なわけでありますよね。

 ・・・

 ん? ちょっとこのテキスト木走家的には「問題がないわけではない」かな(苦笑



●いざ進め〜ツ! ガンバレ、朝日新聞!!!

 しかし、靖国参拝の朝日の主張はどうにも逆効果じゃないのかと、かねがね不肖木走も抱いていた素朴な疑問をスッパリと一刀両断で言い放ってくれたのが『玄倉川の岸辺 』さんであります。

 失礼してちょっと抜粋。

最近の世論調査によれば、小泉総理の靖国参拝について国民の賛否はほぼ拮抗している。

反対派には野党および公明党の支持者が多い。

逆に言うと、世論調査から野党と公明党の支持者を除けば参拝支持の割合はさらに高くなるはずである。

総裁選で投票するのは自民党員である。保守政党である自民党の党員は、国民の平均よりは参拝への支持率が高いことは容易に想像できる。朝日や中日のように「靖国参拝の是非を総裁選の争点にせよ」と主張することは、自民党内の参拝支持派のエネルギーを高め、安倍氏や麻生氏への追い風になるだろう。

もし私が参拝反対派で「自民党には参拝支持派が多い」ことを知っており、「次の自民党総裁=総理大臣は靖国参拝しない人が望ましい」と考えるなら、「靖国問題を争点にすべきだ」とは決して主張しないだろう。敵が優勢なところで戦いを挑んでも勝利を得る見込みは薄い。むしろ意中の参拝反対派候補が「靖国問題」以外(たとえば景気回復、財政再建等)を前面に押し立てて総裁選を戦うことを望み、それを支援するだろう。

『玄倉川の岸辺 』

目的と手段

http://blog.goo.ne.jp/kurokuragawa/e/077e950b25e1cb1d660afc5a1d048b98

 全文は是非あちらにてお読みいただきたいのですが、これは正論でありますね。

 「むしろ意中の参拝反対派候補が「靖国問題」以外(たとえば景気回復、財政再建等)を前面に押し立てて総裁選を戦うことを望み、それを支援するだろう。」とは、まことに正鵠を得た、正しい分析でありましょう。

 ・・・

 私も朝日新聞にアドバイスいたしましょう。

 もし本当に靖国反対派の総理大臣を誕生させたいのならば、第一に玄倉川さんが鋭く指摘しているとおり、朝日は靖国批判の矛を収めて靖国問題は当面沈黙するべきです。

 現状では逆効果にしかなっていないのです。

 第二に、「中国など相手側に問題がないわけではない」などと箸にも棒にもかからない批判になっていない文章を社説に書くのじゃなくて、徹底的に中国の批判を展開すべきです。

 東シナ海ガス田問題、反日デモ問題、反日教育問題、外交官自殺問題、問題点の材料は、それこそあげればきりがないほど、ごろごろしているでしょう。

 つまり、「中国・韓国からの反対があるから靖国参拝を止めよ」という今までの論法を放棄し、「靖国は国内問題として放置します。中国・韓国には批判すべきは批判していきます。」と主張を180度大転換するのです。

 ・・・

 靖国肯定派の何割かは「別に首相が靖国に参拝するのもしないのも個人の自由だろう。しかし、外国に言われるから参拝止めろというのは納得がいかない」という、消極的支持派のはずです。

 その靖国消極的肯定派を反対派に取り組む現実的な戦略は、朝日が今指摘したたったふたつの点で戦略を大転換して主張を変えればいいのです。

 真に靖国参拝反対派の総理大臣を誕生させたいのならば、朝日新聞は「靖国問題」は当面沈黙し、中国・韓国に対しては堂々と批判すべきは批判していくべきなのです。

 ・・・

 うーむ、朝日には、中国様や朝日読者様を裏切るような転換はできっこないですかね。

 ・・・

 ふう。

 よーし「ケロッ!と朝日マーチ」で応援だ!

♪♪

ケロッ! ケロツ! ケロッ!

いざ進め〜ツ 靖国反対せよ

ケッケロッケロ〜!

脳内で記事書いた日にはいつも抗議

「気をつけ〜ッ、目を喰い縛れェェ!!」

ねずみ踊り検証を書き忘れ

環境破壊サンゴ壊した NHK批判したら事実ちがう

会見コメントは捏造 あ、5000万が安いね週間朝日ッ!

♪♪

 いざ進め〜ツ! ガンバレ、朝日新聞!!!


人気blogランキングへ

(↑「神在祂的天堂裡 這個世界平安無事」世界人類が平和でありますように。)

(木走まさみず)

のりぞうのりぞう 2006/01/15 14:37 いつも楽しく読ませていただいています
「泳がせ捜査」記事でおわび 裏付け取材が不足 「組織的捜査」確証得られず
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060114&j=0022&k=200601147030
同じサヨ新聞でも道新は反省してますけど、朝日さんはなかなか反省しないようですね
新聞の読み方自体がネットの浸透で、ここ数年劇的に変わっていることが、まだわかってないのかしら・・・

玄倉川玄倉川 2006/01/15 15:13 拙ブログをご紹介くださいましてありがとうございます。
木走さんのお作りになったケロロ軍曹の替え歌(傑作!)ですが、朝日は常に中韓の悪い点には「目を喰い縛」ってますから改めて命令する必要はなさそうですね。

biaslookbiaslook 2006/01/15 15:34 ケロロ軍曹では、裏で色々と言葉狩りがあって、さすが日本のテレビ界と感心してます。
漫画版「ポコペン」は中国人の蔑称だということで、アニメ版では「ペコポン」になったり、「ゲロロ酋長」が「ゲロロ艦長」になってたりしてます。
第2のポケモンとなって、アメリカでも流行するのでしょうか。

kibashirikibashiri 2006/01/15 17:39 のりぞう様

>いつも楽しく読ませていただいています

 ありがとうございます、コメントどうもです。

>「泳がせ捜査」記事でおわび 裏付け取材が不足 「組織的捜査」確証得られず
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060114&j=0022&k=200601147030
同じサヨ新聞でも道新は反省してますけど、朝日さんはなかなか反省しないようですね

 北海道新聞ですね。私の注目しているローカル新聞のひとつです。

>新聞の読み方自体がネットの浸透で、ここ数年劇的に変わっていることが、まだわかってないのかしら・・・

 うーん、どうなんでしょう、ネタ提供メディアとしてはありがたいのですが。。。

玄倉川様

>拙ブログをご紹介くださいましてありがとうございます。

 いやいや素晴らしいエントリーでございます。

>木走さんのお作りになったケロロ軍曹の替え歌(傑作!)ですが、朝日は常に中韓の悪い点には「目を喰い縛」ってますから改めて命令する必要はなさそうですね。

 そうか、デフォルトで「目を喰い縛」っていたかあ(苦笑

biaslook様

>ケロロ軍曹では、裏で色々と言葉狩りがあって、さすが日本のテレビ界と感心してます。
漫画版「ポコペン」は中国人の蔑称だということで、アニメ版では「ペコポン」になったり、「ゲロロ酋長」が「ゲロロ艦長」になってたりしてます。
第2のポケモンとなって、アメリカでも流行するのでしょうか。

 えええ? 「ポコペン」って、中国人の蔑称だったのですかあ(驚

 私小さいとき「ポコペン」って遊び(缶けりのようなかくれんぼのような遊び)してたんですんけど。

「ポコペン、ポコペン、だあれがつっつーいた? ポコペン」とか言う子供の遊び・・・


 みなさま、コメントありがとうございます。

GedolGedol 2006/01/15 18:41 ども。いつの世も「電波ソング」は子供に人気ですね。
 さて、「問題がないわけではない」という言葉は基本的に「問題があるけどここではちょっとそれとは別の視点で語りますよ」と言う意味なので、そもそも「批判になってない」との指摘はお門違いです。はじめから批判などしていません。Aという問題を指摘するときに「本題ではないが関連してBという問題もある」と念を押してるだけなんで。そんなワケで朝日の記事は日本語として至極真っ当な表現方法をしているのです。引用文全体としては問題が無いとは言いませんが(笑)。
 んで、「靖国問題争点化」のお話は単純に「公明党の選挙協力、欲しいの?」という議論なので特に「議員さん達」にとっては悩ましい問題だと思います。日蓮正宗的視点ではおそらく「靖国参拝は外道」でしょうから。

リュートリュート 2006/01/15 22:26 「ポコペン」って、@niftyの国語辞典で調べたら中国語で「元値に足りない」
いみだそうです。「ケロロ軍曹」は宇宙人なのにガノタってとこが、気に入っ
てますw

masashimasashi 2006/01/15 22:51 個人的には、朝日がすべて中国に事大しているとは思いませんが、反米反政府の視点に立つと、基本的にそういうスタンスしかとれないのでしょうかね^^;
結局は、朝日が自分自身で思想的な位置を決めてしまっているために、違う動きができないのでしょう。産経の主張や現政府と対決すればするほど、自分の立ち位置はそこにしかなくなっていくのでしょうね。
「自らの思想を主張することで言論の自由を守ろうと気負っているが、主張を続けることで自らの言論の幅を狭めてしまっている。」←このあたりかと思いますが、いかがなものでしょうか?

要は、謝るだけの余裕がないだけでしょう(笑)。でも、余裕がない言論からは人は離れていくと思います。・・ちなみに、産経も余裕ないですけど(笑)。ただ、もともとシェアが小さいから朝日とは結果が異なるかもです。

ちなみに、『問題がないわけではない』はGedolさんと同じ感想を持ちました。単にアリバイづくりの枕詞だと思います。

ケロロ軍曹の存在は知っていましたが、うちの子供が興味ないので詳しくはさっぱりです^^;

そういえば、この前小学6年生の長男から質問を受けました。「日本って、戦争の準備しているの?」・・・「準備していないとはいえないけど、周りの国(韓国・中国)がたくさん準備しているんだ。だから、戦争に巻き込まれないように用意はしておかないとね。ただ、日本から戦争をするようなことはないよ。」と答えておきました。担任、一体何を教えとんじゃ!!(苦笑)。

ふにふにふにふに 2006/01/16 08:44 いやーケロロ軍曹ってはやってるんですねぇ〜
私、当然見てますよ (爆)
ケロロ軍曹って、普通にギャグ漫画としてみても面白いですすし、まず血が出たり殺し合いになったりする場面は出てきませんし、ケロロが、悪いことをすると必ずお仕置きされるので、クレヨンしんちゃんみたいに、親御さんが子供に見せたくないとも余り思わせない。
なかなか良い出来の作品なのです。
そして、今見ている子供を将来着実にオタクに変貌させるポテンシャルを持った危険なアニメでもありますw
原作の吉崎観音(よしざき みね)先生は、作家暦18年目のベテランだったりします(いわゆるオタク方面の雑誌で書いてらっしゃる作家さんなので、有名ではありませんけどね)。

あと、朝日新聞は今日も正常運転なり〜

こえだこえだ 2006/01/16 11:47 ケロロ軍曹ですか・・・全く知りませんでしたが凄いインパクトです。
かえるに似ているといわれる私としてはなんだか妙な親近感が・・・
で、木走様の朝日批判・・結構キビシイですが楽しく読ませて頂きました。

kibashirikibashiri 2006/01/17 10:18 Gedol様

 ども。

>さて、「問題がないわけではない」という言葉は基本的に「問題があるけどここではちょっとそれとは別の視点で語りますよ」と言う意味なので、そもそも「批判になってない」との指摘はお門違いです。はじめから批判などしていません。Aという問題を指摘するときに「本題ではないが関連してBという問題もある」と念を押してるだけなんで。そんなワケで朝日の記事は日本語として至極真っ当な表現方法をしているのです。引用文全体としては問題が無いとは言いませんが(笑)。

 なるほどです。

>んで、「靖国問題争点化」のお話は単純に「公明党の選挙協力、欲しいの?」という議論なので特に「議員さん達」にとっては悩ましい問題だと思います。日蓮正宗的視点ではおそらく「靖国参拝は外道」でしょうから。

 ウフフフ、たしかにそうか、「議員さん達」にとっては「公明党の選挙協力」がからんでるわけですね。

リュート様

>「ポコペン」って、@niftyの国語辞典で調べたら中国語で「元値に足りない」
いみだそうです。「ケロロ軍曹」は宇宙人なのにガノタってとこが、気に入っ
てますw

 おお貴重な情報有り難うございます。「元値に足りない」ですか・・・意味深ですねえ。

masashi様

>個人的には、朝日がすべて中国に事大しているとは思いませんが、反米反政府の視点に立つと、基本的にそういうスタンスしかとれないのでしょうかね^^;
結局は、朝日が自分自身で思想的な位置を決めてしまっているために、違う動きができないのでしょう。産経の主張や現政府と対決すればするほど、自分の立ち位置はそこにしかなくなっていくのでしょうね。
「自らの思想を主張することで言論の自由を守ろうと気負っているが、主張を続けることで自らの言論の幅を狭めてしまっている。」←このあたりかと思いますが、いかがなものでしょうか?

 なるほど、朝日は己の主張が己を縛り付けている自己金縛り状態だというわけですね。 うーん、おもしろい。

>要は、謝るだけの余裕がないだけでしょう(笑)。でも、余裕がない言論からは人は離れていくと思います。・・ちなみに、産経も余裕ないですけど(笑)。ただ、もともとシェアが小さいから朝日とは結果が異なるかもです。

 プウ、「もともとシェアが小さい」って(苦笑

>そういえば、この前小学6年生の長男から質問を受けました。「日本って、戦争の準備しているの?」・・・「準備していないとはいえないけど、周りの国(韓国・中国)がたくさん準備しているんだ。だから、戦争に巻き込まれないように用意はしておかないとね。ただ、日本から戦争をするようなことはないよ。」と答えておきました。担任、一体何を教えとんじゃ!!(苦笑)。

 ムムム、ゆゆしき反戦教育ですな。

ふにふに

>いやーケロロ軍曹ってはやってるんですねぇ〜
私、当然見てますよ (爆)
ケロロ軍曹って、普通にギャグ漫画としてみても面白いですすし、まず血が出たり殺し合いになったりする場面は出てきませんし、ケロロが、悪いことをすると必ずお仕置きされるので、クレヨンしんちゃんみたいに、親御さんが子供に見せたくないとも余り思わせない。
なかなか良い出来の作品なのです。
そして、今見ている子供を将来着実にオタクに変貌させるポテンシャルを持った危険なアニメでもありますw
原作の吉崎観音(よしざき みね)先生は、作家暦18年目のベテランだったりします(いわゆるオタク方面の雑誌で書いてらっしゃる作家さんなので、有名ではありませんけどね)。

 ほほう、おくわしいですな。たしかにキャラクターはすっきりデザインされていて良いですよね。 

>あと、朝日新聞は今日も正常運転なり〜

 御意。

こえだ様

>ケロロ軍曹ですか・・・全く知りませんでしたが凄いインパクトです。
かえるに似ているといわれる私としてはなんだか妙な親近感が・・・

 え? こえださんて両生類系なんですか(爆
 あ、冗談でございます。(汗

>で、木走様の朝日批判・・結構キビシイですが楽しく読ませて頂きました。

 楽しく読んでいただけて嬉しゅうございます。



 みなさま、コメントありがとうございます。

zapzap 2006/01/17 16:59 まぁ朝日はもうどうでもいいです。いまさら・・・
それより不思議だったりするのが、今頃ケロロ軍曹の初代OPが流行ってるって事実の方ですね。昨年の土曜朝やってた頃のOPがなぜこんな時期に出回るんでしょうね。東京在住のようですし(地方なら最近始まったところもある)。

kibashirikibashiri 2006/01/17 19:12 zap様

>それより不思議だったりするのが、今頃ケロロ軍曹の初代OPが流行ってるって事実の方ですね。昨年の土曜朝やってた頃のOPがなぜこんな時期に出回るんでしょうね。東京在住のようですし(地方なら最近始まったところもある)。

 知ってる範囲で。 どうやら、最近(たぶん今月から)ケーブルテレビのアニメ専用チャンネルで「ケロロ軍曹」の再放送が始まったみたいですね。で、再放送なので初代OPがケーブルテレビを通じて再び広まっているようです。
 内の娘もケーブルTVの再放送と地上波(TV東京系)の放送と両方見ているようですよ。

zapzap 2006/01/17 22:58 >どうやら、最近(たぶん今月から)ケーブルテレビのアニメ専用チャンネルで「ケロロ軍曹」の再放送が始まったみたいですね。

そういうことでしたか。小学校で流行ってると言うより、マイブーム(死語)なのですね。
個人的には初代OPが一番好きです。