木走日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-04 テレビのピエロ・亀田興毅

[]テレビのピエロ・亀田興毅〜TBSが仕掛けたワイドショー化戦略と便乗するプロモートビジネス 18:03

 亀田の一夜明け会見で、協栄ジム会長の金平桂一郎(40)が激怒した。「亀田選手はテレビのピエロなのでは」との質問が飛んだ時だ。「どういう意味か分からない」。マイクを片手に顔面を紅潮させた。隣には亀田。会見場所はTBS。過激な批判を込めた問いに、いつもは温厚な会長がマジで切れた。

 協栄ジム10人目の世界王者誕生から一夜明けて待っていたのは「疑惑の判定」とのバッシング。ジムには電話とメールで抗議が殺到した。

 「亀田選手はテレビのピエロなのでは」はある意味で核心をついた鋭い質問である。

 社会現象にまでなったカリスマ「浪速の闘拳」亀田興毅の異常な人気は、たしかにメディアによって創られた虚飾の面を持つ。金平の顔面を紅潮させた怒りは想定外のバッシングによりシナリオが狂ったことによる当事者達の動揺とみた。

 虚飾のカリスマ・亀田興毅の誕生までの軌跡を、TBSが仕掛けたワイドショー化戦略とそれに便乗したプロモートビジネスの赤裸々な姿を中心に検証してみる。



■第2戦以降TBSが仕掛けたワイドショー化戦略

 2003年12月21日大阪市中央体育館で11月17日に17才になったばかりの少年亀田興毅のプロデビュー戦が行われた。

 フライ級6回戦、対戦相手はデンナロン・シスソバ(タイ23歳)戦績:2戦2敗だ。

 1回44秒KO。試合開始のゴングとともに連打を叩き込み、相手は防戦一方。34秒にダウンを奪うとそのまま10カウント。1発もパンチを受けない完勝だった。

 試合後亀田はスポーツ記者相手にこううそぶいた。

「シスソバなんてややこしい名前、ヤキソバにしたった。会場入りするときに時計を見たら、(午後)4時44分やったんや。縁起が悪いなんて思わん。44秒でKOしたると思った」

 当時からセコンドについていたのは亀田三兄弟の父にしてトレーナーの亀田史郎(41)であった。

 史郎は後に手記にこう記している。

「興毅がデビューした後も試合の前の日はいつも胃がパンクしそうになる。胃がキリキリ痛んでな、ウェッと吐いてまうんや。医者に行って検査したら「胃かいようの1歩手前です」と言われた。」

 1965年5月22日・兵庫県姫路市生まれ、大阪育ちの史郎は、中学卒業後から解体業に就き、プロボクサーを目指すも仕事との両立に断念。自分の子供達にはボクシングのできる環境をつくることを誓う。三人息子の興毅・大毅・和毅をボクシング世界チャンピオンにするべくトレーナーとなっていた。

 11歳からボクシング経験がある父・史郎の英才教育を受け、亀田興毅は天下茶屋小4時に空手の世界ジュニア大会優勝。ボクシングを始める。天下茶屋中卒業後は進学せず、ボクシングに打ち込み、フライ級の全日本社会人王座を当時大会最年少の16歳10カ月で奪取、そして17歳の誕生日にプロ転向している。

 それはさておき、このデビュー戦時点では亀田興毅はまだまだ大阪ローカルの期待の新人に過ぎなかった。

 ちまたでは幼少の頃より亀田3兄弟をワイドショーで取り上げてきたTBSが、亀田のプロデビュー以来独占的に放映してきたと誤解されているが、実はこのデビュー戦はフジテレビ系の関西テレビが中継している。

 この時点ではTBSは動いていなかったのである。

 亀田兄弟の中継は興毅のデビュー2戦目(2004年3月)からTBSが放映権を持つことになる。

 きっかけはTBSエグゼクティブプロデューサーである菊池伸之(48)が雑誌で3兄弟の存在を知り興味を持ったこと。ちょうど01年6月に20%以上の高い視聴率を稼いだ2階級制覇王者の畑山隆則(横浜光)が引退。新しいスターを求めていた時でもあった。

 デビュー戦の衝撃的なKO劇を見て菊池伸之は、父史郎と接触し電撃的に契約を結ぶ。「手書きみたいな簡単な契約書にサインしてもらいました」と菊池は後のメディアのインタビューにこたえている。亀田が世に出るきっかけは一人のテレビマンのひらめきだった。

 当時、ボクシング中継は行き詰まっていた。世界戦でも視聴率は15%を超えない。そんな苦境の中の04年6月4日。TBSは午後7時からダブル世界戦を中継した。視聴率は6・9%。業界でテレビのボクシング中継は終わったと断を下された。

 この屈辱が危機感になり亀田につながった。TBSプロデューサーの生井桂一(41)は「ボクシングの伝統を崩さないで、誰もやったことのない新しいボクシング中継をやろうと話し合った」と語る。

 試合だけの中継に行き詰まった時、リング外でも見せる亀田が出現。出たい亀田と、新たなボクサーを映し出したいTBS。絶妙のタイミングで両者の考えが一致し、この後亀田は急速な勢いで社会現象になっていく。

 デビュー戦より第8戦までなぜか亀田の対戦相手は無名のタイ人が続くことになる。

 第二戦以降はTV放映権を持つTBS側の思惑と亀田を無敗のまま育てていきたいとする所属する大阪グリーンツダ・ジムと父・史郎の意向がマッチしたからだ。

 後々具志堅氏はじめボクシング関係者からこの無名タイ人ばかりのマッチメイクが批判されることになるわけだが、少なくとも仕掛けたTBSに取っては大成功となる。

 第六戦での東京デビューまでの5試合の相手の対戦成績と試合結果を列記してみよう。

 2004/03/03(大阪市中央体育館)

▽フライ級6回戦

 プラカルン・ツインズジム (タイ)

  戦績:3戦3敗

 1回1分12秒KO

 2004/05/22(大阪府立体育会館)

▽フライ級8回戦

 サミン・ツインズジム (タイ、31歳)

  戦績:4戦4敗

  キックボクサー

 1回1分48秒KO

  2004/09/27(大阪府立体育会館)

▽フライ級10回戦

 ダオチャイ・KTジム (タイ、22歳)

  戦績:5戦5敗

 10回判定

 2004/12/13(大阪市中央公会堂)

▽フライ級10回戦

 パデッチレック・チュワタナ (タイ、24歳)

  戦績:0戦

  タイのフライ級2位

 2回59秒KO

 2005/02/21(後楽園ホール)

▽フライ級10回戦

 ヨードゲン・シンワンチャー (タイ、24歳)

  戦績:4戦4敗

  元タイ国ミニマム級1位

 1回2分10秒KO 東京デビュー戦

 試合の度に亀田はビッグマウスを吐きそれをTBSが全国ネットで取り上げる。

 またTBS系列のワイドショーや娯楽番組で、亀田個人だけではなく父・史郎や亀田3兄弟が大きく扱われるようになる。

 豪快なパフォーマンスもテレビなしにはあり得なかったのだ。放送ジャーナリストの、ばばこういち(73)は「今のスポーツ番組はかつてのように勝負だけを放送するのではなく、人物のキャラクターに絞った番組作りが中心。3兄弟の物語になっている亀田は劇的に視聴者に迫ってくるキャラクターがある。そういう意味で亀田は今のスポーツ番組を象徴する存在」とスポーツ報知の取材に話している。

 TBSエグゼクティブプロデューサーである菊池伸之とプロデューサーの生井桂一のワイドショー化戦略は見事に的中する。

 2005/02/21の後楽園ホールの東京デビュー戦では普段では絶対にボクシングなど観戦しないだろう若い女性客の黄色い歓声で会場は異常な熱気に包まれていた。



■協栄ジムへの電撃移籍とプロモート会社MSEの登場で拍車が掛かるプロモートビジネス

 2005年2月の東京デビュー戦あたりから所属する大阪グリーンツダ・ジムと父・史郎の関係悪化が表面化してくる。

 実は2004年3月頃からファイトマネーの支払いや試合のマッチメークなどで衝突は起こっていたが、元々自宅でつきっきりで息子達のトレーニングをしてきた父・史郎にとって所属ジムとの関係はけっしてうまくはいってなかった。

 すでに本業を休業して息子達に掛けていた父・史郎が正式なトレーナーとしてジムに雇用を迫ったとか、高騰するファイトマネーに対するジム側のピンハネに父・史郎が我慢できなくなったとか当時もいろいろ憶測を呼んだのだが、真相は明らかではない。

 父のかたくなな態度に業を煮やしたグリーンツダ・ジムは2005年4月11日、入札で亀田の移籍先を公募すると発表した。未成年の亀田本人はもちろん父・史郎も承諾していない状況での一方的な通告だった。

 ボクシング界史上初の入札による移籍先の公募。グリーンツダ・ジムでは、最低落札金額3000万円、期間は15日からの1カ月間で日本プロボクシング協会に加盟していることを条件とした。

 このあたりから怪しい動きが始まる。

 一週間後、亀田興毅の獲得に名乗りを上げた協栄ジム会長の金平桂一郎(40)が亀田の父・史郎と親子での移籍を提案した。3000万円の移籍金の支払いや親子で練習したいという亀田側がこだわるハードルをすべてクリアしての提案である。

 そして一月後の5月18日、亀田興毅は都内で協栄ジムの会長の金平、父・史郎らと移籍記者会見を開く。

 交渉提案からわずか一月後の電撃移籍会見である。

当時の<会見コメント>

■金平会長

 対戦相手は絞り込まれていますので、近日中に発表します。今度の相手は結構やります、実力的に。今後は、年内に4戦ぐらい。年内には世界ランキング定着。来年の11月17日には、世界チャンピオンになっていなくてはいけない、というスケジュールでマッチメークしていかなくてはいけないので、それにあわせてやっていくつもりです。

■亀田興毅

 協栄ジムに移籍できてよかった。ホッとしたわ。いろいろとあったけど、協栄ジムの金平会長、(マネージメントを担当する)MSEの丸山社長、みんなに助けてもらって。世界チャンピオンというの小さいときからの夢。

■亀田史郎トレーナー

 とりあえずホッとした気持ちです。金平会長にこういう状況を作っていただいて。リングで、試合できっちりやっていきたいです。とりあえず世界チャンピオンになって、金平会長に喜んでもらえたらいいなと思っています。

 亀田興毅のコメントに突然登場する「MSEの丸山社長」こそ、実はこの電撃移籍劇の陰の仕掛け人と見られている。

 実は亀田家は協栄ジムに移籍した同じタイミングで、株式会社メディア・システム・エンターテインメント(MSE)との間で亀田家の一切のマネジメントを管理する契約を結んでいる。

 MSE代表取締役社長の丸山正修(51)は、この移籍騒動のかなり初期の段階から父・史郎と密接に連絡を取り、亀田家、TBS、協栄ジム等関係者の間を取り持っていたのだ。

 このMSEの丸山の登場と共栄ジム移籍を契機として、TBSの戦略に便乗する形で一気呵成に亀田興毅に関わるプロモートビジネスが花を咲かせることになる。

 すでにこの記者会見時に丸山の口から次のような勇ましい発言が出ている。

「スポーツ用品メーカーをはじめスポンサー契約の話が進んでいます。CM出演の話も2件ありますし、取材依頼も殺到している状態」その1つが、業界王手「ナイキ・ジャパン」だった。

 会見後、亀田はMSEにわざわざあいさつに出向いて次のようなビッグマウスを披露している。

 「しょぼい選手なら話は来うへん。これで(巨人の)清原、(ゴルフの)ウッズ、亀田と3人そろったな」と、同社と契約を結ぶ大物の名前を挙げて“快挙”を喜んだ。

 移籍後初戦となった2005/06/20の後楽園ホール対サマン・ソー・チャトロン(タイ、35歳)戦で、会場が驚いたのは、パチンコメーカー・京楽産業株式会社(以下KYORAKU)のCIロゴ『!!』マークに身を包んで亀田陣営が登場したことだ。

 続く8月のワンミーチョーク・シンワンチャー(タイ)戦においては、KYORAKUのCIロゴを掲載したトランクスで試合に臨んでいる。

 パチンコメーカー・京楽産業株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:榎本宏)は、2005年11月15日、正式に亀田との個人スポンサー契約をMSEと締結したことを発表する。

 またMSEの丸山は全国の亀田3兄弟のファンクラブの運営も一手に引き受ける。

 対する協栄ジムも負けてはいない。

 MSEがパチンコメーカー・京楽産業と個人スポンサー契約を締結した翌12月には、亀田とその次弟の大毅が所属する協栄ボクシングジムと(株)ローソンチケットおよび(株)ローソンは、年間スポンサー契約を締結する。

 これ以降、ローソン店舗を経由して、さまざまな企画商品の展開・販売を行っていくことになるのだが、協栄ジム側も主催する興毅、大毅選手の全試合のチケット販売権をローソンWebサイトやローソン店頭のLoppiに譲渡することになる。

 その間にも亀田は勝ち続けビッグマウスを吐き、TBS系のワイドショーや娯楽番組に出演続け、その人気は鰻登りに高まっていく。

 興毅はデビュー7戦目までは深夜中継だった

 8戦目となった2005年8月21日の東洋太平洋タイトル戦で、TBSは遂に日曜夕方4時に放送を決定平均10・6%というその時間でのボクシング中継としては驚異的な数字を上げる。

 初のゴールデンタイムは今年3月8日のボウチャン戦で平均24・8%。

 5月5日のファハルド戦ではついに33・0%を記録しTBS関係者をして「奇跡」的数字と言わしめるまでに至る。

 TBSのワイドショー化戦略の成功による亀田人気を利用しMSEと協栄ジムが競うようにスポンサー契約を締結する、それがまた話題になり勝ち続ける亀田のビッグマウスが発言の度に注目され彼の商品価値を押し上げる、さらに好条件のスポンサー契約を獲得し、そして視聴率が跳ね上がる。

 こうして虚飾のカリスマ・亀田興毅がメディアによって創られたのである。



■テレビのピエロ・亀田興毅は一人だけじゃない

 現在、亀田選手とスポンサー契約を結んでいるのは、ナイキ、明治製菓、ローソン、サントリー、京楽産業、カカクコムなど10社に増えている。

 最近では、亀田がナイキ社のCMに起用されることが7月28日に決定している。さっそく29日から同社広告コピーである「JUST DO IT」キャンペーンCMがテレビ放映され、歌手のBoA、NBA(米プロバスケットボール協会)のキャバリアーズ、レブロン・ジェームズらと共演。

 亀田とナイキは昨年5月から物品提供で契約を結んでおり「チャレンジしている人ばかりが登場するCMで、亀田選手も日本を代表するチャレンジの第一人者という意味で出演していただきました」と説明した。

 また、大手コンビニエンスストアローソンは18日、25日から全国の店舗で「亀田の夏祭り」と題し、弁当など6品目を発売することを正式発表した。8月2日の世界戦へ向けたタイアップ企画で売上目標は何と50億円である。

 ・・・

 冒頭の記者会見で協栄ジム会長の金平が「亀田選手はテレビのピエロなのでは」と質問され、怒り気色ばんだのは頷ける。

 世界チャンピオンになる前からこれほどのプロモートビジネスが成立し数十億の金が動き、興毅世界戦チケットは全国のローソンで3時間で完売し、瞬間視聴率が52%という驚異的な数字を叩き出すプロボクシング選手は前代未聞であろう。

 確かにこの「カリスマ」はTBSというメディアの戦略により創られ、彼の周辺にうごめく大人達によって育てられたのである。

 世界戦で手にするファイトマネーは「1億円超」(リング関係者)と大盤振る舞い、ナイキ、サントリーなどとのスポンサー契約もジャンジャン舞い込み、それらが「年間数千万円は下らない」(広告関係者)と、すでに稼ぎは、史上最高チャンプ級なのである。

 本人以上に気もそぞろなのは亀田戦を中継し視聴率50%越えに成功したTBSだろう。

 大みそか夜の定番日本レコード大賞を12月30日に繰り上げ、31日には亀田の世界戦を投入しようと躍起との話もある。

 報道によれば7月31日、亀田3兄弟の個人事務所となる株式会社「亀田プロモーション」が設立された。

 代表取締役社長の父・史郎によれば、すでにメディア取材対応事務局を開設したという。

 リング外での亀田の活動をサポートする会社として運営されるようだ。

 協栄ジムの金平会長によれば「今年4月以降は今のスポンサー企業との契約や協栄ジムとの契約は亀田プロモーションとしています」と説明。

 もともと亀田3兄弟と昨年5月の協栄ジム移籍と同時に契約していたMSEを外す新たな動きであろう。

 ここ1年で得たであろう大金を前にして、この騒動が純粋なボクシング好きの父親をも変質させたと言うことか。

 メディアに創られた虚飾のカリスマ・亀田興毅は、もはやただの19才ではない。

 TBSが仕掛けたワイドショー化戦略と便乗するプロモートビジネスは、父親をも巻き込んでさらに今後ヒートアップすることだろう。

 なにせ亀田興毅は長男なのである。

 亀田3兄弟にはまだ二人も「テレビのピエロ」予備軍がいるのだ。



(補記:文中敬称略させていただきました。たまには市民記者としてルポ風記事を起こしてみました(苦笑)が、いかがでしたでしょうか。)



(木走まさみず)



<関連テキスト>

■亀田父子処分問題で系列TBSを擁護する実に珍妙な【毎日社説】

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20071018

■[与太話]カメ語(KAME Language)

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20071013



<参考サイト・参考記事>(順不同)

亀田興毅、判定で世界ライトフライ級王座獲得

http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20060802ie27.htm

亀田戦、ベネズエラ紙「日本人でさえ当惑する判定」

http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20060803i304.htm

亀田戦への抗議など続く、TBSに5万5千件

http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20060803i212.htm

亀田興毅 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%80%E7%94%B0%E8%88%88%E6%AF%85

亀田3兄弟の個人事務所設立、史郎氏社長

http://www.nikkansports.com/battle/kameda/p-bt-tp1-20060801-69026.html

パンチのきいた「亀田興毅弁当」 ローソン

http://www.sankei.co.jp/news/060719/kei037.htm

亀田世界戦の瞬間最高視聴率52・9%記録

http://www.nikkansports.com/battle/kameda/p-bt-tp1-20060804-70485.html

亀田仰天!ポスティング移籍通告

http://www.sponichi.co.jp/battle/special/2005boxing04/KFullNormal20050412084.html

金平会長 亀田父子移籍を提案

http://www.sponichi.co.jp/battle/special/2005boxing04/KFullNormal20050419019.html

ボクシング界のホープ亀田が移籍会見

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/column/200505/at00004766.html

亀田大毅、視聴率も兄超え

http://www.nikkansports.com/ns/battle/p-bt-tp0-060228-0004.html

亀田兄弟 瞬間視聴率40・8%

http://www.sponichi.co.jp/battle/flash/KFullFlash20060508024.html

プロボクシング[亀田興毅の真実・世界獲ったるで]〈6〉豪快パフォーマンス

http://braininfocast.newswatch.co.jp/cgi-bin/sonetemkt?tid=6000453&sid=ik0Gf7l200600a9da4b20170c3f85f420b2e84f030246701d66843062c19

京楽産業株式会社公式サイト

http://www.kyoraku.co.jp/kameda/01.html#200512_02

葛飾に亀田博物館…新旧下町名物「亀と寅」

http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20060729-OHT1T00087.htm

亀田興毅 稼ぎチャンプ級

http://gendai.net/?m=view&c=010&no=18119

京楽、“浪速の闘拳”亀田興毅選手とスポンサー契約を締結!!

http://www.mansai777.com/news/news_data.php?column_id=958

MSE公式サイト

http://www.msenter.jp/about-mse.html

カカクコム、「亀田3兄弟」長男とスポンサー契約

http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMITba038008032006

興毅世界戦チケット 3時間で完売

http://www.sponichi.co.jp/battle/special/2006boxing_06/KFullNormal20060602029.html

興毅トラック、日本縦断「X−MEN」と合体、世界戦PR

http://chuspo.chunichi.co.jp/00/spogene/20060711/spon____spogene_000.shtml

浪速の闘拳・亀田 ナイキと契約へ

http://www.sponichi.co.jp/battle/special/2005_boxing05/KFullNormal20050519085.html

亀田後援会が各地で増殖中 カリスマ誕生

http://www.nikkansports.com/battle/kameda/p-bt-tp1-20060731-68625.html

父亀田史郎氏手記 カリスマ誕生

http://www.nikkansports.com/battle/kameda/p-bt-tp1-20060803-70027.html

MSE経営理念

http://www.webgate.co.jp/myhome/album/album_view_list.rsw?&home_no=398&thema_no=1587&board_no=2754

亀田興毅(協栄ジム)戦歴

http://www.sanspo.com/fight/boxing/player/kameda_koki.html

闘育論―亀田流三兄弟の育て方 (単行本(ソフトカバー)) 亀田 史郎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4420310146/503-4483722-0181557?v=product-description&n=465392

プロボクシング[亀田興毅の真実・世界獲ったるで]〈7〉小泉首相通じるキャラ

http://braininfocast.newswatch.co.jp/cgi-bin/sonetemkt?tid=6000453&sid=1WDMiJxo00605ada77ff4995733f6073c206e476450b6d1d7f5cb8b5aa9b

亀田興毅 天下無双―その軌跡と生き様 (単行本)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4198621292/503-4483722-0181557?v=glance&n=465392

BarBar 2006/08/04 18:57 誤字が多すぎる…。

kibashirikibashiri 2006/08/04 19:16 Bar様
御指摘感謝いたします。23カ所誤字を直しました(汗
まだあるかも(苦笑)

煬帝煬帝 2006/08/04 22:50 何か彼にTBSの命運も掛かって来そうな雲行きなので、いつまでこのピエロが踊り続けるのか生温かく見守って行きたい今日この頃です。

tntn 2006/08/04 22:54 ランダエタごめん…ベネズエラの日本大使館にたくさんの激励メール
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060804-00000081-sph-spo

日本人っていい人たちだなあ…

masashimasashi 2006/08/05 00:02 私自身、亀田兄弟にはそれほど興味がありません。世界タイトル戦も見ませんでしたし、具志堅氏の意見もそのとおりだと感じています。それを断った上で、でも亀田兄弟(親子)自体にはこの機会に十分設けていただければいいのではないかと考えています。特異で強烈なキャラクターで売り出せば売り出すほど、賞味期限が短いのは広告では一般的なことでしょう。三男の時点で同じキャラはおそらく通用しません。今のうちに十分稼いだ方がいいでしょう。

一方で、視聴率稼ぎ(すなわち金儲け)のためには、ある意味どんなストーリーをたててもかまわない。。。といった風潮が、テレビにて堂々と流されている現状には、嫌な感じを抱いています。前回のエントリにつながりますが、何をしても許されるという利己的な行動の基本形は、テレビから流されている情報を基礎としているような気がしてなりません。
もちろん、情報統制を推奨するつもりはありませんが、公共の放送であるからこそ倫理について厳しくあるべきかと思いますが、ヒーローものを仕立てるという一種美談的なストーリーに隠れて、非常に露骨な金儲け主義の匂いは、それを見ている子供たちにも十分に伝わっている気がするのが私の抱く懸念です。
亀田兄弟(親子)が稼ぐのはかまわない。しかし、それに便乗しようという人間が多すぎることが問題だ。便乗しようとする人が多ければ多いほど、露骨な動きが必要不可欠になる。これが私の感想です。

antonianantonian 2006/08/05 00:53 わたくしタマタマ、この方をあるときテレビで目撃してしまい、リング上で歌を歌っていたり、女の子の嬌声が飛んでいたりしたので、おおかたどこぞのジャニーズな人でもゲストで来てるんだろう?と思ってみたらこの方でございました。こんな顔の不味い男に何故女性が嬌声を飛ばす?何故、歌を歌っている??
なんというか、もう、テレビの文化はわたくしの想像のはるか彼方にいってしまった気がしてテレビを消しましたです。
『明日のジョー』を読んで育った世代的に、寂寥を感じなくもないですね。再び年とった気分に陥ったのであります。

TEPOTEPO 2006/08/05 01:03  木走さんて、ちゃんと仕事すればこういうりっぱな記事も書けるんですねえ(苦笑) そういえば最近JANJANであなたの記事見ないですがスランプですか(爆笑)
 亀田兄弟はボクシングしてなかったら絶対曲がった道にすすんでしまったと私は確信しておりますので、どうかボクシングをいつまでも続けていってほしいです(お父様も含めて)。

fmwfmw 2006/08/05 02:35 239 :名無しさん@6周年:2006/08/02(水) 22:39:30 ID:PwJYBJKe0
フジテレビが格闘技を切ったことにTBSは何を学んだのか。
王座決定戦にもかかわらずウィークデーに試合を設定した理由がいつまでも隠しおおせると思っているかね。
ひょっとして知らないなら仰天ものだがだったら今からでもそのスジに詳しい人に聞いてみるがいい。
まあどうせ試合が終わったら週刊誌が書くだろうけど。
http://www.diary.ne.jp/user/31174/
勝谷誠彦の××な日々


>王座決定戦にもかかわらずウィークデーに試合を設定した理由

この理由って、なにさ?

790 :名無しさん@6周年:2006/08/02(水) 22:53:48 ID:QeSaLRJe0
>>239
★亀田三兄弟の後援会「全国青少年健全育成会」について★

『この団体は、昨今の若者の犯罪増加などは、戦後教育の荒廃の結果
と見て剣道、柔道、空手、また書道、華道などわが国の伝統的な武
術・文化を青少年に習得させ、青少年の健全育成を図ろうという目
的のもとに00年9月に結成された』
 重要なのは、この団体の設立した一人である山口組英組・組長
英五郎(はなぶさ ごろう)の存在である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%B1%E4%BA%94%E9%83%8E

英 五郎(はなぶさ ごろう、1935年8月2日 - )
                    ~~~~~~~~~~
亀田興毅、8月2日世界ライトフライ級王者獲得!

荏原仲信荏原仲信 2006/08/05 08:16 ボクシングファンなので、どうしても書き込んでみたくなりました。小生大学時代に少しやったことがあります。一般学生は2ラウンドがスタミナの限界。部員でも3ラウンドでフラフラだったので4ラウンド以上のプロの世界は別世界ですが、今回も初回からテレビでみました。

事前の報道からの印象で、ついにボクシングもプロレス化してしまうのかと淋しい気持ちで見始めたのですが、なんと真剣に戦っているではないか。筋書きどおりの猿芝居を見せられなかったので私としては満足。ランダエタはジャブの大切さ威力というものを見せつけてくれた。素晴らしいボクシングだった。

判定についてはもっとひどいものが過去にいくらでもあった。その時に今回のようなブーイングが巻き起こっていればこんな事にはならなかっただろうなと思います。

miya2822miya2822 2006/08/05 11:19 あのいささか野蛮なガキをめぐって、これだけのヒトとモノとカネが動いているとしたら、彼自体のもつ意味というのも多面的になるのではありませんか。たとえ作られたカリスマだとしても汗臭いリングサイドに若いねーちゃんが集まるようになったのは今までにあまり例のないことでは?ボクシングとか格闘技とかしろうとですけど・・・でもって、そのねーちゃんをメディアに踊らされたものを知らない小娘と片付けようとしても彼女たちには彼女たちの閉塞感があって、彼にすがるしかないみたいな意味でのヒーローが亀田なら、1ラウンドのダウンは彼なりの重圧だったろうし、確かに今までのビックマウスを裏切る試合内容だったけど、それが世界チャンプの壁だし、最後の最後までリングに沈まなかっただけよくやったんじゃないですか?素人目にはどう見てもランダエタ有利かもしれないけど、ベルトをはめるほどの立派なチャンピオンではなく、亀田はここから本当のチャンピオンになれるようやればいいわけで。確かに放送局はもったいつけすぎ。こうしていくとどこの世界にしろ「判定」というのは難しいものです。W杯のときもそうでしたが、審判が黒と言ったら白いものもクロという絶対性をあらかじめ与えておかないと誰も何のジャッジもできないような気がします。だって結局いろんなヒトの言うことはいろいろですから。

桂木桂木 2006/08/05 11:52 亀田兄弟については画面に出たとたんにチャンネルをまわしてしまう口なのでよくはわかりません。ボクシングも興行である限りはさまざまな利権が絡むのは当然と言えるかもしれません。昔からさまざまなことは言われていいたわけですね。それをFIFAのようにルールを厳正化して透明化する方向に行くかプロレスのようにショー化してしまうか境目のような気もしますね。
アマレスとプロレスはまるっきり違うわけですが、アマチュアボクシングとプロボクシングは技術のレベルに大きな違いはあっても、まだ連続性があると見られています。
今回の件はコアなファンだけなら「またか」のレベルだったかもしれませんが、TBS他の関係者が煽りに煽った関係で普段ボクシングを横目に見ている人たちまで巻き込んでしまったところで大きな問題になったと言うことだと思います。
横目で見ている人たちにとってボクシングはスポーツであり、スポーツ=ルール、しかもサッカーや野球のように点数と言うはっきりした結果で勝敗が着くルールに慣れた人にとってあまりにも違和感があったと言うことでしょうか。
ルールはルールなので今回の亀田の判定勝ちを無効だと言うつもりはありませんが(買収とかがあるならべつです)、95%の人が負けだと思う判定を価値にしてしまうルールはやはり問題なんでしょうね。
真剣勝負を表に出してこれからも興行を行なうつもりならこのあたりの透明性は確保する必要があるんでしょう。

傍観者傍観者 2006/08/05 13:14 ま、あの試合結果が正しいのか、間違ってるのかは別として、
今後彼がチャンピオンであり続ければ、このビジネスは成功という事でしょう。
ビジネスが成功すれば、違法な事をやってない限り、世論は彼に賛辞を送る事になる。
でも、一度負ければ、積めるだけ積んできた積み木が一気に崩れ落ちる事になるかもしれない。
あの親子らしい、一か八かの賭けのような人生を送る事になるのでしょうね。
ここで思うことは、ボクシングという自分の身体を削って金に替える商売で、
そこにぶら下がっていく人間の浅ましさが、何ともやるせないような気がするのですが。

ヘタレ。ヘタレ。 2006/08/05 13:27 木走様。  書中お見舞い申し上げます。
私もBlogに書きました所アクセス数3倍。イタズラにモーニング娘のお嬢さんが喫煙をスッパ抜かれた事をからかって書いた最高アクセスを軽く抜きましたorz

私はTBSを糾弾し非難したいです。中学などで教師に対してタメ口をきくミニ亀田が増殖中だそうです。田舎の花火大会の帰り道にミニ亀田が無意味誰カレ構わずガン飛ばししてボコラれる話しもチラホラ。ヤンキーサングラスもどうなんでしょう。
これで年末31日に亀田防衛戦をやってTBSはスポンサー取れるのでしょうか?TBSは亀田クンにスタイリストをつける事。次第にアップデートすればよろし。次に閑職のアナウンサー氏を専属につけて尊敬語・謙譲語を教える事。これは吉本に委託して不快感のない関西弁講座で譲歩もしまっせぇ。私も関西人のひとりとして汚い関西弁を喋る亀田親子には不快な思いです。

一番の問題はヤクザ(裏社会)の支援をTBSがしてしまっている事。これは上場企業としてまして年金資金も保有する東証一部銘柄であること。
放送現場としての深刻さとTBS経営サイドの深刻さをナマ暖かく見守ります。。

ranshiranshi 2006/08/05 13:54 テレビの終焉の象徴ですね

sakimisakimi 2006/08/05 14:23 でもさあ、あんなしょっぱい試合したんなら
他のクラスから移籍してきた人間があっさりと勝つんじゃないかな?

金太郎金太郎 2006/08/05 14:44 こんなことを書いている人もいますね。「あと、どうでもいい補足」のところ。
http://d.hatena.ne.jp/komagi/20060804

ボクシングのことなんて知らないし、分からないけれど、亀田親子の言動がTV用のパフォーマンスであって欲しいなと。大人はともかく、子供たちがあのような態度が許されるのだと本気で思っていないことを願うばかりです。本当にそう思っていたなら彼らは不幸ですよ。

rice_showerrice_shower 2006/08/06 08:29 fmwさんのご指摘通り、今回の出来事は暴力団、在日コリアンコネクション、私が良く言う“闇のインフラ”上に展開していることです。
TBSさんよ、社長の首程度をか懸けるだけでは済まないことだ、との覚悟は出来ているのかい? 覚悟が有るならドンドンやればいい。 悪が見えやすい分、系列新聞のように特定宗教団体に依存するよりはましかも知れないから。

kanazawakanazawa 2006/08/06 10:23 労働基準法 第59条 
 「未成年者は、独立して賃金を請求することができる。親権者又は後見人は、未成年者の賃金を代って受け取ってはならない。」

本人が親に任せると言っても認められません。支払い者責任になります。

GedolGedol 2006/08/06 21:03 ども。

うーん、亀田選手を「テレビのピエロ」と称するならプロサッカー選手やプロゴルファー、オリンピック選手やもちろんプロ野球選手も「ピエロ」なんでしょう。

でも試合の映像を見た限り、亀田親子はそのつもりではなかった様で。勝ちが決まった時、びっくりしてましたもんね。

しかし・・・あの「固定客」の面々はテレビカメラの方向に気づいていなかったのかなぁ。普通は移らない様にカメラの角度を調整するものだと聞きましたけど。今回は誕生日会だから特別なんすかね?

hamlet-rhamlet-r 2006/08/07 00:37 まー、色々話題になっていますが、前回のエントリーで、子供の問題行動を親が認めない、っていうか煽って学級崩壊ということについて書かれていましたが、TV用の演出とはいえ、子供の傍若無人・礼儀しらずな態度を親が煽るような光景を、これ見よがしに写すのは良くないですね。変なお手本を示しているような気がします。TBSは少なくとも、報道機関として学級崩壊に関する教育問題に関して意見する資格を自ら放棄したような気もします。

OguraHideoOguraHideo 2006/08/07 00:40  抗議の矛先がTBSに向かっている時点で、なんか政治的な意図を含んだ煽りがありそうな予感がしています(今回の判定に不服だとしたらまず批判の矛先は審判に向かうのが通常だし、プロモーター側が審判を買収し又は圧力を加えたと疑っているのであれば批判の矛先はプロモーターに向かうのが通常です。セリエAの八百長問題でも、セリエAの試合を放送したテレビ局には批判の矛先は向いていないようですし。)。

OguraHideoOguraHideo 2006/08/07 00:46 亀田選手のような異能の人に礼儀を知ることを求める以前に、ネット上での大人たちの礼儀知らずな言動が咎められずにまかり通っている現状をどうにかした方が、子供の教育にはよいのではないかという気がしなくはありません。そういう意味では、今回の試合を契機に、亀田選手やTBSや上村愛子選手についての礼儀知らずの傍若無人なコメントを投稿している人々には反省を促したいです。

segseg 2006/08/07 08:01 ネットの場合、特に2ch派生の動きなど目に余るものもあるけど、まだ「分」をわきまえているような節はある。(便所の落書きとか愉快犯としての自意識がある)
でも地上波民放は格が違うでしょ。そこであのような行動をとられればその余波は比べものにならない。「権威」にいわば「公認」されるわけだから。

またネットの場合、叩きや炎上に対して即応的な自浄行為も出せる双方向性あるけど、テレビは一方向的で、昨今よくあるように、抗議に言質を取られないように電話応対のマニュアルを徹底する一方でそもそもの問題解決には反映させる気はない様子。また中の人にも強い特権意識がかいま見える。(母校でTBS記者の講演があってそう感じてしまった)

生活者の利益を代弁するのが議員で、議員と記者クラブ的なるものとはズブズブだから仕方ないんだろうけど。それでも世論誘導に使命感を持って方法を選ばなくなっているが(それはそもそも間違いと思うが)。


ともかく今回TBS・ボクシング界も一線を越えてしまったような、、勝敗の神聖性というものも換金してしまった。スポーツはドラマとは違いともかくもリアリズムの世界。だから特異の物語性がある。勝敗の神聖性はその要石。だがそれを取り外したわけ。

またヤクザ屋を視聴者よりも重きを置いた。
「剣より強いペン」で戦う人はとっくに小市民的サラリーマンになっていて、だからマスメディアの大企業でさえ、個別に圧力をかければ簡単に変節するとTBSは印象づけた。彼ら自身は、「拡声器を持ってる人間が良心を貫かないこと」により社会に与えられる余波の大きさを想像だにしないか。

dokendoken 2006/08/07 10:06 ○亀田選手のキャラ作り
 ・私は馬鹿丸出しで、対戦者に敬意を払えない態度には嫌悪感を感じるが、好きにすれば宜しいと思います。(表現の自由の範囲内だし、自ら退路を絶っているという一点で潔さを感じる。ボクシングに世間の耳目を集める功の部分もあったわけで。)
○ジャッジについて
 ・ボクシングがスポーツでは無く、単なるショーであることを皆に認知させしめたことは、ボクシング界にとって痛恨では無かろうか。ジャッジの仕事は無償だそうで、主催者側がお金を払って連れてくる。こんなんじゃ、その気があればちょっと握らせれば判定の操作なんかいくらでも可能ですわな。それでも、プロレスは純粋なショーでK-1やプライドはインチキだけれども、ボクシングは神聖なスポーツだと思っていた人は多いはずで、チャンピオンのベルトが金さえ出せば買えてしまうものだとは思っていなかったのでは無いでしょうか。

審判の買収をしていたのは亀田親子では無かったのでしょう。無敗でチャンピオンに祭り上げられ、オヤジのボクシングが世界に通用したと泣く、まさに彼は「TVのピエロ」だなと思います。
罪深きかなマスコミ。

malmal 2006/08/07 11:26 今回の騒動、個人的に色々腑に落ちないトコがあってとりあえず検索したところ、おぉ、これはっ...と思うサイトを見つけました。

http://www.aa.alpha-net.ne.jp/gotchi/page002.html
この中の、「協栄ジムと亀田選手が造る新時代のシステム」以降に書かれている内容です。移籍騒動の時に書かれた内容のようですから相当前なのですが、その中の一節(「逆風」の言葉があるあたりから)が、正に今の状況そのもののような。

重要なのは、このサイトは町中にある「現役の」ボクシングジムのサイトだという事です。ガッツ石松とか「引退久しい」人々ではなく、今のボクサーや育成する環境の中からの意見だと思うと、非常に興味深いです。今回の騒動、「プロボクサー業」という視点が全く含まれていないのでは?

こえだこえだ 2006/08/07 11:38 すごいフィーバーでした。日曜日の昼のテレビってこればっかりだったような・・・
あれだけ個性が強ければ賛否両論でしょうが、それにしても亀田選手、強いですね。
自分を相当非難するコメントに対して(内心はわかりませんけど)感情的にもならず、淡々と受け答えしていて感心しました。

kibashirikibashiri 2006/08/07 20:23 管理人の木走でございます。レス遅れ申し訳ございません。

煬帝様

>何か彼にTBSの命運も掛かって来そうな雲行きなので、いつまでこのピエロが踊り続けるのか生温かく見守って行きたい今日この頃です。

 はい。

tn様
>ランダエタごめん…ベネズエラの日本大使館にたくさんの激励メール
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060804-00000081-sph-spo
日本人っていい人たちだなあ…

 ウフフフホントですね。

masashi様

>前回のエントリにつながりますが、何をしても許されるという利己的な行動の基本形は、テレビから流されている情報を基礎としているような気がしてなりません。

 うむ、同感です。

antonian様

>『明日のジョー』を読んで育った世代的に、寂寥を感じなくもないですね。再び年とった気分に陥ったのであります。

 力石が死んだときは確か「葬式」したんですよね(苦笑

TEPO様

>木走さんて、ちゃんと仕事すればこういうりっぱな記事も書けるんですねえ(苦笑) 
 あなたって人は(苦笑

fmw様

>重要なのは、この団体の設立した一人である山口組英組・組長
英五郎(はなぶさ ごろう)の存在である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%B1%E4%BA%94%E9%83%8E
英 五郎(はなぶさ ごろう、1935年8月2日 - )

 うーむ、ハッピーバースデイツーゴローってか(苦笑

荏原仲信様

>小生大学時代に少しやったことがあります。一般学生は2ラウンドがスタミナの限界。部員でも3ラウンドでフラフラだったので4ラウンド以上のプロの世界は別世界ですが、今回も初回からテレビでみました。

 えええ、荏原様とボクシングって何かイメージがちがいましたが。

>判定についてはもっとひどいものが過去にいくらでもあった。

 そうでしたね。

miya2822様

>素人目にはどう見てもランダエタ有利かもしれないけど、ベルトをはめるほどの立派なチャンピオンではなく、亀田はここから本当のチャンピオンになれるようやればいいわけで。

 うん、肯定的な見方もありですよね。私の場合いつも穿ち気味なのですが、素直な解釈ももちろん尊重します、解釈は人それぞれでいいのですもの。

桂木様
>ルールはルールなので今回の亀田の判定勝ちを無効だと言うつもりはありませんが(買収とかがあるならべつです)、95%の人が負けだと思う判定を価値にしてしまうルールはやはり問題なんでしょうね。

 御意。

傍観者様

>ここで思うことは、ボクシングという自分の身体を削って金に替える商売で、そこにぶら下がっていく人間の浅ましさが、何ともやるせないような気がするのですが。

 まったくです。

ヘタレ。様

>一番の問題はヤクザ(裏社会)の支援をTBSがしてしまっている事。これは上場企業としてまして年金資金も保有する東証一部銘柄であること。
放送現場としての深刻さとTBS経営サイドの深刻さをナマ暖かく見守ります。。

 まあ格闘技興行にヤクザは昔から付き物ですからねえ、問題は許認可業のテレビ局が興行主に成り下がったことでしょうか。

ranshi様

>テレビの終焉の象徴ですね

 うむ終焉ですか。

sakimi様

>でもさあ、あんなしょっぱい試合したんなら
他のクラスから移籍してきた人間があっさりと勝つんじゃないかな?

 次の試合で真価が問われますね。

金太郎様

>大人はともかく、子供たちがあのような態度が許されるのだと本気で思っていないことを願うばかりです。本当にそう思っていたなら彼らは不幸ですよ。

 はい、彼は敬語は使えないのでしょうかねえ。

rice_shower様

>TBSさんよ、社長の首程度をか懸けるだけでは済まないことだ、との覚悟は出来ているのかい? 覚悟が有るならドンドンやればいい。 悪が見えやすい分、系列新聞のように特定宗教団体に依存するよりはましかも知れないから。

 コワッ。

kanazawa様

>労働基準法 第59条 
 「未成年者は、独立して賃金を請求することができる。親権者又は後見人は、未成年者の賃金を代って受け取ってはならない。」
本人が親に任せると言っても認められません。支払い者責任になります。

 ほほう勉強になりました。うーむでも亀父には通用するかな(苦笑

Gedol様

 ども。

>今回は誕生日会だから特別なんすかね?

 ハッピーバースデイツーゴロー(←しつこいですね(苦笑))

hamlet-r様

>TV用の演出とはいえ、子供の傍若無人・礼儀しらずな態度を親が煽るような光景を、これ見よがしに写すのは良くないですね。変なお手本を示しているような気がします。TBSは少なくとも、報道機関として学級崩壊に関する教育問題に関して意見する資格を自ら放棄したような気もします。

 本当ですよね。一部のお笑い番組でもいじめもどきのまずい手本がありますし。

OguraHideo様

>抗議の矛先がTBSに向かっている時点で、なんか政治的な意図を含んだ煽りがありそうな予感がしています

 うーむ、政治的意図ですか、どうなんでしょうか。

>そういう意味では、今回の試合を契機に、亀田選手やTBSや上村愛子選手についての礼儀知らずの傍若無人なコメントを投稿している人々には反省を促したいです。

 一部の人のネット上のマナーがひどいのはまったくその通りでございますね。

seg様

>彼ら自身は、「拡声器を持ってる人間が良心を貫かないこと」により社会に与えられる余波の大きさを想像だにしないか。

 うむ深いご意見です。

doken様

>審判の買収をしていたのは亀田親子では無かったのでしょう。無敗でチャンピオンに祭り上げられ、オヤジのボクシングが世界に通用したと泣く、まさに彼は「TVのピエロ」だなと思います。
罪深きかなマスコミ。

 そうそう泣きっぷりはまさに小学生の悪ガキみたいに無邪気でしたものね。

mal様

>今回の騒動、個人的に色々腑に落ちないトコがあってとりあえず検索したところ、おぉ、これはっ...と思うサイトを見つけました。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/gotchi/page002.html

 なるほどねえ、「亀田選手は大きな風穴を開けてくれたと思います。しかし・・・
その風穴から吹き込んでくるとてつもない逆風もまた、覚悟しなければなりません。」ですか。

こえだ様

>すごいフィーバーでした。日曜日の昼のテレビってこればっかりだったような・・・
あれだけ個性が強ければ賛否両論でしょうが、それにしても亀田選手、強いですね。
自分を相当非難するコメントに対して(内心はわかりませんけど)感情的にもならず、淡々と受け答えしていて感心しました。

 たしかに度胸が据わってる感じがしましたよね。



 みなさまコメントありがとうございます。
 スミマセン、ちょっと夏風邪(爆)で体調クズしましてレス遅れおよびエントリー遅れしております。

kaioukaiou 2006/08/07 23:07 あらら・・・・夏風邪ひきましたか。お大事に養生してください〜

malmal 2006/08/08 09:30 おはようございます。夏風邪は〜(以下自粛...) 海とかプールとか行って遊んで疲れてオヘソ出して昼寝したとか?
因みに私はローストポーク状態です(爆)

ところで亀田興毅ですが彼は敬語を使えないんじゃなく、ボクサースイッチONの時は使わないんですよ、きっと。OFFの時は普通に気さくな兄ちゃん喋りになります。とはいえ敬語の使い方はヘタですが(笑) 素の喋りは聞いてて嫌味な感じはしないと思うんだけど。

antonianantonian 2006/08/08 10:25 皆様のコメントを読んでなるほどそういう世界なのかぁと。
まぁスポーツは先のサッカーのマテラッツィとジダンのごとく乱暴モノなおガキの世界なので倫理について問うのはどうもなぁとは思いますが、視聴者は「乱暴モノなおガキは天才のみ許される」という「分」を知る必要もありますね。亀田某が天才かどうかは知りませんが弱きゃただの馬鹿でしょうし、強ければ「おつむは軽いけど、強い」なキャラでよろしいかと。

で、世の中のお子様は夏風邪をひきながら律儀に返事を返す木走さんを見習ったほうが・・・。お大事に。

malmal 2006/08/08 12:58 ところで「プロボクシング」って、スポーツなんですかね? アマチュア系とかフィットネス系の格闘技ならスポーツでしょうが、プロ系格闘技は所詮は只の見世物だろう?、って思う自分が居ますが。(大相撲もネ)
また少なくともプロ系格闘技はどんなに弱くても乱暴者でなければ勤まらないでしょうから、弱けりゃ馬鹿、っていうのは違うかと。

kibashirikibashiri 2006/08/08 16:39 kaiou様

 ありがとうございます。この年になると治りが遅くて(苦笑

mal様

>。夏風邪は〜(以下自粛...)

 バカっていいたいのでしょ(笑

>因みに私はローストポーク状態です(爆)

 ガハハハハ

>ところで亀田興毅ですが彼は敬語を使えないんじゃなく、ボクサースイッチONの時は使わないんですよ、きっと。OFFの時は普通に気さくな兄ちゃん喋りになります。とはいえ敬語の使い方はヘタですが(笑) 素の喋りは聞いてて嫌味な感じはしないと思うんだけど。

 ふーん、そうなんですか。

>ところで「プロボクシング」って、スポーツなんですかね? アマチュア系とかフィットネス系の格闘技ならスポーツでしょうが、プロ系格闘技は所詮は只の見世物だろう?、って思う自分が居ますが。(大相撲もネ)

 まあプロレスもその昔力道山の頃は日本中がガチンコと信じてたみたいですけどね。

antonian様

>まぁスポーツは先のサッカーのマテラッツィとジダンのごとく乱暴モノなおガキの世界なので倫理について問うのはどうもなぁとは思いますが、視聴者は「乱暴モノなおガキは天才のみ許される」という「分」を知る必要もありますね。亀田某が天才かどうかは知りませんが弱きゃただの馬鹿でしょうし、強ければ「おつむは軽いけど、強い」なキャラでよろしいかと。

 「弱きゃただの馬鹿」って(苦笑

>で、世の中のお子様は夏風邪をひきながら律儀に返事を返す木走さんを見習ったほうが・・・。お大事に。

 ありがとうございます。どうやら直りつつあるようです(完治の判断がしづらいお年頃(苦笑))

ブレンドブレンド 2006/12/21 15:33 亀田興毅選手。ランダエタ選手に勝利!!
本当におめでとうございます!!!

qweqwe 2007/07/28 12:36 さて、明日は亀田祭り。アンチが多い亀田家ですが、私は予てから亀田家を
評価しております。
格闘技ファンやプロレスファンからすると、ボクシングってのはただ単に試合
をするだけの地味で退屈なイベントなわけですが、そこにド派手な革命を起こ
したのが亀田家なのですから。
こんなことを書くと善良なファンから非難を受けそうですが、我々は何が見た
くて格闘技観戦してるのでしょうか?
インタビューでの地味〜な受け答えを見ていて面白いですか?
「コンビネーションを練習してきたので、エヘヘ、今日の試合はそこらへんを
見てほしいっすね、エヘヘ」
こんなの見たくもないですよ。それと、客席を見渡せば、選手が昼間勤務して
いる会社の同僚たちが応援合戦しているようなスケールの小さい試合を見たい
ですか?そんなものは学芸会と変わらないでしょう。
従来であればマニアだけにしか知られないような、坂田や内藤のような選手が
脚光を浴びているのはまぎれもなく亀田家効果。ボクシングで選手同士がマスコミ
を介して言葉のキャッチボールをやってるなんて珍しいですよね。素晴らしいことですよ。
坂田と内藤にとってはまたと無いチャンスだと思うので、亀田家を踏み台にするつもり
でもっと世に出てほしいと思います。
一方の亀田家も、負けることを恐れずに暴言実行のスタイルを貫き通してほしいと思います。
負けたらそりゃあ大バッシングでしょうけれども、そこから始まるストーリーだってあるんです。
http://k1suicide.livedoor.biz/archives/51016598.html