Hatena::ブログ(Diary)

kiediary


2004-09-27

[] 『ダ・ヴィンチ・コード

うーん、普通に面白かったです。

ルーブル美術館の館長ソニエールが館内で殺害された。

残されたダイイングメッセージの解読にハーヴァード教授ラングドンは

フランス警察より捜査協力を求められるが....

今度はパリ、ロンドンを縦横に走りまくるラングトン。

前作『天使と悪魔』では暗殺者をローマ中追いかけていたが、今回は一転して追われる身に。

それも“聖杯”の隠し場所を探しながら....

ラングトンが宗教象徴学者なんで宗教がらみの話題が出てくるのは

当たり前なんだな〜と今さら気付く。

今回も聖杯を守る「シオン修道会」なる秘密結社の存在が。

実際にあるその組織の歴代総長がまた豪華。

サー・アイザック・ニュートン、ヴィクトル・ユゴーボッティチェルリ、そしてレオナルド・ダ・ヴィンチ

ワタクシ的にはジャン・コクトーの名前があって、なんか嬉しかったです。

宗教と芸術には少なからず興味があるので、面白かったです。

ダ・ヴィンチの絵にはいろいろな意味があったりとかね。

特に「最後の晩餐」の絵には、言われなければ気付かない描写があったりと

うんちく好きにはたまらなく面白いお話でした。

ただどっちかって言うと『天使と悪魔』の方が緊張感あったんですよー

ラングトンがナゾを説かないと枢機卿が殺されちゃうっていうのがあったんで。

それに結局、ワタクシがイタリア好きなんで思い入れが深いんですね。

次にどんな事件でラングトンが走り回り、どんなうんちくが聞けるのか楽しみです。



主演トム・ハンクス 監督:ロン・ハワード映画化決定

2006年5月19日公開予定


ダ・ヴィンチ・コード〈上〉

ダ・ヴィンチ・コード〈上〉

2004-09-24

[] 『天使と悪魔』

『ダ・ヴィンチ・コ−ド』があまりにも気になるので早速、本屋へ。

棚を見ると、どうやらこれはシリーズ2作目と判る。

シリーズものはキッチリ1作目から読みたいワタクシは

結局、新書4冊を抱えレジへ。重い....。

『天使と悪魔』ダン・ブラウン

図像学者ロバート・ラングドンの元に世界最大の科学研究所セルンの所長から紋章についての問い合わせが入る。

それは男の全裸死体に押された焼印で、すでに消滅した、ガリレオが創設したという伝説の秘密結社の紋章だった……

イタリア好きなので、ローマ、ヴァチカンと聞いただけで、もうワクワク。

ローマを思い出しながら、ベルニーニか〜あの広場か〜と懐かしく読めました。

『ダ・ヴィンチ・コード』片手にパリ観光が流行っているそうですが

私はぜひこの『天使と悪魔』片手にローマ観光したいです。

科学と宗教という重たそーな題材ですが、かなり読みやすいです。

そりゃーもう、ハリウッド映画みたいなノリ。

謎解き、アクション、ロマンスと美味しいとこてんこ盛りです。

作者の博識ぶりも驚愕もの。入念なリサーチが伺えます。

イルミナティ、反物質、コンクラーベ、ガリレオ....

うんちく振りが鼻につく人がいるかもしれませんが

京極夏彦に慣らされてるワタクシにとってはチョロいもんです。

だいたいうんちくズキだし(笑)

科学と宗教の対立という深ーい、永遠のテーマ。

どちらの言い分もあるし、どちらが正解とも間違ってると言えません。

だから永遠のテーマなんでしょうが...

塩野七生の著書から引用

「過度の信仰は狂信の温床となる」

なるほどね〜。



天使と悪魔(上)

天使と悪魔(上)

2004-09-14

[]第17回東京国際映画祭

昨日、上映作品のラインナップが発表されたようです。

特別招待作品には『誰にも秘密はある』『スリーモンスター』(邦題:『美しい夜、残酷な朝』)とイ・ビョンホン祭りになっております(笑)

そして、そしてなんと『カンフー・ハッスル』がラインナップに!

もうできてるのか星馳!(笑)ああー星馳の作品が特別招待作なんて感慨深い。

コンペ部門には『孝子洞の理髪師』(邦題『大統領の理髪師』)『風のファイター』

予告編を観た段階では『孝子洞の理髪師』がものすごく楽しみ。

アジアの風部門ではチェ・ミンシクの最新作『花咲く春が来れば』

その他に『Sダイアリー』『可能なる変化たち』『20のアイデンティティ』以上韓国映画

そして香港映画では『大事件』!久々に観るジョニー・トーの新作。

これは絶対に観るぅ〜!

他にも中国作品、香港の新人監督特集といろいろあるし

ああーチケット取りと何日会社をサボるかが悩みどころです(笑)


他の作品は下記のサイトへ

第17回東京国際映画祭

2004-09-07

kiediary2004-09-07

[][]『朱紅文字』あれこれ

韓石圭(ハン・ソッキュ)、映画『朱紅文字』の撮影中に失神

『朱紅文字』

前から思っていたのですがシネカノンって韓国作品についての選択眼がホントいいなーと。

春香伝『シュリ』『JSA』『オアシス』『殺人の追憶』......

かなり水準の高い作品を配給してきたと思われます。

こういう作品をチョイスしてきた会社だからこそ、今回契約したハン・ソッキュ主演の

『朱字』(媒体によってタイトルが違いますが)にはちょっと期待しますね〜。

ワタクシ的には前作の『二重スパイ』には全然触手が伸びなかったのですが

今回は気になって気になってしかたありません!

スチールを見る限り、今までと違ったハン・ソッキュがそこに居たからなのですー。

めちゃめちゃワルそうで色っぽいと思います!

この人って下の記事にある“韓流”とかっていうヤツに

すごく遠い人なんじゃんないかなーと....(いや、単にイメージなんですけど)


韓国スポーツ9/7

BUNKAKOREA日本語版9/7

シネソウル『朱字』

2004-09-05

kiediary2004-09-05

[][]『八月のクリスマスリメイク

ワタクシの初・韓国映画は『八月のクリスマス』です。

韓国映画っておもしろーいと思わせてくれた作品。

ワタクシが日本の芸能人の中で一番好きな“顔”は

山崎まさよしなんですぅー(照)『月とキャベツ』が大好きぃー!

そんな二つが一つになりましたぁ〜(意味不明)

『八月のクリスマス』がリメイクされちゃいます。

しかも主演が山崎まさよしで!

“リメイクは原作を越えない”がワタクシの持論ですが(いい加減です)

まあ例外もあるってことで(例外の筆頭は『LAコンフィデンシャル』です!傑作!)

不安ナシ!って訳ではないですが、ダメなら、まあ別物って考えとけばいっかー

というお手軽な気持ちです(笑)

山崎まさよしの顔がスクリーンで見られれば、それで満足なのー


ウェブ報知9/2

『八月のクリスマス』韓国版 日本公式サイト

2004-09-03

kiediary2004-09-03

[][]平成中村座ニューヨーク公演

今年の7月ほどニューヨークへ行きたいと思ったことはなかったですぅ〜(涙 )

でも泣く泣く諦めました(泣)なんて仕事好きなんだろー(絶対違う!)

7月、ニューヨーク・リンカーンセンターに平成中村座のテントが出現。

中村座、初の海外公演です。

演目は『夏祭浪花鑑』 演出は中村座ではおなじみの串田和美

この演目は私が見た歌舞伎の中で一番好きな出し物。

義理や人情そして人間の“どうしようもなさ”が粋な登場人物によって描かれる傑作です。

この演目を一昨年、コクーンで見たときの興奮は今も忘れません!

千秋楽、役者も観客も一緒に舞台へ上がって、祭囃子で踊り狂うエンディングは

今までどんな舞台でも見たことがない光景でした。

観客総立ち、舞台奥の美術搬入口が開いて外の観客も舞台になだれ込んで大騒ぎ!

コクーンでのあの興奮が中村座のテントで、しかもニューヨークで味わえるなんて

なんて、羨ましいぃー!!つくづく見に行けなかったのが悔やまれます(涙)


そんな雰囲気を少しでも味わっていただければということで

明日、9月4日(土) 13:30〜16:30  NHK BS−2

山川静夫の新・華麗なる招待席〜夏祭浪花鑑 〜】

BSをご覧になれない方は

9月26日(日)  22:00〜24:40 NHK教育テレビ

【劇場への招待〜平成中村座ニューヨーク公演「夏祭浪花鑑」】

でどうぞ。

本当はナマで見るのが一番なんですよ〜

でもちょっとでもあの感覚が判って頂ければと思います。



平成中村座 ニューヨーク公演

2004-09-02

kiediary2004-09-02

[][]『カンフーハッスル』公式サイト?

周星馳の新作『カンフーハッスル』の公式サイト(だと思うんですけど)オープンです。

予告編は30秒バージョンのみで新しいのは出来てませんね〜

そのかわり、スチール写真がいっぱい見られます。

やっぱり、星馳ってトニーちゃんと比べると老け過ぎてません?白髪も増えてそうだし。

いっぱい苦労があるのかなーと心配になってしまいますぅー。

監督してる姿かっちょえ〜!(笑)


『カンフーハッスル』中国サイト

1999 | 12 |
2000 | 12 |
2001 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 03 | 05 | 06 |