木走日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-01-10 「少女像」社説で日本政府批判する朝日新聞にその資格はあるのか

[]「少女像」社説で日本政府批判する朝日新聞にその資格はあるのか 16:53



 久しぶりに社説読み比べをいたしましょう。

 お題はもちろん、釜山総領事館前「少女像」であります。

【朝日社説】韓国との外交 性急な対抗より熟考を

http://www.asahi.com/articles/DA3S12736091.html?ref=editorial_backnumber

【読売社説】少女像釜山設置 日韓合意を損なう不法行為だ

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20170105-OYT1T50182.html

【毎日社説】釜山の少女像 合意の崩壊を危惧する

http://mainichi.jp/articles/20170107/ddm/005/070/019000c

【産経社説】釜山の慰安婦像 反日では墓穴掘るだけだ

http://www.sankei.com/column/news/170107/clm1701070002-n1.html

【日経社説】日韓の合意をほごにするな

http://www.nikkei.com/article/DGXKZO11321280V00C17A1EA1000/

 社説のような短い論説の主旨を素早く掴むのに使うテクニックのひとつに、結びの文章を抜き出して比較することがあげられます、それぞれ、誰に対して何を訴えているのか、一番つかみやすいのが結びの文であることが多いからです。

 短い論説の結びの文は落語でいえば「落ち」に当たります、読者に一番訴えたいことを最後にぶつけることが多いわけです。

 各紙の結びの文を見ていきましょう。

【日経社説】

 だが、朴氏の疑惑と政権の政策は別問題だ。朴氏の早期退陣は不可避だろうが、仮に政権交代後に慰安婦合意を含めた国際的な約束事がほごにされれば、韓国は国際社会での信認を失う。韓国政界にはこうした負の影響を十分に考慮に入れた慎重な言動を求めたい。

 日経は韓国に対して「負の影響を十分に考慮に入れた慎重な言動」を求めています。

【産経社説】

 核実験やミサイル発射など北朝鮮が暴挙を繰り返し、日米韓のより緊密な連携が必要な時期であることを忘れてはなるまい。

 バイデン米副大統領は6日の安倍晋三首相との電話協議で、日韓合意が「双方によって着実に履行されることを強く期待する」と述べた。安倍首相は「逆行することは建設的ではない」と応じた。

 大統領失脚で国内が混乱しているときだからこそ、真の敵を見失ってはならない。

 産経も韓国に対して「真の敵を見失ってはならない」と警鐘を鳴らしています。

【読売社説】

 日韓関係は、合意を契機に改善に向かいつつあった。新たな少女像の設置が、その動きに冷や水を浴びせた。日本国民の嫌韓感情が再び高まるのは避けられまい。

 日本との歴史問題を名分にすれば、国内法、国際法や他国との取り決めを順守しなくても許容される。そうした韓国の独善的な体質は、対外的なイメージを低下させるだけである。

 読売も韓国に対して「独善的な体質は、対外的なイメージを低下させるだけである」と批判しています。

 以上、日経・産経・読売の3紙に対して、毎日・朝日の社説の結びは少し明らかに趣(おもむき)が異なります。

【毎日社説】

 だが実際には、合意に基づいて設立された財団による元慰安婦らへの現金支給事業は順調に進んでいる。合意時点で生存していた元慰安婦の7割超が事業を受け入れた。韓国ではほとんど報じられていないが、当事者の意向はもっと重視されるべきだ。

 慰安婦問題は日韓ともに国民感情を刺激しやすい。両国は、嫌韓と反日という不毛な感情的対立を生まないよう冷静な対応に努めてほしい。

 毎日は、韓国だけではなく日本も含めて「両国は、嫌韓と反日という不毛な感情的対立を生まないよう冷静な対応に努めてほしい」と訴えています。

【朝日社説】

 日韓合意は、元慰安婦らの心の傷をいかに癒やせるかを双方が考え、知恵を出し合った結果であり、いまの両政府の関係を発展させる出発点でもある。

 この合意を侵食するような行動は双方が慎むべきだ。

 両政府は合意の精神を着実に実践し、両国民の理解を深めるよう心を砕いてもらいたい。

 朝日も、日韓両国に対して、「両政府は合意の精神を着実に実践し、両国民の理解を深めるよう心を砕いてもらいたい」と訴えています。

 ・・・

 各紙韓国による「少女像」の設置行為に対しては批判的ですが、その色合いはまちまちですね、興味深いです。

 社説の内容をもう少し細かく分析して、韓国に対して厳しい論調の順に並べると、

 読売>産経>日経>毎日>朝日 

 と、まあ大方の読者の予想通りとなるかと思います。

 で、結びの文の訴えだけで比較しますと、韓国批判のみの読売・産経・日経に対して、日韓両国に自制を促す毎日・朝日との色分けができるのであります。

 が、しかしです。

 実は毎日社説と朝日社説には海より深い相違点があるのは誰が読み解いても明らかなことであります。

 単純にカテゴライズさせていただければ、

 読売・産経・日経・毎日 >>>>>>>>>>>>>> 朝日

 と、こんな感じで、朝日社説だけが完全に浮きまくっているのであります。

 今回の件で、5紙の社説で、韓国以上に日本政府の対応を批判しているのは朝日新聞ただ一紙だけなのであります。

 日本政府の対抗措置を「冷静さを欠いている」と批判いたします。

 ここまで性急で広範な対抗措置に走るのは冷静さを欠いている。過剰な反発はむしろ関係悪化の悪循環を招くだろう。日本政府はもっと適切な外交措置を熟考すべきである。

 また日本政府の行動は、「少女像問題をきっかけに経済協議や人的交流も凍結するというのでは、自らの主張と行動が反対になる。今後の対韓交渉で説得力を失う」と痛罵いたします。

 日韓政府間ではこれまでも、歴史認識問題のために関係全体が滞る事態に陥った。

 だからこそ、歴史などの政治の問題と、経済や文化など他の分野の協力とは切り離して考えるべきだ――。そう訴えてきたのは、当の日本政府である。

 少女像問題をきっかけに経済協議や人的交流も凍結するというのでは、自らの主張と行動が反対になる。今後の対韓交渉で説得力を失うものだ。

 極めつけは次の一文です。

 ここまで日本政府を批判したうえで「日本政府と同様に、韓国政府側の責任は重い」とこうです。

 日本政府と同様に、韓国政府側の責任は重い。一昨年の日韓合意では、ソウルの日本大使館前にある少女像の扱いについて、韓国政府が「適切に解決されるよう努力する」ことが盛り込まれた。

 「日本政府と同様に、韓国政府側の責任は重い」

 韓国政府の責任は日本政府とおなじぐらい重いのだって、すごい表現です。

 なんだこの「不平等なほどの喧嘩両成敗」的平等主義は!!

 ふう。

 明らかに朝日社説は、韓国のみならず日本政府への批判にかなりの字数をさいていることが理解できます。

 というか、この局面で日本政府批判を展開している社説は主要紙の中で朝日新聞だけなのであります。

 ・・・

 今現在、釜山総領事館前「少女像」を見て当ブログが思うところは、一連の朝日新聞従軍慰安婦ねつ造報道がなければ、もしかしたらこの「少女像」はここに設置されていないだろうに、という虚しい虚脱感なのであります。

 「日本軍関係者がいたいけな少女を強制的に連行して慰安婦とした」という出鱈目な朝日新聞ねつ造記事さえなければ、日本領事館の前に「少女像」は設置されてはいなかった可能性を思うとき、この「少女像」設置の諸悪の根源は朝日新聞にあるとすら、思えてくるのであります。

 ここから朝日新聞の「大罪」を再度検証しておきます。

 1991年8月11日付け朝日新聞記事の書き出しです。

日中戦争や第二次大戦の際、「女子挺身隊」の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた「朝鮮人従軍慰安婦」のうち、一人がソウル市内に生存していることがわかり、「韓国挺身隊問題対策協議会」(尹貞玉・共同代表、十六団体約三十万人)が聞き取りを始めた。

 <「女子挺身隊」の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた「朝鮮人従軍慰安婦」>、普通の日本語能力があれば、読者はこの書き出しは極めて事実報道記事としてあいまいなことに気づきます。

 いったい誰がこの気の毒な女性を連行し売春を強いたのか、肝心の主語がないのです。

 この主語がない書き出しが極めて意図的で重要なのであります。

 この問題の記事冒頭部分に関して、朝日新聞は3年前の12月、実に掲載より23年の長きを経て、「誤りとして、おわびして訂正します」と謝罪、過去記事データベース上も「この女性が挺身隊の名で戦場に連行された事実はありません」との事実無根との「おことわりをつけます」としました。

 つまり、<『女子挺身(ていしん)隊』の名で戦場に連行され、>の部分は、朝日新聞自身が「誤りとして、おわびして訂正します」、「この女性が挺身隊の名で戦場に連行された事実はありません」と、謝罪して訂正すべき事実無根の文章であったことを認めています。

 実際はこの女性はキーセンに40円で売られ養父に中国に連れていかれたことが12月6日の裁判の訴状でも明らかになっているのですが、その事実を隠し、本人が言ってもいない<『女子挺身(ていしん)隊』の名で戦場に連行され、>と付け加えていたことこそが、本記事が単なる「誤報」ではなく「捏造」記事であると批判されてきた所以です。

 で、このねつ造記事は朝日新聞のねつぞう第二弾だったわけですが、それはねつぞう第一弾記事のつじつまをあわせるためだったわけです。

 当ブログの過去エントリーより抜粋。

 本件に関わる捏造報道の始まりは、河野談話が発表される11年前の82年9月2日、朝日新聞は「朝鮮の女性 私も連行」と題する「スクープ」記事を大きく掲載します。

(前略)

  その証言が始まると、大阪の500人の聴衆はしんとして聞き入ったという。

 「当時、われわれは『狩り出し』という言葉を使っていた・・・泣き叫ぶというような生やさしいものではない。船に積み込まれる時には、全員がうつろな目をして廃人のようになっていた・・・」

 これは、昭和18年夏、わずか一週間で朝鮮・済州島の若い女性200人を狩り出した吉田清治氏の懺悔だ。吉田氏は女工から海女まで手当たり次第に拉致し、慰安婦に仕上げたという。

(後略)

 これ以後、吉田氏は朝日紙面に何度も登場し、従軍慰安婦の悲惨さを語り尽くします。

 しかしこの吉田証言は完全な作り話でした。証言が本になってすぐに現地の『済州新報』が取材していますが、一つも事実が見つかりませんでした。また韓国の郷土史家は何年も調査し、拉致の事実はなかったと断定、吉田の本を『日本人の悪徳ぶりを示す軽薄な商魂の産物』とこき下ろします。

 つまり、吉田氏は本を売って儲けるため、嘘八百を並べ立てたということです、最後には吉田氏自身が「証言は捏造だった」と認め、朝日新聞も《氏の著述を裏付ける証拠は出ておらず、真偽は確認できない》(97年3月31日付)と、「証拠は出ておらず、真偽は確認できない」ことは認めます。

 しかしこの証言は独り歩きし、その後「日本軍が韓国人女性を性奴隷にした」ことが国際的に広まってしまうきっかけを作りました、吉田氏を祭り上げた朝日新聞の罪は極めて重いといっていいでしょう。

 朝日の大スクープ第二段は、91年8月11日付の《元朝鮮人従軍慰安婦 戦後半世紀 重い口開く》という記事で、元従軍慰安婦が初めて名乗りを上げたことを報じたものです。

 この記事は『女子挺身隊の名で連行され』と書いてありますが、実はこれは大捏造であり、名乗りを上げた金学順さんは女子挺身隊で連行されたのではなく、母親に40円でキーセンに売られたと明言していることが今ではわかっています。

 問題は、記事を書いた朝日記者の韓国人妻の母が、太平洋戦争遺族会の常任理事だったことです。

 この団体が金学順さんに日本政府相手に裁判を起こすよう勧めるんです。キーセン出身を隠し、しかも身内を利する記事を書いたわけで、悪意に満ちた意図的な捏造報道であります。

 この第二段捏造記事は朝日の狙い通り、国の内外で大反響を起こします、この記事が一つのきっかけになって1991年12月の政府による従軍慰安婦問題調査開始に繋がっているのです。

 さて朝日捏造記事により日本政府は従軍慰安婦問題調査開始にまで追い込まれていったわけですが、ここで朝日新聞は第三弾の記事を1面トップで報道します。

 政府が調査を開始した翌月、すなわち1992年1月11日付の1面トップで《慰安所 軍関与の通達・日誌 募集含め監督・統制》という記事を掲げます。

 この陸軍資料は『慰安婦募集に際して業者が悪どい手口を使うので取り締まれ』という内容なだけなのに、それをあたかも『軍の関与』とさも悪いことのように報じます。

 この記事は当時の宮沢喜一政権にとって最悪のタイミングとなります、宮沢首相が訪韓する5日前で、それまで国の介入を否定していた日本政府に、決定的な「圧力」を加える意図を感じます。

 この記事も大反響を起こし、記事を受け、当時の加藤紘一官房長官は事実調査の前に「お詫びと反省」の談話を発表してしまうのです。

 そしてあわれ宮沢首相は、空港に押し寄せた大デモ隊の罵倒する声に迎えられ、韓国で宮沢首相はなんと8回も謝罪するハメになるのです。

 このような朝日新聞の悪意ある報道により、日本政府はどんどん追い詰められていったわけです。

 そして、93年8月4日、「河野談話」が表明されます。

 検証したとおり、「従軍慰安婦問題」及びこの「河野談話」の真の生みの親は、一連の朝日新聞捏造報道であるといって過言ではないでしょう。

 ・・・

 82年9月2日から何度も朝日が取り上げた「日本軍関係者としてたくさんの朝鮮人を従軍慰安婦として強制連行した」という吉田清治捏造発言ですが、捏造とはばれていなかった当時から、大きな問題がありました。

 それはこれだけの規模の「犯罪」が朝鮮各地で行われていたとしたら、なぜ被害者である元慰安婦が誰一人名乗り上げてこないのだろう、という当然の疑問でした。

 山口県労務報国会・下関支部動員部長だったという吉田 清治は、1943(昭和18)年5月、西部軍司令部(福岡)から交付された「 皇軍慰問・朝鮮人女子挺身隊200名、年齢18歳以上30歳未満・・・」 などとする動員命令にもとづき、朝鮮の済 州 島 で「慰安婦狩り」 を実行に移したのだと発言していました。

 ここに「皇軍慰問・朝鮮人女子挺身隊」という言葉が使われていたのです。

 ここから、事実上広く「挺身隊」=「慰安婦」という、とんでもない出鱈目・誤用が始まっています。

 それはともかく、この吉田発言が虚言であるとは知らずキャンペーンをはった朝日にしてみれば、吉田発言で「加害者」の証言は得た、あと必要なのは「被害者」つまり元慰安婦の証言なのでした。

 そこで日本の一部の弁護士や朝日新聞記者などが必死で発言してくれる元慰安婦を探していたわけです。

 そのことは当該記者自身も認めています。

 そんな状況の中で 朝日の大スクープ第二段、91年8月11日付の《元朝鮮人従軍慰安婦 戦後半世紀 重い口開く》という記事で、元従軍慰安婦が初めて名乗りを上げたことを報じたのです。

 キーセンに40円で売られた女性を『女子挺身隊の名で連行され』と捏造したこの報道の背景には、時系列で分析すれば、朝日が描いていたシナリオにかなう「事実」報道を目指していたことが浮き彫りになりましょう。

 偽りの吉田証言に呼応するために養父にキーセンに売られててはいけない、吉田のような日本軍関係者に『女子挺身隊の名で連行され』ないといけないわけです、つまり朝日の過去記事のシナリオに即して事実を「捏造」したのではないのか、との当然の疑問が出てくるわけです。

 事実この報道の後で、『女子挺身隊』の「加害者」である吉田氏は「被害者」である金学順さんにわざわざ韓国に出向いて謝罪するという「セレモニー」が実現しています。

 ・・・

 ・・・

 貧しさゆえに親にキーセンに40円で売られた女性が、朝日ねつ造記事により、悲劇のヒロインに祭り上げられ「少女像」として領事館前に設置されているのであります。

 そして、ねつ造記事で結果として今日の「少女像」設置を導いた、当の朝日新聞が、性懲りもなく本件で日本政府を批判しているのであります。

 読者のみなさん。

 本件の張本人である朝日新聞が、いったいどの面下げて政府批判を展開しているのかと問いたいです。

 朝日新聞にその資格はあるのか?と。


(木走まさみず)

ひとことひとこと 2017/01/14 12:27 朝日新聞が最低限度の誠実さを持ち合わせていたのなら、誤報を認めた時に自主廃業していたでしょう。あれは、それほどに国民に迷惑をかけたFAKE記事だし、大きな国際問題となってしまった「慰安婦問題」を報道機関が自らクリエイトしてしまったのだから。