木走日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-03-25 国連「先住民族の権利に関する宣言」に世界で4カ国だけ反対していた

[]国連「先住民族の権利に関する宣言」に世界で4カ国だけ反対していた国々 16:31



●「先住民族でないなら私たちは何なんでしょうか」首都圏のアイヌの人々が署名集め〜朝日新聞

 朝日新聞電子版記事から。

「先住民族と認めて」 首都圏のアイヌの人々が署名集め

2008年03月24日00時04分

 アイヌ民族を日本の先住民族として認めるよう政府に要望するため、首都圏に暮らすアイヌの人びとでつくる「アイヌウタリ連絡会」(丸子美記子代表)のメンバー約30人が23日、手縫いの刺繍(ししゅう)を施した「アミップ」(民族衣装)を着て、東京・有楽町の街頭で署名集めをした。

 国連は昨年9月の総会で「先住民族の権利に関する宣言」を採択。だが、宣言に賛成した日本政府の動きが鈍いことから街頭活動にのり出した。

 首都圏に住むアイヌは約1万人と推定されるが、差別体験から隠して暮らす人が少なくないという。千葉県の村上恵さん(23)は「政府が認めないため、アイヌがアイヌであることを堂々と語れない。先住民族でないなら私たちは何なんでしょうか」と話した。

 会では、北海道・洞爺湖(とうやこ)での7月のG8サミットに向けて政府や国会議員への働きかけも強める方針だ。

http://www.asahi.com/national/update/0323/TKY200803230259.html

 うーむ、そうですか、「首都圏に住むアイヌは約1万人と推定」とは不勉強にも知りませんでしたが、日本政府はアイヌ民族を日本の先住民族として認めていないそうなのですが、この記事にある村上恵さんの発言は重いです。

 「先住民族でないなら私たちは何なんでしょうか」

 いや、おっしゃるとおり、アイヌ民族を日本の先住民族として認めない日本人なんていないでしょう、私は勉強不足でこの方たちが日本の先住民族として認めるよう政府に要望する目的の詳細は存じませんが、そうか、チベット騒乱で少数民族チベット族の権利の問題が世界的に注目されている中で、日本にも少数民族を有していたことは、私たち日本人は自覚しなければならないですよね。

 私は勉強不足でもあり、このアイヌの方々の主張については、語ることができませんが、彼らが自分たちの土地や言語、文化を抑圧され取り上げられてきた史実は日本政府として重く受け止めてほしいです。

 ・・・

 この問題、不肖・木走は不勉強なこともあり、アイヌの人々の権利について語ることは他のまじめなブログにお任せするしかありません。

 で、当ブログとしては、例によって思いっきり脱線して、この記事にある昨年9月の国連総会で採択された「先住民族の権利に関する宣言」について、気になる世界各国の投票行動を徹底的に検証してみましょう。



●各国の投票行為を国連公式サイトで調べて見る

 国連公式サイトで調べたらありました、「先住民族の権利に関する宣言」が採択されたのは昨年の9月13日なのであります。

UNITED NATIONS DECLARATION ON

THE RIGHTS OF INDIGENOUS PEOPLES

Adopted by the General Assembly 13 September 2007

The Declaration on the Rights of Indigenous Peoples was aopted by the General Assembly on Thursday September 13, by a vote of 144 in favour, 4 against and 11 abstensions.

United Nations Declaration on the Rights of Indigenous Peoples (A/RES/61/295)

http://www.un.org/esa/socdev/unpfii/en/declaration.html

 それにしても"by a vote of 144 in favour, 4 against and 11 abstensions."はすごいですね、賛成144票、反対わずか4票、棄権11票、圧倒的多数の国の支持を集めての採択なのであります。

 フフフ、"4 against"ね、絶対「先住民族の権利に関する宣言」なんか反対だい、って144票という大賛成票の中、棄権するでもなく堂々と反対した国はどことどこなのか、がぜん興味が沸いてきましたですね。

 もし、中国が反対としていたならば、ある意味一貫性があって、それはそれで立派(?)とも言えましょう(苦笑)

 で、国連サイトのこのページの後ろの方で各国の投票行為の詳細が載っております。

http://www.un.org/News/Press/docs//2007/ga10612.doc.htm

 まず、賛成国。

In favour: Afghanistan, Albania, Algeria, Andorra, Angola, Antigua and Barbuda, Argentina, Armenia, Austria, Bahamas, Bahrain, Barbados, Belarus, Belgium, Belize, Benin, Bolivia, Bosnia and Herzegovina, Botswana, Brazil, Brunei Darussalam, Bulgaria, Burkina Faso, Cambodia, Cameroon, Cape Verde, Central African Republic, Chile, China, Comoros, Congo, Costa Rica, Croatia, Cuba, Cyprus, Czech Republic, Democratic People’s Republic of Korea, Democratic Republic of the Congo, Denmark, Djibouti, Dominica, Dominican Republic, Ecuador, Egypt, El Salvador, Estonia, Finland, France, Gabon, Germany, Ghana, Greece, Guatemala, Guinea, Guyana, Haiti, Honduras, Hungary, Iceland, India, Indonesia, Iran, Iraq, Ireland, Italy, Jamaica, Japan, Jordan, Kazakhstan, Kuwait, Lao People’s Democratic Republic, Latvia, Lebanon, Lesotho, Liberia, Libya, Liechtenstein, Lithuania, Luxembourg, Madagascar, Malawi, Malaysia, Maldives, Mali, Malta, Mauritius, Mexico, Micronesia (Federated States of), Moldova, Monaco, Mongolia, Mozambique, Myanmar, Namibia, Nepal, Netherlands, Nicaragua, Niger, Norway, Oman, Pakistan, Panama, Paraguay, Peru, Philippines, Poland, Portugal, Qatar, Republic of Korea, Saint Lucia, Saint Vincent and the Grenadines, San Marino, Saudi Arabia, Senegal, Serbia, Sierra Leone, Singapore, Slovakia, Slovenia, South Africa, Spain, Sri Lanka, Sudan, Suriname, Swaziland, Sweden, Switzerland, Syria, Thailand, The former Yugoslav Republic of Macedonia, Timor-Leste, Trinidad and Tobago, Tunisia, Turkey, United Arab Emirates, United Kingdom, United Republic of Tanzania, Uruguay, Venezuela, Viet Nam, Yemen, Zambia, Zimbabwe.

 あら"China"ですと!?

 ええええ、中国は「先住民族の権利に関する宣言」に賛成してたのですか。

 ・・・(驚

 ・・・(汗

 うーむ。

 じゃあ、反対の4カ国ってどこの国なんでしょう。

Against: Australia, Canada, New Zealand, United States.

 ・・・(沈黙

 ・・・(ゴシゴシ

 オーストラリアにカナダにニュージーランドにアメリカ合衆国ですか・・・

 これって、全て大英帝国を宗主国とした大英連邦構成国、旧植民地のアングロサクソン白人国家じゃないですか。

 全て先住民族の土地を追い出す形で勝手に白人がやってきて国家をつくっちゃった所ですよね。

 そうか、ある意味すごい正直な投票結果だったのか・・・

 ・・・

 「先住民族の権利に関する宣言」に、世界中でたった4カ国だけ反対に回った、豪・加・米・ニュージーランド旧大英連邦アングロサクソン同盟なのであります。

 うーん、ちょっと驚いたなあ。



(木走まさみず)

のあのあ 2008/03/25 17:11 最後から二つ目の太字がオーストリアになってますよー

オーストラリアのアボリジニへの対応は酷いことで有名ですからね……
強制的に養子に出して血・文化を薄めていく、とか今のチベット並みの酷い境遇でしょう
中国みたいに上っ面だけ取り繕うのも問題ですが、オーストラリアみたいに開き直るのもなぁと感じました

kibashirikibashiri 2008/03/25 17:15 のあ様

 さっそくの指摘感謝です。訂正いたしました。

>オーストラリアのアボリジニへの対応は酷いことで有名ですからね

 そうですね、そう言えば今気付きましたがこの4カ国って熱烈な反捕鯨国でもありますねえ。

iireiiirei 2008/03/25 20:10 なるほど、WASP(white,anglosaxon,protestant?)の連中は、反捕鯨国連合を作っているわけですね。
 あらかた、「知能が高いクジラは保護しろ」とは言っても、「知能の劣った民族は差別されてしかるべき」だとの考え方をするのでしょうね、この連中。

まさまさ 2008/03/25 21:00 パレスチナ人を追うように入植してきたシオニストの
イスラエルは棄権か投票不参加か?

tsukasatsukasa 2008/03/26 02:00 アイヌが先住民族であることは裁判所が認定してるし、そのうえで少数民族として法制化もされてるのですが。

二風谷ダム裁判判決文
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/5596/right.htm#28

アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する知識の普及及び啓発に関する法律
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H09/H09HO052.html

二風谷ダム訴訟に関わり、アイヌ文化新興法制定に参院議員として尽力したのはアイヌの萱野茂先生で、史上初のアイヌ語による国会質問もしてりわけですが。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/131/1020/13111241020007c.html

萱野先生に失礼じゃないかなあ。

kibashirikibashiri 2008/03/26 09:25 iirei様

>「知能が高いクジラは保護しろ」とは言っても、「知能の劣った民族は差別されてしかるべき」だとの考え方をするのでしょうね、この連中。

 彼らにとって「クジラ」も「先住民族」も自分たちとは関係のない鑑賞対象ということなのでしょうか。

まさ様

>イスラエルは棄権か投票不参加か?
はい、上記国連サイトで見るとIsraelは欠席(Absent)のようですね。

tsukasa様

>アイヌが先住民族であることは裁判所が認定してるし、そのうえで少数民族として法制化もされてるのですが。

 おお貴重な情報提供ありがとうございます。なるほど、確かに日本政府としては先住民族としてアイヌを既に認定しているのか。だとすると、彼女たちの訴えの目的は国連宣言を受けての「宣言に賛成した日本政府の動きが鈍い」ための、さらなる現状の改善にあると考えられますかね。

 みなさま、貴重なご意見ありがとうございます。

the48the48 2008/03/26 09:56 出張ついでにモントリオールの歴史博物館に行った事があります。
地元の中学生くらいが団体で来ておりました。
紹介の短い映画も展示品もそうなんですが石器時代から中世までの間が全くありません。
竪穴住居の復元モデルと交易船・初代行政政府がメインのようでした。
こんな歴史を学んで違和感ないんでしょうかねぇ?

mutsudewaezomutsudewaezo 2008/03/26 10:51 トラックバックしている方のブログに詳しくかかれていますが、痛いニュースの連中は、旧土人保護法がつい最近まであったのすら知らないんでしょうね。
少しでも旧革新系・リベラル・朝日岩波関係の事象を支持したり(今回の旧土人保護法が廃止されたのも旧社会党から比例代表で国会議員に出馬したアイヌ<ウタリ>族出身の萱野茂氏が当選することによってやっと廃止された(政府は事実上土人保護法をそのままに問題を放置)のに、その記事を見た感想がゆとり・サヨク呼ばわりですから、正直なトコロ自分の気に食わない・少しでも旧革新系・リベラル・朝日岩波系・ハト派系と思える記事に対するバッシングを見ると、少し心配になってしまいます。
mixiですら、加藤紘一の放火事件にたいして天罰・慶事と喜んで書いている連中が少なからずいたほどですし…。

tatu99tatu99 2008/03/26 15:02 アングロサクソン4カ国の反対姿勢が解りません。
どうせ国連では「先住民族のささやかな権利を認めよ」レベルと解釈します、「全面的に先住民族の権利を認めて白人はすべて出て行け黒人も」ではないんですけどね。
朝日は二枚舌です、日本人の感覚ではアイヌを先住民族として尊重しているし何を言いたいのか。
日本列島の先住民族縄文人アイヌ人の権利をいささかでも侵す惧れのある特亜三国人の不法入国反対が常識的です。

toorisugaritoorisugari 2008/03/26 18:32 the48さま、モントリーオールの博物館はどちらかといえばモントリーオールについての歴史なので、オタワにもっと詳しい博物館がありますよ。
http://www.civilization.ca/visit/indexe.aspx
カナダは独自の考えでネイティブカナディアンの人権保護法を持っていると思います。アメリカでもネイティブアメリカンの小さな自治地区があり、そこはきちんと整備もされていて彼らの文化にも多く触れる事ができます。
四カ国の選択について、国連の提案に関して安易に同意しないという選択肢があってもいいのかなと考えます。
tukasaさまの意見、とても貴重ですね。興味があったところなので参照させていただきます。

hokuto-heihokuto-hei 2008/03/26 21:53 まあオーストラリアの白人て、タスマニア島のアボリジニをハンティングの獲物として狩り尽くした連中の子孫だからね。

nanashinanashi 2008/03/26 22:50 カナダとニュージーランドって、実は先住民保護の最先端国とも言われてるんですよ。
カナダではエスキモー(現在はイヌイットと呼称)、インディアン、およびインディアンとの混血である
メティスを憲法により「ファーストネーションズ」と規定し、民族の固有性や権利を認めています。
ニュージーランドのマオリ族なんて、先住民権運動に対し最も先進的な民族と言われてますし
実際には差別も社会格差もあるし、まだまだ未整備な部分もあるんですが、要は独自路線でそれ
なりに進んだ政策をとっているから、「先住民族の権利に関する宣言」との兼ね合いで話をややこしく
するのは避けたいってことなんでしょうね。

tsukasatsukasa 2008/03/27 02:26 アイヌ文化振興法には「先住民族」ではなく「民族」と表記されていますが、同法の附帯決議に、アイヌの人々の先住性が歴史的事実であるとされています。
このあたりは、どうも法制定をめぐるひとつの落とし所のようです。

日本政府は国会で「そもそも宣言に先住民族の定義がないので、アイヌ民族が宣言の対象となるのか判断できない状況」と答弁してます。
どうも宣言にある先住民族の自決権・自治権や資源の権利などが問題になるのでしょう。

kibashirikibashiri 2008/03/27 08:38 the48様

>紹介の短い映画も展示品もそうなんですが石器時代から中世までの間が全くありません。

 うむ、先住民族の歴史は「石器時代」のままだと言いたいのでしょうか。

mutsudewaezo様

>トラックバックしている方のブログに詳しくかかれていますが、痛いニュースの連中は、旧土人保護法がつい最近まであったのすら知らないんでしょうね。

 「旧土人保護法」は最近の教科書では取り上げられていないのでしょうか。

>少しでも旧革新系・リベラル・朝日岩波系・ハト派系と思える記事に対するバッシングを見ると、少し心配になってしまいます。

 言論に対しは言論で批判するべきですよね、感情的なバッシングは感心できません。

tatu99様

>どうせ国連では「先住民族のささやかな権利を認めよ」レベルと解釈します、「全面的に先住民族の権利を認めて白人はすべて出て行け黒人も」ではないんですけどね。

 はい、法的拘束力は無いようですね。

>朝日は二枚舌です、日本人の感覚ではアイヌを先住民族として尊重しているし何を言いたいのか。

 ミスリードのそしりはまぬがれないですね。

toorisugari様

 おお貴重な情報ありがとうございます。

>カナダは独自の考えでネイティブカナディアンの人権保護法を持っていると思います。アメリカでもネイティブアメリカンの小さな自治地区があり、そこはきちんと整備もされていて彼らの文化にも多く触れる事ができます。

 うむ、なるほど、しっかり整備しておるのか。

>四カ国の選択について、国連の提案に関して安易に同意しないという選択肢があってもいいのかなと考えます。

 興味深いご指摘です。

hokuto-hei様

>まあオーストラリアの白人て、タスマニア島のアボリジニをハンティングの獲物として狩り尽くした連中の子孫だからね。

 「アボリジニをハンティング」ですか、おぞましいことです。

nanashi様

>カナダとニュージーランドって、実は先住民保護の最先端国とも言われてるんですよ。
>カナダではエスキモー(現在はイヌイットと呼称)、インディアン、およびインディアンとの混血であるメティスを憲法により「ファーストネーションズ」と規定し、民族の固有性や権利を認めています。
>ニュージーランドのマオリ族なんて、先住民権運動に対し最も先進的な民族と言われてますし実際には差別も社会格差もあるし、まだまだ未整備な部分もあるんですが、要は独自路線でそれなりに進んだ政策をとっているから、「先住民族の権利に関する宣言」との兼ね合いで話をややこしくするのは避けたいってことなんでしょうね。

 なるほど「独自路線でそれなりに進んだ政策をとっている」わけか、うむ、考えさせられますです。

tsukasa様

>どうも宣言にある先住民族の自決権・自治権や資源の権利などが問題になるのでしょう。

 うむ、土地の所有権や自治権を主張しているとすれば、日本政府側も迂闊な対応はとりづらいのでしょうか。



 みなさま、考えさせられる深い考察やご意見や情報提供、ありがとうございます。