木走日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-08-29 倫理綱領実践規程に違反しているマスメディアの世論調査報道

[]倫理綱領実践規程に違反しているマスメディアの世論調査報道〜「朝日RDD」方式って何なんだよ? 17:14



●なんともバラバラの結果でどれが本当なのかわからない大新聞の全国緊急世論調査(電話)〜安倍ちゃん好き嫌い度がそのまま公正なはずの「世論調査」の結果に反映しちゃっているわけですが(苦笑)

 さて27日夜から28日にかけて日本の大新聞・通信社5社は一斉に全国緊急世論調査(電話)による改造内閣支持率調査を実施したのであります。

【朝日】

改造内閣支持33%、不支持なお53% 本社世論調査

2007年08月28日22時48分

http://www.asahi.com/politics/update/0828/TKY200708280452.html

【読売】

改造内閣支持率44・2%、参院選後比12・5ポイント増

安倍改造内閣

(2007年8月28日21時27分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070828i313.htm

【毎日】

毎日新聞世論調査:内閣支持33%、不支持52%

毎日新聞 2007年8月29日 3時00分 (最終更新時間 8月29日 3時20分)

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070829k0000m010171000c.html

【産経(共同)】

安倍改造内閣、支持率40.5% 共同通信調査

(2007/08/28 19:09)

http://www.sankei.co.jp/seiji/shusho/070828/shs070828004.htm

【日経】

安倍内閣支持率41%、首相続投「反対」49%・日経世論調査

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20070829AT3S2802128082007.html

 余談ですが、緊急世論調査のときしばしば他紙から出遅れる産経新聞なのでありますが、今回も独自調査は間に合わず共同通信調査を転用いたしております。

 がんばれ、フジ・サンケイ、早く自前の保守本流「世論調査」の結果を出したまえ!(爆)

 ・・・

 それはともかく、各紙世論調査結果を内閣支持率高い順(不支持率低い順)に表でまとめてみました。

メディア支持率(前回比)不支持(前回比)
【読売】44.2%(+12.5)36.1%(−23.8)
【日経】41.0%(+13.0)40.0%(−23.0)
【共同】40.5%(+11.5)45.5%(−13.5)
【毎日】33.0%(+11.0)52.0%(−13.0)
【朝日】33.0%( +7.0)53.0%( −7.0)

 なんともバラバラな世論調査結果であります。

 まあいつもながらなのではありますが、なんともメディアごとに結果がバラバラでどれが本当なのかわからないのであります。

 ・・・

 それにしてもどうでしょう、この見事な結果は(苦笑)

 これですね、このまま各メディアの安倍内閣へのスタンス、安倍ちゃん好き嫌い度がそのまま公正なはずの「世論調査」の結果に反映しちゃっているようにも見えるわけですね。

 私たち読者としては、しっかりリテラシーしなければならないのは、【読売】【日経】ではご覧の通り支持が不支持を上回り、逆に【共同】【毎日】【朝日】では不支持が支持を上回っており、特定のメディア一紙の結果だけを頼っては世論の動向を見間違う可能性があることです。

 特に最高の支持率の【読売】と最低の支持率の【朝日】では、支持率で11.2ポイント、不支持率で17.1ポイントと、統計上の誤差では済まない大きな差が生じています。

 各紙の世論調査の調査方法および時期ですが、

【朝日】27日夜から28日夜にかけておこなった全国緊急世論調査(電話)

【読売】27日夜から28日にかけて、緊急全国世論調査(電話方式)

【毎日】27、28両日、電話による全国世論調査

【共同】27日夜から28日にかけて全国緊急電話世論調査

【日経】27―28日に実施した緊急世論調査

 同じ時期に同様な調査をしているはずなのになぜメディアによって、こんなにも結果が異なってしまうのでしょうか?

 

 今回は大新聞の全国緊急世論調査(電話)ってやつを徹底検証してみましょう。



●なぜ調査方法を明記しないのか〜明らかに倫理綱領実践規程に違反しているマスメディアの世論調査報道

 当ブログはメディア関係者も覗かれているようなので、まず各メディアに申し上げたいクレームがあります。

 かねがね思っていることなのですが、自社で行った世論調査であれ、通信社などの他社の世論調査を転用するのであれ、世論調査結果を記事として掲載するときには、最低限の調査方法(調査の目的、調査の依頼者と実施者の名称、母集団の概要、サンプリング・デザイン、標本数、調査の実施時期、データの収集方法、回収率、質問票など)の説明は是非明記していただきたいです。

 今回の記事では、電話による調査という事実以外は、調査方法の詳細や分母数(人数)すらまったくわからないのですが、これでは『日本世論調査協会倫理綱領実践規程』に違反しており、報道モラルに反しています。

 記事スペースの問題もあることは理解していますが、マスメディア各紙自らが法人会員にも入っている『日本世論調査協会』の倫理綱領実践規程に違反していることは明らかです。

 ルールは是非守っていただきたいのです。

財団法人 日本世論調査協会

http://wwwsoc.nii.ac.jp/japor/

 このサイトの『日本世論調査協会倫理綱領実践規程』によれば、「4.調査の報告書には、次の事項を明記しなければならない。」とあります

日本世論調査協会倫理綱領実践規程

(中略)

4.調査の報告書には、次の事項を明記しなければならない。

イ)調査の目的

ロ)調査の依頼者と実施者の名称

ハ)母集団の概要

ニ)サンプリング・デザイン

ホ)標本数

ヘ)調査の実施時期

ト)データの収集方法

チ)回収率

リ)質問票

 この実践規定は「調査の報告書」の規定であり、限られたスペースの報道記事にすべてを当てはめることは物理的に難しいのはよく承知していますが、少なくとも調査方法とハ)母集団の概要 ニ)サンプリング・デザイン ホ)標本数ぐらいは明記すべきです。

 ・・・

 今回は緊急ということもあってでしょうか、各社どの記事にも調査方法の詳細は説明されていないのですが、申し合わせでもあったのでしょうか、気持ち悪いです。

 毎回調査方法の詳細を載せることが難しいならば、少なくとも各紙のネットサイトで自分たちの世論調査の方法を説明しているページを用意すべきです。

 読者が調査方法を知る手段を用意してほしいのです。

 ぜひお願いいたします。

 ・・・



●RDD方式はわかるけど、なんでしょう、「朝日RDD」方式って(苦笑

 しかたがないので同様の世論調査をしている過去記事の中で調査方法を明記しているものから当該箇所を引用しましょう。

 読売の6月8日の記事から。

内閣支持率は急落、32・9%…読売世論調査

(中略)

 【調査方法】6月5日から7日まで実施。全国の有権者を対象にコンピューターで無作為に作成した番号に電話をかけるRDD方式。有権者在住世帯判明数1593件、有効回答数1035人、回答率65%。

(2007年6月8日2時7分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe6100/news/20070608i101.htm

 この記事でわかることは、読売では内閣支持率の調査においては「全国の有権者を対象にコンピューターで無作為に作成した番号に電話をかけるRDD方式」を採用していること、さらに「有効回答数1035人」とあり、おそらく回答1000人を目標値として調査を実行している点であります。

 このRDD方式ですが、内閣支持率調査に関しては他紙もほぼ同じ形式の調査でかつ有効回答数目標も1000人と調査規模も横並びであるようです。

 で、RDD方式とは、ランダム・デジット・ダイヤリング方式のことであり、RDS(ランダム・デジット・サンプリング)方式とも呼ばれています。

 以下のサイトの説明がとてもわかりやすいので失礼して引用ご紹介。

1.Random DigitSampling とは

 RDS(ランダム・デジット・サンプリング)とは、米国で先行導入された、電話調査におけるサンプリング手法のひとつです。これは、ある一定の法則に従って市外局番と市内局番の下に4桁の乱数をコンピューター上で構築して発信を行うもので、RDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)とも呼ばれます。

 米国においては、訪問調査法を採用しづらい環境があったことと、一般世帯への電話機普及が早い段階から進んだのに伴って、電話調査法が早くから調査の主流となっていました。その中で、RDSによる調査は、今までの訪問割当法に縛られていた調査法からランダムサンプリングを実現させる画期的手法として調査学会に強い衝撃を与えたのです。当時は、オートダイヤル(注1)を行うマシンがなかったため、手動で発信して調査をするほどこの調査法への意気込みは強く、ハリスやギャラップもこの当時から採用していたようです。

 現在は、RDS調査に限ったことではないのですが、米国内での電話に対するモラルやプライバシーが社会的に問題となり過敏になっているため、電話調査を行っている各調査機関も州規制の動向をとらえながら、慎重に進めているのが現状です。

 日本においても、米国と同じくランダム・サンプリングへの追求から電話番号を乱数で構築するRDSの研究が開始されており、1996年7月に国内で初めて毎日新聞社の全国世論調査にRDS調査が採用されました。その後、1999年4月の東京都知事選挙において朝日新聞、東京新聞がそれぞれ同手法を採用しました。

(筆者は1992年から研究を開始し、全国電話番号構成の調査と番号構築の方法・オペレーション技術に関する導入実験を経て、 1993年末に通信ネットワーク商品の認知度調査に初めて採用した)

(注1)調査員が手動でダイヤルするのではなく、システムが自動的に発信して相手につなげるもの

Researcher情報交流街 より抜粋引用

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/7166/rds/rds_p1.htm

 早い話が乱数をコンピューター上で構築して出鱈目のしかし存在する誰かの電話番号を次々と発生させて電話調査を行うって方法なのであります。

 これだと安上がりで無作為な抽出が出来るのでありますよね。

 で、朝日の7月27日の記事から。

調査と推計の方法

2007年07月27日

 全国の選挙区で24、25の両日、コンピューターで無作為に電話番号をつくる「朝日RDD」方式で情勢調査をした。対象者の選び方は無作為3段抽出法。回答者の目標数は改選数1の選挙区1000人、改選数2の選挙区1000〜1200人、改選数3、5の選挙区1500人。

 電話番号サンプルのうち、有権者のいる家庭にかかったのは全国で計8万2760件、うち5万1944人から有効回答を得た。回答率は63%。

 選挙区では、調査で得られた支持率から統計学的な方法で得票率を推計し、さらに各候補者の支持の内訳を分析して候補者の強弱を判別し、当選確率を算出した。

 比例区では、党派別支持率と候補者支持率から、選挙区単位で党派別の得票率を推計し、これを積み上げて全国の推計得票率とした。誤差幅を見込んでドント式のシミュレーションをし、獲得議席を推計した。

 選挙区、比例区とも調査データに本社取材網による情報を加え、総合的に分析した。

http://www2.asahi.com/senkyo2007/special/TKY200707260479.html

 これは今回の参院選の獲得議席予測を朝日が行った際の「調査と推計の方法」の説明記事でありますが、朝日は「コンピューターで無作為に電話番号をつくる「朝日RDD」方式で情勢調査」したとあります。

 ところで、なんなんでしょう、「朝日RDD」方式って(苦笑

 ・・・

 やれやれまったく朝日ときたら統計解析にまで独自に「朝日」ブランド付けるのか(苦笑



●「朝日RDD方式」:800万朝日新聞読者に限定した抽出方法には批判もある〜ジャーナリスト古澤襄氏のメルマガより

 この「朝日RDD」方式ですが、上記記事によれば「対象者の選び方は無作為3段抽出法」とあり、通常のRDD方式なら無作為2段抽出法が多く採用されているのでありますが、他紙より抽出が1段多いところが朝日らしいというか朝日臭いのです(苦笑)

 さて、ネット上でいくら調べても「朝日RDD」方式の統計学的説明をおさえることができないのであります(どなたかURL等情報提供希望します)が、ジャーナリストの古澤襄氏がメルマガで貴重な発言をされていました。

 失礼して当該箇所を抜粋してご紹介。

(前略)

 1980年代ごろからRDD方式という電話世論調査が日本に入ってきた。いち早く飛びついたのは朝日新聞。RDDとはRandom Digit Dialing (乱数番号法)の略で、コンピューターが不作為に固定電話番号を抽出してくれる。

あとは電話で調査票に答えて貰えば良い。手間も省けるし、カネもかからないとあって、爆発的にRDD方式が世論調査の主流となった。

RDD方式の良い点は、電話帳に掲載されていない番号までコンピューターが選んでくれることであろう。従来方式では電話帳に番号を掲載しない人々が、調査対象からもれてしまうので、全国の「有権者の縮図」としては不適切という欠点があった。

ついでながら朝日新聞は「朝日RDD方式」をとっているが、800万読者に限定した抽出方法には批判もある。

(後略)

http://www.melma.com/backnumber_108241_2280065/

 なんだと、「ついでながら朝日新聞は「朝日RDD方式」をとっているが、800万読者に限定した抽出方法には批判もある。」ですと。

 もしかして他紙より抽出が1段多いのって朝日新聞「読者に限定」してんのか!?(驚

 ・・・

 ただ乱数だけの電話番号では地域が偏ったり、性別や職業などの属性が偏ったりしてしまうので、各紙はRDD方式を用いるときには、人口密度やいろいろな条件を反映すべくそれぞれ工夫して抽出しているのであります。

 別に朝日だけではなく他紙の抽出方法も不明なことは不明なのでありますが、しかし「朝日RDD方式」がもし古澤襄氏ご指摘の今も朝日読者限定調査だとしたら、これはこれで驚きなのであります。



●各メディアは世論調査の調査方法を情報開示せよ

 「RDD方式」だか「朝日RDD方式」だか知りませんが、各メディアはどうか世論調査の調査方法を情報開示してほしいです。

 毎回毎回ここまで世論調査の結果が異なるのはどうみてもおかしいですし、だいたい安倍大嫌いな朝日新聞が電話でおそらく安倍大嫌いな読者が多いだろう朝日新聞読者に「朝日新聞ですがあなたは今回の安倍改造内閣を支持しますか」なんて聞いたならば、結果に偏りが出てしまってもしょうがありますまい。

 そもそも「朝日新聞読者の声」が「国民の声」を代表している保証などまったくないのであります。

 ・・・

 さきに紹介した日本世論調査協会は「世論調査・市場調査は明るい社会の羅針盤」 と唱えています。

 そのためにも日本世論調査協会は、マスメディアなどの法人会員に厳しく『倫理綱領実践規程』を定めその遵守を義務付けています。

 世論調査などの結果を報告するときには、その調査方法を明記しなければならない、

 と、上述のとおりはっきり義務付けているのです。

 大新聞はなぜ調査方法を明記しないのか?

 明らかに倫理綱領実践規程に違反しているマスメディアの世論調査報道なのであります。

 ・・・

 それにしても、「朝日RDD方式」って何なんだよ(苦笑)



(木走まさみず)

chengguangchengguang 2007/08/29 20:07 新聞や雑誌に載るこの手の統計は、殆どが質問内容を公開していないので、幾らでも恣意的な質問を行い、期待する回答を求めることが出来る、との見方で眺め、それ以上の関心は持っていませんでした。日本世論調査協会が存在し、書かれているような倫理規定を定めていることは全く知りませんでした。この間も某新聞社の勧誘員が殺人容疑で逮捕されましたが、個人ではなく新聞の社会自体が倫理なき社会だったのですね。

chengguangchengguang 2007/08/29 20:48 正しくは新聞『拡張員』です。『勧誘員』とは組織が異なるようですので、訂正します。

のりぞうのりぞう 2007/08/29 22:23 テレビのニュースとかでも「インターネットのホームページで募集したアンケートによると…」とか「回収率は30%でした」とかいうウンコ調査を平気でニュースで流すもんなあ。いくらなんでもひどすぎ。

gryphongryphon 2007/08/29 23:22 一応、新聞の傾向と支持率の多い少ないに相関がある(笑)のは、結局「アンケートに答える」
際にバイアスがかかりやすいようです。
端的にいうと、朝日嫌いの人に朝日から調査の電話がかかって来たら「朝日?わしゃ朝日好かん!!」→ガシャン、となるし、読売の調査でもそれは同様。
そうすると「朝日嫌い≒安倍支持者」「読売嫌い≒安倍批判者」という傾向が仮にあったら(仮にじゃないでしょうが)、その人の分だけ反映されずに差がつく・・・ということ(が有力な説)のようです。

gryphongryphon 2007/08/29 23:30 スペースの都合で綱領に掲げた項目を明記できないなら、それこそネットと連動してサイトに掲載すればいいんですよねえ。

gryphonさまへgryphonさまへ 2007/08/30 00:07 確かにその説には説得力を感じます。勉強になりました。

サルガッソーサルガッソー 2007/08/30 14:44 アンケートのバイアスに関しては他にも手法があって新書などでも取り上げられていますね。
特定の回答に誘導するような質問票の作り方がテクニックとして存在します。
それ以前に昼間にいきなり電話かかってきて質問に答られる人間って偏ってないですか?w

創価の犬創価の犬 2007/08/30 20:03 社内アンケートだとばかり思っていたので、朝日を少し見直しました。w

amakaraamakara 2007/08/30 20:08  恒例の4、5月の憲法の世論調査では朝日新聞で「改憲賛成」が58%で前回から上昇傾向、読売は46%と減少傾向でした。このように、新聞の論調と世論調査の結果が一致しているとは必ずしもいえないのです。もちろん朝日が調査を読者に限定しているなんてことは決してありません。

RDD法にはいろいろ問題点もありますが、電話に名前を出さない人が急増するなかで、導入は必要な措置だったといえるでしょう。安易に新聞の陰謀を言うのは考えものです。

みきおみきお 2007/08/30 20:46 このエントリーの「各メディアは世論調査の調査方法を情報開示せよ」に同感です。

>amakaraさん

>安易に新聞の陰謀を言うのは考えものです。

 この記事のどこが陰謀論なのか理解に苦しみます。メディア側が「倫理綱領実践規程」に違反したまま調査方法を開示せず安直に世論調査報道を垂れ流すことを批判しているだけではないですか。正確な調査情報を開示しないメディアの閉鎖的体質こそ問題だと思います。

>もちろん朝日が調査を読者に限定しているなんてことは決してありません。

 ならばその事実をメディアが読者・国民にルール通り明示してくれれば済む話だと思うのです。もし朝日がちゃんと義務を履行して「朝日RDD」の資料ソースを提示してくれれば、それで済む話ではないでしょうか。

tatu99tatu99 2007/08/31 09:53 アカピの調査数字こそが朝日新聞がそのまま偏った人間にしか支持されない事の証明。

少なくとも新商品発売に当たっての予測調査には使えない。(笑)

TiakiTiaki 2007/08/31 13:01 うーん・・
これは赤色の服を着ている人に「何色が好きですか」と聞くのと同じことじゃないんですかね。(笑
朝日を擁護する意見もあるのでしょうが、常日頃からの報道姿勢をみると実に胡散臭く思えますけど。

rice_showerrice_shower 2007/09/01 12:49 あのですね。 朝日だか朝潮だか知らんが、統計の取り方以前に、統計学上のsampling error(標準誤差)に言及して下さいな。
数学音痴だから数字を示せないのが悔しいのだが、この程度のsampling数なら3、4%の標準誤差がある筈で、同じやり方で再調査した場合、毎日、朝日の不支持率が50%以下になる可能性があると言う事です。 小数点1以下を表示することが、全くもって無意味であること言う事です。
電話世論調査は何だかんだで30分くらい掛るそうです。 朝日の読者が読売の為に30分の時間を割くわけが無い。 結果、朝日の世論調査は朝日の、サンケイの世論調査はサンケイの読者しか時間と労力を割かない。 ただ、それだけのこと。

nanaonanao 2007/09/02 13:39 外国のマスメディアだと、ブッシュを支持しますか?Yes or No としか質問されない。
Yes or No で統計調査しているならサンプル1000の電話調査で10%も誤差は出ない。

日本では、格差問題が〜、集団的自衛権が〜、などの『誘導項目』の後で安倍を支持しますか?と質問する。
回答選択肢も、支持する、どちらかといえば支持する、どちらかといえば支持しない、支持しない、というようにワザと調査精度が落ちるようにしている。
実際に日本のマスメディアによる社会調査は統計調査としては学術的価値が認められていない。

pockeypockey 2007/09/04 00:56 全数調査ではなくサンプリング調査から統計学的手法で支持率を決めているなら、必ず誤差の範囲は分かっているはずです。
もし支持率の推移についてグラフを書くとすると、誤差の範囲を含めたグラフになるので誤差上限と誤差下限の間を塗りつぶしたかなり太い線になるはずなのに、どのような手法で求めたかを明らかにしない代表値のみをプロットして細い線で結んだグラフに何の意味もありません。
ましてや誤差を考慮しない代表値を細い線で結んだグラフによって政党間の支持率を比較できるようなものではないでしょう。

まったくwまったくw 2007/09/05 02:25 世論調査総合スレッド60
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1188739023/249-254

続き続き 2007/09/05 02:41 278 名前:無党派さん[sage] 投稿日:2007/09/04(火) 15:47:35 ID:HhXwuusO
念のために注釈しておくと、本紙記事の全てを
WEB上に必ずしも全部転載するわけではない、ということね。
WEB上記事が尻切れなことが多いのはそのため。

それから、朝日の縮刷版でも図書館に行って調べればよい。
世論調査の調査件数はきちんと書いてあるはず。

279 名前:無党派さん[] 投稿日:2007/09/04(火) 15:56:24 ID:MpkRo1ds
統計学をも否定する木走なにがしは
さぞかし高度な学問を修得なさっているのでしょう。

K 2007/09/05 12:44 「行動計量学」第29巻 第1号(2002年3月)に,『特集「電話調査の精度」』として,読売・毎日・朝日の各新聞社が行った参院選情勢調査についての論文が載っています。朝日新聞社の担当者が,RDD調査について書いているようです。以前はJ-STAGEにpdfが掲載されていたのですが,もう5年前になるせいか,削除されていました。(読んだことはあるのですが,当時の自分の知りたかったことと合わなかったため,内容は忘れてしまいました。)

ポカーン(呆れた)ポカーン(呆れた) 2007/09/05 14:09 263 名前:無党派さん[sage] 投稿日:2007/09/04(火) 11:16:30 ID:4lxPRPKY
AkiUxb1zは、本人か?
調査方法なんて本紙を読めばどの新聞社だって公開されてるだろ
それを知らないなんてネット以外の世界を知らないとしか思えんよ

277 名前:無党派さん[sage] 投稿日:2007/09/04(火) 15:41:02 ID:HhXwuusO
まずここからおかしい。
>新聞の記事に明記してあるならインターネットにもその旨が公開されているはず

本紙記事とインターネット上の記事が一致して無いことなんていくらでもある。

282 名前:無党派さん[sage] 投稿日:2007/09/04(火) 16:54:29 ID:U507OnwF
最近、ネットで調べて(=ぐぐって)出なかった=そういう事実はない、みたいに書く人、結構いるよなぁ。。。

284 名前:無党派さん[sage] 投稿日:2007/09/04(火) 18:27:33 ID:13Ov4ZjA
>>282
それはまだマシなほうで、自分が知らないこと=そういう事実はない、みたいな人も結構いるよ。

350 名前:無党派さん[] 投稿日:2007/09/05(水) 05:43:33 ID:pQRu7R76
世論調査に関する情報

最低限の調査方法(調査の目的、調査の依頼者と実施者の名称、
母集団の概要、サンプリング・デザイン、標本数、
調査の実施時期、データの収集方法、回収率、質問票など)

があるのなら、ここに書いてくれ。

351 名前:無党派さん[sage] 投稿日:2007/09/05(水) 07:05:22 ID:K5sQkDf5
自分で調べて下さい^^

352 名前:無党派さん[] 投稿日:2007/09/05(水) 07:21:42 ID:lQ0t9dNc
マスゾエはパフォーマーとしては優秀だが、先走りで言動と実際の政策
や内閣の方針と齟齬が出てくるんじゃないかと思う。
民主党としては罠を仕掛けてボロを出させればいいので、意外にちょろ
いんじゃないかな。

>>350
唐突で意味不明だな
昨日のバカウヨさん?

353 名前:無党派さん[sage暇つぶしにツッコんでみる] 投稿日:2007/09/05(水) 07:24:39 ID:xAv4aXIq
>>352
バカか利巧かと言う事と
ウヨかサヨかという事に関連性はないよ

354 名前:無党派さん[sage] 投稿日:2007/09/05(水) 07:25:17 ID:6RD6DhGc
>>353
じゃあバカさん?

355 名前:353[] 投稿日:2007/09/05(水) 07:26:58 ID:xAv4aXIq
志村〜
目欄!目欄!
てか漏れは>>350ではないよ
orz

なにげに…なにげに… 2007/09/19 02:39 選挙前に一度かかってきた事があります。支持する政党=自民、安倍政権を支持するか=イエス、等々、いわば右派的答えを連答してたら、いきなりブツッと切れましたがw
あの終わり方は絶対におかしいと思うのだが。。。
いらん解答は、途中できられるっぽい。

     2007/10/02 21:41 昔は「紙面には限りがあるから」って仔細説明逃げてたんですが今はもう無理ですよねぇ(棒読み