Hatena::ブログ(Diary)

kiediary


2004-07-22

kiediary2004-07-22

[][]『朱紅文字』

ワタクシの初韓国映画ハン・ソッキュの『八月のクリスマス』です(王道?)

だからって訳ではないのですが、この人の動向は気になります。

コケちゃったらしい『二重スパイ』は未見ですが、その他の作品はだいたい観ています。

1本ぐらいコケたからって今までの功績が消えるって訳ではないんだからいいじゃん!

と個人的には思うのですが“神話崩壊”とか“スランプ”って言われちゃってるよ

辛い立場だねーと同情しちゃいました。まあ本人はマイペースかもしれませんが....。

そんなハン・ソッキュ久々の新作です。

スチール見てると無精ヒゲでなんだか『カル』っぽいです。

こういうけだるさが漂っている雰囲気が大好物なワタクシ(笑)

妙に色っぽいのがかなりイイ感じです。


先週『ガイアの夜明け』(テレビ東京)で韓国映画界の特集を放送していましたが

その中で映画配給会社「シネカノン」代表・李鳳宇(リ・ボンウ)氏を

カンヌ映画祭フィルムマーケットまで追いかけて密着取材をしていました。

李氏が契約したかった韓国映画が『The Scarlet Letter』

これって『朱紅文字』のことではないかと思うのですが.....

契約はどうにか成立したようです。

朝鮮日報7/20

『朱紅文字』

2004-07-14

kiediary2004-07-14

[][]『ロードムービー』第13回レズビアンゲイ映画祭

ひさーしぶりにL&G映画祭に行ってみる。

レスリー・チャンの出ていたドキュメンタリーを観た以来だから3、4年ぶりかな〜。

この映画祭では香港映画しか観てなかったので初韓国映画


低予算のインディペンディト映画

ストレートなタイトルそのままなロードムービー。

金融ブローカーのソグォン(チョン・チャン)は株価暴落で全財産を失う。

ソウルの街をさまよい泥酔し、薬物に溺れるソグォンを救ったのは

高名な登山家だったが自らも人生に挫折しホームレスとなったデシク(ファン・ジョンミン)だった。

やがて二人はあてのない旅に出る。

旅先で知り合った一人の女・イルジュはデシクに思いを寄せ、旅に加わる。

しかしデシクはイルジュにまったく感心を示さない。

そしてイルジュは気付く。デシクが本当に愛しているのは誰なのかを。

一方通行の恋。

それぞれの想いは相手に届かない。

届いたと思った瞬間、それはすり抜けていく。

せつない想いだけが廻る。


生きていくのが辛い時、誰かが側にいてくれれば乗り越えられる時もある。

それはいったい誰なのか?どこにいるのか?

常識に囚われず、自身の気持ちに正直になった時、その姿が浮かび上がる。

人間生きていくうちに余分な“垢”が付き過ぎて、見えるものも見えなくなり

気付いていても気付かぬふりをする。

デシク役のファン・ジョンミンが素晴らしい。

舞台俳優上がりで、すでにトップクラスの役者だとか。

『浮気な家族』にも出演していたらしいが、東京は終了。残念!

『ワイキキブラザーズ』にも出演していたが、全然覚えていない(涙)

同じ作品に出演していたパク・ヘイルといい、この映画はいい役者の宝庫。

ぜひもう1回観たい作品。


第13回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭

『ロードムービー』

コリアフィルム

2004-07-07

kiediary2004-07-07

[]『春香伝

パンソリの語りにのせて映像が流れ出す。

ちょっと文楽っぽいんだよねー 好きかも。

てっきり『ロミオとジュリエット』か『梁山伯と祝英台』だと思いこんで見始める。

だって権力者の横暴とか身分の違いとか、不幸てんこもり?みたいなのがいっぱいで。

いやー先入観はいけませんな。

これでデビューのチョ・スンウがとても若くて可愛いです。

最後にチョ・スンウが科挙に合格して、密使になるんですが

これってもしかしてアメンオサ(漢字忘れる)のことなのかなー?

韓国ではみんなが知ってる話みたいだし。

2004-07-01

[][][]『阿修羅城の瞳

あの舞台がどういう映像になるのか、ものすごく楽しみでもあり、不安でもあり。

CGとかワイヤーアクションとかやっちゃうのか?

あのギャグは生かすのか?パトラッシュは?(笑)

ああー心配の種はつきまじ。やっぱ不安かもー

配役はこんな感じ。


  【映画版】        【00年舞台版】      【03年舞台版】

出 門 :市川染五郎  →   市川染五郎    →   市川染五郎

つばき :宮沢りえ   →   富田靖子     →   天海夕希

邪 空 :渡部篤郎   →   古田新太     →   伊原剛志

安倍晴明内藤剛志   →   平田満      →   近藤芳正

美 惨 :樋口可南子  →   江波杏子     →   夏木マリ

鶴屋南北小日向文世  →   加納幸和     →   小市慢太郎


邪空に渡部篤郎かあー いいのか?うーん。

美惨@樋口、南北@小日向は良いと思われます。

『髑髏城の七人』も映画化するらしいんですけどー

大丈夫なのか?


スポニチ7/1

[][]『姑獲鳥の夏』

『阿修羅』記事を探していたら、別記事が目に入ったので。

これも映画化か〜

監督は実相寺昭雄、脚本には京極夏彦も協力。

シリーズ化も視野に入れてるとか。

あの雰囲気が出せるのか?実相寺監督なら大丈夫なのかな〜?

   中禅寺秋彦:堤真一

    関口 巽:永瀬正敏

  榎木津礼二郎:阿部寛

     木場修: 宮迫博之

京極堂に堤真一かあー 好きだけど(笑)

木場が宮迫はどうなのか?

日刊スポーツ6/28

1999 | 12 |
2000 | 12 |
2001 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 03 | 05 | 06 |