木走日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-03-23 小沢氏副幹事長解任撤回で梯子を外された小沢支持者達

[]ビルゲイツを有料電子版販促に使う日経の姑息さ〜こんな商魂見せるなら購読料もっと下げなさいってば(苦笑) 13:02



 なんか今日から運用が始まった有料日経電子版ですが、メディアヲッチャーを自称する不肖・木走を挑発するような日経のビジネス戦術には呆れつつも拍手を送りたいです。(←なんのこっちゃ?)

 何を言ってるかと言えば、この日経スクープ記事のことです、23日付け日経新聞紙面トップ記事から。

ゲイツ氏、東芝と次世代原発〜低コストで100年運転共同開発

私財数千億円投入も

 米マイクロソフト創業者で会長のビル・ゲイツ氏は東芝と組み、次世代原子炉の開発に乗り出す。同氏が資金支援する米原子力ベンチャーが開発中の新型炉に東芝の技術を融合、核燃料を交換せずに最長100年間の連続運転を実現できるという。同氏は実用化に向け私財を投じる考えで、その額は数千億円規模に膨らむ可能性がある。温暖化防止のために原発建設の機運が世界的に高まるなか、新たな連合の誕生は業界勢力図に影響を与えそうだ。

日本経済新聞 2010年3月23日 1面トップ記事 より

 なんと、あの個人資産5兆円超のビル・ゲイツ氏が東芝と組んで夢の100年原発を開発するために数千億規模の個人資産を投じるという日経ひさしぶりのメガトンスクープ記事なのであります。

 「核燃料を交換せずに最長100年間の連続運転を実現」とはすごい技術です、これが実現できれば新興国などこれから原発需要が見込まれる中でゲイツ氏の新たなビジネスチャレンジが世界規模で展開されるかも知れませんね。

 すばらしい。

 もっと続報や詳細が知りたいですね。

 と、思ったら記事の右下に小さな囲みがありました。

「電子版(http://www.nikkei.com/)」には、このニュースの舞台裏を描いた特集記事も掲載しています。

 くそ、最初の1ヶ月は無料だし、特集記事見たくて電子版の登録をしてしまいました(苦笑

 ・・・

 だがしかしです。

 今日の日経紙面1面の記事構成はうんざりするほど恣意的に読者をある方向に誘導している点でメディアリテラシーを学習している学徒達の教科書に載せる価値がありますな。

 何を言っているかというとですね、1面トップのこのスクープ記事の左には、本日創刊の日経電子版の記事が大きく併記されているわけです。

日経電子版創刊しました〜多彩なコンテンツ 機能も充実

 日本経済新聞社23日、インターネット上で提供する「日本経済新聞電子版(Web刊、写真はテスト画面)を創刊しました。既に1日から購読申し込みを受け付けており、多くの方に読者登録していただいておりますが、本日よりすべての機能、コンテンツがご利用になれます。パソコンでも携帯電話でも、確かな情報とデータ、最新の映像をいつでも閲覧できる新しいメディアです。

日本経済新聞 2010年3月23日 1面記事 より

 で、さっき指摘したビルゲイツスクープ記事にある「ネット版ならもっと細かい情報がありますよ」囲み記事でしょ。

 あんた、これじゃ、ビルゲイツ100年原発スクープを有料電子版の「販促」に使っていると言われてもしょうがないですよね、日経さん!

 それに私はウラを取ってるんです、確かにこれは日経独走スクープ記事でありますが、これは間違いなく日経が今日3月23日以前にすでに仕込んでいたネタであり、別に今日でなければ報道できなかったわけではないのに今日まで待っていた特ダネなのであります。

 なぜ不肖・木走がこれを確信を持って断言できるかと言えば、私は個人的に知人(高校の同級生)が日経記者であり、過去の私のブログの内容が営業妨害(苦笑)であるとその日経記者からクレームを受けていたのであります。

 クレームを受けていたのは一月前のこのエントリー。

2010-02-25 日経新聞電子版が出鱈目な購読料金月額4,000円である悲しき理由

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20100225

 日経定期購読者からも月額1000円、新規で電子版だけだと月額4000円というユーザー視点を無視した高額の価格設定を批判したエントリーでありますが、私は日経役職記者である友人に電話でこの話題を持ちかけたのであります。

 そのときの友人とのやり取り。

木走「個人ブログでも取り上げたんだが、あの価格設定はひどすぎないか、月額4000円て、紙(朝刊のみ)より高いのは納得できない。それに定期購読者からも課金(月額1000円)するとはナンセンスだろ」

日経記者「まあたしかに高いけどね。この価格じゃないと紙が売れなくなるとふんでの設定だろう、上が決めたことを僕にクレームされても困るよ。第一君のブログ見たけど、なんだい、「出鱈目な購読料金」って、これじゃ営業妨害じゃないか」

木走「ム、営業妨害だと? 私は会社の方で日経を定期購読しているユーザーだぞ、ユーザークレームを営業妨害とは、言論弾圧だ」

日経記者「言論弾圧とは大げさな・・・ ま、君のブログなど誤差だけどネット上の評判がよろしくないのは承知している」

木走「誤差で悪かったわね。しかし本当にこの価格で勝負できると思っているの? 君たちマーケティングのプロなんでしょ? 端からやる気がない価格設定にしか見えないのだが」

日経記者「やる気がないとは失礼だな。具体的にはいえないが3月23日当日(有料電子版開設日)の紙面を注目して置いてくれ。君の度肝抜く経済記事、それも大スクープを掲載する予定なんだ

木走「大スクープ・・・」

 くそ、その大スクープがこのビルゲイツ100年原発記事だったのか。

 

 この電話は2月25日のエントリーの数日後と記憶してますから、少なくとも1ヶ月前には、このビルゲイツ原発特ネタを、電子版創刊日に標準を合わせていたわけです。

 ・・・

 読者のみなさん。

 ビルゲイツ100年原発スクープを有料電子版販促に使うこの日経の姑息さはいかがなものでしょうか。

 お陰で不肖・木走も電子版購読者登録(最初の一ヶ月は無料ですが)してしまいました。

 うーむ、こんな商魂見せるなら購読料もっと下げなさいってば(苦笑)



(木走まさみず)



<読者のみなさまへ>

 本日は午後に副幹事長解任撤回という大きなニュースが飛び込んできたために、久しぶりにエントリーが複数になっております。m(_ _)m

でんでんでんでん 2010/03/23 15:36 同感です。ここまでぶれまくると民主党支持者達もロジックのつじつまをあわせるのに大変でしょうね。

>私は梯子を外された小沢支持者達の今後の論説に注目したいのであります。

彼らは信者ですから当の小沢氏から何をされても小沢教からは抜け出せないでしょう。はたから見るととても怖いことですけれど。

YAMACHANYAMACHAN 2010/03/23 18:14 >それら生方副幹事長解任肯定論を唱えた人たちの梯子(はしご)を見事にはずしてしまうじゃないですか。

そうそうこれが小沢流冷酷梯子外しですね。過去に何度もこれやって多くの屍の山を築いてきたわけですよ、小沢は。そして多くの志ある者は彼のもとから去っていったわけ。それにしてもこの後、悪徳ペンタゴンだのほざいていた植草ミラーマンさんとか日刊ゲンダイとかの論説が楽しみです、ワクワクします。

chengguangchengguang 2010/03/23 19:13 生方氏の辞任騒動の顛末、小林氏に対する鳩山氏の話を否定する小澤氏。内輪話をコントで見せるのは昨今のお笑い芸人と同じですが、民主党の政治家は面白さの点で芸人の域を超えています。

くじらくじら 2010/03/23 19:36 この記事は民主党批判ではなく、民主シンパへの批判ですね。政治に対するこういう低いレベルの意識が、日本をだめにしているのでしょう。民主、反民主はともかく、哀しいことです。

くじらくじら 2010/03/23 20:21 あ、もちろん、レベルが低いというのは、このようなブログを書いている筆者さんのことです。

YAMACHANYAMACHAN 2010/03/23 20:47 >この記事は民主党批判ではなく、民主シンパへの批判

よく記事を読み直してみてください。民主シンパへの批判など1行もないですよ。記事は一貫して支持者の梯子をはずしちゃった小沢さんに対する批判に終始していて、小沢さんが撤回しちゃって小沢シンパが「論理的には彼らは次に執行部批判しなければなりません」はめになったことも「小沢さん、それはないでしょう」と小沢さん個人の批判に巧みにかわしているぐらいです。その上で「私は梯子を外された小沢支持者達の今後の論説に注目したい」とまとめているわけです。小沢シンパ批判をせずこの論調にまとめているのがここのブログ主のすごいところだと思いますがね。レベルうんぬんはまともな反論にはなっていないように思います。

ふ〜nふ〜n 2010/03/23 22:30 まあ雨降って、地固まるといったところじゃないでしょうか。元の鞘に納まったんだし。反小沢サイドは胸糞悪いでしょうが。前エントリで「末期的悲劇というか喜劇?」とカコヨク締めてますがそれはゲンダイの援軍やら言論封殺云々の糞の投げ合いのほうではないでしょうか。

ト 2010/03/24 00:54 あ〜小沢信者の皆さん騙されてはいけません。歴史を紐解くと百家争鳴を唱えた毛沢東を信じて党に意見した人々はその後どうなりましたか?スターリンは何も自分に意見した人間全てを銃殺した訳ではないのですよ例外は極めて少ないですが。小沢氏自身走狗として煮られる気はないので賢兎を狩り尽くす気はないのです。参院で過半は意図して盗らないのです。リスクマネージメントとして盗ってはならないのです。どの道、衆院を抑えておけば大事な法案は無理通しは可能なのですからそれが最良な状態なのです。欲張って全能になると結果についても全責任を取らなければならなくなるでしょ。今の状態なら多少分け前を恵む事で連立他党や野党の責に分散曖昧反故にできるのです。美味しいじゃないですか。どうせ党首ハトヤンに両院議席過半という状況になってもその重責を扱えるカリスマ性も言語力もないし・・・ハトヤンってオザワンには自動宇宙語を喋る魔除け人形みたいなものかも。金の出入に目をやっても打出の小槌じゃないだろうな。小沢が「金貸して(呉れ)」といえば「君はどうやって返すつもりなの?絶対返せるの?担保は?」って遠回しに言いそう。やりにくそう。

じじじじ 2010/03/24 01:24 撤回の理由を「内外からの批判の高まり」とした産経記事を、ブログ主さんは「笑止」と一蹴されてますが、私には生方さんの口以上に周囲、特に有権者からの批判が大きかったのであわてて解任を撤回して、問題に蓋をしようとしたように見えますね。
ただ、今更蓋をしても(一部民主党支持者を除く)有権者には既に中身が見えちゃいましたし、職に留まることになった生方さんは更に舌鋒が激しくなっているようですから収拾はつかないですね。

惨経珍聞は読みません惨経珍聞は読みません 2010/03/24 09:52 「燕雀いずくんぞ大鵬の志を知らんや」
小沢支持者はそう思ってます。
好きに囀っていれば良い。

pompom20pompom20 2010/03/24 11:15 ブログ主さんは生方氏が辞めようと続投しようと、結局小沢幹事長を叩くのですね。小沢叩きしたいだけのアンチ小沢こそ、レベルが低いのではないでしょうか。

kk 2010/03/24 12:39 >ブログ主さんは生方氏が辞めようと続投しようと、結局小沢幹事長を叩くのですね
どっちにしても小沢を支持する理由にゃならんのじゃないの?片方は当然、片方は異常な選択肢なんだもの
小沢支持者の擁護は、「マスゴミに叩かれて方針撤回を余儀なくされてかわいそう」あたりじゃないですか

kabukabu 2010/03/24 13:34 http://blog.dandoweb.com/ で笑われてますよ!

じじじじ 2010/03/24 18:49 >惨経珍聞は読みませんさん
「燕雀いずくんぞ大鵬の志を知らんや」名言ですが、それを言った陳勝は反を起こし「陳王」を僭称した挙句、追いつめられて最期は部下に殺されてしまいましたね。小沢さんの擁護に引用するのはちょっと・・ですね。