Hatena::ブログ(Diary)

kiediary


2003-12-31

[] 2003年演劇鑑賞記録


『人間風車』

観劇日:1/11

会場:PARCO劇場

作:後藤ひろひと

演出:G2

出演:入江雅人、永作博美、河原雅彦、中山祐一朗、山内圭哉


『ベジャール・ガラ』

観劇日:1/18

会場:東京文化会館 大ホール

振付:モーリス・ベジャール

演目:「ギリシャの踊り」「ドン・ジョヴァンニ」「ボレロ」

出演:高岸直樹


『百鬼夜行抄』 花組芝居

観劇日:1/19

会場:博品館劇場

原作:今市子

脚本:わかぎゑふ

演出:加納幸和

出演:加納幸和、原川浩明、水下きよし、溝口健二、植本潤


『ルネサンス』 トレランス

観劇日:1/25

会場:紀伊国屋ホール

作・演出:上杉祥三

出演:長野里美、陰山 泰、細見大輔、井之上チャル、螢 雪次朗、上杉祥三


『人間風車』

観劇日:1/25

会場:PARCO劇場

作:後藤ひろひと

演出:G2

出演:入江雅人、永作博美、河原雅彦、中山祐一朗、山内圭哉


『SLAPSTICKS』

観劇日:1/31

会場:PARCO劇場

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

出演:オダギリジョー、ともさかりえ、古田新太、大谷亮介、山崎一


『倉森物語』 倉森Victory プロデュース with サモ・アリナンズ

観劇日:2/1

会場:本多劇場

作・演出 倉森勝利

出演:久保田浩、平田敦子、福田転球、倉森勝利、久ヶ沢 徹


『ピルグリム』

観劇日:2/2

会場:新国立劇場 中劇場

作・演出:鴻上尚史

出演:市川右近、富田靖子、山本耕史、佐藤正宏、天宮良


『ニンゲン御破産』

観劇日:2/4

会場:Bunkamura シアターコクーン

作・演出:松尾スズキ

出演:中村勘九郎、田畑智子、阿部サダヲ、吹越満、宮藤官九郎


『恐怖時代』

観劇日:2/8

会場:日生劇場

作:谷崎潤一郎

演出:井上尊晶

出演:浅丘ルリ子、西岡徳馬、夏木マリ、木場勝己、MAKOTO


『文楽二月公演』

観劇日:2/8

会場:国立劇場 小劇場

演目:「ひらかな盛衰記」


『ニンゲン御破産』

観劇日:2/9

会場:Bunkamura シアターコクーン

作・演出:松尾スズキ

出演:中村勘九郎、田畑智子、阿部サダヲ、吹越満、宮藤官九郎


『空天華』 リリパット・アーミー?

観劇日:2/9

会場:本多劇場

作・演出:わかぎゑふ

出演:コング桑田、関秀人、わかぎゑふ、粟根まこと(ゲスト)、升毅(ゲスト)


『雨上がりの夜空に...』 東京乾電池

観劇日:2/15

会場:本多劇場

作:ベンガル

演出:綾田俊樹

出演:藤山直美、ベンガル、綾田俊樹


『BIGGER BIZ 〜絶体絶命!結城死す?』 AGAPE store#7

観劇日:2/15

会場:紀伊国屋ホール

作:後藤ひろひと

演出:G2

出演:松尾貴史、三上市朗、八十田勇一、松永玲子、後藤ひろひと


『二月文楽公演』

観劇日:2/16

会場:国立劇場 小劇場

演目:「一谷嫩軍記」


『SLAPSTICKS』

観劇日:2/16

会場:PARCO劇場

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

出演:オダギリジョー、ともさかりえ、古田新太、大谷亮介、山崎一


『雨上がりの夜空に...』 東京乾電池

観劇日:2/22

会場:本多劇場

作:ベンガル

演出:綾田俊樹

出演:藤山直美、ベンガル、綾田俊樹


『ニンゲン御破産』

観劇日:2/24

会場:Bunkamura シアターコクーン

作・演出:松尾スズキ

出演:中村勘九郎、田畑智子、阿部サダヲ、吹越満、宮藤官九郎


『オケピ!』

観劇日:3/8

会場:青山劇場

作・演出:三谷幸喜

出演:白井晃、天海夕希、寺脇康文、戸田恵子、小日向文世


『ペリクリーズ』

観劇日:3/16

会場:彩の国さいたま芸術劇場

作・ウィリアム・シェイクスピア

演出:蜷川幸雄

出演:内野聖陽、田中裕子、白石加代子、市村正親


『人間合格』 こまつ座

観劇日:3/21

作・井上ひさし

演出:鵜山仁

出演:大高洋夫、梨本謙二郎、松田洋治、梅沢昌代、すまけい


『夜叉ヶ池』 花組芝居

観劇日:3/22

会場:東京グローブ座

作・演出:加納幸和

出演:佐藤アツヒロ、松本莉緒、岡本健一、加納幸和


『白鳥の湖』 AMP

観劇日:3/27

会場:Bunkamura オーチャードホール

振付:マシュー・ボーン


『黒蜥蜴』

観劇日:3/29

会場:ル テアトル銀座

作:三島由紀夫

演出:美輪明宏

出演:美輪明宏、高嶋政宏


『ドリルの上の兄妹』 ペンギンプルペイルパイルズ#5

観劇日:3/29

会場:THEATER/TOPS

作・演出:倉持裕

出演:小林高鹿、朴本早紀子、山本大介、中山祐一朗


『THE TOUCHEABLES』 ENBUゼミナール 後藤ひろひと組公演

観劇日:4/5

会場:三鷹星のホール

作・演出:後藤ひろひと

出演:三上市郎、後藤ひろひと


『ゴーリキ』 遊気舎

観劇日:4/5

会場:中野ザ・ポケット

作・演出:久保田浩

出演:久保田浩


『花の紅天狗』 劇団☆新感線

観劇日:4/13

会場:ル テアトル銀座

作・演出:いのうえひでのり

出演:高橋由美子、木野花、川崎悦子、森奈みはる、粟根まこと


『花の紅天狗』 劇団☆新感線

観劇日:4/26

会場:ル テアトル銀座

作・演出:いのうえひでのり

出演:高橋由美子、木野花、川崎悦子、森奈みはる、粟根まこと


『オイル』 NODA・MAP

観劇日:5/8

会場:Bunkamura シアターコクーン

作・演出:野田秀樹

出演:松たか子、藤原竜也、小林聡美、北村有起哉、橋本じゅん


『五月文楽公演』

観劇日:5/18

会場:国立劇場 小劇場

演目:「加賀見山再岩藤」


『五月文楽公演』

観劇日:5/18

会場:国立劇場 小劇場


『兄おとうと』 こまつ座

観劇日:5/19

会場:紀伊国屋ホール

作・井上ひさし

演出:

出演:辻萬長、宮地雅子


『CHICAGO』

観劇日:6/1

会場:赤坂ACTシアター

作:ボブ・フォッシー

振付:ボブ・フォッシー、アン・ラインキング

演出:ウォルター・ボビー

出演:エマ・クリフォード、マーティ・ペロウ


『みつばち』 阿佐ヶ谷スパイダース

観劇日:6/7

会場:全労済ホール スペース・ゼロ

作・演出:長塚圭史

出演:鈴木砂羽、山内圭哉、中山裕一郎、市川しんぺー


『CHICAGO』

観劇日:6/22

会場:赤坂ACTシアター

作:ボブ・フォッシー

振付:ボブ・フォッシー、アン・ラインキング

演出:ウォルター・ボビー

出演:エマ・クリフォード、マーティ・ペロウ


『ゴーストライター』 G2プロデュース

観劇日:6/29

会場:紀伊国屋ホール

作・演出:G2

出演:三上市郎、関秀人、川下大洋、楠見薫、武内陶子


『新・乾いて候 そなたも同じ野の花か』

観劇日:7/6

会場:新橋演舞場

原作:小池一夫

演出:田中林輔

出演:田村正和、平淑江、川野太郎、二宮さよ子、北村和夫


『オールディーズ・バット・ゴールディーズ』 劇団M.O.P

観劇日:7/27

会場:紀伊国屋ホール

作・演出:マキノノゾミ

出演:キムラ緑子、三上市郎、山内圭哉


『きらら浮世伝』 扉座

観劇日:8/10

会場:紀伊国屋サザンシアター

作・演出:横内謙介

出演:山崎銀之丞、木村多江


『パラレリ』 

観劇日:8/10

会場:三百人劇場

作・演出:川下大洋

出演:楠見薫、粟根まこと、腹筋善之介、川下大洋


『レ・ミゼラブル』

観劇日:8/12

会場:帝国劇場

作:ヴィクトル・ユゴー

演出:ジョン・ケアード/トレバー・ナン

出演:山口祐一郎、内野聖陽、岡田浩暉


『WEE THOMAS』

観劇日:8/13

会場:PARCO劇場

作:マーティン・マクドナー

演出:長塚圭史

出演:北村有起哉、佐藤康恵、板尾創路、中山祐一郎、三宅弘城


『阿修羅城の瞳』 劇団☆新感線

観劇日:8/14

会場:新橋演舞場

作:中島かずき

演出:いのうえひでのり

出演:市川染五郎、天海夕希、伊原剛志、高田聖子、小市慢太郎


『サボテンの花』

観劇日:8/15

会場:三越劇場

作:バリレ&グレディ

演出:鵜山仁

出演:藤山直美、永島敏行、河相我門、


『熊沢パンキース』 大人計画

観劇日:8/15

会場:本多劇場

作・演出:宮藤官九郎

出演:阿部サダヲ、田辺誠一、佐藤隆太、松尾スズキ


『ワンマンショー』 ペンギンプルペイルパイルズ#6

観劇日:8/16

会場:THEATER/TOPS

作・演出:倉持裕

出演:小林高鹿、朴本早紀子、山本大介


『阿修羅城の瞳』 劇団☆新感線

観劇日:8/24

会場:新橋演舞場

作:中島かずき

演出:いのうえひでのり

出演:市川染五郎、天海夕希、伊原剛志、高田聖子、小市慢太郎


『阿修羅城の瞳』 劇団☆新感線

観劇日:8/30

会場:新橋演舞場

作:中島かずき

演出:いのうえひでのり

出演:市川染五郎、天海夕希、伊原剛志、高田聖子、小市慢太郎


『九月文楽公演』

観劇日:9/15

会場:国立劇場 小劇場

演目:「義経千本桜」


『nocturne』 維新派

観劇日:9/21

会場:新国立劇場 中劇場

作・演出:松本雄吉


『ハルディン・ホテル』 NYLON100℃

観劇日:11/15

会場:本多劇場

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

出演:犬山イヌコ、みのすけ、三宅弘城、大倉孝二、松永玲子


『欲望という名の電車』

観劇日:11/15

会場:青山円形劇場

作:テネシー・ウィリアムズ

演出:鈴木勝秀

出演:篠井英介、古田新太、久世星佳


『飛龍伝』

観劇日:12/6

会場:青山劇場

作・演出:つかこうへい

出演:筧利夫、広末涼子、春田純一


『文楽観賞教室』

観劇日:12/13

会場:国立劇場 小劇場

演目:「夏祭浪花鑑」


『ふるあめりかに袖はぬらさじ』

観劇日:12/13

会場:新橋演舞場

作:有吉佐和子

演出;坂東玉三郎

出演:藤山直美、牧瀬里穂、松村雄基、団時朗、小島秀哉


『止まれない12人』

観劇日:12/23

会場:全労済・スペースゼロ

作:後藤ひろひと

演出:G2

出演:岡田義徳、楠見薫、山内圭哉、池田鉄祥、関秀人


『法王庁の避妊法』

観劇日:12/28

会場:世田谷パブリックシアター

作:飯島早苗

演出:鈴木裕美

出演:勝村政信、稲森いづみ、西牟田恵、持田真樹、三上市朗

2003-12-30

[] 2003年歌舞伎鑑賞記録


『寿初春大歌舞伎 昼の部』

観劇日:1/3

会場:歌舞伎座

演目:「出雲の阿国」「矢の根」「京鹿子娘道成寺」「弁天娘女男白浪」

出演:尾上菊五郎、市川團十郎、松本幸四郎、坂東三津五郎、坂東玉三郎


『寿初春大歌舞伎 夜の部』

観劇日:1/3

会場:歌舞伎座

演目:「菅原伝授手習鑑 寺子屋」「保名」「助六由縁江戸桜」

出演:中村雀右衛門、中村芝翫、尾上菊五郎、市川團十郎、坂東玉三郎


『新春浅草歌舞伎 昼の部』

観劇日:1/4

会場:浅草公会堂

演目:「菅原伝授手習鑑 車引」「奴道成寺」「義経千本桜」

出演:中村勘太郎、中村七之助、中村獅童、市川亀治郎、市川男寅


『新春浅草歌舞伎 夜の部』

観劇日:1/4

会場:浅草公会堂

演目:「菅原伝授手習鑑 車引」「奴道成寺」「義経千本桜」

出演:中村勘太郎、中村七之助、中村獅童、市川亀治郎、市川男寅


『一月歌舞伎公演』

観劇日:1/19

会場:国立劇場 大劇場

演目:「通し狂言 双蝶々曲輪日記」

出演:中村吉右衛門


『二月花形歌舞伎 夜の部』

観劇日:2/11

会場:新橋演舞場

演目:「毛抜」「雪の道成寺」「杜若艶色紫」

出演:中村橋之助、中村福助、中村扇雀、尾上松緑、中村翫雀


『二月花形歌舞伎 昼の部』

観劇日:2/22

会場:新橋演舞場

演目:「一谷嫩軍記」「鏡獅子」「曾根崎心中」

出演:中村橋之助、中村福助、中村扇雀、尾上松緑、中村翫雀


『二月大歌舞伎 昼の部』

観劇日:2/23

会場:歌舞伎座

演目:「通し狂言 義経千本桜 序幕、二幕、三幕」

出演:中村雀右衛門、中村芝翫、尾上菊五郎、中村吉右衛門、坂東三津五郎


『二月大歌舞伎 夜の部』

観劇日:2/23

会場:歌舞伎座

演目:「通し狂言 義経千本桜 四幕、五幕、六幕」

出演:尾上菊五郎、市川團十郎、中村富十郎、片岡秀太郎、中村梅玉


『三月大歌舞伎 昼の部』

観劇日:3/15

会場:歌舞伎座

演目:「松寿操り三番叟」「浮舟」「勧進帳」

出演:片岡仁左衛門、松本幸四郎、中村富十郎、中村勘九郎、坂東玉三郎


『三月歌舞伎公演』

観劇日:3/22

会場:国立劇場 大劇場

演目:

出演:中村梅玉


『三月大歌舞伎 夜の部』

観劇日:3/23

会場:歌舞伎座

演目:「傾城反魂香」「連獅子」「与話情浮名横櫛」

出演:片岡仁左衛門、中村芝翫、中村富十郎、中村勘九郎、坂東玉三郎


『四月大歌舞伎 夜の部』

観劇日:4/6

会場:歌舞伎座

演目:「大石最後の一日」「二人夕霧」「人間万事金世中」

出演:中村吉右衛門、中村雁治郎、中村富十郎、片岡我童、中村梅玉


『四月大歌舞伎 夜の部』

観劇日:4/20

会場:歌舞伎座

演目:「国姓爺合戦」「慣ちょっと七変化」

出演:中村雀右衛門、中村吉右衛門、中村富十郎、中村雁治郎、澤村田之助


『團菊祭五月大歌舞伎 昼の部』

観劇日:5/25

会場:歌舞伎座

演目:「鞘当」「実盛物語」「口上」「幡随長兵衛」

出演:尾上菊五郎、市川團十郎、河原崎権十郎、片岡市蔵、市川男女蔵


『團菊祭五月大歌舞伎 夜の部』

観劇日:5/25

会場:歌舞伎座

演目:「暫」「髪結新三」「かっぽれ」

出演:尾上菊五郎、市川團十郎、坂東三津五郎、市川左團次、尾上菊之助


『六月大歌舞伎 昼の部』

観劇日:6/8

会場:歌舞伎座

演目:「一谷嫩軍記」「棒しばり」「葛の葉」「藤娘」

出演:松本幸四郎、中村雀右衛門、坂東玉三郎、市川染五郎、中村勘太郎


『六月大歌舞伎 夜の部』

観劇日:6/8

会場:歌舞伎座

演目:「鈴ヶ森」「曽我綉侠御所染」

出演:片岡仁左衛門、坂東玉三郎、市川左團次、市川染五郎、中村勘太郎


『夏祭浪花鑑』

観劇日:6/15

会場:Bunkamura シアターコクーン

演出:串田和美

出演:中村勘九郎、中村橋之助、中村七之助、中村獅童、中村扇雀


『夏祭浪花鑑』

観劇日:6/26

会場:Bunkamura シアターコクーン

演出:串田和美

出演:中村勘九郎、中村橋之助、中村七之助、中村獅童、中村扇雀


『七月大歌舞伎 昼の部』

観劇日:7/13

会場:歌舞伎座

演目:「妹背山女庭訓」「檜垣」「盲長屋梅加賀鳶」

出演:市川猿之助、中村芝翫、中村梅玉、中村東蔵、市川右近


『七月大歌舞伎 夜の部』

観劇日:7/20

会場:歌舞伎座

演目:「通し狂言四谷怪談」

出演:市川猿之助、中村東蔵、市川段四郎、市川右近、市川笑也


『七月歌舞伎鑑賞教室』

観劇日:7/21

会場:国立劇場 大劇場


『八月納涼歌舞伎 第三部』

観劇日:8/11

会場:歌舞伎座

演目:「どんつく」「野田版鼠小僧」

出演:中村勘九郎、坂東三津五郎、中村福助、中村扇雀、中村七之助


『八月納涼歌舞伎 第一部』

観劇日:8/13

会場:歌舞伎座

演目:「義賢最期」「浅妻船」「山帰強桔梗」「近江のお兼」

出演:中村勘九郎、坂東三津五郎、中村福助、中村扇雀、中村七之助


『八月納涼歌舞伎 第ニ部』

観劇日:8/13

会場:歌舞伎座

演目:「怪談牡丹灯篭」「団子売」

出演:中村勘九郎、坂東三津五郎、中村福助、中村扇雀、中村七之助


『八月納涼歌舞伎 第三部』

観劇日:8/16

会場:歌舞伎座

演目:「どんつく」「野田版鼠小僧」

出演:中村勘九郎、坂東三津五郎、中村福助、中村扇雀、中村七之助


『八月納涼歌舞伎 第三部』

観劇日:8/29

会場:歌舞伎座

演目:「どんつく」「野田版鼠小僧」

出演:中村勘九郎、坂東三津五郎、中村福助、中村扇雀、中村七之助


『九月大歌舞伎 昼の部』

観劇日:9/7

会場:歌舞伎座

演目:「彦山権現誓助剱」「六歌仙容彩」「河内山」

出演:中村吉右衛門、中村芝翫、中村富十郎、中村雀右衛門


『九月大歌舞伎 夜の部』

観劇日:9/23

会場:歌舞伎座

演目:「俊寛」「身替座禅」「ひらかな盛衰記」

出演:中村吉右衛門、中村芝翫、中村富十郎、中村福助、中村梅玉



『十月歌舞伎公演』

観劇日:10/5

会場:国立劇場 大劇場

演目:「競伊勢物語」

出演:市川猿之助


『平成中村座 昼の部』

観劇日:10/12

会場:浅草寺

演目:「加賀見山再岩藤」

演出:串田和美

出演:中村勘九郎、中村福助、中村扇雀、中村七之助、坂東弥十郎


『芸術祭十月大歌舞伎 昼の部』

観劇日:10/13

会場:歌舞伎座

演目:「盟三五大切」「連獅子」

出演: 尾上菊五郎、松本幸四郎、市川團十郎、中村時蔵


『芸術祭十月大歌舞伎 昼の部』

観劇日:10/13

会場:歌舞伎座

演目:「祇園祭礼信仰記」「於染久松色読販」

出演:中村雀右衛門、板東玉三郎、松本幸四郎、尾上菊五郎、市川團十郎


『平成中村座 夜の部』

観劇日:10/26

会場:浅草寺

演目:「弁天娘女男白浪」「本朝廿四孝」「人情噺文七元結」

出演:中村勘九郎、中村福助、中村扇雀、中村七之助、坂東弥十郎



『吉例顔見世大歌舞伎 昼の部』

観劇日:11/16

会場:歌舞伎座

演目:「梶原平三誉石切」「船弁慶」「松竹梅湯島掛額」

出演:片岡仁左衛門、尾上菊五郎、中村富十郎、中村吉右衛門、中村雁治郎


『十二月大歌舞伎 夜の部』

観劇日:12/7

会場:歌舞伎座

演目:「絵本太功記」「素襖落」「狐狸狐狸ばなし」

出演:中村勘九郎、市川団十郎、中村福助、市川新之助、中村芝翫


『十二月大歌舞伎 昼の部』

観劇日:12/20

会場:歌舞伎座

演目:「舞妓の花宴」「実盛物語」「道行旅路の嫁入」「西郷と豚姫」

出演:中村勘九郎、市川團十郎、中村福助、市川新之助、中村芝翫

2003-12-14

[][] 『戀之風景』 NHKアジアフィルムフェスティバル

キャロル・ライ監督の2作目。

最愛の恋人イーキン・チェンを亡くしたカリーナ・ラム

イーキンが残した風景画の場所を探しに、彼の故郷である青島へ旅立つ。

絵本作家を目指す郵便配達員のリィウ・イェとその場所を探すうちに

いつしかカリーナに惹かれていく.....。

カリーナの気持ちも揺れ動き、イーキンへの想いが薄らぐ自分に罪の意識を覚える....


いかにもなラブストーリーなのだが、リィウ・イェとカリーナが

恋する時の心の揺れや、どーしようもない気持ちを丁寧に演じているところに好感。

自分の心にはまだイーキンへの想いがあるはずなのに、リィウ・イェが他の女の子から

マフラーを貰っているところを目撃して、思わず嫉妬してしまうカリーナ。

お互いの気持ちが重なりそうになると逡巡し、また引き寄せ合う。

美しい映像と共に二人の微妙な感情が画面から流れてくるのは心地よかった。


イーキンはアクション映画とかでなく、こういうソフトな役柄が断然良い。

回想だけの少ない登場だが、忘れがたく印象的。

最近観た『冷戦』といい、良い仕事をしてるなーと思う。

2003-12-13

[] 『ふるあめりかに袖はぬらさじ』新橋演舞場

かつて杉村春子や坂東玉三郎が演じた有吉佐和子の名作。

今回は演出に玉三郎、主人公お園を関西弁で藤山直美が演じる。

幕末の日本の状況、遊女や芸者の世界など興味深いところはある話だけど

喜劇女優・藤山直美が観たかったので消化不良。

牧瀬里穂.....いただけません。これなら映画『顔』の妹役の方が何倍も良かった。

藤山直美と小島秀哉のやり取りは、お腹痛いほど笑かしてもらいました。

この二人のやり取りが観られて、ようやく満足。

同じ舞台上の松村雄基、よくじっと我慢できたと変に感心。

2003-12-12

[] 『十二月文楽教室』国立劇場

大好きな『夏祭浪花鑑』があるので行って来ました。冬だけど....

初めて文楽を観たときの演目がこれで、人形なのにものすごーく団七が

格好良かったのを覚えています。ただの人形なのに人形でないような....

今年のコークン歌舞伎で同じ演目を勘九郎が演じたのも確かに良かったのだけど

文楽での印象があまりにも強いため、最初のインパクトを覆せません。

特に団七が義父にトドメを刺す場面では、さすがに顔を見ては刺せないのか

背中越しに刺して、後ろ姿のまま見得を切るその姿がいなせというか

色っぽいというか.....う〜んただの人形なのに.....素敵なんです。

確かコクーン歌舞伎では、後ろ姿で見得を切るところが無かったような気がします。

その代わり、御輿やお囃子の賑やかな喧噪で陰惨な殺人がかき消されてゆく場面は

人が演じた方が迫力があって、文楽で観たときよりも圧巻でした。

文楽には文楽の、歌舞伎には歌舞伎の表現法があってそれぞれの良さが堪能できます。

よく考えたら義父殺しの話なんですよね〜 まあ確かにどうしようもない舅なんですが...

例え悪いヤツでも親は親。忠義の為でも自分の手で親を殺すのは辛い事。 

殺そうと思った訳ではないのに、殺すしかなかったのがどうしようもなく哀しいです。

2003-12-07

[] 『十二月大歌舞伎 夜の部』歌舞伎座

『絵本太功記』

眠かった〜 ただひたすら眠かったです。

勘九郎と福助が綺麗だなと思ったが

芝翫と東蔵が出てきた時点で記憶がありません。

新之助なんて観た覚えもナシ。

東蔵は良かっただろうな〜と思ってちょっと悔しい。

ていうか起きてろよ、何見に行ってるんだよと自分で自分に突っ込みました。


『素襖落』

橋之助が楽しそうだったな〜 お客よりも自分が一番楽しいって感じ。

ちょっといいのか?と思ったがいいのか。

松羽目ものなのでかなり苦手だが、身替座禅みたいな感じなので楽しい。

でもホントにお客以上に楽しそうだったな〜橋之助。


『狐狸狐狸ばなし』

あー楽しかった。役者もみんな楽しそうに遊んでたな〜

勘九郎、福助あたりは慣れてて如才なしって感じだが、新之助だけ堅かったかも。

こういう芝居は初めてなのかしら?でも端正な顔立ちなので間男にはぴったり。

浮気をしてる女房を懲らしめる話だが、題名の通り狐と狸の化かし合い。

騙したつもりが騙されて....

こういう芝居をやると「これはホントの歌舞伎じゃない!」とか言う人いるんだろうなきっと。

私は楽しかったのでぜんぜんOKなんですけど。

2003-12-06

[] 『飛龍伝』青山劇場

もう数十年前になるが、世の中に突然“風間杜夫ブーム”なるものが蔓延し

うっかり感染した私は、つかこうへい劇団写真集『前進か死か』を買った。

そこで平田満、三浦洋一、根岸季衣らを知り、いざ芝居へという時に劇団は解散… 

挫折感を味わったまま機会を失い幾年月.....

去年『熱海殺人事件』で初めてつか演出を体感するのだが

もうあの時代の空気には戻らないのだな〜と改めて悟る。

舞台はナマもの。同じ芝居は二度とない。


今回はあのメンバーの面影を思い出さずに済む『飛龍伝』

この芝居は筧利夫がつかこうへいに“創らせた”物語だそうだ。

作家を衝き動かす力を持った役者・筧利夫、その本領を観られる圧倒的な芝居だった。

バカでスケベで暑苦しい、だけど一途で愛嬌のある山崎一平=筧利夫。

一本気で煩わしいのだが、その想いの真っ直ぐなところがせつなく苦しかった。

心配だった広末涼子も意外に健闘。あの役柄と広末の境遇を重ね合わせ

どんどん追いつめ“背負わせた”のが良かったのかも。

ヤッケと同等のタキシードは出演男優全員が着用するという大繁盛ぶり。

階段上での群舞は圧巻で微かにときめきを覚えてしまった.....

タキシード姿って色っぽいよな〜と改めて実感。

『前進か、死か』は今でもウチのどこかで大事に眠っている。

風間さんと平田さんのサイン付きで.....

後にも先にも芸能人に自分からサインをもらいに行ったのはこの二人だけ。

平田さんにサインをお願いしに行ったとき「意外とミーハーだね〜」と

言われた事をいまだに覚えている....いいじゃん!好きだったんだもん ←過去形かよ

1999 | 12 |
2000 | 12 |
2001 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 03 | 05 | 06 |
Connection: close