Hatena::ブログ(Diary)

kiediary


2001-12-29

[]演劇鑑賞2001


『野獣郎見参 〜Beast is Red〜』 劇団☆新感線

観劇日:3/20

会場:青山劇場

作:中島かずき

演出:いのうえひでのり

出演:堤真一、高橋由美子、古田新太


『風を継ぐ者』 演劇集団キャラメルボックス

観劇日:4/29

会場:サンシャイン劇場

作・演出:成井豊、真柴あずさ



贋作桜の森の満開の下』 NODA・MAP

観劇日:6/20

会場:新国立劇場 中劇場

作・演出:野田秀樹

出演:堤真一、深津絵里、古田新太


『VAMP SHOW』

観劇日:6/29

会場:PARCO劇場

作:三谷幸喜

演出:池田成志

出演:堺雅人佐々木蔵之介橋本じゅん河原雅彦伊藤俊人


『Fosse』

観劇日:8/13

会場:Bunkamura オーチャードホール

作:ボブ・フォッシー

演出:アン・ラインキング

出演:ディーバ・ライス


『Fosse』

観劇日:8/18

会場:Bunkamura オーチャードホール

作:ボブ・フォッシー

演出:アン・ラインキング

出演:ディーバ・ライス


『二人の噺』

観劇日:8/25

会場:PARCO劇場

作・演出:福島三郎

出演:中井貴一段田安則


『大江戸ロケット』 劇団☆新感線

観劇日:9/6

会場:青山劇場

作:中島かずき

出演:山崎裕太、奥菜恵、古田新太


『いつかヴァスコ・ダ・ガマのように』

観劇日:9/8

会場:Bunkamura シアターコクーン

作・演出:久世光彦

出演:沢田研二藤山直美笹野高史


『世にも素敵なネバーエンディングストーリー』 月影十番勝負第六番

観劇日:9/29

会場:青山円形劇場

作・演出:河原雅彦

出演:高田聖子木野花竹田団吾、河原雅彦


『バッド・ニュース☆グッド・タイミング』

観劇日:10/20

会場:PARCO劇場

作・演出:三谷幸喜

出演:生瀬勝久沢口靖子角野卓造八嶋智人伊東四朗


『昨日 今日 明日 〜ああ結婚〜』 グループる・ぱる

観劇日:10/25

会場:THEATER/TOPS

作:マスオメノス

演出:山崎清介

出演:松金よね子、岡本麗、田岡美也子、古田新太(ゲスト)

    

『ノーアート・ノーライフ』 NYLON100℃

観劇日:11/3

会場:本多劇場

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

出演:みのすけ三宅弘城大倉孝二温水洋一山崎一


『ジンジャーブレット・レディはなぜアル中になったのか』 劇団M.O.P

観劇日:11/10

会場:シアターサンモール

作・演出:マキノノゾミ

出演:キムラ緑子、林英世、酒井高陽


『第17捕虜収容所』 自転車キンクリートSTORE

観劇日:11/17

会場:紀伊国屋サザンシアター

台本:飯島早苗

演出:鈴木裕美

出演:京晋佑高橋克実、山本亨、川原和久樋渡真司


『天才脚本家 〜ボクらはみんな騙される〜』 G2 PRODUCE #5

観劇日:12/1

会場:全労済ホール スペースゼロ

作:後藤ひろひと

演出:G2

出演:三上市郎、腹筋善之介久保田浩、山内圭哉、関秀人


『直撃!ドラゴンロック3 轟天エイリアン』 劇団☆新感線

観劇日:12/15

会場:赤坂ACTシアター

作・演出:いのうえひでのり

出演:橋本じゅん、高田聖子、粟根まこと、新谷真弓、池田成志


『大阪から来た女』

観劇日:12/22

会場:新橋演舞場

出演:藤山直美、永島敏行多岐川裕美村井国夫


『ブルー・ルーム』 tpt

観劇日:12/24

会場:ベニサン・ピット

作:デヴィッド・ヘア

演出:デヴィッド・ルヴォー

出演:内野聖陽、秋山奈津子


『四谷怪談

観劇日:12/29

会場:Bunkamura シアターコクーン

作:鶴屋南北

演出:蜷川幸雄

出演:竹中直人、広末涼子、高嶋政伸藤真利子

2001-12-09 韓国映画 鑑賞記録 2001年

[] 韓国映画 鑑賞記録 2001年


●『JSA』(00年)  試写会

鑑賞日:5/14

場所:一ツ橋ホール

監督:パク・チャヌク

出演:ソン・ガンホ イ・ビョンホン シン・ハギュン イ・ヨンエ

もうソン・ガンホでしょう〜この映画は。ビョンホンもハギュンも大好きだけど

この映画はソン・ガンホの“兄貴”です。

  

●『イルマーレ』(00年)  

鑑賞日:9/23

場所:渋谷シネパレス

監督:イ・ヒョンスン

出演:イ・ジョンジェ チョン・ジヒョン チョ・スンヨン

初ジョンジェ。この年はジョンジェばっかり見ていたような....

  

●『Interview』(00年)

鑑賞日:10/26

場所:渋谷シネパレス

監督:ピョン・ヒョク

出演:シム・ウナ イ・ジョンジェ チョ・ジェヒョン

これを最後にシム・ウナの姿を見られなくなった。とっても残念。

そしてジョンジェ、髪型変わってるけどやっぱりジョンジェ。

  

●『バンジージャンプする』(01年)  東京国際ファンタスティック映画祭2001

鑑賞日:11/1

場所:渋谷パンテオン

監督:キム・デスン

出演:イ・ビョンホン イ・ウンジュ ヨ・ヒョンス

『JSA』と同じ人とは思えない、ビョンホン。さわやかな涙目にグッときます。

  

●『春の日は過ぎゆく』(01年)  第14回東京国際映画祭

鑑賞日:11/2

場所:渋谷ジョイシネマ

監督:ホ・ジノ

出演:イ・ヨンエ ユ・ジテ

スケジュールの都合で舞台挨拶の日には行けませんでした。あんまし残念じゃなかったかな....

ちょっとせつなくて、ちょっと残酷な作品。ユ・ジテがかわいい。

  

●『リメンバー・ミー』(00年)

鑑賞日:11/17

場所:シネマスクエアとうきゅう

監督:キム・ジョングォン

出演:ユ・ジテ キム・ハヌル パク・ヨンウ ハ・ジウォン

時空を超えた恋愛もの。『イルマーレ』っぽい。

 

●『武士』(01年)  第2回東京フィルメックス

鑑賞日:11/18  

場所:有楽町朝日ホール

監督:キム・ソンス

出演:チョン・ウソン チュ・ジンモ アン・ソンギ チャン・ツィイー

がんばりました!整理番号2番でした。かぶりつきでチョン・ウソンを堪能。

  

●『受取人不明』(01年)  第2回東京フィルメックス

鑑賞日:11/23

場所:有楽町朝日ホール

監督:キム・キドク

出演:ヤン・ドングン チョ・ジェヒョン ミョン・ゲナム

初キム・キドク。おもしろかった〜 私の中ではこの年の最優秀賞です。

  

●『フラワーアイランド』(01年)  第2回東京フィルメックス

鑑賞日:11/23

場所:有楽町朝日ホール

監督:ソン・イルゴン

出演:ソ・ジュヒ イム・ユジン キム・ヘナ

三人の女優の圧倒的存在感。

  

●『ワイキキブラザース』(01年)  第2回東京フィルメックス

鑑賞日:11/24

場所:有楽町朝日ホール

監督:イム・スルレ

出演:イ・オル ファン・ジョンミン パク・ウォンサン パク・ヘイル

パク・ヘイル!どこに出てたんだ!気づかず。友人は先日パクくんからサインをもらったようです。

  

●『リベラ・メ』(00年)

鑑賞日:11/24

場所:丸の内プラゼール

監督:ヤン・ユノ

出演:チェ・ミンス チャ・スンウォン ユ・ジテ パク・サンミョン キム・スロ

映画祭の合間を縫って行く。チェ・ミンス好き。7:3だったらもっと好き(笑)11月はユ・ジテ作品3本目。

 

●『ブルース・リーを探して』(01年)  第2回東京フィルメックス

鑑賞日:11/25

場所:有楽町朝日ホール

監督:カン・ノン

出演:クライング・ナッツ

途中、熟睡。内容は覚えてませ〜ん。


●『虹鱒』(99年)  2001韓国映画プロジェクト

鑑賞日:12/7

場所:国際交流フォーラム

監督:パク・チョンウォン

出演:カン・スヨン ファン・インソン ソル・ギョング イ・ウンジュ

2年前に見逃してからやっと見られる機会に恵まれる。ソル・ギョング出演作品。

 

●『イ・ジェスの乱』(99年)  2001韓国映画プロジェクト2

鑑賞日:12/8

場所:国際交流フォーラム

監督:パク・クァンス

出演:イ・ジョンジェ シム・ウナ ミョン・ゲナム

またジョンジェです(笑)気になっちゃいます。シム・ウナちょっとだけ出てます。

 

●『新羅の月』(01年)  2001韓国映画プロジェクト2

鑑賞日:12/9

場所:国際交流フォーラム

監督:キム・サンジ

出演:イ・ソンジェ チャ・スンウォン キム・ヘス

チャ・スンウォンはコメディが良い!『リベラ・メ』より好感。この作品ですっかりイ・ソンジェ好きに。

 

●『猟奇的な彼女』(01年)  2001韓国映画プロジェクト2

鑑賞日:12/9

場所:国際交流フォーラム

監督:クァク・チェヨン

出演:チョン・ジヒョン チャ・テヒョン

喫煙所でライターを探している人がいた。あまりにも一生懸命なので貸してあげたら喜ばれた。

映画評論家北川れい子さんだった。『猟奇的な彼女』を大絶賛して去って行った(笑)

 

2001-12-02

[]『ジェネックス・コップ2』 キネカ大森

大森へ、いつも思うが遠い.....。

『ジェネックスコップ』の続編で『ジェネックスコップ2』

でも今回、ニコラス・ツェーはスケジュールが合わず登場しない。

今度の敵はなんとロボット......って最初聞いた時からちゃちい気がして

ダメだと思っていたので期待はしなかったのがかえって良かった。

想像してたよりはまあーましかな。

でもやっぱりPART2なのでパワー不足は否めない。

それはひとえに呉鎮宇が出ていないという個人的な理由でなのだが(笑)

サム・リーは相変わらずカワイイが、今回の主役エディソン・チャン

顔は整ってはいるがイマイチ個性が足りない。

顔が良いだけじゃあねー ツブシは効かないのだねー。

それにつけても最近の香港映画界は若手スターがどんどん出てきて、

さっぱり判らない人たちが多くなってきた。

昔のスターに比べたらなんと小粒なスターが多いことよ。

2001-12-01

[]『天才脚本家』 

内容に興味を惹かれたのか、役者に興味があったのかすっかり忘れたが

チケットを買っていたので行ってみる。

世の中で起こっている事件や事故が実は国家ぐるみで作られた

“脚本”によるものだとしたら?という荒唐無稽な物語。

面白かったなー 見に行って良かったー。

ありそうもない話しなのだが、もしかして?って思わせるところがいいのかも。

ウソっぽい話が本当だったり、本当の事がウソっぽく思えるのは日常でもありがちだし。

知ってる役者は朝ドラの『オードリ−』で見た腹筋善之介のみ。

だけど“電通の伊藤”こと久保田浩と三上市朗がお気に入りに。

久保田浩の狂気のパワーと三上市朗のうさん臭気なやらせ番組の

ディレクターが良かったな− その二人に釘付けでした。

“イヌガマ”(やらせ番組で発見された事になっているイヌの頭とガマガエルの体を持った

新種の生物 ←そんなのいるか!)のぬいぐるみ(?)が気持ち悪くも可愛かった〜

1999 | 12 |
2000 | 12 |
2001 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 03 | 05 | 06 |