Hatena::ブログ(Diary)

kiediary


2009-02-28

[] 『白洲次郎』第1話 NHK総合

ものすごく興味があって何冊も白洲次郎に関する本を読んだが、正直なところ具体的に何をどうした人なのかよく分らないんだよねー

資料が残ってないっていうのもあるのだろうが、だいたいが表舞台に立ってない人だから。

だからドラマ化と聞いたときに、新たな資料が出てきたのか?と思ったがそうでもないみたい....

結局、この人の生きていく姿勢とか信条みたいなものを映像化させるしかないってことなんだね。

イギリス留学時代に培った理念と「他人の考えを鵜呑みにするな。まず否定しそして再考する」という考え方は

白洲次郎のその後の生き方を象徴するのだが、ただそれが政治の世界や外交に役立ったかと言われればNOなんだけど。

それは白洲次郎がその場所に立ってないからなんだよねー。セリフでも言っていたが「君の立場は?」なんだよ。

何かをしたいんだけど何だか分らず、結局何も成し得てないんだよねー。その生き方や理念はかっこいいのに。

華やかに見えるけど結構挫折も多かったんだろうなー。

それにしても伊勢谷友介って絵になる男だな。ダブルスーツや燕尾服が似合いすぎ。

白洲次郎が伊勢谷友介って時点で成功かも。だってめっさかっこいいもん。

[][] 『チョナン・カン2』 フジテレビ

チョ・ジェヒョンバラエティとかに出るとただのおっさんなんだけど、演技に入ると豹変。あの眼光はすごいよなー さすがです。

『マリンボーイ』見たーい。

[] 『週末のシンデレラ 世界!弾丸トラベラー』 日本テレビ

チョン・ウソン南キャンしずちゃんにからまれてた。

[][] 『ハッピートゥギャザー3』 KBS world

なんか見てるこっちがドキドキするんですけど。パク・ヨンハと一緒で良かったね〜 1人じゃ絶対ムリムリ>パク・ヒスン

天然なのか照れ屋なのかしゃべらなすぎ〜 そりゃギャラ出さないって言われるわ。でもテレてるところが可愛かったけど♪

2009-02-27

[] 『最強☆彼女』

クァク・ジェヨン作品ってコメディとシリアスのバランスがなんだかなー 全然別の話を2本見てる気がするほど。

猟奇的な彼女』もよく考えればあれー?って思うこともあるんだけど、なぜか許容範囲内。たぶん役者の力かな?

そして今回の作品は、まあギリギリかなー『僕の彼女はサイボーグ』よりましだけど。

オン・ジュワンの複雑でジレンマな心情が良いんだけど、やっぱしどう考えても多重人格か?と思うほど心情がつながってないんだよね〜

まあいつもの感じで内容も登場人物も前半と後半で全然違う作品になっていくのがクァク・ジェヨン風なのかしら。

しかしユゴンがもったいないなー イマイチ掴みにくい人物像だし、あの年上婦警(チャンディ母@『花より男子』)とのシークエンスはいるのか?


そんなことより初手から香港武侠片でワイヤーワークバリバリ。懐かしいがなぜ今さら?感強し。

でも気になるんで動作指導をチェックするとディオン・ラム....? → 林迪安!どうりでしゃべれない役柄。

確か『レッドクリフ』にも名前があった気がするなーと思い、フィルモグラフィーを調べるとまあ出てる出てる。

しかも個人的に大好きな香港映画黄金時代の『賭侠2之上海灘賭聖』『天地大乱』『鹿鼎記』や『古惑仔』『無間道』まで。

うーん、懐かしい〜 しかも『古惑仔』ではフランシスの舎弟かあー 後でもう1回見直そうっと。 


最強☆彼女 [DVD]

最強☆彼女 [DVD]

[] 『ごめん、愛してる』第1,2話 Mnet

かなりカットしてるんで見やすいような、分りにくいような。微妙。

実は以前も1回チャレンジしてるんですが1話で挫折。

うーん、今回はとりあえず来週も見てみようかなーと。


ごめん、愛してる DVD-BOX 完全版

ごめん、愛してる DVD-BOX 完全版

2009-02-24

[] 『あんぱん』第1,2話 Mnet

チェ・ガンヒ、可愛いなー♪

とりあえず明るいラブコメっぽいので見てみようかなーと。


あんぱん DVD-BOX1

あんぱん DVD-BOX1

2009-02-22

kiediary2009-02-22

[][] 『私の友達、彼の妻』

パク・ヒスンとチャン・ヒョンソンの関係性は本当の親友ではあるがそれだけではなく、

なんだろう?男のプライド的なもの?優越感とか?そんなもんが微妙に絡んでいる感じ。

そんな微妙な関係が、ある事件をきっかけに立場が逆転していくんだよねー 

そんでもってそこに妻である“女”が絡んでいくから一層、複雑になってくる。

二人とも演技が上手いから、こんな感じの心情なんだろなーと何となく推察できます。

パク・ヒスンが取調べを受けてる時の表情なんて素晴らしいし。

うーん、これはちゃんと日本語字幕で見たい。


D

      

[rakuten:yunisino:10010759:detail]

[] 『映画は映画だ』

原作、脚本がキム・ギドクなのだが、あまりキム・ギドク色を感じさせない娯楽作。

ただ主役二人の孤独と虚無感の漂い方が、そういえばギドクかもと思わせる。

面白かったなー エンタテイメントであるけど、ちゃんと登場人物の心情も描けたドラマにもなってるし。

ヤクザが映画に出るという根本的な問題を置いておけば、劇中の映画撮影シーンと

プライベートシーンの描き方や繋ぎが上手くて違和感なく作品世界に入ってける。

俳優になりたかったヤクザとヤクザのような俳優。

それぞれ別の立場で生きてきた二人は、今の自分を壊したがっている。

そんな二人が交差して、ぶつかり合い少しずつ変化していく過程も良い。

全編を通して暴力描写の多い映画ではあるんだけど、不快に感じるとか残虐さが目に余るとかではなくて精神的に痛い映画。

孤高の中で生きている男のどうしようもない孤独と虚しさが、こっちの胸の奥底をギュと握られたようにヒリヒリさせるのだ。

それはソ・ジソプの演技のせいだろなー。この人、孤独とか寂寥感とか似合うんだよね(似合いすぎてこっちが赤面しそうになるギリギリ)

でも個人的には『ただいま恋愛中』のジソプの方が可愛くって好きかもー。


[rakuten:kankan:10021427:detail]

[][] 『神機箭』

[rakuten:yunisino:10010529:detail]

買っちゃいました〜 

キスシーンでのメイキングで、カットが掛かったあとのチョン・ジェヨンの照れてる笑顔がカワイイ♪

2009-02-21

[] 『想像プラス シーズン2』 KBS World

意外にオ・マンソクって毒舌かも〜 おもろいけどチャン・テッキじゃなーい(あたりまえだけど)

キム・スンウは喋りが達者なんだなー ほとんど1人で喋ってた印象。

[][] 『ハッピートゥゲザー3』KBS World

チョ・ジェヒョンは演技してないと、ただのおっさん。しかもおもろいおさっん。

イ・ハヌィは見たままな人だな。こっちもおもろいおっさん。

2009-02-18

[] 『相棒7』第15話 テレビ朝日

今期のドラマで結局見続けてるのはこれだけか?他は録画しててもあまり見る気が起こらず。


音楽もストーリーもベタなんだけど、ベタ好きなんで面白かったけど。

マーラードヴォルザークブラームスってあまりにもベタで、うわ〜って思ったけど嫌いじゃないんで。

正直結末は途中で分ったが、まあ結末よりも雰囲気を楽しむ内容なんで。カトリーヌ・アルレー風フランス映画のようなこじゃれた佳品。

岸恵子水谷豊なんて懐かしすぎ〜 それにしても岸恵子って変わんないなー 演技も変わらないけど。

『相棒』って良い意味でやりたい放題だな。シリーズものって大抵、そのドラマにおける“カラー”は決まってくるものだが、

ひとつに括れないほどいろんなパターンで作ってるんだよねー 今回のように叙情的な倒叙ミステリーだったり、ガチガチの社会派だったり。

このドラマは1話ごとにカラーが違うんだな(っていうか古沢良太作品のみが独特なのか?)

ついつい見てしまうのは、次はどんなパターンで来るのか楽しみになってしまうのだ。

個人的にそれほど『相棒』というドラマに思い入れがないので(キャラクターにか)他のレギュラーメンバーが出てなくても面白ければOKなんで。

あっ、確かに亀山薫が出なくなっても私的には面白さは変わらず。てことは水谷豊でなくてもいいのか.....うーん?

2009-02-17

[] 『ダウンタウンガキの使いやあらへんで!!』日本テレビ

何だかんだ理屈をこねて結局やらないっていう、いかにもダウンタウンならやってそうって思わすのがおもろいんだよね。

これ好きだな〜 久しぶりにダウンタウンのコントを見てるって感じ。 

[] 『ジャンクスポーツ 番長・清原SP』フジテレビ

おもろかったわー 清原ってなんか“昭和”だよねー やりたい放題。

後輩がお伺い立てながらしゃべってるのがおかしくっておかしくって。

2009-02-15

[][] 『南極日誌』

南極日誌 [DVD]

南極日誌 [DVD]

メイキングとか、キャストインタビューとかの特典ディスク付きで1,500円って!速攻購入ですよ。

いっぱいパク・ヒスンが映ってると嬉しいな〜♪

[][] 『韓国ドラマ通信 2008 Summer 』

韓国ドラマ通信 2008 Summer (SOFTBANK MOOK)

韓国ドラマ通信 2008 Summer (SOFTBANK MOOK)

『いいかげんな興信所』目当てで購入してみたが、パク・ヒスンに関する記述がなーい!ありえなーい!

でもソル・ギョングとかチョン・ジェヨンとかハ・ジョンウの記事があったからいいや。

[] 『ワンス・アポン・ア・タイム』

うーん、可もなく不可もなく?どっちかっていうと不可?

なんだろなー ストーリーが弱いってこともあるけど、キャラクターの魅力もイマイチ。

抗日や朝鮮独立の思想を突き詰めて描くってほど硬派ではなく、じゃあコメディかというと、それほどでもなくあんまり笑えないし。

悲しいとかおかしいとか、何かひとつでも強烈なものがあればいいんだけど、なーんかどっちつかずの中途半端。

ちょっと気になるパク・ヨンウなんだけど、この役じゃもったいないかも。イ・ボヨンはちょっと良かった。

でもアン・ギルガンはすごく良かったな〜 それだけだな。


[rakuten:kankan:10019863:detail]

[] 『良い奴 悪い奴 変な奴』

冒頭からの10分ぐらいはワクワクする。テンポの良いカット割と音楽と独特の間で、見ていてなんかすごく気持ち良いんだよねー

私がキム・ジウンを好きなのはそういうところと、ユーモアのセンスなんだな。

内容はどーでもよくって(まあ無いんだけど)アクションとかカメラワークとか3人のキャラクターとかが、かっこよければまあいいっか、という気持ち。

ただ何も考えずに見るにはいい映画

この作品を見て改めて思ったが、イ・ビョンホンってやっぱし“スター”だなと。

ソン・ガンホチョン・ウソンは役者とか俳優なんだけど、ビョンホンはハリウッド行こうとするだけあるなーと。

その姿かたち、なりきり具合、ナルシストな感じ、良くも悪くも“スター”なの。

いかにもクサイせりふや仕草が、かっこいいか笑っちゃうかのギリギリのところなんだよねー そこの絶妙なバランスが私には魅力的。 

グレン・ミラーの「Moonlight Serenade」でクルクル回っちゃうビョンホンはやっぱり素敵だなと思うわけであります。


D



[rakuten:storeimage:10000631:detail]

2009-02-14

kiediary2009-02-14

[][] 『ファミリー

予想に反して結構出番が多くて嬉しかったわ>パク・ヒスン

しかし、この映画説明が少なすぎ〜 

不器用な父親と娘の話に絞ったってことか。

パク・ヒスンが昔と違ってあんなに冷酷で猜疑心の強い男になったのは、

スエが裏切ったせいだよね〜?。オム・テウンも言ってたよ「昔とは変わった」と。

裏切られて人間不信で部下も信じないのか。

でも元々はスエを身代わりにさせたってのが発端だと思うんだけど....どっちもどっちか。

どっちかって言ったら、オム・テウンの役柄の方が卑怯でむかつく〜 自分の手を汚さないなんて生理的に嫌ーい。

しつこくスエの家族に付きまとい、絶対許さないパク・ヒスンはちょっと病的。でもどんなに冷酷非情で病的もいいの、好きだから♪

不器用な父と娘を演じたチュ・ヒョンとスエも可愛い子役パク・チビンも良かった〜

でも正直、お話は予想の範囲内。


D


ファミリー [DVD]

ファミリー [DVD]

2009-02-12

kiediary2009-02-12

[][] 『神機箭』

昨日見て、今日もまた見てしまいました〜 だってすんごく面白かったんで。

とにかくアクション、ロマンスユーモア、悲劇.....すべてが揃ってる予定調和の気持ちよさ。

何度でも見られるエンタテイメントの王道。

キャストもみんないいの(カン・ウソクが噛んでるからか、ちょっとチーム・シルミドっぽくなってるんですけど)

中でもチョン・ジェヨン!!昨日の浩市が霞むくらいかっちょえー!今まで見たキャラクターの中で一番好き♪

男気溢れ、仕事もできて、口も達者で、女好き、しかも剣術の達人って!

そんなのいるわけないじゃん!って思うくらい劇画チックで魅力的。

かわいくてお茶目な上にかっこいいってどういうことよ、チョン・ジェヨン!いろんなジェヨンが見られて胸にグッグッときちゃったじゃん。

相手役のハン・ウンジョンをからかいつつ言い争いながらも、ちゃんと彼女の寂しさ怖さを受け止める度量の深さ。

まさかジェヨンから「頭撫でてくれよ」とか「俺の命を賭けて必ず君を守ってみせる」なんてセリフを聞けるなんて思わなかったよー

ジェヨンってこんな芝居もできるんだなーとちょっと感動すら覚えたわ。

どうしてもチャン・ジン作品の印象が強くてクセのある役柄が多い気がするんだけど、ちゃんとメジャーな演技もできるんだな。

っていうか、チャン・ジンの作風に合わせるとあんな演技になるのか。チャン・ジン作品が多いから「何やってもチョン・ジェヨン」って言われるのか?

しかしそんなことどーでもいいわ〜 だってチョン・ジェヨン、かっこいいもん!

この作品の監督、脚本がキム・ユジンとイ・マニと聞いて、なるほどなーと。

私が韓国映画で死ぬほどリピートした一番好きな映画はこの2人が作った『約束』なので。

この人たちの作る作品のキャラクターやセリフはどれも素敵。


↓ネタバレ率高し

D



[rakuten:yunisino:10010529:detail]

2009-02-11

[][] 『警官の血テレビ朝日

鶴橋康夫なんでチェックでしょう。

ミステリーというより、警官三代・安城家サーガ。

清廉潔白な祖父、罪に押しつぶされた父、そしてその2人の正義と罪を併せ持つような息子。

特に印象深いのが、心を病んで妻に暴力をふるい自滅していく吉岡秀隆

祖父のような警官になりたかっただけなのに、警察組織からの命令でスパイとして潜入し、親しくなった人たちを検挙しなくてはならないジレンマ

逮捕のためとはいえ人を陥れ騙すことは耐え難く、心が壊れていく。こういう役やらせるとうまいよなー

吉岡秀隆の印象が普通なので、その普通さがかえって怖くてより病んで見えるのかも。

見ていて思ったのは、組織の中の個人てのは小さい存在だなーと。結局自分を守るためには自らグレーにならなくちゃダメってことか。

三代目の息子でようやっと警官としての自分を守る術を成し得たってことのかな。ただ祖父のような父のような警官になりたいだけだったのに。

末端である警官は使い捨ての駒のように上層部の権力闘争に使われる。でもその駒も小賢しく学んで組織の色に染められていく。

警官三代を通して見た警察機構は今も昔も体面重視であんまり変わってないんだな。グレーがだんだん濃くなってる感じ?

そんでもって鶴橋作品常連の佐藤浩市!もうさ、こんな役柄って卑怯でしょう!似合いすぎだもん。終始かっこいいとつぶやきながら鑑賞♪

だって上着羽織る時、スローモーションだよ!(笑ったけど)大人の余裕?清濁併せ呑むところが魅力的。

そりゃー栗山千明も惚れるちゅうねん。もう私的にこのドラマ、最後は全部佐藤浩市がかっさらって行ったよ。


鶴橋作品はいまどきのテレビドラマのようなベターとした明るい照明じゃなく、ちゃんと光と影のある映像がいいんだよねー。

ちょっと古いなーとも思うんだけど、そこがまた良かったりして。

2009-02-10

[] 『韓国ドラマ通信 2009 Winter 』

ハ・ジョンウは素敵だな。うん。

[][] 『もっと知りたい韓国TVドラマvol.29』

もっと知りたい韓国TVドラマvol.29 (MOOK21)

もっと知りたい韓国TVドラマvol.29 (MOOK21)

キム・ミョンミンが表紙ですよ。でも「ベートベン」の記事はドラマ未見なんで読まずにスルーで。

なので本命は『作戦』製作報告会の記事〜 いろいろ記者会見動画とか見たけど

パク・ヒスンって役柄と違ってすごくお茶目なんだよねー パク・ヨンハとのやり取りおもろいもん。さらに高感度アップ♪

2009-02-09

[] 『マイ スウィート ソウル 』 Mnet

恋愛のおいしいところも苦いところも、本音も建前もうまいバランスで描かれてると....思う。

年下のテオ(チ・ヒョヌ)との関係はまさに“恋”で、好き!という気持ちが急上昇していくのが見ていてワクワクする。

でもさ、好きって気持ちだけで社会人は生きていけないのだよー 

結婚式にTシャツGパンで現れたり、「無職」とか、ジャンクフードばっかりとか.....ああ〜っていう気持ちも分るなんだよなー。

でもオ・ウンス(チェ・ガンヒ)が本当にテオを“愛していたら”人の目なんてどーってことないのでしょう。

だって、見合い相手のキム・ヨンス(イ・ソンギュン)の方が、世間的にはテオよりもっと厳しい目で見られるはずだし。

それでもウンスが待っていたのはやっぱり“愛”ってことなんだろうなーと。

自分の罪のせいで、苦痛しか味わってこなかったヨンスの人生

幸せになってはいけないと思っていても人の気持ちなんてコントロールできるもんじゃないから、どんどんウンスに惹かれてしまう。 

いつも良心の呵責に苛まれても、嬉しいときは笑顔になるし、恋すればときめくんだよねー でもそれすらも罪悪感だったんだろうな。

だからウンスに対してなかなか踏み出せなかったんだよねー でも諦めきれないし、自分を許せないし.....せつないなヨンス。

ゆっくりと心に染みるような優しさを持ち、人の心の痛みが分るヨンス。人生を共に歩きたいと思わせてくれる素敵なキャラクター

イ・ソンギュンはいいねー てなことを思いながらふと『愛に狂う』のユン・ゲサン演じるキャラクターを思い出す訳ですよ、なんだかなー(ため息) 

このドラマ、よくできてると思うの。女同士の会話とか、会社での人間関係とか、恋愛に関する出来事とか、確かに共感するしね。

しかーし、正直こんなことは自分の身の回りにもありがちな出来事なんで。ありがちな出来事を韓国ドラマでは見たくないんで。

いかにもベタな韓国ドラマずきとしましては物足りず。リピートはないなー と思うのであった。


マイ スウィート ソウル DVD-BOX I

マイ スウィート ソウル DVD-BOX I

2009-02-07

[] 『アゲメントラベル』Mnet

ゲストはユ・ジテ。ホント、普通のにいちゃんって感じで好感。

ホ・ジノ自然で写実的な演技を求め、パク・チャヌクは劇的で演劇的な演技を求めるらしい。

しかもパク・チャヌクは演じてない演技は嫌いなんだって。これって分るなー 

実は個人的にドキュメンタリー風でアドリブ全開のエチュードが苦手なんで(下手な人が演じると自己満足にしか見えない)

でもテレビドラマで演劇的な演技はちょっとねー 結局はその作風にあった演技でお願いしたいってことなんですけど。

[] 『ハッピートゥゲザー シーズン3』KBS World

チョン・ウンインっておもしろい人なのな。

チョン・ジュノナルシストぶりや、チョン・ウンテクいじりもおもろいわ。

来週はチョ・ジェヒョン、そして次がパク・ヒスン!

2009-02-06

[] 韓国版『花より男子』第9,10話 KBS

家族総出でキムチを漬けるってシュチエーションはいかにも韓国らしいし、これで家族の大切さやありがたさを表現して、

尚且つ、ジュンピョ@道明寺(イ・ミノ)の寂しい子供時代の対比も描いてる。うまい。

ジュンピョは傍若無人でわがままな子供みたいなヤツだが、実はいつも寂しい思いをしてきたんだよねー。

そんな風に育ってきたから、イマイチな人間性だし(F4の仲間がいなかったらもっとひどかったんだろうな)

人間関係がイマイチなので当然恋愛の経験値が低い。だからチャンディ@つくし(ク・ヘソン)に対する接し方が下手〜。

でも思う気持ちは人一倍だから、気持ちが決まれば一直線。その不器用さと情熱が魅力かな〜 >黒王子

一方ユン・ジフ@類(キム・ヒョンジュン)は、同じく寂しい思いはしてきてるんだけど素直なんだよねー。

チャンディが悩んでる時、抜群のタイミングで現れ濡れた髪を気にして帽子をかぶせ、風邪をひいてると気づけば薬を差し入れる。

行動ひとつひとつが素直で優しい〜ホントに分りやすい。見たまんまの王子様。>白王子

正直、こういうタイプに惹かれるのはすごくよく分るんだよねー

でもさ、傲慢な裏に隠された寂しさや情熱を知ってしまうと、そのギャップでやられて後戻りは難しいのよ〜♪

ってなことで個人的に黒王子の方が断然魅力的ってことで。 


ジフはストーカーなのか?っていうぐらい抜群のタイミングで現れるな。まあそこはドラマっちゅうことで。

こんなにチャンディを心配してるジフは以前よりももっとチャンディが大切な存在になってるんだろうなー。

チュ・ガウル@優紀(キム・ソウン)を助けて仇を討ってくれるソ・イジョン@西門(キム・ボム)は一見、ソフトで真面目そうなんだよね。

日本版の2人はもっと軽い感じでコミカルな印象だったんだけど、韓国版はなんて言うかなー、

キム・ボムの見た目のせいで、誠実な彼がそんなことする訳ないっていう勝手な先入観

だからカウルが待ってるところへ女連れで帰宅したイジョンの姿は日本版以上にショックなんですけど。

決して騙してはいないんだけど「なんか、騙された感」が松田翔太@西門の比じゃないんだよねー これはあくまで個人的な印象ですが。

イジョンは父親のせいで“本当の愛”を信じてないっぽいから、今後日向更が出てきてカウルとの仲はどうなるのかなー?

日本版以上にこの2人をじっくり描いてくれると嬉しいな〜 楽しみ。

2009-02-03

[] 『アイ・アム・セム』第1〜4話 KBS world

イ・ミノが出てるというので見てみたが.....見てて思ったが、やっぱり道明寺の役柄が好きなのかも〜と思ったな。

まあこのドラマではイ・ミノは2番手で、何とかってアイドルグループの何とか君(全然調べる気力なし)が学生役の中ではメインだし。

ヤン・ドングンってほんといい役者なんだよねー 気の小さい、優柔不断な教師役を上手く演じてるし。さすが。

でも個人的にはこの役柄に魅力が感じられなーい。今後良くなっていくのかな?どっちかって言うとキム室長(パク・チェジョン)の方が好き♪

とりあえずキム室長が気になるんで8話ぐらいまでは見ようかな〜


『I am Sam~アイ・アム・セム~』 DVD-BOX

『I am Sam~アイ・アム・セム~』 DVD-BOX

2009-02-01

kiediary2009-02-01

[][] 『パク・ヨンハダイアリー』Mnet

韓流スターと共演するといろんなところで見られるからお得〜。

初めて日本語字幕入りの『作戦』の予告編を見ました。

意味が分ってますます面白そうな内容。早く見たーい。

[] 『テルン選手村』第3,4話 Mnet

イ・ミンギのように真っ直ぐで考えなしな単細胞も魅力だが

悩んでるのに悩んでないフリをして、疲れてるのに疲れてないフリをする、イ・ソンギュンもなかなか。

余裕を見せて生きるのも大変だなー 男のやせ我慢。嫌いじゃないけど。

1999 | 12 |
2000 | 12 |
2001 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 03 | 05 | 06 |