Hatena::ブログ(Diary)

kiediary


2009-05-31

[][] 『ぼくの妹』第7話 TBS

このドラマのジュニアってどうなんだろうか?個人的に演技してるジュニアはどうしても違和感。

話としては、なんだか面白くなってきたけど.....でも結局ジュニアって死んじゃうのかなー 不幸すぎるな研次くん。

あっ!哲司出てなくない?

2009-05-30

[] 『MR.BRAIN』第2話 TBS

うーん、基本的に『HERO』だと思うんだよねー。それを豪華キャスト、セットと風変わりな主人公で違いを出そうとしてるって感じ。

確かに豪華キャストなんだけど『HERO』ほど脇役に魅力が感じられないのは、個人的好みかな〜 でも香川照之はステキー。

Gakct様は予想したとおり思ったまんまの役柄だったわー 意外性まったくなし。これで終わりかと思うとがっかり。

それにしても事件解決の最後の切り札がゆるいというか甘いというか。結局メインの犯人に対しては科警研は反映されないんだよねー 

科警研で調べたことが証拠になって逮捕解決!って締めじゃないんだもん。なんかもったいない気が....『CSI』の見過ぎ? 

[] 『風に舞いあがるビニールシート』第1話 NHK総合

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)という仕事がちょこっと分ったような気がする。

命の危険もありえて、念のため遺書を書いておこうと思う職業なんだな。

転職してスキルアップを図るために入ったであろうUNHCRで、吹石一恵がどう変わっていくのかが今後のみどころなのかな。

それにしても吹石一恵は良かったなー  

2009-05-24

[] 『百年の物語 Only Love』TBS

もうついでなんでこれも。これはなんとなく渡部篤郎が良かったなーとうろ覚え。

今回は現代劇なんで、前の2作とは趣が違う感じ。時代が違うので女性は不自由という枷はないけど

現代には現代の枷があって自由に生きられないんだなーと。そんなの贅沢だなとも思うけど共感もするかな。

いつの時代も取り返しのきかないことはある訳で、人って後悔すること多いし、だからこそ自分自身で決めてかないとって言うことでしょうか。

この3作を通して、渡部篤郎が一番良かったです。

この情けないヘタレな役柄もしっかり自分のものにしてるんだよなー 上手いな。

特に空港で警備員?に連れてかれるところの振り向いた表情が素晴らしかったなー 

渡部篤郎に対しては熱烈なファンではないが、ちょっと他の役者とは違って、なんていうのかなー?

親戚のような友人のような気持ちなのか?良くても悪くてもいつでもどこでも遠くから応援していますって感じ。

15年前からちゃんと作品を考えながら芝居する人だなと思ってたし、物を作るってことに真摯だし、絶対売れると思ってたんで。

あっでも里佳子には押し切られたねー しょうがないか。


ついでに三部作のメイキングも見てみたが、素の山祐がこっちが引くぐらいご陽気で可愛いけどちょっと気持ちワル♪です。

でも芝居してるときは素敵なんだよねー やっぱり役柄かー?役に入ってるときだけ見られれば満足かもー

[] 『百年の物語 愛は哀しみをこえて』TBS

大正編見たら、続きが気になって気になって、ネットで検索してDL

いやー全然覚えてないよ。本放送見たか?

ビートたけしが復員兵の叔父役で出ていたが、この人は芝居が上手いって人ではないけど

本人自体に哀しさとか陰りが漂ってるから、存在感が増すのかも。

叔父さんが背負ってる苦しみを見るとやっぱり戦争って罪深いなと思わされる。

ホント戦争って多くの人を蹂躙するよなー

それにつけても大沢たかおの制服姿はかっこよかったわー 正直どーってことない役柄だったけど。

もうちょっと戦争で引き裂かれた日系二世の哀しみが出てると良かったんだけど、ビートたけしに持ってかれた感じ。

2009-05-23

[] 『遥かなる絆』最終回 NHK総合

親子の愛情っていうのは国は関係ないんだなと。それがたとえ血が繋がってなくても。

城戸幹@孫玉福(加藤健一)は戦争によって実の両親と離れ離れになったけど、そのおかげで養母とも出会えたんだよなー

そして久枝(鈴木杏)には血のつながりはないが、心より心配してくれる親戚が中国にたくさんできた。

中国人は情が深いんだなーと思わさせる。でもその反面、やっぱり反日感情も根強いんだとも。

もし「日本がしてきたことをどう思うか?」と言われても久枝のように答えられないな。

ただ忘れないようにしようと思うのがせいいっぱい。

日本人として生まれ、日本で育ってると祖国とか考えないもんなー。

久々に加藤健一の演技を見られて満足。

[] 『Mr,BRAIN』第1話 TBS

結構面白かったんですけど、もっとフツーでいいんじゃないんですかね?

何かと脳科学に絡ませようとするウンチクが、途中からちょっとウザクなってきちゃったんですけど。

普通に事件を解決するだけでも面白いと思うんだよねー キムタクも普通の役柄で見たいです。

それにあれだけの科捜研メンバーを上手く拾っていけるのかなー?もたいない使い方にならないのか?とりあえず見ちゃうけど。

市川海老蔵はあれで終わりなのかなー?続きがありそうなので期待。

セットは『CSI』みたーい。

[] 『チューボーですよTBS

ゲストは池田鉄洋

緊張してるくせにあれだけのエチュードをやってのける池鉄はやっぱり素敵。

[] 『チョナンカン2』フジテレビ

来週はハ・ジョンウ!

 

2009-05-21

[] 『BOSS』第6話 フジテレビ

志田未来の小生意気な役柄にイラっときながらも、大人の余裕で切り返す天海姉さんに惚れぼれ。

賢い犯罪者を追い詰めるには、こっちから罠を仕掛けていかないとダメなのかもねー こういう逆転劇が気持ち良いな。

2009-05-20

[] 『百年の物語 大正編・愛と憎しみの嵐』TBS

確か本放送は当時見たはずなんですが、すっかり忘れてました。これは明らかに山口祐一郎目当てー

山祐演じる横山平吉があまりにも恋愛下手なのがかなりツボ。

最初に平吉が自分の気持ちを正直に言わないからこんなにこんがらがる訳で。(まあそうでなくちゃあドラマにならないってことだけど)

彩(松嶋奈菜々子)はなんとかして平吉と話し合おうとしてるのに、取り付く島なし。

でもさ一度拒絶されたらもう一度って、勇気いるよねー 平吉の気持ちも分る気もするが。

それでも平吉は彩に側に居て欲しいから脅迫まがいな事を言って縛り付けちゃう、この不器用さ。どんどんすれ違う。

結局平吉は、何もかも失ってからでしか正直にはなれなかったんだろうなー。

「一目惚れで、結婚できたときは嬉しくて、あの男だけには渡したくなかった」

取り作ったものを全部脱ぎ去った後に、残っているのは本当の気持ちだけだった訳だ。

この告白のシーンの山祐は地位も財産も失ってたけど、そのうらぶれた感じが色っぽくてかっこよかった♪

何もかも胸を締め付けられる言葉ばかりで、一緒に付いていこうという気持ちになるし。

もっと早く言えよとも思うけど、劣等感の塊で言えない平吉だからこそちょっと愛しく思える。

まあ本筋ではないからしょうがないけど、満州に渡った後の幸せな平吉と彩の姿も見て見たかったなー


百年の物語 第一章 [DVD]

百年の物語 第一章 [DVD]

2009-05-19

[] 『大化改新』 NHK総合

これも掃除のついでに出てきたDVD.....こんなのが死ぬほどあるんですけどー。

このドラマ以前に『聖徳太子』があって、古代ドラマシリーズ的なスペシャルドラマ

『聖徳太子』にはソル・ギョングが出ていたのでソッコーで見たのですが、こっちはすっかり忘れてました。

タイトル通り藤原鎌足(岡田準一)と中大兄皇子小栗旬)の話かと思ったら

鎌足蘇我入鹿渡部篤郎)が幼馴染で親友という設定で話が進むのでちょっとビックリ。


聖徳太子の「美しきものは正義」という教えに感銘を受け、その通りに生きたいと思う鎌足。

そんな鎌足の純粋さを好ましく思っている入鹿だが、権力を手中に収めんとした時

友情と野心とを秤に掛け、結局は鎌足を裏切る。男ってどうしても自分の実力を試したいんだねー

その過程で逡巡する渡部篤郎が良いの。入鹿という複雑な人物である胸の内の葛藤が見ている側に伝わってくる。

鎌足に対して非情なのは、自分が権力を掌握するためもあるだろうが、純粋無垢なままでいて欲しいから近づくなってことなんだろうな。

朝廷に君臨しても苦しく満たされないことも多いであろう孤独の人・蘇我入鹿。

入鹿は鎌足の素直さとか純粋さを好ましく思いながらも、同時にコンプレックスを持ってたのかも。

女(木村佳乃)も取られてるし。入鹿の側に愛する女が居てくれたら随分違ってたと思うな。


結局、入鹿を手に掛けた瞬間から、鎌足の純粋さは失われ入鹿と同類。

世の中を変えるためにはクーデターが早道ということで、やってることは入鹿と変わらないのだ。

「美しきものは正義だが、凡俗には難しい」なんだね。

山口祐一郎が山背大兄王役で出演しててちょっと嬉しい♪しかし『女神の恋』とは全然声が違うんですけどー

こっちの声の方がかっこええー でも役柄的には断然小田龍之介の方が素敵〜

[] 『しゃべくり007日本テレビ

ゲストは今田耕司。もう先週から楽しみで楽しみで。

やっぱりさすがだよ今ちゃん。番組のお約束なんであろう師匠コントもさらっと入ってるし。

今ちゃん中心にドンドン回っていって、レギュラーメンバーとの長いコントを見せてもらった感じ。

MCだけじゃなくもっといろんな番組にゲストで出て欲しいな。

2009-05-18

[] 『女神の恋』 NHK総合

山口祐一郎ファンの友人から散々薦められたにも関わらず、録画したままずぅーっと放置(しかも6年っ!)

ここ最近ラブストーリーがことごとくハズレてることだし、掃除して出てきたついでなんで見てみる......

もうホントごめんよY子ちゃん!めっさめっさ面白かったよー!山祐最高!!

あの役柄にあの笑顔はズルイよ〜 この作品で山祐ファンが確実に増えただろうなー。

私の山祐歴は『レミゼラブル』とうっちー内野聖陽と兄弟役(Wトート!)で出てた『昨日の敵は今日の友』のみ。

どっちもうっちー目当てだったんで、山祐は「べつにー」って感じでしたが、すみません私が間違っていました。

この役柄の山祐はまぢで素敵です。ちょっと持ってかれちゃいました〜♪


思い込みが激しく勘違いだらけの35歳独身OL末松吉子(松本明子)と、どん詰まりの売れないSF作家小田龍之介(山口祐一郎)が

ダブルブッキングで同じコテージに宿泊することになり、巻き起こるラブコメディ。

いい歳をした大人の二人が喧嘩して子供みたいに言い争って一緒に過ごしていくうちに、

吉子は現実の自分を直視し「本当の自分を知らなければ幸せにはなれない」と悟り

龍之介は離れて暮らす息子との絆を取り戻し、作家としてもう一度勝負してみる気持ちになる。

慰め合い助け合って、時には厳しく諭し、相手の思いやり溢れる優しさを実感して、お互いがかけがえのない存在になっていく。

吉子と龍之介の楽しいやり取りの間に、時折見せる龍之介の誠実で温かい部分や、吉子のおせっかいとも言える相手を心配する気持ちなど

ちょっぴりホロっとさせるパートを無理なく入れ込み絶妙なバランスで物語が進むのだ。


この二人の間に「好きだ、愛してる」なんてセリフは一切出てこないのだが、

お互いを想う気持ちは二人の視線や仕草で、言葉を軽々越えてこちらに伝わってくる。

龍之介が運転するトラクターに乗りながら、居眠りしてしまった吉子の頭を自分の肩にもたせ掛け、吉子の頭に頬寄せるシーンは

見てるこちらを幸せな気持ちにもさせるのだが、嬉しそうにも寂しげな表情にも見える龍之介がなんだかとってもせつない感じで良かったなー

作家として大成できず、将来性もない自分が吉子に何を言えるのか?と思ったのかな。このシーンは本当に素敵です。


20090520231315


物語が進んでいけば行くほど、この二人がどんどん愛しくなっていって

エンディングで流れるタイトルバック映像の二人の笑顔すらも幸せな気持ちにさせてくれる。

もう島谷ひとみの「元気を出して」がエンドレスで頭の中で鳴り響いてます。

この時の山祐の笑顔がホントに素敵なんだよねー ちょっと惚れ惚れするぐらい♪ ⇒ 「女神の恋」エンディング

最終回のエンディングが流れて「完」の文字が出た時、この二人にもう会えないのかと思うとまぢで寂しかったです。

いかにもどっかで見たことあるシチュエーションだし、主役二人はかなりの年齢だし(失礼!)オーバーな演技は鼻につくしで

良い事なしで始まったのがいつの間にか、がっつりハマって久しぶりに完徹鑑賞。

もうこの二人をキャスティングした人だれ?グッジョブです!



女神の恋 [DVD]

女神の恋 [DVD]

2009-05-17

[][] 『ぼくの妹』第4,5話 TBS

なかなか話が進まんなーと思っていた4話終わりで、里子(ともさかりえ)が目の前で落ちたと告白する妹(長澤まさみ)。若干進む。

そんでもって、九鬼(ジュニア)の父さんが桜井さん大滝秀治)で、長澤まさみが何だかジュニアに惹かれてくんかー?な展開。

うーん、そういう方向へいくかー 来週も見なきゃならなくなる状況(別に無理しなくてもいいんだけど)

このドラマって、なんだろう?バランスが変なのかな?だから一見まとまりがなく見えるんだろうか。

兄妹の周りでは結構重たーい現実が渦巻いてるんだけど、毎回出てくる二人の思い出ばなしでなんだか毛色が違ってくる。

ここのパートだけほのぼの路線で浮いてるっていうかなんていうか。カテゴライズしにくいドラマだから落ち着かないのかも。

でもなんだかこのアンバランスさがちょっと良くなってきてる気もする(どっちだよ)

[] 『秘太刀 馬の骨NHK総合

4年ぐらい寝かしといたんですが、掃除しててDVDが出てきたんでつい鑑賞。いやー面白かったです。

内野聖陽演じるキャラクターの石橋銀次郎が秀逸。剣のことになると周りが見えず一直線、美人には弱いマザコン気味の大きな子供。

変わり者だけど優しくって強くて頼りになる男なんだよねー しかも面白いし。『蝉しぐれ』の文四郎より好きー


幻の技“秘太刀馬の骨”の使い手を捜すため、継承されたとされる矢野道場の6人と次々と手合わせをしていく銀次郎。

その立会いを命ぜられ、共に行動する浅沼半十郎(段田安則)と銀次郎のコンビネーションが最高。

すっかり馬の骨に魅せられてしまった銀次郎の勝手な振る舞いに振り回されっぱなしの半十郎。

矢野道場の面々は馬の骨を悟られないように、手合わせするなと道場主の矢野藤蔵(小市慢太郎)から言われるのだが

銀次郎はそれぞれの弱味につけ込んで脅しすかして手合わせさせ、馬の骨を見るためなら手段を選ばない。

半十郎はそのやり方に意義を唱えるが聞く耳を持たない銀次郎。

やがて矢野道場の門弟たちと立ち合いし、一緒に過ごすうちに、半十郎は銀次郎の本当の人柄が見えてくる。

門弟たちも良いんだよねー それぞれに事情を抱え悩みや迷い苦しみがあって、銀次郎との立ち合いを契機に一歩踏み出して行くのだ。

最後は家老暗殺に端を発するお家騒動に、銀次郎と半十郎、そして矢野道場の門弟達が一丸となって挑んで行く姿はかっこよかったなー

多喜(麻里也)を守ろうとするカッコイイ姿や多喜にやきもちを焼いてすねちゃう可愛さ。両極端な面を持つ銀次郎は素敵でした♪

うーん、黒木英俊@『ゴンゾウ』といい勝負のキャラクター。


秘太刀 馬の骨 [DVD]

秘太刀 馬の骨 [DVD]

2009-05-16

[] 『NHKアーカイブス 依頼人』 NHK総合

テレビつけたらいきなり太地喜和子なんで鑑賞。

たったひとつの想い出だけが生きるよすがの薄幸の女。

欲がなく純粋すぎるがゆえに幸せになれない。もっとずるくなればいいのにと見てるこっちが歯がゆくなる。

こういう不幸せな女も気風のいい姉御も演じられるカッコイイ女優だったなー

もしまだ生きていたら、杉村春子亡き後でも文学座はもっと面白かったと思うんだよねー ほんとに惜しい人を亡くしたって感じ。

こんなに情が濃くて艶っぽい女優は現在では皆無。存在感が違います。

[] 『遥かなる絆』第4、5話 HNK総合

人生のほとんどを中国で育ち、日本語も喋れないが、どうしても日本に帰りたいという思い。

実の両親に会いたいと思う気持ちもあるだろうけど、中国では叶えられない自分の夢を日本で叶えたい気持ちも強いのだろう。

たとえそれが養母を置いて行く事になっても。

やっとの思いで日本に帰国しても、血を分けた家族との意思の疎通が出来ず、思っていることのすべてを伝えきれないもどかしさ。

これは想像を絶する困難。

でも孫玉福@城戸幹(グレゴリー・ウォン)の周りには良い人たちが揃ってるので、それが救い。

文革の時代をたった1人で日本に帰れたのは周りの人のお陰なんだろうな。

孫玉福@城戸幹には幸せになってもらいたいなと心から思ってしまう。

久枝(鈴木杏)と劉成(フービン)の二人もいいんだよねー 久枝が東京へは行かないと決めた時の劉成の表情がせつなかったな。

2009-05-15

[] NHK時代劇スペシャル『花の誇り』 NHK総合

ずーっと保存しておいたのをやっと鑑賞。

体制に飲まれる人がほとんどの中で、不正を正し声に出すのは勇気がいる。

弱い人間でも我慢の限界ってのがあるもんで、女ながらに立ち向かっていく田鶴(瀬戸朝香)はかっこいい。

それは自害した義兄(山口馬木也)に申し訳が立たないとの思いがあるのかも。

田鶴は義兄が自害したのは自分のせいだとずっと思っていて、心に傷を負っているのだ。

そんな妻の姿や藩政の事なかれ主義を見て、上昇志向がなく飄々と過ごしていた田鶴の夫・織之助(田辺誠一)にも変化が。

自分は義兄の身代わりではなく、自分を生きて行こうと思うのだ。

心の傷と向かい合い、今生きてる相手と向かい合っていこうと決めた田鶴は、義兄の自害の原因の三弥(酒井美紀)も許せたのだろう。

藩の陰の実力者・小谷三樹之丞役の遠藤憲一がおいしいなー 

[] NHK時代劇スペシャル『母恋ひの記 〜谷崎潤一郎少将滋幹の母」より〜』

劇団ひとり黒木瞳が親子って。ちょっと笑ってしまう。

出てくる男はみんな母親に恋狂いって感じで、女から見ると引くな。男のロマンなんか?うーん。

2009-05-14

[] 『ダウンタウンDX』 日本テレビ

トータルテンボス藤田が松ちゃんの「ヒゲもあるし」というフリを気抜き過ぎでうっかりスルー。

それを浜ちゃんはじめ、相方大村、キム兄アンタッチャブル芸人一同立ち上がってつっこむつっこむ。

藤田は天然で気づかなかったようで、マジであせってました。その後の「ヒゲ」のフリも迷っちゃってグタグタ。

一応後半は盛り返したように見えましたが挽回ならず。見てる方はすんごくおもろかったけどね。

2009-05-13

[] 『憎くてももう一度』第4〜11話 KBS Would

とうとうハン会長(チェ・ミョンキル)にすべてバレてしまいました〜

でもウン・ヘジョン(チョン・イヌァ)は動じず。二人とも怖いわー。

誰が悪いとかはないと思うけど、1回こじれちゃうと元に戻すのは時間掛かるよね。

チェ・ユニ(パク・イェジン)とイ・ミンス(チョン・ギョウン)の恋の行方も気になる。

2009-05-12

[] 『スタジオパークからこんにちはNHK総合

ゲストは大森南朋。もちろん映画ハゲタカ』の宣伝。

予告編ではなく、本編映像を見られたのは嬉しい。

しかしトーク番組で南朋を見るのは初めて。

幼稚園の時、父親の働く姿の絵を描きなさいと言われて「白い画用紙じゃ無理」って思ったてのがおもろい。

その頃から人にウソを付くことを覚え、自分の父親の職業を「会社員だよ」と言い続けたらしい。

肩の力の抜けたマイペースな感じがなんか南朋ぽっい。「漣は南朋のものです」だって、良かったね。

2009-05-10

[] 『ジェネラル・ルージュの伝説』 海堂尊

ジェネラル@速水晃一が“ジェネラル・ルージュ”となった伝説の城東デパート火災事件。

初めから“神”ではなかったのよー それを後押ししたのは猫田看護士だったんだね。

この事件からハヤブサ@花房看護士は速水先生を意識するように。世良先生とは自然消滅か?

デパート火災の現場には水落冴子と城崎がいたんだけど、そこで患者に応急処置をする城崎。

城崎って『螺鈿迷宮』の桜宮巌雄の長男か。そういえば厳雄夫人の華緒の旧姓は確か城崎なはず。

ここからもドラマが生まれそう。

巻末の登場人物関係図と一覧はファンにはすっごく助かります。


ジェネラル・ルージュの伝説 海堂尊ワールドのすべて

ジェネラル・ルージュの伝説 海堂尊ワールドのすべて

[] 『マンスフィールド・パーク』

原作はジェイン・オースティン

いつも思うがこの時代の女は不自由だなー 控えめで忍従。

でも我慢に我慢を重ねたところで幸せがやってくるので喜びが倍増。

この時代、これでハッピーエンドじゃなかったら悲しすぎ。

好きな人が自分じゃない人に恋焦がれてる姿を見るのは、いつの時代もせつないなー


[] 『ノーサンガー・アベイ』

今までのジェイン・オースティン作品と比べると主人公の妄想が映像化されちゃったりしてちょっと毛色が違う感じ。

主人公の少女が自分の想像で他人を傷つけてしまい、現実を知ることで生きていくことを学び成長していくんですが、

ちょっと時間が足りない感じ。もうちょっとじっくり描いても良かったかも。


2009-05-09

[] 『23区内外殺人事件』 海堂尊

このミス』掲載の田口&白鳥シリーズの短編集。

イノセントゲリラの祝祭』途中に起こった殺人事件。ここでもAiの重要性を謳ってます。

久々にデジタルハウンドドック@加納警視正の登場。


このミステリーがすごい! 2008年版

このミステリーがすごい! 2008年版

[] 『イノセントゲリラの祝祭』 海堂尊

田口&白鳥シリーズ最新作。今回は会議、会議、会議。

田口先生がなんちゃら委員になって厚生労働省へお出かけ。これもロジカルモンスター@白鳥の差し金。

バチスタシリーズは一貫して“死亡原因不明社会”を無くすのがテーマなんだな。今回は集大成で作者の言いたいことを詰め込んだ感じ。

この茶番劇のような委員会を“ヘタこいて”ぶち壊すのは、田口先生。もちろん白鳥とクラッシャー@彦根も裏で暗躍してるけど。

田口先生って上昇志向はないんだけど実は優秀なんだよねー。高階先生に押し付けられて、しょうがなくやってるうちに確実に出世してるし。

自ら望んだわけじゃなく、気づいたら『医学のたまご』で教授になってたのかな。

今回の白鳥はおとなしいと思ってたら、結局同期のミスター厚労省@八神をまんまと出し抜いちゃってるし。

白鳥が唯一信頼してるのが坂田局長だけど、確か細井事務次官と仲悪いんだよね?『ジェネラル』の時に三船事務長にそう言ってたような...

細井事務次官VS坂田局長の争いも注目だし、白鳥、内閣府の高嶺、デジタルハウンドドック@加納警視正

文科省スカーレット@小原、同期4人の活躍も楽しみ。

この名前だけ出てくる文科省の小原は『医学のたまご』で曽根崎伸一郎のお気に入り官僚だったはず。

最後に演説ぶちかます彦根先生は『ひかりの剣』で田口やジェネラル@速水の後輩で麻雀仲間。

『極北クレーマー』で名前のみだったサイレントマッドドック@斑鳩室長がいよいよ姿を現して「南」と「北」の作戦を指示しているが、

本格的な活動はこれからって感じ。加納と入れ替わりで桜宮署に派遣されたんだよね?加納ってなんか工作してたっけ?

とにかく名前しか出てこない人でも今後活躍する可能性大なので、固有名詞は要注意。

作品の内容も良いけど、海堂尊が書き続けるかぎりこのキャラクターたちがずっと活躍し続けると思うと途中で止められない。

延々と続くドラマをずーっと見続けていられるのは楽しいなー 作者の狙い通りなのかも。


イノセント・ゲリラの祝祭

イノセント・ゲリラの祝祭

2009-05-07

[] 『極北クレーマー』 海堂尊

刊行順からいくと『イノセント』ですが、これは純粋にバチスタシリーズなので、お楽しみは後からに。なので『極北』から。

小説とはいえ少しは現状を加味していると思われるので、地方医療ってこんな状況なんだろうなーとしみじみ。

お金の無い人は治療も受けられなくなるのが今後の医療なんだろうか。

そして医療と司法制度との戦い。良心的な医者ほど馬鹿を見るのが現実なのかと暗澹たる気持ちにさせますが

そこは海堂作品なので、クセのある面白い登場人物の描写と小気味良い文章であっという間に読了

でもこれから極北市民病院は再生ってとこで『ブラックペアン』の世良先生が颯爽と登場して終了なんですけど。

逮捕された三枝先生はどうなっちゃうのか?とか、西園寺さやかって小百合だよねーとか

極北市民病院の再生にはジェネラル@速水も活躍すんのかなー?とか、いろいろ想像させて次回に続くって感じなんですけどー

まあ結局、海堂作品はすべての作品が脈々と繋がる大河ドラマなんで、連続ドラマのとある1話と思っとけばいいのか。

三枝先生のお母さんは『ジーン・ワルツ』の茉莉亜先生。茉莉亜先生は『螺鈿迷宮』の桜宮病院院長夫人・華緒と姉妹。

という言うことは、三枝先生と小百合はいとこだよねー それなのに三枝先生をあんな目に.....

でも“死の女王”小百合にはそんなこと関係ないのか。



極北クレイマー

極北クレイマー

2009-05-06

[] 『ハゲタカ』 NHK総合

6月公開を前にしての再放送かな。私的2007年度NO.1ドラマ。

番組表に載ってるとどうしても予約してしまうし、また見ちゃう。何度見ても面白い。

改めて見ると、外資日本企業の戦いではあるが、これってやっぱりそれぞれの再生の話なんだよなーと思う。

芝野(柴田恭兵)が企業再生に力を入れるのも、行員時代に何人もの顧客を失った償いでもあるがそれと同時に自分自身の再生なんだね。

鷲津(大森南朋)だって、自分のやってることに対しいつもこれでいいのか?と自問自答して、最後に出した結果は結局芝野と同じだし。

もちろん登場人物の葛藤も素晴らしいんだけど、企業買収やTOBなど金融における駆け引きを緊迫感溢れる演出で見られるのも最高。

やっぱし緊張感たっぷりの1〜3話が好き〜 


劇場版が今からめっさ楽しみ♪

D

2009-05-05

[][] 『人志松本の○○な話』 フジテレビ

有吉先生が抜きん出てます。

無限大なんて知らねえよ、バカ!」とか、寺門ジモンへの問題提起、姑の息子イジメ....どれを取ってもおもろい。

ロッシーがちょっと霞んでたのが残念て言えば残念。そういえばジュニア喋ってなくない?

[] 『春の日』 LaLaTV

見ていて途中からコ・ヒョンジョンのハッキリしなさ加減にイライラする。

あんなにチ・ジニを慕ってソウルまで追いかけて来て、看病してたのにぃー ちょっと裏切られた気分。

星の金貨』ののりぴーの方が、もっとずっと一途だったな。

現実問題、自分の事をぜんぜん思い出さないチ・ジニより、真っ直ぐに自分の気持ちをぶつけてくるチョ・インソンの方に

心惹かれるのは当然だよねー.....しかーし、なぜか韓国ドラマには一途な思いを貫く主人公を求めてしまう。 

なんでかなー 映画や日本のドラマならこだわらないのだけど。

このドラマでのチョ・インソンは、おいしいよなー 確かに可愛いし。チ・ジニよりも良かったかもー

でも全体的にイマイチ。



春の日 DVD-BOX I

春の日 DVD-BOX I

2009-05-03

[][] 『ぼくの妹』第2,3話 TBS

兄妹でお互いを心配し合い、妹は頼りない兄のために何とかしようとし、

でも兄は妹の怪しい行動で疑いを拭い切れないという堂々巡りな展開。なんだかな。

ジュニアの顔が怖すぎだし、笑っちゃうほど怪しすぎ。300万の必要性は分ったが、ホントか?とすべてが疑わしい。

大滝秀治まで怪しく感じるんですけどー 妹もまだまだ隠し事が有りそうだし。

それにつけても展開が遅すぎないかー ちょっともたもた感がなんとも.....

このドラマのオアシス田中哲司だわ。

2009-05-02

[] 『ごめん、愛してる』 Mnet

かなりカットが多いので、しょうがないと思うのだが、登場人物の心情がブツ切れで

イマイチドラマに乗り切られん。カットし過ぎで物語の余韻がないんだよねー すべてが唐突。

全体的にせつなーいシチュエーションなんだけど救いなさすぎ。ラストもなんだかなー


ごめん、愛してる DVD-BOX 完全版

ごめん、愛してる DVD-BOX 完全版

2009-05-01

[] 『スマイル』第2,3話 TBS

花ちゃん(新垣結衣)の大活躍により、ビト(松本潤)が無罪になってるんですけどー じゃあ別の容疑で拘置されてるってこと?

そして食中毒って.....なんか不幸のてんこ盛り。見ていて辛いんだけど、なんか次が気になるわー

マツジュンと中井貴一勝村政信による3人のやり取りがほのぼのしてて、ここだけオアシス

宅間孝行サタケミキオ名義をやめたのかー。

[] 『A-Studio』 TBS

好きって訳ではないのだが、そのトーク力の安定感ゆえついつい見てしまう中井貴一

鶴瓶とは長い付き合いなので、話も弾む弾む。

プロデュサーの高さんの話はおもろいかった〜 

でも中井貴一と香川照之の日記は読んだら、中国人と仕事するのは大変なんだなーと思ったよ。



日記―「ヘブン・アンド・アース」中国滞在録

日記―「ヘブン・アンド・アース」中国滞在録


中国魅録―「鬼が来た!」撮影日記

中国魅録―「鬼が来た!」撮影日記

[] 『スタジオパーク』 NHK総合

加藤健一のトーク番組を初めて見たなー まあドラマ出演自体20年ぶりだし。

気さくないいおじさんって感じ。しかし今年で還暦!見えないねー

1999 | 12 |
2000 | 12 |
2001 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 03 | 05 | 06 |