木走日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-12-16 過去8年間の無党派層の動向徹底検証

[]過去8年間の無党派層の動向徹底検証 12:56

 今回は選挙結果に大きな影響を与えてきた無党派層について過去の統計を解析して徹底検証しておきたいと思います。

 ※当エントリーは2012年12月16日13:00にエントリーしています、開票結果判明前に起こしたものであることを留意ください。

 今回の検証に用いるデータは過去の時事通信社世論調査を用います。

 初めに時事通信社世論調査の特徴を示しておきます。

●RDD方式ではなく面接法を採用する時事通信社世論調査の特徴

 時事通信社が内閣支持率を調査開始したのは1960年7月であります、以来50年間、毎月歴代23の内閣の支持率と、そのときの政党支持率を調査して翌月に公表してきました。

 時事通信社から委託され実際世論調査を実施している(社)中央調査社のサイトから。

「時事世論調査」の概要

(社)中央調査社は、1960年(昭和35年)以来、毎月、時事通信社が行う全国世論調査(「時事世論調査」)を実施しております。調査結果につきましては、新聞社をはじめとした報道機関に配信するとともに、時事通信社のホームページにも掲載いたします。

■ 調査の目的

 政治のことや暮らし向き、話題になっている出来事などについて、お考えをお聞かせいただきます。

■ 調査をお願いする方

 全国20歳以上の男女個人2,000人

■ 調査をお願いする方の選び方

 調査をお願いする方々は、国民全体の意見が反映されるように、以下の統計的手法を使って選ばせていただきました。まず、全国の市区町村の中から157か所を選びます。次に、そこにお住まいの方を、選挙人名簿または住民基本台帳の閲覧用リストから無作為に選びます。なお、閲覧につきましては、法律で定められている手続きを経て、各選挙管理委員会または各自治体からの許可を得て行っております。

■ 調査の進め方

 弊社の調査員が、対象者の皆様を訪問し、その場でご意見をおうかがいする方法(面接法)で行います。

■ 調査の時期

 2010年4月〜2011年3月  毎月の初旬〜中旬

■ 調査の謝礼

 図書カード(500円分)

(後略)

 時事通信社の世論調査の特徴はその調査方式にあります、NHKや朝日新聞など今日マスメディアの多くが、経費や時間の節約もあって電話によるRDD方式を採用しているのに対して、「弊社の調査員が、対象者の皆様を訪問し、その場でご意見をおうかがいする方法(面接法)」を採用していることです。

 大手新聞社などが採用している電話によるRDD方式(Random Digit Dialing、コンピュータで乱数計算を基に電話番号を発生させて電話をかけ、応答した相手に質問を行なう)では、短時間で多くの人々の調査が行えること、電話だけなのでマニュアルどおり調査を実施できるのでアルバイトで可能であり経費が軽減できることなどメリットがありますが、固定電話を持っていない人が非対象となってしまう点や、電話を掛ける時間帯で対応する層(年齢、性別、職業の有無)に偏りが生じる、細かい地域の偏りを正すのが難しい等のいくつかの問題点があります。

 対して時事通信社の面接法は、「お住まいの方を、選挙人名簿または住民基本台帳の閲覧用リストから無作為に選び」だした上で調査員が、対象者を直接訪問しその場で調査する方法であり、デメリットとしては調査範囲に限界があり、「全国の市区町村の中から157か所を選」ぶ必要がある点、時間と経費(人件費や謝礼(図書カード(500円分))など)が掛かる点などがありますが、メリットとしては住民基本台帳などを基にした事前連絡の上での対面調査なのでRDD方式が抱えている時間などの要素によるサンプリングによる偏りが生じにくい点、謝礼を伴う面接調査なので回答の質が無償の電話調査に比べておおむね丁寧である点などが挙げられます。

 調査方法として統計的にどちらが精度が高いのかはここでは論じませんが、興味深いのは、RDD方式に比べ時事通信社の世論調査では政権支持率が低めに現れやすいという傾向があることです。

 この傾向は不支持率に有意な差がないことから、ひとつには匿名の電話方式なら安直に支持を表明するところを、実名の面接方式による調査では支持の意思の表明に慎重になっていることがあると思われます。

 実は政党支持率にもはっきりと同様の傾向が見られます、他社のRDD方式に比べ時事の面接方式では傾向として各政党の支持率は低く、その分「支持政党無し」が高くなる傾向が見て取れます、この点も留意ください。

 ・・・

●過去94ヶ月の全体的動向

 では過去94ヶ月の自民党支持率、民主党支持率、無党派層(支持政党無し)の月別推移を図表にまとましたので見ていきましょう。

■表1:過去94ヶ月の月別政党支持率推移(2005年1月〜2012年10月)

調査時期自民党民主党支持政党無し
2005年 1月24.410.455.7
2005年 2月22.210.657.5
2005年 3月22.010.358.9
2005年 4月23.011.057.4
2005年 5月22.609.058.7
2005年 6月21.508.162.0
2005年 7月22.907.558.9
2005年 8月24.010.256.4
2005年 9月31.914.842.1
2005年10月29.211.451.3
2005年11月30.709.151.4
2005年12月31.509.750.7
2006年 1月29.708.452.4
2006年 2月25.908.057.0
2006年 3月26.008.855.3
2006年 4月27.009.155.1
2006年 5月25.910.055.2
2006年 6月24.412.155.6
2006年 7月23.911.057.1
2006年 8月24.910.256.3
2006年 9月27.009.255.0
2006年10月29.310.852.4
2006年11月26.409.255.9
2006年12月25.508.156.3
2007年 1月24.208.360.1
2007年 2月21.409.760.4
2007年 3月21.607.862.4
2007年 4月22.809.159.7
2007年 5月22.809.558.3
2007年 6月19.211.061.9
2007年 7月19.712.859.0
2007年 8月21.019.051.4
2007年 9月20.317.152.3
2007年10月23.416.251.4
2007年11月23.416.352.2
2007年12月22.215.954.2
2008年 1月22.915.453.8
2008年 2月23.015.155.9
2008年 3月21.813.656.5
2008年 4月22.913.156.9
2008年 5月19.515.856.4
2008年 6月20.314.557.2
2008年 7月18.115.657.7
2008年 8月20.715.055.8
2008年 9月20.912.856.9
2008年10月23.414.752.7
2008年11月23.814.352.2
2008年12月18.613.458.2
2009年 1月18.715.256.9
2009年 2月18.416.256.5
2009年 3月20.813.956.9
2009年 4月21.414.057.4
2009年 5月19.914.258.5
2009年 6月18.415.558.1
2009年 7月15.118.655.7
2009年 8月17.118.453.0
2009年 9月16.626.347.3
2009年10月17.729.443.9
2009年11月15.328.446.5
2009年12月15.625.051.7
2010年 1月13.126.252.5
2010年 2月14.622.853.0
2010年 3月15.219.353.0
2010年 4月14.217.257.5
2010年 5月13.217.057.7
2010年 6月13.220.054.9
2010年 7月16.218.052.2
2010年 8月14.320.053.5
2010年 9月15.420.652.7
2010年10月14.720.052.7
2010年11月16.516.257.4
2010年12月17.813.858.7
2011年 1月17.213.558.9
2011年 2月14.911.965.4
2011年 3月15.012.564.3
2011年 4月17.610.062.3
2011年 5月16.510.264.0
2011年 6月14.612.863.1
2011年 7月15.010.067.3
2011年 8月15.510.165.6
2011年 9月13.612.465.1
2011年10月15.412.164.7
2011年11月12.612.866.4
2011年12月13.110.167.2
2012年 1月13.311.667.2
2012年 2月12.310.168.2
2012年 3月11.709.270.0
2012年 4月13.409.567.9
2012年 5月11.909.070.1
2012年 6月13.108.169.7
2012年 7月12.506.771.4
2012年 8月13.306.969.3
2012年 9月12.807.469.0
2012年10月16.807.364.8

■図1:過去94ヶ月の月別政党支持率推移(2005年1月〜2012年10月)

f:id:kibashiri:20121216111851j:image:w640

 ご覧の通り、過去8年間の無党派層の動向は大きくは50%台前半から60%台後半へと増加傾向にあることが見て取れます。

 また、自民党支持率はこの8年間で右肩下がりで落ち込んでおり、今年に入っても長期低落傾向が数ヶ月前まで続いていたことが見て取れます。

 一方民主党支持率ですが、2009年9月の選挙をピークに山型が形成されています、最近の支持率下落は政権を取る前より落ち込んでいることがわかります。

 これらの傾向は各政党支持率の年平均を取るとよりはっきり理解できます。

■表2:過去8年間の年別政党支持率推移(2005年〜2012年)

調査時期自民党民主党支持政党無し
2005年25.510.255.1
2006年26.309.655.3
2007年21.812.756.9
2008年21.314.455.9
2009年17.919.653.5
2010年14.919.354.7
2011年15.111.564.5
2012年13.108.668.8

■図2:過去8年間の年別政党支持率推移(2005年〜2012年)

f:id:kibashiri:20121216112531j:image:w640

 今年になって無党派層が70%を越えるまで増加していました、これは「時事世論調査」の52年の歴史の中でも初めての現象です、それだけ国民の政治不信が深化している証左でも有りましょう。

 今回の総選挙のポイントはこの一時7割を越えるまでに増加した無党派層、彼らの投票動向にこれまで以上に左右されることでしょう。

 ・・・



●過去の総選挙前の無党派層の動向

 過去8年間で、2005年と2009年2回総選挙がありました、今回は3度目です。

 そのいづれにも無党派層の動向に興味深い傾向が見られます、ご覧ください。

■図3:総選挙前の無党派層の動向

f:id:kibashiri:20121216113436j:image:w640

 選挙半年前ほどからそれまで高かった支持政党無しが急速に落ち込む現象が確認できます。

 2005年の詳細を確認します。

■表3:総選挙前の無党派層の動向(2005年6月〜2005年9月)

調査時期自民党民主党支持政党無し
2005年6月21.508.162.0
2005年7月22.907.558.9
2005年8月24.010.256.4
2005年9月31.914.842.1
増減+10.4+6.7-19.9

■図4:総選挙前の無党派層の動向(2005年6月〜2005年9月)

f:id:kibashiri:20121216115337j:image:w640

 2005年の総選挙では直近の4ヶ月で無党派層は62.0ポイントから42.1ポイントと19.9ポイントも減少し、そのぶん自民党支持率と民主党支持率が10.4ポイント、6.7ポイント増加しているのがわかります。

 2009年の総選挙の詳細を確認します。

■表4:総選挙前の無党派層の動向(2009年6月〜2009年10月

調査時期自民党民主党支持政党無し
2009年5月19.914.258.5
2009年6月18.415.558.1
2009年7月15.118.655.7
2009年8月17.118.453.0
2009年9月16.626.347.3
2009年10月17.729.443.9
増減-2.2+15.2-14.6

■図5:総選挙前の無党派層の動向(2009年6月〜2009年10月)

f:id:kibashiri:20121216115407j:image:w640

 ご覧のとおり、やはり総選挙前半年で無党派層は-14.6%減少し、それがほとんど民主党の支持率急増につながっていることがわかります、この間の支持率増減は自民2.2ポイントダウンに対し、民主は15.2ポイントアップしています。

・・・



●まとめ

 過去二回の総選挙においての無党派層の傾向は、選挙の半年ほど前から無党派層は減少しはじめその間政党支持率を最も高めた政党が総選挙を圧勝するということが続いておきました。

 さてこの傾向は今回どうなるのでしょうか。

 直近六ヶ月の詳細を図表にしました。

■表5:総選挙前の無党派層の動向(2012年7月〜2012年12月)

調査時期自民党民主党支持政党無し
2012年7月12.56.771.4
2012年8月13.36.969.3
2012年9月12.87.469.0
2012年10月16.87.364.8
2012年11月?????????
2012年12月?????????

■図6:総選挙前の無党派層の動向(2012年7月〜2012年12月)

f:id:kibashiri:20121216115523j:image:w640

 残念ながら現時点で11月と12月の世論調査結果は公開されていません。

 それを踏まえた上で過去二回と比較してみますと、過去に比べて無党派層の割合が異常に高く、同様に自民・民主両党の支持率が異常に低いことが特徴であります。

 過去2回の圧勝ケースでは圧勝した自民・民主の最終支持率は30%を越えました、そのとき無党派層は50%を割って40%台前半まで減少しました。

 今回自民が30%を越えるには10月時点の16.8%から13.2ポイントも支持率を上昇させなければなりません。

 同様に無党派層が50%を割るには10月時点での64.8%から14.8ポイント以上の減少がなければなりません。

 自民党が圧勝するかどうか、無党派層の動向が鍵を握っていることは間違いないでしょう。

 このエントリーが読者の参考になれば幸いです。

 ※選挙結果が判明してかつ11月12月の世論調査結果が公開されたら本検証の続編をエントリーする予定です。 



(木走まさみず)

けせらせらけせらせら 2012/12/17 07:37 結局自公で2/3を取ったことを考えると、無党派層の投票動機は「懲罰型動向」と見ざるを得ません。
民主のあまりにも中韓寄りの姿勢もさることながらすぐブレたりマニフェストを覆したりと出鱈目すぎた。
とはいえ、一票の使い方が「国益」でなく「私益」で使われてるのは結局「政治に期待していない」現われですなぁ。

syukeiyasyukeiya 2012/12/17 08:10 今回は、第三の軸が小選挙区制を全く理解していなかったことが敗因です。
自民党が取った小選挙区をみてみると、自民・民主両方ともに投票したくない、という層に対する候補が複数立っているため票が割れてしまい、共倒れになってしまっています。第三極の風は得票数をみるとある程度は吹いていて、小選挙区調整さえしっかりしていれば、キャスティングボードはとれたはず。

葉々々葉々々 2012/12/17 14:55 今回の選挙で感じた事。
1)野田氏の戦術の失敗
選挙民は「古い自民党もいやだが、失政を重ね分裂同然の民主党もいや!」だった。なのに「古い自民党」ばかり攻撃し、民主党の「売り」を出す事がなかった。
民主(細野氏など)よりも、小泉進次郎のほうがはるかに新鮮味を感じた。
2)反原発派の失敗の1つ?
猪瀬氏のインタビューを見たが、はっきりと「もう東京は脱原発をしているのです。福島からも柏崎刈羽からも原発の電気は来ていない。都のやる事は老朽化した火力発電所を新しくして、電力への新規参入を促し料金を安くさせること。」と言っていた。
反原発派は原発立地の選挙区より、山本太郎や菅直人のように東京などで戦った。つまり原発の足元から逃げたように感じられた。

(個人的な勝手な感想です。ここでのコメントになってないかも・・・)

なんぶなんぶ 2012/12/18 16:35 数値で客観化してくれるのはいいけど、ちょっと実感を書きたい。
「首相は誰でもいい、それなりに党内で人望を集めた奴がなるんだろうからヘタは打たないだろ」と思っていた時期もありました。馬鹿でした。
鳩山・菅と続いたリーダーを見てると「この党はリーダー選出能力が無いんじゃないか」と思えてくる。野田さんでましになったけど、これだったら谷垣さんのほうがもっとやれていたんじゃないかとも思える。
大臣もトコロテン方式の大量生産で、こいつら本気で何をやりたいのか判らんかった。

国民が政治家に政治を任せてるのは「プロ」だからだ、出来ない奴は要らないんだよ。なぜそれが判らないのか。

みかじめ料ですわなみかじめ料ですわな 2012/12/18 22:34 >なんぶさん
選挙のシステムが「選挙のプロ」を選ぶ為に特化してるのであり、「プロの政治家」を選ばせないようになっています。
供託金といって「一定の割合の票を得られなかったら没収される」というもので、おおよそ300万〜500万円です。
そういうシステムだと3バン(看板カバン地盤)を持たない人はどれだけ志が高くても敷居が高い制度です。

ま、自民党全盛時代に作られた制度ですけどね。