木走日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-07-01 プレスリー邸ではしゃぐ小泉首相をこき下ろすNYT記事

kibashiri2006-07-01

[]プレスリー邸ではしゃぐ小泉首相をこき下ろすニューヨークタイムス記事〜「日本の最もよく知られているエルビスものまね芸人」ってなんだ(怒 20:21



●「コイズミの夢実現」 米メディア異例の関心

 本日(1日)の産経新聞電子版速報記事から・・・

「コイズミの夢実現」 米メディア異例の関心

【メンフィス(米テネシー州)=有元隆志】「コイズミの夢が実現した」−。米国の人気歌手、故エルビス・プレスリー宅のあるテネシー州メンフィスのグレースランドを30日、ブッシュ大統領とともに訪問した小泉純一郎首相について、米メディアは外国指導者に対しては異例の大きな扱いで伝えた。

 普段はブッシュ大統領の一挙手一投足を取材するホワイトハウス詰め記者団も、この日ばかりは大統領よりも首相のパフォーマンスに注目し、大統領も「珍しい経験だ」ともらした。

 首相が邸宅内の「ジャングルルーム」で、プレスリーが愛用したのと同じ型のサングラスをかけて、プレスリーのまねをして大きなジェスチャーでギターを弾くふりをすると、記者団から大きな歓声があがった。

 米メディアは首相のこのパフォーマンスを相次いで伝えた。ある米国人記者は「首相はメディアの期待に応えるすばらしいパフォーマーだね」と感心していた。

 小泉首相ほど米国人に強い印象を残した日本の首相は最近ではいないといってもいい。首相同行筋は「後任首相は誰になっても、小泉首相と比べられ大変だ」と語った。

 両首脳はプレスリー宅訪問の後、公民権運動の指導者、キング牧師が1968年4月に暗殺されたモテル(現在、公民権博物館)を訪れた。

(07/01 09:28)

http://www.sankei.co.jp/news/060701/sei058.htm

 小泉首相の大好きな米国の人気歌手、故エルビス・プレスリー宅に訪問できて小泉首相も超ごきげんだったようですが、ブッシュ大統領をして「珍しい経験だ」といわしめるほど、アメリカメディアも「首相のパフォーマンスに注目」したようですね。

 「プレスリーのまねをして大きなジェスチャーでギターを弾くふりをすると、記者団から大きな歓声があがった」そうですし、ある米国人記者が「首相はメディアの期待に応えるすばらしいパフォーマーだね」と感心していたそうであります。

 TVで見てたら、小泉首相が上機嫌に「ラブミーテンダー」かなんか唱っているところが放映されてましたが、どうなんでしょうねえ、一部日本の報道では少しはしゃぎすぎじゃないかなんて批判もあるようですが、まあこの産経記事に言わせれば「首相はメディアの期待に応えるすばらしいパフォーマーだね」と米国人記者も感心していたそうですから、アメリカの人も大目に見てくれてるならばいいですけどね。

 ・・・

 しかしなあ「首相はメディアの期待に応えるすばらしいパフォーマー」か・・・

 この件で「米メディアは外国指導者に対しては異例の大きな扱いで伝えた」のはそうなのでしょうが、問題はアメリカメディアがどのようなニュアンスで「首相のパフォーマンスに注目」したのか、っていう点でしょうネ。

 いくつかネット上でアメリカメディアの関連記事を読んでみましたが、なかには少しはしゃぎすぎじゃないかと首相のパフォーマンスを冷ややかな目で見ている論調も散見できます。

 で、特にひどいのがニューヨークタイムス(苦笑)なのであります。

 もうね、2ページに渡るNYTの小泉首相を小馬鹿にした速報記事を読んだ後なので、不肖・木走としてはこの産経記事のような日本国内の脳天気な首相のパフォーマンスに米メディアも注目といった好意的論調には苦笑いするしかないのです。



●"Loooovve mee tenderrrrr,"〜小泉首相のパフォーマンスを皮肉たっぷりに伝えるNYT記事

 問題の今日(1日)付けのニューヨークタイムスの速報記事はこちら。

In Memphis, Two Heads of Government Visit the Home of Rock 'n' Roll Royalty

By SHERYL GAY STOLBERG and SHAILA DEWAN

Published: July 1, 2006

http://www.nytimes.com/2006/07/01/washington/01bush.html?pagewanted=1&_r=1

 「In Memphis, Two Heads of Government Visit the Home of Rock 'n' Roll Royalty」、「メンフィスで両国首脳ロックンロールの王室邸に訪問」ってタイトルの2ページに渡るシール・ゲイ・ストロバーグ記者とシャイラ・ディワン記者の連名記事なのでありますが、これがもう読んでいて嫌になっちゃう内容なのであります。

 記事全編、小泉首相のパフォーマンスを皮肉たっぷりに伝えているのであります。

 記事のサブタイトルからしてあなた、「Japanese Prime Minister Junichiro Koizumi did an Elvis Presley impression during a tour of Graceland today. 」「日本の小泉純一郎首相は今日グレースランド訪問中ずっと、エルビス・プレスリーのモノマネをしていた」ですよ。

 ・・・

 ふう。

 取りあえずいつもは邦訳を付けるのですが、あまりにも記事が長いのと内容が腹が立つので今回はポイントだけご紹介しておきましょう(原文はテキスト最後に付記しておきます)

 記事の書き出しからこうです。

MEMPHIS, June 30 — Plenty of awestruck Elvis impersonators have passed through the wrought-iron gates of Graceland. Until Friday, none had the president of the United States in tow.

メンフィス6月30日− 多くのエルビスものまね芸人がグレースランドの錬鉄製の門を恐れかしこまりながらこれまで通り抜けてきたが、この金曜日まではだれも、ロープの中にアメリカ合衆国大統領を連れ込んだりはしなかった。

 ああたね、一国の首相の訪問記事を書くに当たってどこの国の新聞が「ものまね芸人」と比較して記事を書き出しますか(プンプン

(↑本テキストでは、元記事の格調の高さ(苦笑)にあわせて、以後「あなた」を「ああた」と表記してきます(苦笑))

 続いて記事は、小泉首相のはしゃぎぶりをコミカルにしかし冷ややかに描写していきます。

"It's like a dream," Prime Minister Junichiro Koizumi of Japan said to President Bush in the Jungle Room of the Presley home here.

「夢のようだ」と、日本の小泉純一郎首相はプレスリー邸のジャングルルームでブッシュ大統領に言った。

 ・・・

"Loooovve mee tenderrrrr," Mr. Koizumi crooned, as Priscilla Presley, Elvis's former wife, and Lisa Marie, his daughter, looked on.

「らああぶみいてんだああああ」ミスター小泉は、エルビスの先妻であるプリシラ・プレスリーと彼の娘であるリサ・マリーを見つめながら、口ずさんだ。

 うーん、そうか"Love me tender,"も歌が決してうまくはない小泉首相が唱うと"Loooovve mee tenderrrrr,"に英語もなっちゃうのか(爆

When Priscilla Presley pointed out the oversize gold-rimmed sunglasses once worn by the King of Rock 'n' Roll, the prime minister eagerly donned them, thrusting his hips and arms forward in imitation of a classic Elvis move.

プリシラ・プレスリーがかつてロックンロール王が掛けていた特大の金縁のサングラスを指さしたとき、首相は熱くなり、古典的なエルビスの動きをマネてお尻と腕をくねらせながらそれを身につけた。

 もうね、"thrusting his hips and arms forward in imitation of a classic Elvis move"って、首相のそのときの振るまいが目に浮かんじゃって(苦笑)訳す必要ないほどですが(苦笑)。

"I knew he loved Elvis," Mr. Bush said afterward. "I didn't realize how much he loved Elvis."

 「わたしは彼がエルビスを愛していることは知っていた」ミスターブッシュは後で言った。「これほどまで彼がエルビスを愛してたとは知らなかった」

 小泉さんのはしゃぎぶりには、ブッシュ氏も驚いたようであります。

 ・・・

 この調子でコミカルにしかし冷ややかに、この長文の記事の最後まで小泉首相の振る舞いを小馬鹿にして描写していくこのニューヨークタイムス記事なのであります。

 ・・・

 ふう。



●なんだこの失礼な記事の結語は〜「日本の最もよく知られているエルビスものまね芸人」ってなんだ(怒

 記事の最後は次のように結ばれています。

The tour was the same as ordinary tourists receive, with one big exception: there were no ropes to prevent the two leaders from sitting where Elvis sat, walking where Elvis walked or touching what Elvis touched. When Mr. Koizumi picked up the gold sunglasses, Graceland's curator, who had carefully carried the glasses into the room with gloved hands, looked as if she were about to faint.

One part of the house the Bushes and Mr. Koizumi missed was the upstairs, Elvis's living quarters. Elvis insisted they be kept private, said David Beckwith, a spokesman for Graceland.

"Nobody goes upstairs," Mr. Beckwith said.

Not even Japan's best-known Elvis impersonator and the president of the United States.

 このツアーは普通の旅行者が参加できるツアーと1つの大きい例外を除けば同じだった、それは2人のリーダーが、エルビスが座ったところに座ったり、エルビスが歩いたところまで歩いたり、エルビスが触れたものに触れたりするのを、普通は防ぐために張られているロープが全くなかったことだ。 小泉さんが金のサングラスを拾ったとき、グレースランドの館長(慎重に手袋をはめた手で部屋まで眼鏡を運んだ)は、まるで(その瞬間)彼女が気を失うように見えた。

 ブッシュと小泉さんご一行が見逃した家の一部が、エルビスが居住していた2階だった。 デヴィッド・ベックウィス(グレースランドのスポークスマン)は、エルビスがここ(2階)だけは非公開にするように主張したと言った。

「だれも上の階には行けません。」と、ベックウィスさんは言った。

 日本の最もよく知られているエルビスものまね芸人とアメリカ合衆国大統領でさえだ。

 な、なんだ、この人を馬鹿にした記事の結語は・・・

 ああたね、これじゃまるでブッシュと小泉さんご一行がとってもわがままでルール無視のらんちきご一行扱いじゃないですか(プンプン

 それになんですか、この記事の結語は。

Not even Japan's best-known Elvis impersonator and the president of the United States.

 なんでブッシュさんは「the president of the United States」=「合衆国大統領」と格式ある呼称なのに、小泉さんは「Japan's best-known Elvis impersonator」=「日本の最もよく知られているエルビスものまね芸人」なんだよ(怒

 ・・・

 ふう。

 産経新聞はじめ日本のマスメディアよ。

 「「コイズミの夢実現」 米メディア異例の関心」という好意的記事もいいですが、こんな一国の首相を小馬鹿にしたNYT記事もあるんですからね。

 ちゃんと国民に知らせてくれないとね。


 しかしなあ、一国の首相をして「日本の最もよく知られているエルビスものまね芸人」って、なんなんだよ(怒

 まったくもう(プンプン



(木走まさみず)



<参考:記事原文>

In Memphis, Two Heads of Government Visit the Home of Rock 'n' Roll Royalty.

Japanese Prime Minister Junichiro Koizumi did an Elvis Presley impression during a tour of Graceland today.

By SHERYL GAY STOLBERG and SHAILA DEWAN

Published: July 1, 2006

MEMPHIS, June 30 — Plenty of awestruck Elvis impersonators have passed through the wrought-iron gates of Graceland. Until Friday, none had the president of the United States in tow.

"It's like a dream," Prime Minister Junichiro Koizumi of Japan said to President Bush in the Jungle Room of the Presley home here. Amid the faux leopard print chairs and green shag carpet covering both floor and ceiling, the prime minister then serenaded the president.

"Loooovve mee tenderrrrr," Mr. Koizumi crooned, as Priscilla Presley, Elvis's former wife, and Lisa Marie, his daughter, looked on.

When Priscilla Presley pointed out the oversize gold-rimmed sunglasses once worn by the King of Rock 'n' Roll, the prime minister eagerly donned them, thrusting his hips and arms forward in imitation of a classic Elvis move.

"I knew he loved Elvis," Mr. Bush said afterward. "I didn't realize how much he loved Elvis."

If the visit, the first time a sitting president has toured Graceland, resembled an Elvis lovefest, it was a Bush-Koizumi lovefest as well, orchestrated by the White House to spotlight the close relationship between Japan and the United States. Mr. Koizumi, who will step down in September, is among Mr. Bush's closest friends on the world stage; the trip was both a farewell gift and a thank you for Japan's support on the war on terror.

In the annals of international diplomacy, it was not exactly Yalta. But it did bring a little bit of shake, rattle and roll to American foreign relations — perhaps too much for Mr. Bush, who resisted being caught in any poses even remotely Elvislike.

Not so Mr. Koizumi.

The prime minister's obsession with Elvis is well known; he shares a birthday, Jan. 8, and a hairstyle with Elvis, and worked in the 1980's to erect a bronze statue of the singer in Tokyo. At one point Friday, Mr. Koizumi happily remarked to Lisa Marie Presley that she looked like her father. He later threw his arm around her, belting out some Elvis lyrics, "Hold me close, hold me tight."

Mr. Bush, though, eventually cut off the performance, clapping the prime minister on the shoulder and firmly shaking his hand in a none-too-subtle message that the curtain was about to fall.

The sight of the ordinarily strait-laced Mr. Bush, with his vigorous exercise regimen and disdain for alcohol, wandering about the home where a bloated, drug-abusing Elvis died in the bathroom might have seemed incongruous to some. Indeed, the White House press secretary, Tony Snow, on Thursday refused to answer a delicate question: Did Mr. Bush prefer a fat Elvis or a skinny Elvis?

"Uuuuhh, yes," Mr. Snow replied diplomatically.

The prime minister was later treated to lunch at the Rendezvous, the downtown barbecue restaurant, which changed the labels on its spicy barbecue sauce to read, "One President, One Prime Minister, One King." The drummer for the Dempseys, a rockabilly band invited to perform over lunch, rescheduled the birth of his first child (the labor was induced).

With Memphis reeling from a recent spate of drive-by shootings that have killed several teenagers, the White House took pains to make sure Mr. Bush's trip was not all frivolity. The president made an unannounced stop at the National Civil Rights Museum, next door to the Lorraine Motel, where the Rev. Dr. Martin Luther King Jr. was killed.

There, the civil rights leader Benjamin L. Hooks showed the prime minister, Mr. Bush and Laura Bush to Room 306, where Dr. King died. The visit was so last-minute that Mr. Hooks was at a dental appointment Friday morning when he received a phone call from the White House, asking him to serve as guide.

The trip attracted onlookers far more diverse than the already polyglot hordes that normally come to Elvis Presley Boulevard. The street was lined with people, as were barricades set up at the visitor center, across the street from Graceland. They included the curious and those just waiting for their turn to take the tour; protesters of the Iraq war and supporters of the troops; a woman dressed as Lady Liberty; and a man who said he had a letter stating that if the Boston Red Sox went to the World Series again he would throw out the first pitch, and that he would be going by Graceland later to see his old friend Lisa Marie.

But there were also those who used the surroundings for inspiration, at risk of copyright infringement and personal dignity. And not all their messages were for Mr. Bush.

Along the barricades, two Japanese doctors from the St. Jude Children's Research Hospital in Memphis stood behind a large sign. "I want you, I need you, I love you," it read. "Darling, I wish to build a children's cancer hospital in Japan together."

Gregory Wetstone, the tweed-suited director of United States operations for the International Fund for Animal Welfare, was accompanied by four Elvis impersonators in white jumpsuits. "We're delivering a message," Mr. Wetstone said. "Which is, don't be cruel — to whales."

At one end of the famous Graceland wall, inscribed by decades of tourists, stood a cluster of onlookers from the nearby predominantly black neighborhood, Whitehaven, that surrounds Graceland. One, a former state representative named Bret Thompson, said he had come because of a recent crime wave in Memphis that has caused consternation among the city's leaders.

"We had, I guess, the most violent week in Memphis history," Mr. Thompson said. "We had a killing every day." He gestured at the flashing lights and barricades closing off the street to protect the president. "This is the safest place in the world right now, isn't it?"

But mostly, Friday was a day to celebrate a peculiar slice of Americana, gold lamé suits and all.

The White House left no detail unattended for what Mr. Bush described as "this most unusual experience." The breakfast fare on Air Force One was peanut butter and banana sandwiches, a recipe straight from Elvis's kitchen. Elvis movies — "Love Me Tender" and "Viva Las Vegas"— were available for viewing.

And Elvis music played loudly over the speakers, until Mr. Bush asked that it be turned down.

The Graceland tour capped a two-day visit by Mr. Koizumi to the United States; on Thursday, the two leaders met at the White House, where the threat of a long-range-missile launching by North Korea was high on the agenda. The visit here was Mr. Bush's idea, said Michael Green, a former White House foreign policy aide.

"Frankly," Mr. Green said, "I think the bureaucrats on both sides were a little bit perplexed, if not aghast."

The house is virtually as Elvis left it, a homage to 1970's hotel décor. The white couch in the living room is 15 feet long. The kitchen is paneled in wood. The TV room has three television sets, a mirrored ceiling and a bar upholstered in yellow Naugahyde. Elvis's famed pink Cadillac was parked outside; it ordinarily sits in a car museum across the street but was moved to make way for the traveling press.

The tour was the same as ordinary tourists receive, with one big exception: there were no ropes to prevent the two leaders from sitting where Elvis sat, walking where Elvis walked or touching what Elvis touched. When Mr. Koizumi picked up the gold sunglasses, Graceland's curator, who had carefully carried the glasses into the room with gloved hands, looked as if she were about to faint.

One part of the house the Bushes and Mr. Koizumi missed was the upstairs, Elvis's living quarters. Elvis insisted they be kept private, said David Beckwith, a spokesman for Graceland.

"Nobody goes upstairs," Mr. Beckwith said.

Not even Japan's best-known Elvis impersonator and the president of the United States.

http://www.nytimes.com/2006/07/01/washington/01bush.html?pagewanted=1&_r=1

うりぼううりぼう 2006/07/01 20:43 木走さん、野暮なこといいなさんな(笑)イラク派兵、郵政民営化等この5年間、米国のポチとして励んだブッシュ大統領の折角のご褒美の卒業旅行ですよ。もちろん小泉首相も国会延長を放棄してまでこれに精一杯応えたんですが。

tntn 2006/07/01 20:43 (グアンタナモ)監獄ロック

toorisugaritoorisugari 2006/07/01 22:17 まあ,修学旅行では誰もが羽目をはずすものですからね.
”世界で最も重要な同盟関係”のトップ対談が,こんな浮かれたものでいいのかっていう声もありますが,裏を返せば「その程度でも問題なし」というレベルなのでしょうか.
で,NTYは基本的に反日親中ですから,この程度の与太記事はデフォですよ.(明日の朝日に載るでしょうが.)
にしても,与太記事にしろ,ここまで注目を集めた日本首脳も,やはり珍しい.はっきり言って,首脳会談というのは,必要事項は会談する時点で9割が終わっていますから.あとは,会談でどれだけ友好を演出できるかです.
その点では,純ちゃんは合格点.小馬鹿にされるのは癪にさわるが,それくらい油断をさせたほうが良いかと.

桂木桂木 2006/07/01 23:15 これはひどいですね。別に小泉首相を批判的に扱ったってなんら問題はありませんが・・・片方を大統領と表記して片方が物まね芸人じゃいくらなんでもひどすぎます。
NYTは全体として反日親中の傾向があるのですが、ここまで茶化さなくたって良いとは思います。
一応50%前後の支持率を持つ日本国の首相なんですよ。
はっきり言って日本自体を馬鹿にした扱いと言っても良いでしょう。
与太話にしても取り方によってはけんか売ってるようなものですよ。

はしゃぎすぎだという話もありますが、せっかくエルビス邸まで案内してもらって仏頂面してるよりはよっぽどましだと思いますけどね。
いずれにしても、今回の日米会談は懸案事項の云々よりもパフォーマンスが主なんだからこれだけ米メディアに取り上げられたって事は成功だとは思います。

AmericanAmerican 2006/07/02 07:36 これを後に朝日新聞が「アメリカのニューヨークタイムズ紙
もこういう風に言っていたよ。『コイズミはパフォーマンスだけ』
だってさ」と援護するのでしょうか。
いや、する確立は高いはずです。

それと、記者名が「ああ、またオオニシか」
と思ってよく見なかったのですが、もう一度見ると
「あれっ・・・オオニシじゃないよ。しかも二人組だ」
ということに気付きました。

で、シェリルさんについてちょっと調べてみたのですが、http://topics.nytimes.com/top/reference/timestopics/people/s/sheryl_gay_stolberg/index.html?match=any&query=Koizumi&submit.x=0&submit.y=0&submit=Search
(たしかにNYタイムズはしょうもない新聞だが、こういう検索機能がついているのはヒジョーにありがたい)
小泉さんの関連記事は3つありました。

書いてあることはたわいも無いことで、
「もしもブッシュ大統領がアメリカ産の牛肉が安全だというのであれば、ホワイトハウスでの小泉とブッシュの会食はテキサス産の神戸牛がちょうどいいだろう。」とか
「小泉は靖国神社どーのこーの」とか
まあ、普通の与太といっちゃあ与太ですね。

で、同様のタイムズ記事の下に
http://topics.nytimes.com/top/reference/timestopics/people/s/sheryl_gay_stolberg/index.html?inline=nyt-per
”Interactive Feature”というのがあるのですが、
そこのスライドショーでも
・娘のリサ・マリー・プレスリーに父親と同じ型のサングラスを
かけてもらってご満悦状態の小泉さん
・もちろん、プリシラ・プレスリー(プレスリーの元妻)
さんも一緒にいたわけで、案内したそうです。
・何故か、一部では「Mr. Koizuma」と見事に間違っております。
修正したほうがいいんではないんでしょうかね?濃い妻?
・数は少ないながらも、アメリカへの抗議プラカードを持っていた人がいたことをさりげなくアピールするNYタイムズ
「日本はイラク撤退を決めた。アメリカも今すぐ撤退すべきだ」
とか「Jailhouse Iraq」(「監獄イラク」。もちろんプレスリーの
「監獄ロック」から取ったのだろう)とか
「1942年:日系人強制収容
2006年:グアンタナモ」
とか(それでも3人くらいしかいなかったってことは
どうなんだろう)

と新聞ではかかれていなかったことが補足されていました。

GedolGedol 2006/07/02 11:52 ども。
 恐らく木走さんの想定の範囲内でしょうが、私は「日本の最もよく知られているエルビスものまね芸人」という表現を強く支持します(笑)。大好きだ、こういう表現。
 このNYTの記者は多分「自国の英雄が汚された」という無意識の感情を持っているのかもしれません。サングラスの件の表現がソレを物語っている様な。ま、そういう感情は無視して事に当たるのは我が偉大なる将軍^H^H総理大臣様の得意技ですから、今更どうというコトはありませんけど。

TEPOTEPO 2006/07/02 12:03  しかし、ココの管理人のこの手の情報の目ざとさには、本当にいつもながら感心してしまいます(爆笑
 特に海外からの小泉さんへの賞賛とか悪口にはとても敏感なんですね。木走さん、あなたなんだかんだ言って実は小泉さんが大好きなんじゃないですか(笑

tntn 2006/07/02 12:52 >片方を大統領と表記して片方が物まね芸人じゃいくらなんでもひどすぎます

そもそもブッシュ自体、米メディアにおいては普段からギャグの対象ですから、とくに驚くにはあたりません。

ま、「小泉はブッシュ以下(未満)」だとしたら、それはそれで屈辱的ですが。

桂木桂木 2006/07/02 13:12 >そもそもブッシュ自体、米メディアにおいては普段からギャグの対象ですから、とくに驚くにはあたりません。

小泉首相もブッシュ大統領も国内的には揶揄される対象でもあるわけで、ギャグにされること自体とやかく言うべきだとは思わない。
ここで問題にすべきは小泉首相だけを笑いものにしているということで、カウボーイブッシュだとかオイルプレジデントだとか自国の大統領を同等に揶揄してるのなら、それはそういう記事だと読み捨てればいい話だろう。
また、小泉がブッシュ以下かどうかは論理的な説明がない限りあくまで主観的なものだから、どうでもいいことだと思う。
ただ、このような感性でかかれる記事がNYTに堂々と載るということは、以前から思っていたことではあるがNYTもある意味そういう新聞なのだろう。

RR 2006/07/02 13:30 失礼である。
小泉首相を評して「日本の最もよく知られているエルビスものまね芸人」?          

                            
それはグッチ裕三だと思う。

masashimasashi 2006/07/02 18:30 NYTが小事を取り上げて揶揄せざるを得ないと言うことは、今回の日米首脳会談では懸案事項があまり無かったと考えるべきなのでしょうか?
小泉−ブッシュ以前では、考えられないほど穏やかな状況ですね(笑)。こうして書かれたことに対しては、しゃくに障る部分もありますが、別にこだわるほどのこともないと思います。

小泉−ブッシュの個人的な関係がコアではありますが、日米が一体化して国際社会と相対していることをアピールした出来事なのだと思います。胡錦涛や盧武鉉がどんなに望んでも、エアフォースワンに乗ることも、プレスリーの屋敷を訪れることさえできないでしょうから(笑)。

もちろん、現時点で両首脳には山ほど向き合わないとならない問題点があります。特に、ブッシュは現状に置いて苦境に立たされている訳ですから、もうすぐ勇退が既定路線の小泉首相としては、自分が多少ピエロになってもブッシュにポイントを稼がせて上げたいでしょうね。今回のパフォーマンスはあまり関係ないでしょうが。

現在のアメリカは、基礎生産部分は中国に、IT人材はインド等に、特殊高級部品は日本に、また石油は中東に依存しており、その体制を維持するためにはドル基軸を維持し続けなければならない状態にあるのでしょうね。

普段からの国内メディアによるバッシングから比べたら、NYTのこの記事くらい可愛いもののような気もしますがどうなんでしょうね(笑)?

tntn 2006/07/02 18:58 >ここで問題にすべきは小泉首相だけを笑いものにしているということで

普段からNYT見てますか?もともとリベラルな(民主党寄りな)NYTではブッシュはさんざん貶されてるわけで、今回は比較的ブッシュに甘かった(笑)というだけの話でしょう。

飯大蔵飯大蔵 2006/07/02 21:18 お邪魔します。
この記事はブッシュをコケにする延長上として読むのでしょう。テロとの戦いを全面的に支持したkoizumiを良く書くわけは無いが、エルビスものまね芸人を案内する大統領がいると言うのが主題ですね。しかもユーモアのかけらも無いはずの日本人の方をパフォーマンスでブッシュより目立たせるのもブッシュをコケにしているのでしょう。ブッシュはそっくりさんによる自虐ネタぐらいしかパフォーマンスが出来ないことも示してしまっています。
koizumiもアメリカが好きで、かつ米国人に強い印象を残したのなら、そのまま定住すればよかったのに、帰ってきちゃいましたね。

GedolGedol 2006/07/02 21:43 >それはグッチ裕三だと思う。

うーん、グッチさんは現在は「料理研究家」としての名声の方が上なんではw

・・・佐々木功とかは?

桂木桂木 2006/07/02 23:21 >普段からNYT見てますか?もともとリベラルな(民主党寄りな)NYTではブッシュはさんざん貶されてるわけで、今回は比較的ブッシュに甘かった(笑)というだけの話でしょう。

要するにそういうことでしょうね、NYTがブッシュ大統領を普段からコケにしてるのは知ってます。(笑)NYTがブッシュをコケにするのは自分の国のことだからかまわない。日本だって小泉首相をコケにしてる記事があるしね。
だけど、普段からブッシュをコケにしているNYTが自国の大統領を甘くしといて他国の首相ををことさら揶揄するということはあまりにもあからさまで、日本自体を揶揄してるととられても仕方がないということです。

katchankatchan 2006/07/03 08:51 僚友同士の最後のパフォーマンスに過ぎないでしょう。アメリカ人はこういう人物が好きなのです。ブッシュ一辺倒だった小泉首相の姿は哀れにも感じました。

drmccoydrmccoy 2006/07/03 09:20 正直、私はこの絵を見て虫酸が走るという感じを覚えましたね。このような気持ちになったのは、あの解散の時の赤カーテンバックの演説についで2回目です。ん?もっとあったかも。

重要法案を途中でほったらかして会期延長しなかったのは、こんな職権濫用とも思える遊びのためだったのかと、怒りでふるえましたよ。

テレビで、これはローマ人(ブッシュ)が奴隷(小泉)を飼い慣らしているのをみせびらかしているんだとどっかのアメリカ人が言っていましたが、私もそれに近い屈辱を感じましたよ。

アメリカからこれだけ小泉首相が評価されるというのは、かなり日本の国益をアメリカに売り渡した結果ではないかと思います。10年以上前の日米関係には、まだもうちょっとましな緊張感があったと思います。あのころは対米交渉をもっと本気でやっていた、だからアメリカと「なあなあ」にはならなかったのだと思います。

世界中で嫌われてアメリカ人すら最低の大統領と思っているブッシュとあんなに仲良くすることで、日本の品格を著しく落としているのは間違いないと思いますね。

kibashirikibashiri 2006/07/03 10:01  管理人の木走でございます。

うりぼう様

>木走さん、野暮なこといいなさんな(笑)イラク派兵、郵政民営化等この5年間、米国のポチとして励んだブッシュ大統領の折角のご褒美の卒業旅行ですよ。もちろん小泉首相も国会延長を放棄してまでこれに精一杯応えたんですが。

 うーむ、「米国のポチとして励んだブッシュ大統領の折角のご褒美の卒業旅行」でつか(苦笑)
 「国会延長を放棄してまでこれに精一杯応えた」のに「エルビスものまね芸人」扱いでつか(爆

tn様

>(グアンタナモ)監獄ロック

 うまい(笑

toorisugari様

>まあ,修学旅行では誰もが羽目をはずすものですからね.

 うーむ。

>”世界で最も重要な同盟関係”のトップ対談が,こんな浮かれたものでいいのかっていう声もありますが,裏を返せば「その程度でも問題なし」というレベルなのでしょうか.
 小泉さんが腰をふりふりしても「安泰」ってことですね。

>で,NTYは基本的に反日親中ですから,この程度の与太記事はデフォですよ.(明日の朝日に載るでしょうが.)

 はい。

>にしても,与太記事にしろ,ここまで注目を集めた日本首脳も,やはり珍しい.はっきり言って,首脳会談というのは,必要事項は会談する時点で9割が終わっていますから.あとは,会談でどれだけ友好を演出できるかです.
その点では,純ちゃんは合格点.小馬鹿にされるのは癪にさわるが,それくらい油断をさせたほうが良いかと.

 なるほど、たしかに「友好の演出」と言う意味では合格点なのでしょうね。

桂木様

>これはひどいですね。別に小泉首相を批判的に扱ったってなんら問題はありませんが・・・片方を大統領と表記して片方が物まね芸人じゃいくらなんでもひどすぎます。
NYTは全体として反日親中の傾向があるのですが、ここまで茶化さなくたって良いとは思います。

 でしょ、でしょ。

>一応50%前後の支持率を持つ日本国の首相なんですよ。
はっきり言って日本自体を馬鹿にした扱いと言っても良いでしょう。
与太話にしても取り方によってはけんか売ってるようなものですよ。

 はい。

>はしゃぎすぎだという話もありますが、せっかくエルビス邸まで案内してもらって仏頂面してるよりはよっぽどましだと思いますけどね。
いずれにしても、今回の日米会談は懸案事項の云々よりもパフォーマンスが主なんだからこれだけ米メディアに取り上げられたって事は成功だとは思います。

 うむ、たしかに「成功」なのでしょうが、この記事はなんともなあ・・・

American様

>これを後に朝日新聞が「アメリカのニューヨークタイムズ紙もこういう風に言っていたよ。『コイズミはパフォーマンスだけ』だってさ」と援護するのでしょうか。
いや、する確立は高いはずです。

 ハハハ、NYTと朝日のマッチポンプは有名ですからねえ。

>それと、記者名が「ああ、またオオニシか」と思ってよく見なかったのですが、もう一度見ると「あれっ・・・オオニシじゃないよ。しかも二人組だ」ということに気付きました。

 オオニシさんは日本国内が担当のようです。

>で、シェリルさんについてちょっと調べてみたのですが、http://topics.nytimes.com/top/reference/timestopics/people/s/sheryl_gay_stolberg/index.html?match=any&query=Koizumi&submit.x=0&submit.y=0&submit=Search
(たしかにNYタイムズはしょうもない新聞だが、こういう検索機能がついているのはヒジョーにありがたい)
小泉さんの関連記事は3つありました。

 おお、貴重な情報ありがとうございます。

>で、同様のタイムズ記事の下に
http://topics.nytimes.com/top/reference/timestopics/people/s/sheryl_gay_stolberg/index.html?inline=nyt-per
”Interactive Feature”というのがあるのですが、
そこのスライドショーでも・娘のリサ・マリー・プレスリーに父親と同じ型のサングラスをかけてもらってご満悦状態の小泉さん
・もちろん、プリシラ・プレスリー(プレスリーの元妻)さんも一緒にいたわけで、案内したそうです。
・何故か、一部では「Mr. Koizuma」と見事に間違っております。
修正したほうがいいんではないんでしょうかね?濃い妻?
・数は少ないながらも、アメリカへの抗議プラカードを持っていた人がいたことをさりげなくアピールするNYタイムズ
「日本はイラク撤退を決めた。アメリカも今すぐ撤退すべきだ」とか「Jailhouse Iraq」(「監獄イラク」。もちろんプレスリーの「監獄ロック」から取ったのだろう)とか
「1942年:日系人強制収容2006年:グアンタナモ」とか(それでも3人くらいしかいなかったってことはどうなんだろう)
と新聞ではかかれていなかったことが補足されていました。

 へええ「抗議プラカード」あったんだ。しかし3人くらいって寂しいですねえ(苦笑

Gedol様

 ども。

>恐らく木走さんの想定の範囲内でしょうが、私は「日本の最もよく知られているエルビスものまね芸人」という表現を強く支持します(笑)。大好きだ、こういう表現。

 ガハハ、はい「想定の範囲内」、「範囲内」ですよ。

>このNYTの記者は多分「自国の英雄が汚された」という無意識の感情を持っているのかもしれません。サングラスの件の表現がソレを物語っている様な。ま、そういう感情は無視して事に当たるのは我が偉大なる将軍^H^H総理大臣様の得意技ですから、今更どうというコトはありませんけど。

 見ていて一番なさけなかったのが小泉さんのはしゃぎぶりを見て、あのブッシュが少し引いていたことでしょうか(苦笑

TEPO様

>しかし、ココの管理人のこの手の情報の目ざとさには、本当にいつもながら感心してしまいます(爆笑

 「目ざとさ」って、ある種の与太記事に関しての「高い情報収集力」と表現してください(爆

>特に海外からの小泉さんへの賞賛とか悪口にはとても敏感なんですね。木走さん、あなたなんだかんだ言って実は小泉さんが大好きなんじゃないですか(笑

 これは痛い指摘ですねえ。たしかに私は小泉政権の政策には批判的に対峙してきましたが、人間・小泉純一郎は決して嫌いではありません。森先生と同じぐらい興味深い観察対象です(爆

R様

>失礼である。
小泉首相を評して「日本の最もよく知られているエルビスものまね芸人」?          
 ほほう?

>それはグッチ裕三だと思う。

 ガハハハ、「ハッチポッチステーション」でも唱ってましたねえ。

masashi様

>NYTが小事を取り上げて揶揄せざるを得ないと言うことは、今回の日米首脳会談では懸案事項があまり無かったと考えるべきなのでしょうか?

 なるほどです。

>小泉−ブッシュ以前では、考えられないほど穏やかな状況ですね(笑)。こうして書かれたことに対しては、しゃくに障る部分もありますが、別にこだわるほどのこともないと思います。

 まあね。

>小泉−ブッシュの個人的な関係がコアではありますが、日米が一体化して国際社会と相対していることをアピールした出来事なのだと思います。胡錦涛や盧武鉉がどんなに望んでも、エアフォースワンに乗ることも、プレスリーの屋敷を訪れることさえできないでしょうから(笑)。

 そりゃそうだ。

>もちろん、現時点で両首脳には山ほど向き合わないとならない問題点があります。特に、ブッシュは現状に置いて苦境に立たされている訳ですから、もうすぐ勇退が既定路線の小泉首相としては、自分が多少ピエロになってもブッシュにポイントを稼がせて上げたいでしょうね。今回のパフォーマンスはあまり関係ないでしょうが。

 そうか、ブッシュへのサポートという側面もあったか・・・

 ん? しかしこの小泉パフォーマンスではたしてサポートになったのか(苦笑

>現在のアメリカは、基礎生産部分は中国に、IT人材はインド等に、特殊高級部品は日本に、また石油は中東に依存しており、その体制を維持するためにはドル基軸を維持し続けなければならない状態にあるのでしょうね。

 うむうむ。

>普段からの国内メディアによるバッシングから比べたら、NYTのこの記事くらい可愛いもののような気もしますがどうなんでしょうね(笑)?

 そうですね。

飯大蔵様

>この記事はブッシュをコケにする延長上として読むのでしょう。テロとの戦いを全面的に支持したkoizumiを良く書くわけは無いが、エルビスものまね芸人を案内する大統領がいると言うのが主題ですね。しかもユーモアのかけらも無いはずの日本人の方をパフォーマンスでブッシュより目立たせるのもブッシュをコケにしているのでしょう。ブッシュはそっくりさんによる自虐ネタぐらいしかパフォーマンスが出来ないことも示してしまっています。

 オオ、深い分析ですね。「この記事はブッシュをコケにする延長上」、これは私も同意見です。しかし哀しいのは、確かに「ブッシュをコケにする延長上」なのですが、明らかにベストフレンドkoizumiのほうがよりマヌケに描かれてるんですよね(爆

>koizumiもアメリカが好きで、かつ米国人に強い印象を残したのなら、そのまま定住すればよかったのに、帰ってきちゃいましたね。

 「そのまま定住すればよかったのに、帰ってきちゃいましたね」って(苦笑

katchan様

>僚友同士の最後のパフォーマンスに過ぎないでしょう。アメリカ人はこういう人物が好きなのです。ブッシュ一辺倒だった小泉首相の姿は哀れにも感じました。

 うん、たしかに「ブッシュ一辺倒だった小泉首相の姿は哀れにも感じ」ましたですね。
drmccoy様

>正直、私はこの絵を見て虫酸が走るという感じを覚えましたね。このような気持ちになったのは、あの解散の時の赤カーテンバックの演説についで2回目です。ん?もっとあったかも。

 ウフフフ。

>重要法案を途中でほったらかして会期延長しなかったのは、こんな職権濫用とも思える遊びのためだったのかと、怒りでふるえましたよ。
>テレビで、これはローマ人(ブッシュ)が奴隷(小泉)を飼い慣らしているのをみせびらかしているんだとどっかのアメリカ人が言っていましたが、私もそれに近い屈辱を感じましたよ。

 おおこれは正統反米保守派の系譜と私がかってに評価しているdrmccoy様らしいお怒りですね。

>アメリカからこれだけ小泉首相が評価されるというのは、かなり日本の国益をアメリカに売り渡した結果ではないかと思います。10年以上前の日米関係には、まだもうちょっとましな緊張感があったと思います。あのころは対米交渉をもっと本気でやっていた、だからアメリカと「なあなあ」にはならなかったのだと思います。
世界中で嫌われてアメリカ人すら最低の大統領と思っているブッシュとあんなに仲良くすることで、日本の品格を著しく落としているのは間違いないと思いますね。

 きついなあ(苦笑

 「世界中で嫌われてアメリカ人すら最低の大統領と思っているブッシュとあんなに仲良くすることで、日本の品格を著しく落としている」って、きついけど、素直にうなずけちゃう私(爆



 みなさま、さまざまなご意見ありがとうございます。

DrakeDrake 2006/07/04 12:21 小泉総理の待遇は、前に木走さんがエントリーしてた胡錦涛への扱いと対比しちゃいますね。一種のアメリカのサインなんじゃないかなぁと思ったり。

kibashirikibashiri 2006/07/05 11:44 Drake様
「小泉総理の待遇」と「胡錦涛への扱い」の差異は目立ちましたよね。
 たしかに「一種のアメリカのサイン」だと思います。

トリルトリル 2006/07/06 19:00 私は、今回の小泉首相の半分天然なパフォーマンスを非常に評価しています。

多分ブッシュ大統領に対してはイラクへの自衛隊1万規模2年派遣延長ぐらい価値があったのではないかと思います。
一回のプレスリーのマネで、これがペイするなら大変な効果と思わざる得ません。

もとより英・ブレアー首相とは環境・状況が違うので、ブッシュ大統領も小泉にイギリス並みの軍事的負担を期待している訳ではないでしょう。
小泉首相をポチなどと口さがない物言いをする向きもあるようですが、世界政府の君主然としながらも、駆け寄っているのは、イラク統治で煩悶とし、支持率がおぼつかないブッシュ大統領のような気がします。
そういう意味ではブレアー首相も同病相哀れむ役しかできないですからね。

今日の日本の態度は、反ブッシュ政権が変わっても政策担当者に良い印象と効果を持ち続けると思います。
あとは舐められないように、タフなネゴシエートがそれについて回らなければならないという事ですが、それを言い出すと話が長い上に荒れそうなので、今回は止めときます。

KATOKITIKATOKITI 2007/11/13 13:45 ブッシュ大統領も引いてましたからね・・・
小泉はやはり今までの日本人とは違う織田信長だったのですね。
今の総理は典型的なつまらない日本人ですからね・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20060701/1151752870