Hatena::ブログ(Diary)

kiediary


2004-11-30

[]第25回青龍賞受賞結果

[最優秀作品賞]  『シルミド』
[主演男優賞]   『ブラザーフッド』 チャン・ドンゴン
[主演女優賞]   『知ってる女』   イ・ナヨン
[監督賞]     『シルミド』    カン・ウソク
[助演女優賞]   『犯罪の 再構成』  ヨム・ジョンア
[助演男優賞]   『シルミド』     チョン・ジェヨン
[人気スター賞]  カン・ドンウォンクォン・サンウ
                  ムン・グニョンキム・ジョンウン
[新人監督賞]   『犯罪の再構成』    チェ・ドンフン
[新人男優賞]     『空き家』      ジェヒ
[新人女優賞]   『家族』            スエ

作品を観ないで、こんなこと言うのもなんですが

チャンドンゴンの授賞は意外でしたね〜

てっきりチェ・ミンシクだと思っていたので。

ワタクシ的にはチョン・ジェヨンの授賞が嬉しかったです♪

『シルミド』の演技はホント良かったです。

ホ・ジュノも良かったんですけどね〜)

パク・シニャンはですねー 取ってくれたら、もちろん嬉しいけど

本当のこと言っちゃうと、まあ授賞は無いな〜と思っていたので。


bule


青龍賞スライドショー

朝鮮日報 青龍賞特集

朝鮮日報日本語版11/29

朝鮮日報 受賞作選定過程11/30

2004-11-13

[][]日韓国交正常化40周年記念 韓国映画

2005年 1月24日(月)〜1月30日(日)

銀座ヤマハホールにて開催。

チケットは11月18日(木)イープラス、チケットぴあ他で発売。

1/24(月)「パク・ボンゴン家出事件」10:30/14:00/18:30

1/25(火)「接続」10:30/14:00/18:30

1/26(水)「若い男」10:30/14:00/18:30

1/27(木)「ゴースト・マンマ」10:30/14:00/18:30

1/28(金)「手紙」10:00/13:00/16:00

1/29(土)「彼らだけの世界」10:00/13:00/16:00/19:00

1/30(日)「敗者復活戦」10:00/13:00/16:00/19:00


ほとんど韓国文化院所蔵作品で何度もリピート上映されていますね〜

しかも今回、お金取るし!\1,300だし!(爆)

「手紙」は今年は何回目の上映ですかね〜?大人気です。

(11月のさっぽろ映画祭でも上映、しかもこっちは無料だし!)

「彼らだけの世界」はビョンホン主演。「敗者復活戦」はチャン・ドンゴンの映画デビュー作です。

この2作品は文化院で上映してなかったかも。

土日に持ってくるあたりは、人気を見越してる感じです。

今回は1日4回上映なので、さすがにチケット争奪戦に敗れることはないと思いますが(笑)


movie


イープラス

2004-11-05

[] 『オールドボーイ』公開前夜祭 新宿東急

先週の話で恐縮ですが.....

舞台挨拶あるし、人がいっぱいで入れないだろなーと思って

行く気はなかったんですが、会社帰りにフラーっと映画館に寄ってみたら

「まだ座れます」って言われたので、急遽入ってしまいました(笑)

前々からすっごく観たかったし、パク・チャヌク監督作品だし

“衝撃作”って言ってたし、期待が膨らみすぎてはち切れそうでした。

実際に観たら、はち切れたけど(笑)

舞台挨拶には、チェ・ミンシュク、ユ・ジテが登壇。

なぜか青木さやかが乱入して、映画とは関係ないことばかり質問する(笑)

それを適当にあしらう二人が可笑しかったです。


old


「15年間、理由も判らず監禁されていた」って言う、シュチエーションがすでに面白い。

自分には思い当たらない罪で長年監禁される理不尽さ。

罰を与えるため、何年も復讐の機会を待つ、常人には計り知れない執念。

常軌を逸した復讐の物語。


映像も主役3人の演技もすごく良いのです。

独特なカメラポジションによる映像センス、緩急を付けるショットは

パク・チャヌクのセンスなんでしょうか、カメラマンによるものなんでしょうか。

信じがたいシチュエーションの雰囲気を映像が醸し出してる感じなのです。


演技的にはユ・ジテが一番のお気に入りでした。 

今までのイメージとして“繊細な青年”でしたが、今回は“普通の中の狂気”をみせていただいた感じ。

(ガスマスク被って、二人が寝ているベットに添い寝するシーンはゾゾッときて、良かったです)

チェ・ミンシクはですね〜 上手いんですよー、もう判ってるんです。それゆえ、しつこかったかなーと思ったりして(笑)

でも彼しか出来なかったかなーとも思います。


実はものすごーく期待していたので、どーなるんだろうと考えすぎたんですね〜 

なんで、映画の1/3の段階でオチが判っちゃたんです。

頼むから想像していた通りにならんでくれー!と思いながら観ていましたが

その通りにことは進んでゆきました(涙)

ワタクシの中の衝撃度というか、意外性というか、そういったものが薄れていったのは間違いありません。

いや〜、この映画は謎解きの映画じゃないってことは判ってるんですよ、充分。

でもね、でもね、なーんか損した気分なんですよー 拭えません。

もっと時間が経ってから、もう一度観てみたいと思います。

1999 | 12 |
2000 | 12 |
2001 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 03 | 05 | 06 |