木走日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-07-15 「日本の核武装避けられない」米WSJ紙社説

[]「日本の核武装避けられない」米WSJ紙社説〜韓国メディアで高まる日本再武装論に警鐘を鳴らす 17:26



●韓国メディアで高まる日本再武装論

 ここ数日韓国メディアでは日本再武装論が急浮上しており、まるで北朝鮮のミサイル実射よりも日本の動向のほうが脅威であるかのような論調が目立ってきております。

 11日の韓国・中央日報の記事では「北ミサイル発射、軍事大国化のきっかけを日本に提供」というタイトルで「日本はミサイル発射の最大受恵国に浮上した」としています。

北ミサイル発射、軍事大国化のきっかけを日本に提供

 (前略)

一方、日本はミサイル発射の最大受恵国に浮上した。

◆軍事大国化加速化する日本=日本政府はミサイル発射を北東アジアで軍事、外交的影響力を拡大する絶好の機会にしている。日本はミサイル発射直後に準備していたプログラムを稼働させた。

米国の支援のもと、独自的に対北経済制裁を断行するかと思えば、中国とロシアを寄せつけて国連安保理の対北制裁決議案採択を主導している。麻生太郎日本外相は8日、冗談ながらも「金正日に感謝しなければならないようだ」と言った。ミサイル発射に対する日本の本音を表したのだ。

日本は「先制攻撃論」まで持ち出した。安倍晋三官房長官と麻生太郎外相、額賀福志郎防衛庁長官は10日と9日、記者会見で「敵の基地を攻撃することも自衛権範囲内で可能だ」とし「日本国民と国家を守るために何をしなければならないかという観点で研究、検討する必要がある」と強調した。

 (後略)

2006.07.11 12:33:46

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=77710&servcode=500&sectcode=500

 記事は、専門家の発言を引用した後に、日本の軍事力はすでに「独島(トクト、日本名竹島)はもちろん、韓半島のどこにもその力を発揮することができる水準まで発展」していると、以下のように警鐘を鳴らします。

キム・ホソプ(中央大学国際関係学科、現代日本学会長)教授は「日本の軍事力増強は韓半島の利益に反し、ミサイル発射は日本軍事大国化のきっかけを提供した」と「そういった意味で金正日は反民族的」と述べた。すでに日本の軍事力は独島(トクト、日本名竹島)はもちろん、韓半島のどこにもその力を発揮することができる水準まで発展したと情報当局は分析している。

 さらに、韓半島有事の際は日本も介入してくる可能性があるとしています。

キム・ヒョンギ(京畿大政治専門大学院)教授は「すでに韓国と比べることができないほどに軍事強国である日本は、韓半島有事の際、自国の安保とかかわる状況が発生すれば日米安保条約をもとに韓国と協議しなくても十分に介入が可能だといえる」と説明した。

 一方12日の韓国・朝鮮日報の記事では「日本のミサイル能力は大国レベル」というタイトルで、アジア各国のミサイル能力を比較しながら、記事結語で以下のように日本のロケット技術はすでに大陸弾道弾ミサイルを開発できるレベルまでに達しているとしています。

【ミサイル発射】「日本のミサイル能力は大国レベル」

【特集】アジアのミサイル開発競争

 (前略)

◆韓国と日本のミサイル能力は? 

 尹光雄(ユン・グァンウン)国防長官は国会答弁で「韓国も射程距離300キロ以上のクルーズミサイルを開発している。(北朝鮮ミサイルに比べ)精度では韓国のほうがはるかに進んでいる」と答えている。北朝鮮は長距離ミサイルを保有しているが、韓国も北朝鮮と同等のミサイル開発能力は持っているということだ。その一方で「日本のミサイル能力はすでに大国レベル」と専門家は説明する。日本は、北朝鮮の核施設や交通道路網まで監視できる人工衛星を独自開発、打ち上げた。クォン・ジェサン教授は「日本のロケット技術はいつでも軍事用に転換可能で、ICBMを開発できる能力もすでに持ち合わせていると考えるべきだ」としている。

朝鮮日報

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/07/12/20060712000049.html

 ・・・

 14付けの韓国・東亜日報では「日本、もはや「戦争できない国」ではない」というタイトルで「いつでも核兵器が生産でき、先端電子技術を基盤にした電子兵器を考え合わせれば、日本の戦力は世界で3、4位に入る」と日本がその気になれば核兵器を生産できると次のような記事の書き出しです。

日本、もはや「戦争できない国」ではない

日本は、北朝鮮がミサイルを発射する度に危機を誇張し、戦力を強化してきた。すでに日本の軍事力は、装備や予算面では西欧世界でもトップ・レベルだ。一部では、自衛隊が将校だけで構成されており、手足がないうえ、実戦経験がないという点を挙げて、「唐の軍隊に過ぎない(機能しない軍隊の意)」という否定的な評価もある。しかし専門家たちは、いつでも核兵器が生産でき、先端電子技術を基盤にした電子兵器を考え合わせれば、日本の戦力は世界で3、4位に入るとみている。

 (後略)

http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=060000&biid=2006071437908

 日本の海上自衛隊のイージス艦「撃沈するには、戦闘機50機が一度に飛びかからなければならない」ほどの無敵戦艦だとしまた航空自衛隊も「世界第2位を誇る」と、以下のように続きます。

海上自衛隊は、米国に続き世界で2番目に多いイージス艦4隻を保有しており、今後4隻をさらに導入する予定だ。1隻1兆ウォンもするというイージス艦は、日本の海上自衛隊幹部の言葉によれば、「撃沈するには、戦闘機50機が一度に飛びかからなければならない」ほどの無敵戦艦だ。この他に、海上自衛隊の約100機にのぼる潜水艦攻撃型哨戒機P3Cは、空対地ミサイルの発射能力を備えている。航空自衛隊が保有するF15J戦闘機約200機は、米国に続いて世界第2位を誇る。

 さらに防衛庁は防衛省に格上げされるなど「自衛隊を縛っていた禁制が一つ一つ解けている」と次のように続きます。

▲解かれる自衛隊の足かせ〓自衛隊が防衛だけのために存在する時代が、終末を告げている。自衛隊を縛っていた禁制が一つ一つ解けているのだ。

日本はこれまで、北朝鮮の脅威を掲げ、戦争に備える「有事3法」を作ったのに続き、陸海空自衛隊の統合運営、ミサイル防衛(MD)システムの構築を通じて、軍事力の増強を図ってきた。兵器輸出の3原則を一部解除し、国際平和を掲げて自衛隊の海外派遣も拡大してきた。

6月9日には、日本保守派の宿願であった防衛庁の省昇格法案が閣議で決定し、国会に提出された。現在、内閣府の外庁である防衛庁を独立させて省に昇格し、防衛庁長官を防衛相に変更するという内容だ。日本の政府与党は今秋、臨時国会で関連法案を可決させる方針だ。この場合、平和憲法改正にも影響が及ぼす可能性がある。政権自民党は05年、軍隊保有を明文化した憲法改正案の草案を発表している。

日本はこれと別途に、自衛隊をいつでも海外に派兵できる「恒久法」の制定も検討中だ。

 記事の結語はこうです。

さらに日本がその気になれば、核兵器を製造できる技術を保有しているということも常識になっている。日本は核保有国ではないが、世界第4位のプルトニウム保有国(40トン)だ。さらに、3月31日に試験稼動に入った青森県六ヶ所村の再処理工場で、来年8月から毎年4トンを上回るプルトニウムを確保する見通しだ。プルトニウム5トンが、核兵器約1000個を製造できる量だという。

最近の日本の右傾化ムードを見ると、このプルトニウムと核技術は、いつでも核兵器に転用される可能性があるというのが専門家の見解だ。防衛省を持ち、軍隊を保有した「戦争できる国」日本が「先制攻撃」に出る日が、いつ渡来するかわからない。

 日本は「世界第4位のプルトニウム保有国」であり「最近の日本の右傾化ムードを見ると、このプルトニウムと核技術は、いつでも核兵器に転用される可能性がある」というのが韓国の専門家の見解なのだそうです。

 ・・・

 韓国の過剰とも言える日本再軍備論でありますが、ついに日本の核武装の可能性まで触れてくるとは、日本の憲法や国内法をまったく無視した乱暴な議論ではありますが、彼の国では教科書から大統領談話(苦笑)まで好戦国家日本のイメージで固められているわけでありまして致し方ないのかも知れません。




●「日本の核武装避けられない」〜米紙ウォールストリートジャーナル紙社説

 昨日(14日)の韓国・中央日報記事から。

WSJ「日本の次の措置、核武装になることも」

米紙ウォールストリートジャーナルは13日(現地時間)、北朝鮮が国際社会に挑戦しつづけているにもかかわらず、国際社会が何もしなければ、軍事的にはるかに断固とした、おそらく核で武装した日本の登場が避けられなくなるだろう、との見方を示した。

同紙は、この日「核を保有した日本?」という見出しの社説で「この60年間、日本は核の保有を自制してきたが、北朝鮮の独裁者・金正日(キム・ジョンイル)氏の軍事的脅威を中国・韓国が支持することによって、昨日とは異なる日がのぼるかも知れなくなった」とし、こうした認識を伝えた。社説は「数日から数週間という推定があるが、日本の核武装にどれだけの時間がかかるかは誰も知らない」とし「米国は同地域の現状維持を願っているが、北朝鮮の挑発が脅迫的な新しい不安を引き起こしている」と指摘。

社説は、続いて「東京はこれまで、賢く米国の核の傘に留まることの利益を理解してきた」とし「だが、国内の政治的かつ民族主義的な衝動が刺激されはじめれば、そのまま留まりにくくなるかもしれない」と見込んだ。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=77846&servcode=200&sectcode=200

 うーん、ウォールストリートジャーナルが13日付け社説で「北朝鮮が国際社会に挑戦しつづけているにもかかわらず、国際社会が何もしなければ、軍事的にはるかに断固とした、おそらく核で武装した日本の登場が避けられなくなるだろう」との見方を示したそうであります。

 「この60年間、日本は核の保有を自制してきた」が、「北朝鮮の独裁者・金正日(キム・ジョンイル)氏の軍事的脅威を中国・韓国が支持すること」により、核武装した日本の登場が不可避になるとしています。

 ウォールストリートジャーナルはこちら。

THE WALL STREET JOURNAL

http://online.wsj.com/public/us

 で、問題の社説が掲載されているのはこちら。

Opinion Journal from THE WALL STREET JOURNAL Editorial Page

http://www.opinionjournal.com/

 "A nuclear Japan?"と題した13日社説ですが、うーん、 ウォールストリートジャーナルも商売がうまい(苦笑)のでして残念ながら有料記事であり、閲覧は会員専用になっていますので、ここに転載できません。

 私が読んでみての感想ですが、全体的にはアメリカ保守系論説の代表のような社説でありましたが、印象的だったのは、「日本がその気になれば数週間で核弾頭も長距離ミサイルも生産できる」可能性を言及した上で、中国や韓国の動きを強く牽制している点でした。

 日本のメディアでは本日付けの産経が取り上げています。

北の挑発行為続けば、日本が核武装? 米紙社説

 【ワシントン 有元隆志】北朝鮮が核や弾道ミサイルの開発をやめず、国際社会も手をこまぬくようだと、核武装も含め日本の軍事力増強は避けられない−。13日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルがこんな社説を掲げた。

 社説は、国連安全保障理事会に提出された日本などによる北朝鮮制裁決議案に中国が拒否権行使を明言したり、韓国が日本国内の敵基地攻撃論を非難したりするのは、「日本に軍事力増強の必要性を認識させるだけだ」と警告した。

 さらに「われわれは現状維持を望むが、北朝鮮の挑発的な行為は不安定な状況をつくりだしている」と指摘。「日本は米の核の傘の下にいる利益を理解している」と分析しながらも、「国家主義的な感情が高まれば、(核保有の)抑制は難しいこともありうる」との見方を示した。

(07/14 20:58)

http://www.sankei.co.jp/news/060714/kok075.htm

 またTV動画付きでTBSがネット配信しています。

「日本の核武装避けられない」米紙社説

 北朝鮮のミサイル発射に関連し、アメリカの経済紙ウォールストリートジャーナルは13日付けの紙面で「日本の核武装は避けられない」とする社説を掲載しました。

 ウォールストリートジャーナルは13日付けの紙面で「日本の核」と題する社説を掲載し、「北朝鮮のミサイル基地への攻撃は、自衛権の範囲かどうかという議論を深めるべき」という安倍官房長官の見解を紹介。

 憲法9条という制約はあるものの、韓国がこうした見解に北朝鮮のミサイル発射よりも“強い怒り”を表明したことや、中国が国連での北朝鮮・制裁決議案に“拒否権行使”の姿勢をみせたことは、日本の軍事力強化を促すと指摘しました。

 そして一連のミサイル問題が日本のナショナリストを目覚めさせれば、彼らを封じ込めることは難しいとし、仮に北朝鮮が世界の声を無視し続け、国際社会が何も対応できなければ“日本は軍事力を強化し核武装は避けられなくなる“と結んでいます。(14日20:34)

http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3335308.html

 ・・・



●この米有力紙社説を警鐘とし、韓国メディアは事実に基づき冷静に判断してほしい

 しかしなあ、日本以外の国で「日本の核武装避けられない」論が出始めてきたのには、日本人として当惑するばかりなのですが、アメリカ有力紙が取り上げたことで、韓国メディアはさらに「日本脅威論」がエスカレートしていくのでしょうか。

 それともウォールストリートジャーナル社説の「韓国が日本国内の敵基地攻撃論を非難したりするのは、日本に軍事力増強の必要性を認識させるだけだ」という警告に従い、韓国内の日本脅威論は抑制的に控えられるのでしょうか。

 ・・・

 このままでは日本の核武装は避けられないとは、ウォールストリートジャーナル社説もセンセーショナルな見方をしたものですが、日本政府側もいたずらに他国を刺激するような言説はこのタイミングでは控える方が賢明であろうと考えます。

 ただ、韓国側も実際に国際世論を無視してミサイル実験を強行した北朝鮮と、そのミサイル連続実射を受けて危機感を募らせての日本政府の現時点では言葉だけの「検討」発言を、事実に基づき冷静に判断してもらいたいです。

 日本政府の言葉尻ばかり捉えて北朝鮮の脅威という本質的な議論がなされていないと思える、ここ数日の韓国メディアの「日本脅威論」記事に、この米有力紙の社説が警鐘になればと願っています。



(木走まさみず)

桂木桂木 2006/07/15 18:26 う〜ん、熱がでそうです。(苦笑)
基本的には「普通の国」になるべきであり、核武装も許容範囲だと思っている私ですが、こうもストレートに周りで言われちゃいますと頭がくらくらしてきますね。
政府も世論もそこまでのことをほとんど考えてないでしょうに。(笑)
確かに能力だけなら間違いなく核武装し、しかも大陸間弾道ミサイルに巡航ミサイル、原潜に核動力空母と作る能力はあると思いますが・・・
ただ、それにしても数週間とはいかにも大げさですね。核兵器の製作にはもうちょっと時間はかかるでしょうし、核実験を繰り返さないと小型化も出来ません。スパコンでシミュレートしようにも実実験のデータがないことにはね。
弾道ミサイルのほうも開発は出来るでしょうが、今の宇宙ロケットの転用と言うわけにも行かないので(能力はありますが実戦向けではない)それ相応の開発期間とこれも実験がいります。
それこそアメリカ並みのGDP費で軍備にお金使わなくちゃいけません。
で、実際これを戦力として整えるとなると・・・10年計画ですな。

今の世界情勢で、アメリカの半分近い軍事大国が10年で極東に誕生するインパクトはちょっとまずいものがあると思います。
アメリカは当然仮想敵国のひとつに入れてくるでしょうし、中露韓もあからさまな、それこそ危機感を持って軍拡に走るでしょう。
現実問題としていきなり普通の国になるのは得策ではないでしょうね。潜在的な敵を増やすだけです。
日本の経済力が大きすぎますね。ドイツの場合はEUと言うクッションがあるのでいまさらでしょうが、日本の場合は周りが周りですから、ちょっと真実味を持って聞こえてしまうのがつらいところでしょうか。

玄倉川玄倉川 2006/07/15 18:43 「韓国側も 〜 事実に基づき冷静に判断してもらいたいです。」
うーん、無理な望みではないかと…
それができる国なら盧武鉉が大統領になったりしないと思います。

玄倉川玄倉川 2006/07/15 18:43 「韓国側も 〜 事実に基づき冷静に判断してもらいたいです。」
うーん、無理な望みではないかと…
それができる国なら盧武鉉が大統領になったりしないと思います。

tsukasatsukasa 2006/07/15 18:46 我が国の防衛白書は脅威を「能力」と「意図」の両面から評価してますが、日本の潜在的能力は大きな外交資産ですね。
日本がその方向に舵を切ったら、周辺諸国が対応に要する軍事コストはおそろしくはね上がります。
実権の無いナショナリストに外野で言わせておいて、政府は「切らない」ことで周囲に恩を売れるのですから、これほど効率的なカードは無いでしょう。

傍観者傍観者 2006/07/15 19:36 うーむ。
という事は、これからは日本が「核兵器・・造っちゃおうかなーー」と脅しをかければ、国連での交渉ごともスムースにいくとかいう事ですかね。
現実に武装しなくても、言葉だけで脅威を与える事も悪くはないのかもしれませんね。
しかし、憲法9条で大騒ぎしているのに、どう考えても日本の核武装なんてありえない話でしょう。

biaslookbiaslook 2006/07/15 21:12 北朝鮮が3年以内に崩壊しない場合、テポドン2号発射と核実験は成功するでしょう。そして、拉致被害者は永久に帰ってこないでしょう。その場合に、日本世論は核武装を認めるでしょう。
20年前の日本の言論を考えれば、今、イラク自衛隊派遣は夢物語のようです。
北朝鮮が崩壊しない場合、10年以内に日本は改憲・核武装へと舵を切ると、私は予想しています。よって、米韓の予測は正しいと思います。

BaatarismBaatarism 2006/07/15 21:13 キム・ホソプ教授の理屈とWSJ社説の理屈を組み合わせると、韓国政府も韓国マスコミも反日団体もみんな反民族的存在ということになってしまいますね。w
結局感情的ナショナリストというのは国益を損なうものなんでしょうか?

tsukasatsukasa 2006/07/15 22:20 在日米軍=瓶の蓋論のような日本脅威論の利用もありますので、それを相手国内部の説得材料にするのもありでしょう。

中国がまだ北を庇ってるのは、通常弾頭のテポドンに対した破壊力が無いと踏んでるからでしょう。しかしミサイルは北や西にも発射できるのですから、押さえのきかない北朝鮮の核開発が進めば態度が豹変する可能性はあると思います。
中国は「懲罰」と称してベトナムに侵攻した前例がありますしね。
そしてアメリカが戦争を避ける理由の一つが、それで解消できるわけです。

国連決議をめぐる米中の交渉は、その最終的な解(アメリカの爆弾+日本の資金+中国兵の血)を睨んだものかもしれません。
そして何の影響力も及ぼせていない韓国には、どのような役が残されているのか。

kikori2660kikori2660 2006/07/15 22:34 まあ、WSJの記事は主に中国向けなのでしょう。「いいのかーいいのかー北朝鮮と説得出来ないまんまだと日本、核武装しちゃうぜ?」みたいな。それをあえて否定する必要は無いんですよ。「え、制裁決議案に賛成してくんないの?んーじゃあウチも脅威から身を守る為にあらゆる手段を検討しなきゃいかんなあー」というのがスマートな交渉だと思うのですね。

kawakawa 2006/07/15 23:52 朝鮮日報や中央日報は、一時確かに日本の攻撃能力保有論に過剰反応しましたが、翌日には青瓦台の対北政策批判を行っていますし、わりと健全ですね。
ただ、問題は青瓦台(金元雄国会統一外交通商委員長なんていうモノ凄い人も出てきました)と盧大統領。
本気で日韓間の軍拡競争を心配しなければいけないのかもしれません。
アホらしいことこの上ありませんが。

日本の核武装についてはWSJやロンドンタイムスが触れてますが、文脈を見れば中国にステークスホルダーとしての自覚を促しているものだと分かります。

原発用の天然ウランは日本国内では入手できないので輸入しなければいけません。
現状で核兵器を持つということはIAEAを脱退するのとほぼ同義ですから、原発用の天然ウランの輸入がストップするものと思わなければなりません。
結果は当然日本経済の崩壊です。

IAEAを脱退しない形で核兵器を持つ(例えばイギリスのように米軍から核兵器付き原潜をレンタルするとか)可能性を追求するのは有りかもしれませんが、まぁ、国際政治・経済的に見た場合、核武装論は荒唐無稽ですね。

煬帝煬帝 2006/07/16 00:22 在日米軍がちゃんとした仕事をしてくれれば日本が無理な軍備拡張をする必要は全くないんですが。
まして核武装はデメリットの方が大きいのでは。

それより韓国は在韓米軍が仕事してくれるかどうか冷静に考えてみることを勧めたいですね。

mamamama 2006/07/16 09:13 文字にアンダーラインが引っ張ってあるととても読みづらい

GedolGedol 2006/07/16 12:34 ども。
 何を今更の感がありますねぇ・・・。日本が原発を多数保有していて、人工衛星を静止軌道に乗せる技術があるという事は「高レベル放射性廃棄物」を世界中のどの国に対してもバラ撒けると言う事です。別に強いて核爆弾を開発しなくてもいいワケで、そもそも北朝鮮の原子炉+テポドンの脅威というのはここにあるんですけどねぇ。
 この非破壊汚染弾頭は自国の上空で迎撃に成功しても意味が無いという厄介なシロモノである反面、使用後にそこへ進撃できなかったり風向きによっては自国にも被害が及ぶと言う諸刃の剣なので普通は使いませんが(アメリカは低レベルの物は使用していますけど)、単なる制裁戦闘でなら使えるので近隣諸国にとっては脅威だと思います。
 だから各国とも日本の法律的対外戦争能力の保持を嫌っているワケで・・・。

masashimasashi 2006/07/16 15:04 韓国紙は、日本が絡むとなかなか冷静な報道ができないので、困ったもので寸ね(苦笑)。

個人的には、核武装は絶対必要ではないと思っていますが、こういう論調は書いてもらえるだけで、他国への心理的プレッシャーになるので、日本としてはWSJさまさまじゃないですか??

鮎川龍人鮎川龍人 2006/07/16 15:17 私も核武装はいらない派。
アメリカへも圧力になりますから。
「ええっ?守ってくれないの?それじゃ自分で・・・」
って言えばあわてるでしょう。

コストに見合わないものは要りません。
リスクもデカイし。
それに核兵器使用国の汚名は永遠にアメリカさんに着てもらいたいですし。

tsukasatsukasa 2006/07/16 16:17 そもそも核武装推進派は、日本のどこで核実験をやるつもりなんですかねえ。

kanazawakanazawa 2006/07/16 23:42 北海道の泊原発は2005年から検査部門の一部を韓国企業が受託しています。
(たしか韓国原発でも事故の多い企業)
これは北電の意志決定とは思えません。

なにか嫌な予感がするのです

ムシメムシメ 2006/07/17 06:07 核ミサイルを搭載した潜水艦などを保有するべきかどうか、については無条件・無前提に述べられるものではないと思います。日本国民が向き合うべきアジェンダは、いかなる条件下において、いかなる戦略目標を達成する(確率を高める)ためであれば、核を保有した方が望ましいのか、ということだと思います。無条件に「もったほうがいい」「もたないほうがいい」という議論は(論者が感情的充足感を得るという以外には)無意味でしょうね。』

rice_showerrice_shower 2006/07/17 08:37 アメリカのポチでは悔しいからと、only one(被爆国)のウリを捨てて、one of them(核保有国)の末席に就いて、北朝鮮と同レベルの“よく吠える弱い犬”に成り下がる、ってのは戦略云々以前に、あり得ない選択ですがね。
議論になっている敵基地攻撃能力ですが、これを軽々しく口にする輩は、単独敵地攻撃の能力、意志が無いからこそ、アメリカは日本に諸々の兵器、技術、情報を提供しているという現実を見てみないふりをしている。 
アメリカがウリの巡航ミサイルを軽々に日本に売る訳がなかろう。 ならば、軍事偵察衛星の打ち上げ(情勢から偵察範囲は中国全土まで拡げねば意味があるまい)、空中給油機の配備(軍事専門家に依れば、北朝鮮基地攻撃には最低15機必要。 日本の現状は、4機がアメリカに発注済みで、確か今年あたりに第1機が配備される。 今15機追加発注しても、納入が完了するのは10年後だ。 アメリカが売らず自力で開発となれば...)等々、とっかかりから、とんでもない難度、ツケの高い壁が立ちふさがる。
百姓面丸出しの田舎モン(額賀)は、日本の防衛以前に、自派閥の崩落回避に走り回っているのがお似合い。

JJJJJJ 2006/07/17 12:37 敵基地攻撃云々という事は外相や防衛長官が言ってしまった時点でこうなるだろうと思っていました。
日本を脅威に仕立てたい人間たちが発言前からいるわけですから、飛んで火にいる夏の虫とか事の事です。
北を非難するのは良かったんですが、敵基地攻撃発言は日本の軍国主義復活と、日本脅威論を盛り上げたい勢力を勢いづけた事は間違いないでしょう。
それに加えて歴史問題や領土問題は日本の侵略的志向、国粋主義によって引き起こされているもので、
日本に全面的な責任があるという中韓の主張を、国際的に認識させてしまう危険があります。
しかもこのあと靖国神社参拝もひかえているわけですから、すべてがリンクすると日本=軍国主義思想
という同じ方向で認識されていってしまう可能性もあります。

kibashirikibashiri 2006/07/18 10:55  管理人の木走でございます。
 レス遅れ申し訳ございません。

桂木様

>う〜ん、熱がでそうです。(苦笑)
基本的には「普通の国」になるべきであり、核武装も許容範囲だと思っている私ですが、こうもストレートに周りで言われちゃいますと頭がくらくらしてきますね。

 桂木さんを持ってしても、くらくら照れますですか(苦笑

>政府も世論もそこまでのことをほとんど考えてないでしょうに。(笑)
確かに能力だけなら間違いなく核武装し、しかも大陸間弾道ミサイルに巡航ミサイル、原潜に核動力空母と作る能力はあると思いますが・・・
ただ、それにしても数週間とはいかにも大げさですね。核兵器の製作にはもうちょっと時間はかかるでしょうし、核実験を繰り返さないと小型化も出来ません。スパコンでシミュレートしようにも実実験のデータがないことにはね。
弾道ミサイルのほうも開発は出来るでしょうが、今の宇宙ロケットの転用と言うわけにも行かないので(能力はありますが実戦向けではない)それ相応の開発期間とこれも実験がいります。

 なるほど、数週間とはいかにも大げさなのですね。考えてみればいくら能力的には生産する力持っていても今までまったく生産したことないのだからノウハウなくて当たり前ですよね。

>それこそアメリカ並みのGDP費で軍備にお金使わなくちゃいけません。
で、実際これを戦力として整えるとなると・・・10年計画ですな。

 うーむ、お金にシビアなこの国の国民がそれを認めるか・・・

>今の世界情勢で、アメリカの半分近い軍事大国が10年で極東に誕生するインパクトはちょっとまずいものがあると思います。
アメリカは当然仮想敵国のひとつに入れてくるでしょうし、中露韓もあからさまな、それこそ危機感を持って軍拡に走るでしょう。
現実問題としていきなり普通の国になるのは得策ではないでしょうね。潜在的な敵を増やすだけです。
日本の経済力が大きすぎますね。ドイツの場合はEUと言うクッションがあるのでいまさらでしょうが、日本の場合は周りが周りですから、ちょっと真実味を持って聞こえてしまうのがつらいところでしょうか。

 周辺国にとっては潜在脅威なのでしょうね、軍国日本が・・・お互いトラウマもあるし。

玄倉川様

>「韓国側も 〜 事実に基づき冷静に判断してもらいたいです。」
うーん、無理な望みではないかと…
それができる国なら盧武鉉が大統領になったりしないと思います。

 うーん、そうかそもそも盧武鉉さんを選んでいる時点で「冷静に判断」してないのかあ(苦笑

tsukasa様

>我が国の防衛白書は脅威を「能力」と「意図」の両面から評価してますが、日本の潜在的能力は大きな外交資産ですね。
日本がその方向に舵を切ったら、周辺諸国が対応に要する軍事コストはおそろしくはね上がります。
実権の無いナショナリストに外野で言わせておいて、政府は「切らない」ことで周囲に恩を売れるのですから、これほど効率的なカードは無いでしょう。

 そうか日本の潜在力も一種の外交カードなのか。
 行使しなければタダですものね。

傍観者様

>うーむ。
という事は、これからは日本が「核兵器・・造っちゃおうかなーー」と脅しをかければ、国連での交渉ごともスムースにいくとかいう事ですかね。
現実に武装しなくても、言葉だけで脅威を与える事も悪くはないのかもしれませんね。
しかし、憲法9条で大騒ぎしているのに、どう考えても日本の核武装なんてありえない話でしょう。

 話だけならともかく、現実に核武装なんて絶対あり得ないと思いますよ。少なくとも私は大反対を唱えることでしょう。
 失うモノが大きすぎます。

biaslook様

>北朝鮮が3年以内に崩壊しない場合、テポドン2号発射と核実験は成功するでしょう。そして、拉致被害者は永久に帰ってこないでしょう。その場合に、日本世論は核武装を認めるでしょう。

 おおおおシビアな予想ですな。

>20年前の日本の言論を考えれば、今、イラク自衛隊派遣は夢物語のようです。
北朝鮮が崩壊しない場合、10年以内に日本は改憲・核武装へと舵を切ると、私は予想しています。よって、米韓の予測は正しいと思います。

 なるほどこのままの北朝鮮が存在していたら近い将来、日本の世論も変質するだろうということですね。

 うーん、考えさせられます。

Baatarism様

>キム・ホソプ教授の理屈とWSJ社説の理屈を組み合わせると、韓国政府も韓国マスコミも反日団体もみんな反民族的存在ということになってしまいますね。w
結局感情的ナショナリストというのは国益を損なうものなんでしょうか?

 うーむ、そんなこといったら韓国国内は反民族的存在だらけじゃないですか(苦笑

tsukasa様

>在日米軍=瓶の蓋論のような日本脅威論の利用もありますので、それを相手国内部の説得材料にするのもありでしょう。

 ほほう。

>中国がまだ北を庇ってるのは、通常弾頭のテポドンに対した破壊力が無いと踏んでるからでしょう。しかしミサイルは北や西にも発射できるのですから、押さえのきかない北朝鮮の核開発が進めば態度が豹変する可能性はあると思います。
中国は「懲罰」と称してベトナムに侵攻した前例がありますしね。
そしてアメリカが戦争を避ける理由の一つが、それで解消できるわけです。
国連決議をめぐる米中の交渉は、その最終的な解(アメリカの爆弾+日本の資金+中国兵の血)を睨んだものかもしれません。

 中国による北朝鮮の征伐の可能性あり、ということですね。

>そして何の影響力も及ぼせていない韓国には、どのような役が残されているのか。

 韓国はどこに行くのでしょう。

kikori2660様

>まあ、WSJの記事は主に中国向けなのでしょう。「いいのかーいいのかー北朝鮮と説得出来ないまんまだと日本、核武装しちゃうぜ?」みたいな。それをあえて否定する必要は無いんですよ。「え、制裁決議案に賛成してくんないの?んーじゃあウチも脅威から身を守る為にあらゆる手段を検討しなきゃいかんなあー」というのがスマートな交渉だと思うのですね。

 なるほどね、中国向けメッセージか。

kawa様

>朝鮮日報や中央日報は、一時確かに日本の攻撃能力保有論に過剰反応しましたが、翌日には青瓦台の対北政策批判を行っていますし、わりと健全ですね。

 はい、韓国メディアはきっちり盧大統領批判もしてますよね、今回私もそれは感じています。

>ただ、問題は青瓦台(金元雄国会統一外交通商委員長なんていうモノ凄い人も出てきました)と盧大統領。
本気で日韓間の軍拡競争を心配しなければいけないのかもしれません。
アホらしいことこの上ありませんが。

 うーん、不毛な・・・

>日本の核武装についてはWSJやロンドンタイムスが触れてますが、文脈を見れば中国にステークスホルダーとしての自覚を促しているものだと分かります。

 はい。

>原発用の天然ウランは日本国内では入手できないので輸入しなければいけません。
現状で核兵器を持つということはIAEAを脱退するのとほぼ同義ですから、原発用の天然ウランの輸入がストップするものと思わなければなりません。
結果は当然日本経済の崩壊です。

>IAEAを脱退しない形で核兵器を持つ(例えばイギリスのように米軍から核兵器付き原潜をレンタルするとか)可能性を追求するのは有りかもしれませんが、まぁ、国際政治・経済的に見た場合、核武装論は荒唐無稽ですね。

 核兵器保有は現実問題としてまったく不可能なわけですね。

煬帝様

>在日米軍がちゃんとした仕事をしてくれれば日本が無理な軍備拡張をする必要は全くないんですが。
まして核武装はデメリットの方が大きいのでは。
それより韓国は在韓米軍が仕事してくれるかどうか冷静に考えてみることを勧めたいですね。

 韓米関係もほんとに微妙なぎくしゃくとしたものに変質してしまいましたよね。

mama様

>文字にアンダーラインが引っ張ってあるととても読みづらい

 おおこれは御指摘感謝です。はてなキーワードの指定を弱めて下線を減らしてみました。

Gedol様

 ども。

>何を今更の感がありますねぇ・・・。日本が原発を多数保有していて、人工衛星を静止軌道に乗せる技術があるという事は「高レベル放射性廃棄物」を世界中のどの国に対してもバラ撒けると言う事です。別に強いて核爆弾を開発しなくてもいいワケで、そもそも北朝鮮の原子炉+テポドンの脅威というのはここにあるんですけどねぇ。

 うーむ「汚い核兵器」ってやつですね。

>この非破壊汚染弾頭は自国の上空で迎撃に成功しても意味が無いという厄介なシロモノである反面、使用後にそこへ進撃できなかったり風向きによっては自国にも被害が及ぶと言う諸刃の剣なので普通は使いませんが(アメリカは低レベルの物は使用していますけど)、単なる制裁戦闘でなら使えるので近隣諸国にとっては脅威だと思います。
 だから各国とも日本の法律的対外戦争能力の保持を嫌っているワケで・・・。

 そうか核弾頭開発しなくとも十分日本は脅威なのか・・・

masashi様

>韓国紙は、日本が絡むとなかなか冷静な報道ができないので、困ったもので寸ね(苦笑)。
個人的には、核武装は絶対必要ではないと思っていますが、こういう論調は書いてもらえるだけで、他国への心理的プレッシャーになるので、日本としてはWSJさまさまじゃないですか??

 フフフ、「心理的プレッシャー」にとどまっている内はいいですけどね。

鮎川龍人様

>私も核武装はいらない派。
アメリカへも圧力になりますから。
「ええっ?守ってくれないの?それじゃ自分で・・・」
って言えばあわてるでしょう。

 なるほど。

>コストに見合わないものは要りません。
リスクもデカイし。
それに核兵器使用国の汚名は永遠にアメリカさんに着てもらいたいですし。

 そうですね、世界唯一の「核兵器使用国」はアメリカにとって重い十字架でありますね。

tsukasa様

>そもそも核武装推進派は、日本のどこで核実験をやるつもりなんですかねえ。

 南海の孤島なんかどうですか、沖の鳥島とか・・・
 しまった、実験で岩礁(島)がなくなっちゃうか(苦笑

kanazawa様

>北海道の泊原発は2005年から検査部門の一部を韓国企業が受託しています。
(たしか韓国原発でも事故の多い企業)
これは北電の意志決定とは思えません。
なにか嫌な予感がするのです

 えええ、日本の原発の検査を韓国企業が請け負っているのですか(驚
 大丈夫なのかな・・・

ムシメ様

>核ミサイルを搭載した潜水艦などを保有するべきかどうか、については無条件・無前提に述べられるものではないと思います。日本国民が向き合うべきアジェンダは、いかなる条件下において、いかなる戦略目標を達成する(確率を高める)ためであれば、核を保有した方が望ましいのか、ということだと思います。無条件に「もったほうがいい」「もたないほうがいい」という議論は(論者が感情的充足感を得るという以外には)無意味でしょうね。

 おお冷静なご意見です。たしかに核保有した場合のメリット、デメリットは、日本の外交(戦略)目標が何なのかにより、変わりますよね。

rice_shower様

>アメリカのポチでは悔しいからと、only one(被爆国)のウリを捨てて、one of them(核保有国)の末席に就いて、北朝鮮と同レベルの“よく吠える弱い犬”に成り下がる、ってのは戦略云々以前に、あり得ない選択ですがね。

 うむ、うむ、例により言葉は辛辣(苦笑)ですが、久しぶりにすばらしいrice_shower節を拝見できました。

>議論になっている敵基地攻撃能力ですが、これを軽々しく口にする輩は、単独敵地攻撃の能力、意志が無いからこそ、アメリカは日本に諸々の兵器、技術、情報を提供しているという現実を見てみないふりをしている。 
アメリカがウリの巡航ミサイルを軽々に日本に売る訳がなかろう。 ならば、軍事偵察衛星の打ち上げ(情勢から偵察範囲は中国全土まで拡げねば意味があるまい)、空中給油機の配備(軍事専門家に依れば、北朝鮮基地攻撃には最低15機必要。 日本の現状は、4機がアメリカに発注済みで、確か今年あたりに第1機が配備される。 今15機追加発注しても、納入が完了するのは10年後だ。 アメリカが売らず自力で開発となれば...)等々、とっかかりから、とんでもない難度、ツケの高い壁が立ちふさがる。

 うむ、アメリカの協力無しには「敵基地攻撃能力」構築は不可能であり、日本がそのような能力を持つことをアメリカ自身望んでいないから、この議論自体「砂上の楼閣」なのでありますね。

>百姓面丸出しの田舎モン(額賀)は、日本の防衛以前に、自派閥の崩落回避に走り回っているのがお似合い。

 「百姓面丸出しの田舎モン」って(苦笑

JJJ様

>敵基地攻撃云々という事は外相や防衛長官が言ってしまった時点でこうなるだろうと思っていました。
日本を脅威に仕立てたい人間たちが発言前からいるわけですから、飛んで火にいる夏の虫とか事の事です。

 JJJ様は警鐘を鳴らされていましたよね。

>北を非難するのは良かったんですが、敵基地攻撃発言は日本の軍国主義復活と、日本脅威論を盛り上げたい勢力を勢いづけた事は間違いないでしょう。
それに加えて歴史問題や領土問題は日本の侵略的志向、国粋主義によって引き起こされているもので、日本に全面的な責任があるという中韓の主張を、国際的に認識させてしまう危険があります。
しかもこのあと靖国神社参拝もひかえているわけですから、すべてがリンクすると日本=軍国主義思想という同じ方向で認識されていってしまう可能性もあります。

 このタイミングでの日本からの過激な発言は厳に慎んだ方が賢明でしょうね。
 ところで、8月15日靖国参拝は本当にあるのでしょうか?



 みなさま、ためになる真摯なご意見ありがとうございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20060715/1152951974