Hatena::ブログ(Diary)

kiediary


2004-10-31

[][] 『オオカミの誘惑』 東京国際映画祭アジアの風部門

うふ(笑)

もうね、ただただ、可愛かったです(爆)


wolf


インターネット小説を原作に『キスしようか』『火山高』のキム・テギュンが監督。

主演はカン・ドンウォンチョ・ハンソンイ・チョンア


なんつーんですかね、女の子の気持ちの“かゆいところに手が届く”とでも言いましょうか

とにかく、こんなシチュエーションがあったらとか、こんな人がいればとか

あこがれの“たられば”世界をこれでもかと詰め込んだ夢のようなお話です(笑)

確かにありえないんですよ、こんな話。でもいいじゃん、映画なんだもん!ってことで

疑問を持たず、あこがれの空想世界を楽しんだもん勝ち映画。


カッコイイ男の子が出てるだけでなく、アクション、ロマンス、家族の秘密に病気と

いろんな材料がたっぷり入って2時間、ちょっと間違えると「詰め込みすぎ!」に

なるところをギリギリのバランスで保ってる。お買い得作品です(笑)


舞台挨拶だけかと思いきや、しっかりティーチインが!

カン・ドンウォンは慣れてるようで、どんな質問にもサクサク答えますが

かたやチョ・ハンソンは機嫌悪いのか?ってぐらい質問されてもしゃべらないのだが

実は人見知りで、ものすごーく緊張してて、固まってただけでした(笑)

ふたりともそれぞれ魅力があって可愛い男の子って感じですが

カン・ドンウォンはもう、そこに居るだけで可愛いんですよー 居るだけでOK!

チョ・ハンソンは一見ぶっきらぼうで、がさつな感じですが

時折見せる、淋しげな眼差しがグッとくるんですよー 

映画の中で何度もその眼差しにヤラれました(笑)

ええ、そうですとも!ワタクシの好みは断然チョ・ハンソンです(笑)


wolf

↑これはアカンやろ〜 こんなんで見つめるのは反則です(笑)


楽しくて、せつなく悲しい作品。

現実を忘れて堪能させていただきました〜 ごちそうさま!

2004-10-29

[][] 『風のファイター』 東京国際映画祭コンペティション部門

仕事上のトラブルで、もう絶対無理!って思ってたのが奇跡的に収拾(涙)

タクシーの運転手さんに急ぎに急いでもらって15分で到着しました〜素晴らしい!

で、猛ダッシュして、観たんですが、うん?うーん......(笑)


ワタクシ、格闘技ってホント、ぜんぜん判ってないのに、こんなこと言うのも何なんですが、なぜ今この題材なの?

韓国で大山倍達の漫画がヒットしたのが最近なのか?それとも大山倍達没後10年とかだから?

まあ、異国の地で活躍し、成功を収めた立志伝中の人物ってことで日本よりも韓国で有名であろうって事は理解できます。

それとも判ってないのは私ぐらいなのか?それはヤバイ(笑)

(韓国では観客動員数200万人だし)

ヤン・ドングン扮するチェ・ベダル(大山倍達)が「死ぬのが怖い」と思いながらも戦うのは

「自分自身の存在を証明するため」らしいんですが、イマイチ説得力に欠けます。宿敵の加藤雅也の役もなんともね〜 

敵ながらも同じ武道家として通ずるものがあるらしいんですが全然そうは見えなかったんですけどー

(この後ティーチインで「ただの敵同士に見えなっかたとしたら、僕の力不足です」って言ってました(笑)あんまりにもタイムリーなのでちょっとビックリ)

アクションシーンは凄かったです。迫力あったし。きれいなシーンも多いんですよね〜 特に水を使った場面は秀逸。

(なにで撮ったんだろう?)


でも何より、素晴らしいのはヤン・ドングンの演技と日本語でしょう!

ソル・ギョング>ヤン・ドングン>>>>>パク・シニャン>>チャン・ドンゴンってな感じです(笑)

全然しゃべれないってのが、嘘に思えるほど感情がこもってる見事な日本語でした。


そーです、この映画を観たかったのはヤン・ドングンが出てるからなのです!

ワタクシのヤン・ドングン体験は『受取人不明』→『ワイルドカード』→『ホワイトバレンタイン』ですが

ふてぶてしい役から繊細な役まで、なんでもこなす役者です。

どの作品でも印象に残る人なんですよね〜 ホント素晴らしいです。


そしてティーチインで登場したヤン・ドングンの可愛いこと!(笑)

映画よりずっとずっと若くって、チャーミングです。加藤雅也がヤン・ドングンの日本語演技を褒めつつ

「恐るべし、ドン様ですよ!」と言って会場が爆笑。司会者が「ドン様って言われた感想は?」とヤン・ドングンに聞くと

ものすごーく、恥ずかしがっちゃって、コメント無理無理と手を振って頭を抱え込む姿はかなりキュートでした(笑)

シャイで役柄と全然違うヤン・ドングンは緊張のためか1人汗をかいてる姿も良かったです。

それに対し余裕の加藤雅也はこちらも役柄とは違ってフランクな人でしかも話が面白かったです。

格好いい役ばっかりやってないで、コメディもやれば良いのに〜って思いました。

結局、ヤン・ドングンを見られたでけで満足だった作品でした(笑)

2004-10-28

[][]トニーさんま訪韓

つい、この間、釜山映画祭で行ってたのにーと思ったら

今度は『ソウル攻略』撮影のため再度、訪韓です。

『東京攻略』(なつかしぃー)のPART2のようですが

トニーさんだけ同じで、あとのキャストは総取っ替えみたいです。

この『東京攻略』忘れもしない2000年の香港映画祭で鑑賞。

トニーさんの他にもマギー・チャンスー・チーイーキン・チェンとか

大挙来日、豪華だったですぅ〜

でも何より思い出深いのは、最初で最後の生レスリー・チャンを拝めたこと。

特別ファンではなかったけれど、やっぱり“ザ・スター”でしたね〜良い思い出です。


tony


今回の『ソウル攻略』にはリッチー・レン、スー・チーとかいろいろご出演。

たぶん韓国の俳優も出演するんでしょうね、きっと。

10月下旬からクランクイン、約1ヶ月間の撮影。

作品全体の90%がソウルの主に江南一体と地下鉄が舞台。

ソウル市全面協力のため、トニーさんご一行はソウル市長を表敬訪問。


コリアフィルム10/26

朝鮮日報10/27

朝鮮日報日本語版10/27

2004-10-27

[][]韓流シネマフェスティバル2005

来年シネマスクエアとうきゅうで(ここ最近、見事にアジア映画しか上映してません)

「韓流シネマフェスティバル2005」なるものを開催するそうです♪

オープニング作品は『風のファイター』クロージング作品は『幼い新婦

『海岸線』『ピアノを弾く大統領』『氷雨』『アナーキスト』『色即是空

『木浦は港だ』『ライターをつけろ』『シングルズ』『頭師父一体』『品行ゼロ』

同い年の家庭教師』『キスしましょうか』『オー!ブラザーズ』『光複節特赦

『誰が俺を狂わせるか』『地球を守れ!』『火星からの手紙』『受取人不明』

『ワイルド・カード』『ジャングル・ジュース』


詳細はまだ未定らしいですが、ラインナップ見ただけでも期待大!

ワタクシ的にはキム・キドク作品は要注目なので『海岸線』

“マイ四天王”イ・ソンジェの『氷雨』

『木浦は港だ』『ライターをつけろ』あたりは押さえたいですね〜

まあ未見は全部見たいんですけど(笑)

ビョンホンの『誰が俺を狂わせるか』は去年、キネカ大森での無料上映の際

入場すらできなかったので、必ず(笑)リベンジしたいです。


ワタクシ的オススメは『受取人不明』『光複節特赦』『地球を守れ!』

『同い年の家庭教師』ですかね〜

特にシン・ハギュンの『地球を守れ!』はあらゆる意味で衝撃作です(笑)

ラストシーンは仰け反りましたましたね〜 

賛否両論で、どっちかって言ったら、受け付けない人が多いかもしれないです。

ワタクシ、最初は開いた口が塞がらなかったですから(まぢで!)

そのうち「ああ〜アリだな〜」と思うようになりました(笑)

でも万人にはオススメできません!(じゃあ、書くなよ!って話ですが)

tetris


『地球を守れ!』韓国公式サイト

2004-10-26

[][] 『大丈夫』 東京国際映画祭第2日目

曹志偉、陳小春、杜文澤と渋いメンツの出演者。

香港の新鋭、パン・ホーチョン作品。


ミッションを遂行させるために集まった4人の男たち。

この任務の為に5年間、チャンスを待った。

男たちの絆は固く、裏切りや密告は許さない。

任務遂行のためなら、あらゆる犠牲もいとわない決意だ。

そのミッションとは......浮気!!(爆)

mensud


妻たちのタイ旅行の隙をついて、浮気を決行しようとする男たちの姿を

インファナル・アフェア』か『男たちの挽歌』もどきのハードボイルド風に描く。

それも、ただの浮気を、しかもかなりマジに(笑)

曹志偉なんて、弁当蹴散らす『インファナル・アフェア』のサムをセルフパロディしてました(笑)

とにかく、ただの女遊び決行作戦を大仰に命を懸けて(?)取り組む姿が

可笑しくってたまりません!ただの浮気なのに〜(笑)


ものすごく笑ったのが、梁家輝の場面。

カラオケルームで女たちをはべらし、遊んでいるところ

一息入れようと部屋を出た梁家輝が見たのは、妻たちがこちらへ迫ってくるところ!

(しかもご丁寧にスローモーション撮影してるし(笑))

驚いて部屋に駆け込む家輝。ドアを押さえながら

「手入れだ!逃げろ!」

次々と裏口から出て行く男たち。

しかし家輝はドアを抑えたままその場を動かない

「お前も早く逃げろ!」と曹志偉。

「俺は顔を見られた、早く行け!」

泣きながら他の男たちに引きずられていく曹志偉。

そして梁家輝は1人犠牲となるのだった.....(何回も言うようですがただの浮気です)


その梁家輝の妻が呉君如っていうのが、また笑いに拍車をかけるんですけど〜(笑)

自宅軟禁の梁家輝の尋問を呉君如が行う

「エロ雑誌の閲覧を許してやるから、仲間の名前を吐け」

「できない」

「今頃、他の仲間は楽しくやってるぞ」

「仲間が楽しんでいれば、俺はそれで本望だ」と涙目の家輝。

その後5年間、家輝は自宅軟禁のまま、男のメイドに囲まれて暮らしている(笑)

いやいや、決して逮捕された訳じゃなく、しかもただの女遊びなんですけど(笑)


もうね、くだらなすぎて最高!大好き!(爆)

カメオ出演の香港スターもいっぱい。

アラン・タムとかサモハンとかが映るたびに会場がどよめく。

他にも大勢のスターが出血大サービス出演(笑)

今までに観たことないタイプの香港映画コメディ

監督のパン・ホーチョンは今回の映画祭で特集を組まれているほど

期待されてる香港映画界期待の人材。

この人の作品がもっと観たいです!要注目。

ものすごく面白かった〜 もう1回観たい!

DVD買おうかと真剣に思ってます(笑)

ああ〜!くだらなーい!! ←かなりの褒め言葉!

2004-10-25

[][] 『ジャスミンの花開く』 東京国際映画祭第1日目

東京国際映画祭初日。

初手から遅刻です(涙)

9時50分からなのに六本木駅に到着したのが、46分!

ヴァージンシネマまで走る走る。ギリギリで間に合いました(ほっ)

これで1度も行ったことがなかったら、絶対間に合わなかったと思います。

いかんいかん。


チャン・ツィイー主演の“大河ドラマ

30年代〜80年代の上海を舞台に、時代に翻弄される祖母、母、娘の女三人。

茉(祖母)莉(母)花(娘)それぞれ三人の若かりし頃を1人で演じる

チャン・ツィイーショー(笑)

zang

茉の母と、壮年老年期の茉を演じるのは、ジョアン・チェン。

茉の恋人を姜文、莉の夫を陸毅、花の夫をリウ・イエと豪華メンツ!

zang


これがデビュー作なのになぜ?と思ったら、このホウ・ヨウ監督は

撮影監督として、チャン・イーモウの『初恋のきた道』や

田壮壮の『青い凧』などを担当してきた一流カメラマン。納得。

女性の自我の目覚めを、女三代、50年かけて描いたホウ・ヨウ監督。

ヒロインはチャン・ツィイー以外、考えられなかったと言う。

どの年代の女も時代と男に翻弄され、苦しみもがきながら

たくましく生きていく女を演じるチャン・ツィイーは、確かに適役。

代表作になるんじゃーないですかね〜。

ジョアン・チェンも良かったんですよね〜 監督やるのも良いけど

もっと女優として他の役柄も見てみたいです。

多少、短すぎ感はあるが、それぞれの年代をリズム良くサクサク見せていく。

なかなか飽きさせない、手堅い作品。

“自我の目覚め”って言うが、結局、人それぞれだと思うなー。

結婚という幸せな形の目覚めもあれば、一人で生きていくことが不幸だとも思わない形もある。

女性がいるぶんだけ、それぞれの形があるのでしょう。

一つの“目覚め”の形を見せてもらった2時間でした。

2004-10-23

[][] 『マッスルモンク』 テアトルタイムズスクエア

タイトルからして、もうバカバカしいでしょう?

スチール見たら、さらにバカ倍増(爆)

しかし、この映画でアンディは2度目の香港電影金奨賞主演男優賞を獲得。

さらに作品賞、脚本賞と3冠を達成。

いくら、監督がジョニー・トウだからって

うっそ〜ん!と思い、確認しに行ってみる(笑)

monk


大切な人を失ってから、他人の前世の“業”が見えるようになり

人の死因を予知する能力を持ってしまったビックガイは

(このアンディの役名もどうなのか?(笑))

因果の非情さを思い知り、僧衣を脱いだ元武僧。

前世の業により、過酷な運命が待ち受けてるとも知らず

ひたむきに生きる女刑事・フィンイー(セシリア・チャン

彼女を業の因果から助けるべく、再び戦いを挑むビックガイ。

(公式サイトより)

あらすじ聞いただけ、荒唐無稽な話(笑)

さらに映画の冒頭からマッスルな(笑)アンディを見せられ、笑かしてくれる。

しかし、どうしてもこの“マッスルスーツ”に慣れないワタクシ。違和感拭えず。

なんで、こんなスーツが必要なのか納得できなかったんだよね〜 これじゃ出オチだよ。


monk

このバカバカしい格好の二人が手を繋いで歩くシーンに泣かされるなんて!


でも観ていくうちに、セシリア・チャンが男社会の警察で必死に生き抜く姿や

アンディを慕う、せつない気持ちに、ちょっとやられ、最後は業や因果応報という

人の力では何ともしがたい運命を悲しく思う自分がいたりして

まんまとハマッてたりして......観終わった後、せつなかったな〜 

あんなふざけたマッスルスーツで始まったのに(笑)

ラストシーンのアンディの顔が最高に良かったです。

落ち着いてすっきりとし、なにかを諦めたような哀しさを湛えた表情が何ともいえないんだよね〜

ちょっと胸にグッときました。

最後まで観て、なぜマッスルスーツなのか?が解ったような気がします。

やっぱり、ジョニー・トー作品、ただでは終わりませんな(笑)


最近のアンディ・ラウは、かなり良いです。

40過ぎたくらいからかなー 出演する作品が良質なものばかり。

借金返済して、出演作品を選べるようになったからか?(笑)

2004-10-22

[] 『夜叉ヶ池』 PARCO劇場

正直言っちゃうと、観る予定にはぜんぜん入れてなかったんですよねー。

出演者にまったく興味なかったしぃー(しいて言えば遠藤憲一ぐらいがギリギリ)

でも友人から、即完売のチケットだし行こうよ〜と誘われ行ってみるかーってことに。

まあ、あの泉鏡花の原作を阿佐ヶ谷スパイダース長塚圭史がどう脚色してるか

多少興味はあったので.....

三島由紀夫が讃える、鏡花の流麗な文体をぶっ飛ばし(笑)

見事に“長塚ワールド”に仕上げたセリフのやりとりは

驚きを飛び越え、可笑しかったです。

でも、長塚圭史のセリフには微妙なニュアンスがあって

言い慣れてない人が言うと、ちょっと違うかな〜って思うんですよね。

それは、映像の仕事を主にしている人たちが出演してるからかな〜とも思ったりして。

舞台とドラマの“演技の作法”の違いですかね〜


松田龍平松雪泰子はこの作品が初舞台だそうで

初めてにしては、なかなか良かったな〜です。

松雪は美しく気位の高い、夜叉ヶ池の主・白雪の役がピッタリで

本人も相当、力入ってたんじゃないでしょうか?熱演してました。

でもやっぱし、いつもながらの松雪って感じは拭えないんですけど(どっちだ?)

ワタクシ、実は松田龍平の演技してるところを初めて観たのですが

これが思った以上に、良い感じなのです。

雰囲気が良いのかな?期待しないで観てたってこともありますが

結構、自然な感じの芝居する人なんですね〜 初めて舞台なのにちょっと感心しました。

一番、笑ったのは台本見ながら芝居してる、丹波哲郎です(笑)

常識では考えられませんが「丹波哲郎だし、まいっか」で妙に納得しました(爆)


泉鏡花の幻想小説『夜叉ヶ池』はかつて坂東玉三郎主演で映画化されています。

もちろん玉三郎は白雪と百合、二役にして、女役。

鏡花の世界を見事に表現しています。

この二人について、三島由紀夫が言ったそうです「20世紀の奇跡」だと。

2004-10-17

[] 『髑髏城の七人<アオドクロ>』

劇団☆新感線、今年の目玉企画(笑)

劇団の代表作『髑髏城の七人』を春と秋とで、キャスト総とっ替え公演。

春は古田新太版<アカドクロ>新国立劇場&新宿厚生年金会館。

そして秋、市川染五郎版<アオドクロ>日生劇場と、1年を通してのドクロイヤー(笑)


5月に上演された<アカドクロ>は劇団の看板役者・古田新太主演ながら

新感線では珍しい、歌も踊りもナシのストーリー重視の芝居。

かたや、ゲストスター・市川染五郎版<アオドクロ>は歌あり踊りありのいつもの新感線の舞台。

ストーリーラインは同じでも、演じる役者、演出が違うと別の芝居に見える。

染ちゃんは7年前の『髑髏城の七人』に感銘を受け、ここ数年はすっかり劇団員か?

というくらい新感線の芝居に出演し続けている。

同じ役を古田新太と“競演”という形で演じるのはプレッシャーでは?と思うが

難しい二役を染ちゃんは飄々と演じていたように見受けた。


戦国時代の名も無き七人が己の運命と仲間の為に

それぞれの悲しさを胸に秘めつつ、命を懸け、戦う、冒険活劇。

そこへ歌と踊り、時にはくだらないギャグをはさみつつ

最後にはホロっとくる、いつもの新感線の芝居。

ハードロックも変わりません(笑)

今回は橋本じゅんが出ていなくて(染ちゃんが出るときは必ずいたのに〜)

あのポジションはどうなるかと思ったが、そこはナイロン三宅弘城がしっかりカバー。

とぼけた芝居でしっかりわらかしていただきました(笑)

劇団員の高田聖子粟根まことなど手堅い配役の中、なかなかやるなーと思ったのが鈴木杏

元気で一生懸命なだけでなく、背負ってる哀しみもきっちり表現。

一番心配だった池内博之も意外や健闘。

声は良いし、初舞台とは思えない存在感。

今後、期待。だけど殺陣はもっと練習しましょう!(笑)

染めちゃんはね、さっすが歌舞伎役者、着流しの立ち居振る舞いは美しい。

衣装もカツラも派手で優雅、ビュジアルもキレイだしね〜 良いのよほんとに。

全然悪くない!むしろカッコイイ!

しかーし、ワタクシはやっぱり古田新太派なのよ〜

あんな白ムチ(笑)どこが良いのか?とお思いでしょうが好きなものはしょうがない(笑)

最後はやっぱし古田新太ならこういう風にやるだろうなーと

つい比べている自分がいるのだね〜 ああ〜あの殺陣がもう一回観たい!

2004-10-05

[][] 『インファナル・アフェア / 無間序曲』 シネマスクエアとうきゅう

続編は1作目を越えないのよ、たいがいね。

しかし、今回は見事でしたね〜

うーん、正直ここまで良くできてると思いませんでした。

香港映画はまだまだ面白いってところでしょうか。

『インファナル・アフェア』のヤン(トニー・レオン)とラウ(アンディ・ラウ)の若き日の物語。

なぜ二人が“無間道”に迷い込んでしまったのかが描かれる。

この作品、若手二人が主人公と見せかけて実は周りにいるおっさん達が主役でした(笑)

それぞれの哀しみを胸に秘め、生きてゆかねばならない男たちが哀れでせつないです。

善か悪か、すっきり割り切れるほど人生は単純じゃないってことでしょう。

1作目が大ヒットで後付で制作されたとは思えない出来上がりの第2章でした。

パート1に繋がる細かいディティール、伏線が見事にハマって面白かった〜

良くできました!と感心しきりです。

終極無間』に期待が掛かりますね〜


mugen


仏陀の教えによれば、一番の無間地獄は長寿だそうだ。

生き続ける限り、地獄は続く。この物語に勝者はいない。

1999 | 12 |
2000 | 12 |
2001 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 03 | 05 | 06 |
Connection: close