Hatena::ブログ(Diary)

kiediary


2009-09-30

[][] 『ジュニア千原と大輔宮川のすべらない話フジテレビ

トータルテンボス大村の後輩が忘れていった携帯のメモリーを全部昔の偉人に変えるってのが面白かったー

「大塩平八郎から10回ぐらい着信があった」「メールで千利休からお茶の誘い」「俺は中大兄皇子なんですけど」

この話どうしてこんなにおもろいのかなー

[] 『オールドミスダイアリー』第161〜164話 KBS World

オ・ユナの気持ちを偶然知ってしまったキム・ジョンミン。

ジョンミンがチェ・ミジャをまだ忘れられないこともユナは知っていると知らされたときのジョンミンが思ったのが

「すべて知ってたのか。ユナさんも辛かっただろうに......」こういうところがジョンミンの良いところだなー。

ユナは自分の気持ちをジョンミンに知られたと思い、ジョンミンは自分がユナの気持ちを知ってしまったのをユナに気づかれたと思います。

お互いが気まずい中、話し合おうとするけど終始「あの話」で具体的には触れず会話が進んでいくのがおかしいんですけど。

いざジョンミンが自分の気持ちを話そうとすると、ユナはジョンミンのみぞおちに一発拳をお見舞いし

「私もジョンミンさんと一緒で、絶対諦めないから」と宣言して立ち去ります。←普通ありえないけどユナらしいな。


ジョンミンとチェ・ミジャ(イェ・ジウォン)のことをチャ・ドンジクに問い詰めるキム・ジヨンが面白すぎ。

すべてを知ってしまったジオンがエレベーターの中でジョンミンとユナの気持ちを想像して一人呼吸困難になる姿は笑っちゃう。

そんな面白いジオンなんだけど一番苦しそうなのもジオン。

2009-09-29

[] 『その男の本198ページ』

なんだかこういうのが一番困るぅー。

これがご贔屓俳優なら眺めてるだけでOKなのだが…可もなく不可もなく予定調和なラブストーリー

でもユジン演じる図書館司書キャラクターが良かったかなー。

ご近所さんや職場の仲間との何気ない日常風景がほんわかしていい感じ。

しかも役名が『ラストダンス』と同じウンス!それだけで親近感。

イ・ドンウクはどーでもいいかな〜 結局198ページにはなにがあったんだけ?とうろ覚えだし。


D

2009-09-28

[] 『高須光聖の御影流』TOKYO FM

いきなりの最終回、しかも二本立て。高須ちゃんも突然聞いたらしい。

ゲストは放送作家中野俊成と麻布十番「かどわき」の門脇俊哉。

門脇俊哉のトミー・リー・ジョーンズの話。

トミー・リー・ジョーンズがCM撮影中現場でアクシデントがあり、かなりご立腹。

東北新社の人が、なんとか機嫌を直してくれと頼みに来る。

最初は「ノー」と言って憮然としていたトミー・リー・ジョーンズが、料理を食べるごとにvery niceを連発。

帰る頃にはすっかり上機嫌で、東北新社の社員に握手求められ感謝されたらしい。おいしい料理ってすごいな。

「かどわき」はトリュフご飯が有名だが、それだけ出してもダメで、そこへたどり着くまでの料理で唸らせといてのとどめの一発なんだって。

番組構成に似てるかもね。

[] 『韓国版 花より男子 Boys Over Flowers』第19話〜最終回 Mnet

うーん、後半になるにつれ面白さ半減.......なーんかイマイチ盛り上がりに欠けるんですけど。前半は結構面白かったんだけどなー

韓国版が冗長なのか、私が日本版のスピーディーな展開に慣れすぎなのか。

一番うーん?と思うのは、ユン・ジフ@類(キム・ヒョンジュン)の描き方っていうか扱い方。

ちょっと三角関係を重視し過ぎっていうか、ジュンピョ@道明寺(イ・ミンホ)とジフが同等になってるし。

これが原作に近いのかなー?読んでないんで分らないが。

私の中で『花男』はつくしと道明寺の話なんだよねー 類は所々で光ってれば良いんじゃないかなと。

だからじいちゃんとのあれこれも本当はいらないんじゃねぇ?と思ったりして。

なーんていうのかな、小栗旬@類はカッコよさが凝縮されてたのよ。メリハリっていうのかな。

普段はものすごく優しげな言い回しの類が、つくしのために親友の道明寺に対して

それまで聞いたことないような声音で感情をあらわにした時は、ちょっとゾクゾクしてしまった。

ジフもそんな場面があったような気がするが、ほとんど印象に残ってないほど平坦なイメージ。演技力の問題なのかな?

終始ソフトでスマートでお人形さんみたいだったなー 感情を揺るがすほどの決定的な“落差”がないんだよ、だからつまんないんだなきっと。

ジュンピョもジフのおかげでイマイチ影が薄いし、ジャンディ@つくし(ク・ヘソン)は泣いてばかりいる印象で、

つくしの強さがあんまり感じられなくなったし、終わりに近づけば近づくほどなんだかなー状態に。

日本版が懐かしくなってきちゃったなー バカっぽいマツジュン@道明寺に久々に会いたくなってきた。

つくしと初めて手をつないだ時のどぎまぎしてるとこや、せつなーい表情のマツジュン@道明寺がすきー♪

韓国版はビジュアル的には良いんだけど、やっぱり私のベストは日本版なんだなー



花より男子~Boys Over Flowers DVD-BOX1 (5枚組)

花より男子~Boys Over Flowers DVD-BOX1 (5枚組)

2009-09-27

[] 『ボクらの時代フジテレビ

大森南朗×竹中直人×斉藤和義

大森南朗をトーク番組で見かけるのも珍しいけど、仕切ってトークを進行してたよ!ちょっとびっくり。

[] 『映画の達人 エンドクレジッツ』 フジテレビ

今まで何度か見ていたが一番面白かった。照明のお話。

美術や衣裳は形あるものなので、意味を見出しやすくて解釈しやすい。

しかし照明は光と影だけ。それだけで作品の雰囲気を作り出し、時代や人物の心情までも照らし出そうする。

セット撮影では東西南北の方向をちゃんと決めるらしい。なぜなら朝のシーンと夕方のシーンでは太陽の当たり具合がまったく違うから。

これは初めて聞いたー目からウロコ。そりゃーそうだよね、実際の日の光を見たら時間によって全然あたる場所も光も違うもん。

確かに撮影の待ちで一番時間掛かるのって照明なんだよねー 準備パートの待ちは許さないけど、技術パートの待ちは許されるのよ。

どこまで暗くしてどこまで見せるか、それは作品の解釈や役者の演技によって違ってくる。

台本に書かれていない状況を想像し、照明でその世界観にあらたな創作を加えていく。照明っておもしろいな。

[][] 『チョナン・カン』 フジテレビ

韓国映画ベスト3

1位『海雲台』  ソル・ギョング

2位『国家代表』 ハ・ジョンウ

3位『10億』   パク・ヒスン

ずらりとご贔屓ばっかで全部見たい作品。

2009-09-26

[] 『ロマンチックアイランド

やっかいな現実から離れてフィリピンのボラカイ島へやってきたカップル3組のお話。『ラブ・アクチュアリー』だな。

特にお気に入りはイ・ソンギュンとイ・スギョンのパート。

音信不通だった父親の葬儀に来たジェヒョク(イ・ソンギュン)とバラバラな家族やしょうもない会社を見限って家出してきたスジン(イ・スギョン)

なぜか二人は偶然行動を共にするようになって、そのうちにお互いの境遇を語り合う仲に。

だんだんお互い笑顔が増えてきてイエスorノーで質問し合う中、何気に告白しちゃうイ・ソンギュンがキュートだったなー

ここまで行く過程をもっと丁寧にじっくり見たかったな。まあ3組のカップルをそれぞれ平行して描いてるんでしょうがないけど。

韓国へ戻って、スジンと再会する時に言うジェヒョクのセリフもなんだか可愛らしくていいんだよねー

生まれてからこれまで髪型を変えたことないけど、好きな人が言うなら髪型も変えちゃうらしいよ。いいなースジン♪

なんだか物足りないような気もするけど、全体的に可愛らしい感じの作品。


D

[] 『オールドミスダイアリー』第157〜160話 KBS World

これは完璧に100%オ・ユナの八つ当たりなの。そんなの分ってるのよ。

でも私はどうしてもユナが悪いと攻められないのよー もう見てる間、涙止まらなかったなー。

もちろんユナ自身も頭では分ってるんだよ、チェ・ミジャ(イェ・ジウォン)もキム・ジョンミンも悪くないって。でも気持ちが許せないのだ。

ユナの誘いは仕事があるからと断って、ミジャには暇だったと言ってしまうジョンミン。

ジョンミンの気持ちも分るんだよねー 好きな人に誘われたら何よりも誰よりも最優先だよね。

だからこそ好きな人にそんな仕打ちをされたユナは、悪くないと分っていてもついついミジャに辛く当たってしまう。

ジョンミンもユナの気持ちを知らないから「ミジャさんに言いすぎだ」とか「ミジャさんが辛そうだ」とか言って、またしてもユナが怒りに震えちゃう.....

もうさ、見ながら「もうジョンミン、お前は黙っとけ〜!」って突っ込んじゃったよ。

ジョンミンは本当にちらっともユナの気持ちに気づいてないのかな?気づいてたらユナに

「恋をするときれいになるって本当だな。幸せな男だ」って言わないよね?もう本当に頼むから何も言うなよジョンミン!

ユナ、泣いてばっかりだな〜。


本当に誰も悪くないんだよねー 何も知らないんだから。言いたくてもいえない気持ちがいっそうユナの怒りを掻き立てるのかも。

ユナはミジャの顔を見る度、言葉を聞く度「なぜ私じゃないのか?なぜミジャなのか?」と思い、

ジョンミンの心を奪ったミジャが憎くてしょうがないのでしょう。しかも親友って言う間柄は最悪だよな。

ユナは目の前が真っ暗になるほど憎しみが止まらないと思うよ、もうそれは頭がおかしくなるほど。

どうしようもないんだよねー だって気持ちが抑えきれないんだもん。なぜ?なぜ?の嵐だよきっと。

そんなユナにキム・ジヨンは「最近どうしたの?ミジャにひどいよ」と言います。

ユナはとうとうジヨンに「ジョンミンさんが好きなのはミジャなの」と言ってしまいました。

そこでジヨンはミジャに八つ当たりするなとは言わず、ユナの気持ちを充分理解してミジャに「ユナを理解して」と言いってくれます。

ユナの問題なのにユナ以上に苦しむジヨン。ここ最近ジヨンが面白いなーと思っていましたが、いい奴だな。

最初はうざいなーと思っていたドンジク&ジヨンの二人ですが、今はとっても大好きです。

2009-09-25

[] 『オールドミスダイアリー』第153〜156話 KBS World

キム・ジョンミンは夕べの出来事を覚えていないようです。オ・ユナが知ってしまったことも。

ユナのなぜ?なぜ?なぜ?が始まります。「なぜミジャ(イェ・ジウォン)なの?なぜ私じゃないの?」と。

性格も能力もスタイルも負けてはいないのに.....そそっかしさで負けてるのか?

自分でも気づかぬうちにミジャにキツくなってしまうユナ。八つ当たりしてると自分でも思うがでも止められない。

クールなユナはどこへ?「男のために、友達にあんなことするなんて.....誰でもやるわよ私も女よ」

何も知らないミジャに悪気はないのだけど、そこがまた腹立つんだよねー

「羨ましくて。ジョンミンさんの心を奪ったミジャが憎くて泣いてるの」

この気持ちを隠して平気そうに振舞わなければならないユナはつらいな。

2009-09-24

[] 『CBSドキュメントTBS

ウォルター・クロンカイト追悼特集。

気づいた時には30分も過ぎていた......最初から見たかったー

ケネディ暗殺やベトナム戦争、アポロ月面到着など60年代を代表する大事件を伝え、アメリカジャーナリズムを象徴する人物。

個人的にウォルター・クロンカイトと言えば『人類、月に立つ』

エメット・シーボーンというアンカーマンが出てくるのだが、この役柄のモデルがクロンカイト。

60年代の重大事件はいっぱいあるけど、クロンカイトといえばやっぱり“アポロ計画”なんだよねー

クロンカイトが亡くなったと知らされたエンデバーのクルーは彼のために黙祷を捧げたらしい。

[] 『オールドミスダイアリー』第149〜152話 KBS World

ああーあ、とうとうオ・ユナはキム・ジョンミンの好きな人がチェ・ミジャ(イェ・ジウォン)だと知ってしまいました〜

なーんか、ユナもジョンミンも報われなくてせつないよなー 

落ち込んでるミジャを励ますが、今はこんなことしかできないと自嘲しちゃうジョンミン。

寿司の差し入れはミジャにとって負担かどうか悩み、放送局の前で何度もシュミレーションしてるジョンミンの姿はホントけなげ。

結局、ミジャは帰宅していて寿司は渡せなかった......そん時のジョンミンの後姿はせつないな。

ジョンミンは渡せなかった寿司をマンションのエレベーターで一緒になったユナに上げてしまう。何も考えずに意味もなく。

でもさ、片思い中の人に貰ったものって意味を探したくなるんだよねー ユナもそうだ。

寿司もカラオケの歌声もバラの花も自分の為にと思いたいのだ.....本当はミジャの為なんだけどねー あーあ。


せっかくミジャを励ましたかったのにできなかったジョンミン。「励ませばいい」とチャン・ドンジク

すると生真面目ジョンミンは「チPD(チ・ヒョヌ)がいない間に近づくのは卑怯な気がしてさ」

「愛に卑怯はない。それでも欲しいのが愛だろう?何も考えずに心のままに行動しろ」チャ・ドンジク!見直したよ!!

ジョンミンは早速ミジャを誘って慰めようとしますが、待ち合わせ場所にはミジャとチPDの姿が.....行けなくなったとメールするジョンミン。

「ミジャさんを慰めるのは簡単だな」←これはホントやり切れないな。ミジャの落ち込む姿は見たくないけど、

こんな慰め方は辛いだろうなジョンミン。これでいいんだとため息しか出ないジョンミンがせつなーい。

屋台で酔っ払ってるジョンミンを見つけるユナ。何かあったのか?「嫌なことでもあったの?」

「慰めてあげたかった。笑わせてあげたかった」

「その人に好かれてないんでしょ?」

「そうなんだ」

「遊び人じゃなかったの?世の中の半分は女よ」

「そうだけど、チェ・ミジャは1人しかいないだろう」

あーあ、言っちゃった。

2009-09-23

[] 『白洲次郎』第3話 NHK総合

自分の信念や意見を通し抜くのって一見わがままで自由に見えるけど、相当な覚悟とメンタルが強くないと貫き通せないよなー

あのバッシングに良く耐えられるなーと思うもん。やっぱし先に死んでいった人たちを思えば我慢もできるのかしら。

でもさやっぱり白洲次郎が何者だったのかを描くのは難しいよ。形として残ってなくてその信念と生き様だけしかないから。

だからドラマにすると山場がいまひとつなのかも.....ちょっと観念的すぎるのかな。


私が思っていたことを、まっしー@真嶋秀和が次郎(伊勢谷友介)に言ってくれました。

「あなたのように生きられず必死に日々を生きている人たちが世の中にはたくさんいるんですよ」と。

そうなのよ夫婦して自分は何者なのかを問い、自分を探してるのはやっぱ贅沢だと思うよ。

結局、次郎が成し得なければならなかったのは「誇りある日本の再生」ってことでいいのかなー そのために肥やしになったてことなんでしょう。

ほら、分りにくーい。

田中哲司とか市川亀治郎をもっと見たかったわー でも伊勢谷友介とまっしーが素敵だったから満足♪

[] 『オールドミスダイアリー』第145〜148話 KBS World

だんだんユナがおかしくなってます。

キム・ジョンミンの携帯をチェックしたり部屋の中を家捜したり.....今までのユナでは考えられない。

ユナはジョンミンの好きな人が気になるんだよねー でもそれは立派なストーカーだけど。 

一緒に飲みに行ってもジョンミンの悲しげな表情を見ると

「誰なの?あなたをこんなに悲しませる人」と思ってしまう。←チェ・ミジャ(イェ・ジウォン)なんだけどねー

PD(チ・ヒョヌ)と喧嘩して泥酔状態で落ち込んでいるミジャを心配げに見つめ快方するジョンミン。

そのジョンミンを見つめるユナの心の中は「誰か知らないけど、あなたが好きな人がすごく羨ましいわ」

うーん、ユナがジョンミンの“好きな人”を知ったらどうなるんだろう?


相変わらずジョンミンはミジャを忘れることができない。チPDと喧嘩してるのを心配して

あげくに「チPDを理解してやれ」と言ってしまうジョンミン。こういうカッコつけと言うか、人の良さがジョンミンの良いとこでもあり悪いとこでもあり。

チャ・ドンジクが言ってたけど「惚れた女が目の前で揺れていてもプライドが大切か?」ホントそうだよ。

でもジョンミンは義理堅いし優しいから、略奪とか卑怯なことできないんだろうなー そういうところは生真面目なんだよな。


ユナはもうこんなことやめようと思う。振り向いて欲しいとすがり付くのはオ・ユナらしくないと。

ジョンミンへの気持ちはもう諦めようと......だからジョンミンを避けるんだよねー

あの女のせいで辛そうなジョンミンを見るのはユナ自身が辛いから。

でも風邪で寝込んでしまったジョンミンをどうしてもほっとけないユナ。

自分の体調もすぐれないのにジョンミンを病院まで負ぶって運んだユナはその場で倒れてしまう。

「自分にはやっぱりジョンミンが必要」だと思うんだねー あーユナには頑張って欲しいな。

2009-09-22

[] 『キング・オブ・コント2009』TBS

東京03って演技上手いなー コント上手い人は演技も上手いんだよね。優勝は納得です。

03の二回目の得点が出た時は思わず拍手が出ちゃいました。ラストもハラハラして生放送ならではだし。

でも正直、ネタよりもダウンタウンと敗者芸人たちとの絡みの方が面白かったかもー DNAおかしかったよー。

3回も振る浜ちゃんもさすがと言うかドSと言うか、やっぱりこういうMCは浜ちゃん最高。

松っちゃんとバファロー木村の「ポカホンタ〜ス」も楽しかったです。

途中に流れるキング・オブ・コント版オロナミンCのCFはとってもカッコよかった〜

「その一歩」を踏み出す前の舞台袖の芸人たちの表情はみんな素敵♪

[] 『オールドミスダイアリー』第141〜144話 KBS World

オ・ユナの心の中には完全にキム・ジョンミンが入り込んでしまったようです。

ジョンミンが「黒いスーツがセクシーだと思う」と言えば黒いスーツを手に取る自分がいて、

ユナの服装を見て「そのスタイルはセクシーだな」と言うジョンミンのひと言で一日中そわそわしてしまう。

そんな気持ちは錯覚だと思い先輩からいい男を紹介してもらい、とても気に入り好きだと思いますが、

ジョンミンをひと目見かけただけでその思いは崩れ去ります。

「彼だけは違うと信じたかったのに。どうしよう.....彼に惚れちゃったみたい」今にも泣き出しそうなユナ。

でもジョンミンはまだまだこんな感じ↓

「誰かを愛すること、誰かを忘れること....ビデオの返却ぐらい簡単に思えるけど、愛が延滞するとそれを返却するのは不可能だ。

捨てることも忘れることも他の人を愛することもできないから」

それからのユナは可愛いです♪ジョンミンが訪ねてくるとつい隠れてしまい、

会社では女だけがお茶くみをやらされていることに抗議していたユナがジョンミンにはいそいそとコーヒーを入れてしまう。

「好きな人に何かをしてあげることが、幸せだと気づいたから....」みたいです。


「人ごみの中でも彼をひと目で見つけられる。もう私の目には彼しか映らない」

好きな人に映画に誘われたら仕事が山積みでも一度見た映画でも駆けつけてしまうユナ。

でも隣に自分がいるのに映画に集中してるジョンミンを見て「どうしたら私に惚れてくれるのか?」

二人で一緒に映画を見たりお酒を飲んだりしていると、もしかして私に気があるの?と思ってしまうユナ。

思い切って告白してしまおうと決心しますが、ちょっと寂しげなジョンミンに先に言われてしまいます。

「時間が過ぎれば忘れられると思ったら....もっと会いたくなった........告白したけどフラれた。」

「諦めるの?」とユナ。

「いや、時間をかけて待ってるんだ」

ユナはその女がミジャ(イェ・ジェウォン)だと知らないんだよねー うわ〜

2009-09-21

[] 『ピラメキーノテレビ東京

松っちゃん映画番宣で登場。

インタビューのはんにゃが声震え気味でど緊張。かなり短めだった気が....

はんにゃの人気のない方【(C)松っちゃん】@川島松ちゃんから突っ込まれまくり。

それにしてもサバンナの高橋ってレギュラーなのかしら。

[] 『白雪姫

見やすいラブコメであっという間に完走。

ラブストーリーに必要なせつなくていいシーンも満載だしねー いいんだけどねー イマイチときめかず。

まず前半のヨン・ジョンフン演じるハン・ジヌがよく解らんかったー 計算なのか天然なのか。

ヨンヒ(キム・ジョンファ)に対するあの態度は本当に友達か?っていう感じだし、だいたい8年も気づかないってあるんか?と疑問。

でもヨンヒが美しくなって、他の人に心を移したら自分の気持ちに気づいちゃう訳ですが、

本当に8年間自分の気持ちを疑いもしなかったらしい。本物の天然かー うーん。

『オールドミスダイアリー』のキム・ジョンミンも自分の気持ちに気づかないパターンなんですが

こっちは「友達としての情が恋人への愛情だと錯覚したのかもしれない」という心の揺れで確信が持てなかっただけで

ヨンヒへの想いに全然気づかなかった天然のジヌとは、“気づかない”の意味がまったく違うんだよねー

だから本当の気持ちに気づいてしまった後の後悔する姿がよりせつないのはジョンミンなの。

いや両方とも基本アホなのよ、でもジヌは本物のアホなんだよねー そこにはせつなさよりも自業自得が色濃く残るのだ。

しかし後半のジヌはほんとにいい男になってます。もっと早く気づいてたらヨンヒといいカップルだったのに。遅いけどねー

だからと言ってじゃあソヌ(イ・ワン)が良かったか?と言われれば、うーん?となる私。

正直、どっちかって言ったら(あくまでどっちかだけど)最初からソヌよりジヌ派だったしー これは完全に好みの問題なんですけど。

これが、自分好みの役者だったらぜんぜん違ったのかもなーと。

2009-09-20

[] 『イ・サン』第7話 HNK BS2

ソ・ソンヨン(ハン・ジミン)は盗まれた白布の代わりに黄色布を白に染めて朝貢とすることを思いつき

そのおかげでイ・サン(イ・ソジン)は危機を乗り越えることができます。

そうか、この後ソンヨンとテス(イ・ジョンス)が宮中に入って次々とイ・サンに降りかかる困難をこの二人と共に

乗り越え解決していくパターンなのか。

やっとイ・サン(イ・ソジン)は絵を描いた茶母がソンヨンだと知ります....遅いのだよ。

でも感動の再会はまだまだ引き伸ばしをされそうな感じー

[][] 『高度戒備』

久々にフランシス作品、しかもこれを見るのは10年ぶりくらい。

監督が林嶺東だからかな〜?ただのアクション映画でなく全編ダークで陰鬱。

追う者(劉青雲)と追われる者(呉鎮宇)の頭脳戦でもあり、心に闇を抱える者同士の心理戦。青雲とフランシスが濃〜く演じてます。

この二人にはそれぞれ愛する家族や恋人がいてとっても大切にしてる。

しかも人を殺してしまった過去を持ち、それを未だに引きずって心の傷となってる。

ほんとは互いが一番理解しあえるのに立場が違うため、刑事と犯罪者として対立せざる得ない。一番近くて遠い存在。

言葉では表さないし意識もしてないかもしれないが、お互い共感し合ってるのがこの二人の演技から伝わってくる。


↓この予告編ぜんぜんダメなんですけど....

D

[] 『008 皇帝ミッション』

周星馳の作品の中でかなり好きでリピート率高し。

いつ見てもバカバカしくって、くだらなくって、超楽しい〜♪

星馳の無表情での早口セリフ回しは相変わらず楽しいし

何より星馳と劉嘉玲(トニー・レオンの奥さん)のバカップル夫婦ぶりが微笑ましくて大好きー

嘉玲の作品の中では一番好きな役柄で一番可愛いと思うの。

どんな失敗をしても夫が天才だと信じて、一生懸命尽くしてる、その姿がとっても愛しい。


D



2009-09-19

[] 『オールドミスダイアリー』第137〜140話 KBS World

自他共に認める“恋愛達人”オ・ユナがどんどんキム・ジョンミンに惹かれていく様子が初々しいです。

震えるほど寂しくて1人でお酒を飲んでるところへジョンミンが現れ「1人で飲んでるのか?水臭いな」

ユナは「寂しくて狂いそう」とジョンミンに弱音を吐きます。そんなユナに「人間らしくていいと」ジョンミン。

明日は一緒に遊んでやると約束して、酔っ払ったユナをおぶって帰ります。

「震えるくらい寂しいってさ。本当に寂しかったんだと思う」酔っ払ったユナを優しい目で見ながらキム・ジヨンに告げるジョンミン。

「友達のことも思いやってやれよ」と。これはユナでなくても惚れるでしょうよー

2009-09-18

[] 『オールドミスダイアリー』第133〜136話 KBS World

落ち込んでるオ・ユナを見て仕事をキャンセルして遊びに付き合い、風邪気味のユナに薬を与え、肌寒くなったと上着を着せ掛けるジョンミン。

「どうして私に優しいの?」とユナ。「友達だろう」とジョンミン。

ユナは自分の優しさを好意だと勘違いした会社の同僚を思い出します。ああ、それと一緒かと。

その同僚は婚約者と別れ、ユナと話す時も「彼女が...」と昔の話ばかりをするからかわいそうになったとジョンミンに言うと

「昔の話をする奴はまだ振り切れてないんだ。ユナさんのせいじゃない。昔の彼女を振り切れてないんだ」

するとユナがすかさず「ただの癖よ。ミジャ(イェ・ジウォン)が好きだったの?違うでしょう?」焦るジョンミン。いつもミジャの話をしてるからねー

そこでユナに「なぜその話を俺に?」と言われこちらも焦ってしまう。自分も同じでジョンミンの優しさを勘違いしてしまいそうだからだよね。


キム・ジヨンが助けが必要な時に必ず現れるユPDストーカー扱いするユナ。

それを聞いたジョンミンはユナについ声を荒げてしまう「ストーカー?好きだから会いたいと思ってるだけさ!」

いつもミジャを気に掛けて、助けてた事を思い出してしまったから。ジョンミンの心は、まだミジャが締めているのだね。

[] 『A-Studio』 TBS

いやーいいわ小林薫。逆取材って!よく考えてるんだな〜サービス精神満載。明るくておもろいおっちゃん。

今日の鶴瓶の最後の話にちょっとぐっときた。人に声を掛けて声援を送るってことは意識しないとできないことだと。

普通を装ってるけど普通じゃない、本心から思ってないとできない。小林薫はそれができる素敵な人。鶴瓶の話も素敵でした。

[] 『派遣のオスカル』第4回 NHK総合

日和見な社員も、娘とのなんやかんやを端折っていきなり上層部に脅しをかけて和風美人企画を再開させちゃう尾美としのりや、

空気読まない傍若無人のコストカッターが突然人を大切にして笑顔で働ける会社にするとか言い出すあほぼん(徳井義実)。

みんな勝子(田中麗奈)に影響されたんだなーとは分かるだけど、転調が早いっていうか展開の持って行き方が雑。

じゃあダメかと言ったらそうでもなく、なーんかお気楽に見られて楽しい気分になってしまう…ベルばらコントだからか?

2009-09-17

[] 『任侠ヘルパー』最終回 フジテレビ

今期一番面白かった〜 ありえない設定だし、老人介護の現実を見せ付けられて重苦しいー展開なのに。

とにかく草なぎ君や黒木メイサたち、任侠ヘルパーがカッコ良かったなー 草なぎ君はこの役柄で初めてカッコイイと思いました。

極道としてやってきた行いを悔いて、残してきた老人達のことを考えるとやりきれない彦一(草なぎ剛)が、

眠っている羽鳥(夏川結衣)の側で弱音を吐くシーンは、普段の強面からの落差で余計胸にきちゃう。

不器用で言葉は少ないけど、泣いてる涼太(加藤清史郎)の頭をなでる姿とか、羽鳥が彦一を思い出して

「ここは全面禁煙よ」といった時の表情なんてとっても優しさに満ち溢れてるし。

りこちゃん(黒木メイサ)はりこちゃんで組のことと彦一への思いで板ばさみに合ってる姿はせつなくて。

最後のりこちゃんのキスシーンはホントカッコよかった〜 りこちゃんに惚れちゃいそうでした♪

個人的に最後のかちこみで「ったく、うちのお嬢ちゃんにも困ったな〜」と嬉しそうに言ってる田中哲司がツボ。

[] 『オールドミスダイアリー』第129〜132話 KBS World

いつも無駄に明るいキム・ジョンミンがやけ酒をあおって苦しそうだと、とっても気になるオ・ユナ。ドキドキしちゃってるし。

普段と違う面を見せられると弱いよねー そのギャップが大きいほどグラっとくるの。わかるわかる。

ジョンミンは黙っておとなしくしてれば、見てくれはシュッとしてるから、かっこいいんだよね。

しかもさ、自分が担当してる事件が敗訴したのが悔しいんじゃなくて、最低な奴らに負けたのが悔しいらしい。

ユナと同じでかっこよすぎーって思うわ。惚れちゃダメって言い聞かせても無駄だな>ユナ。

そんなジョンミンをドライブに誘うが、ジョンミンは「借りは作りたくない」と言う。

でもユナの気持ちに感謝してちゃんとフォローするあたりが、さすがジョンミン。

自分がいくら苦しくても相手を思いやる気持ちは忘れないのよ。素敵〜

でも見てて思うのは、これがミジャ(イェ・ジウォン)だったらこんな態度じゃないんだろうなーってこと。

ミジャだったら借りを作ってもいいとジョンミンは思っちゃうのかも....あーなんか今度はユナがせつないな。 

せっかく有給取ったのに、ジョンミンから本気にされてないし.....頑張れユナ!


しかし、この回はミジャとチPD(チ・ヒョヌ)の初キスの回だというのに、とっても素敵なシーンもあるのに、あんまり興味なし.....2倍速だし。

出来上がっちゃったメインより、これから始まるサイドディッシュの方が気になる....いや、結局チ・ヒョヌよりキム・ジョンミンなんだな。

なんでだろう?キム・ジョンミンのルックスは全然好みじゃないんだけどなー やっぱ役柄?大人の男だからかなー。

チ・ヒョヌだって全然嫌いじゃない、むしろ可愛くって好きな方なんだけど、なぜかいつもライバル役の方が好きなんだよねー

『マイ・スィート・ソウル』のイ・ソンギュンしかり、『愛しの金枝玉葉』のキム・テホしかり。

チ・ヒョヌ、あと十年くらいしたらもっと好きになるかもー

2009-09-16

[] 『オールドミスダイアリー』第125〜128話 KBS World

熱々のポッサム?を「あーん」とって言ってオ・ユナに食べさせてあげるキム・ジョンミン。

それを見たチェ・ミジャ(イェ・ジウォン)は複雑な気持ちに。

ついキム・ジヨンに二人はいつから仲がいいのか?と問い詰めてしまう。自分にはチPD(チ・ヒョヌ)がいるにもかかわらず.....

これ分るわー そうなんだよ、好きって訳じゃないんだけどさ。

その人の心には自分が居たはずなのに、もう今ではその心に残っていない寂しさ。


ユナは“ポッサム事件”でジョンミンを意識してしまいます。自分のことが好きなの?と。

しかーし、ジョンミンには特別意味はないようで....「俺、猫舌だから熱すぎてついユナさんの口へ」激怒するユナ。

まだまだジョンミンはユナに関心がないようです。遠いなー

2009-09-15

[] 『オールドミスダイアリー』第121〜124話 KBS World

チェ・ミジャ(イェ・ジウォン)とチPD(チ・ヒョヌ)が出来上がってしまってからは、この二人にほとんど興味を失ってまーす。

ここへ来てキム・ジョンミンとオ・ユナ二人のシーンが増えていい感じ♪

ジョンミンに紹介してもらった後輩弁護士が1時間待っても来ない。しびれを切らしてジョンミンに電話するユナ。

すると慌てて電話に出ながら走ってくるジョンミン。紹介するはずの後輩は徹夜の仕事をしていて寝坊してしまったらしい。

本当にすまないと謝り倒すジョンミン。お詫びに自分がユナを楽しませると言う。

ユナは思う「私のものにならないかしら?」と。うーんなんかいい展開♪

でもジョンミンにはユナの魅力が分らないらしい。まだミジャを忘れられないんだよねー 

だってジョンミンはミジャのために作ったお揃いの携帯ストラップをまだ付けてるのだ.....

2009-09-14

[] 『SMAP×SMAP』 フジテレビ

ビストロゲストはイ・ビョンホン。

お茶目でかわいい〜♪おまけにサービス精神満載。中居くんのリクエストにも戸惑いながらも(計算?)ちゃんとやってくれるし。

結構ノリが良くて、ちゃんとしたコントもいけるんでは?と思ってしまった。

2009-09-13

[] 『高須光聖の御影流』

ゲストはナイツ

笑いの“発明”である「ヤッホー漫才」の創作ばなしは興味深い。

師匠たちをいじるの上手いねー いいの見つけたな」と高須ちゃん。確かに面白いし。

地味だけどひな壇で的確なガヤを入れる土屋が意外と好き♪

[] 『イ・サン』第2〜6話 NHK BS2

陰謀渦巻く宮中で、廃位や命を狙われるイ・サン(パク・チピン/イ・ソジン)が、毎回その危機をどう乗り越えて行くのかが楽しみ。

幼い頃に別れて再会を約束したソンヨン(ハン・ジミン)とテス(イ・ジョンス)と会えるのも20話ぐらい先の話か?また引っ張るのか?と思っていたら

意外と早くソンヨンと再会......だが、イ・サンやっぱり気づいてないよね?こういうところはちゃっちゃとお願いしたいんですけど。

パク・チビンが終了で寂しいけど、イ・ソジンが結構カッコよくてこの先が楽しみ♪

2009-09-12

[] 『だましゑ歌麿』 テレビ朝日

写楽殺人事件』の「写楽が生まれたのは寛政の改革に対抗したもの」という仮説を映像で見せてもらってる感じでワクワクしちゃった。

歌麿はもちろん北斎松平定信、田沼意次、蔦屋重三郎、秋田藩.....キーワードが揃ってるし。事件の顛末よりもそっちの方が面白かった。

そういえば長谷川平蔵がこの時代の人って知らなかったよー 橋之助出てるんだからどうせなら吉右衛門でと思うがまあ無理か。

それにしても火盗改めってやっぱかっこいい。

出演者はほとんど“チーム相棒”なんでちょっと違和感なんだけど、そこへ橋之助が出てくると時代劇って感じがしてホッとする。

脇の押さえどころが豪華。何より市原悦子、相変わらずその場を持ってくよなー

橋之助の母親役だから水谷豊との共演はないのかと思ったらちゃんと最後にありました〜。>『青春の蹉跌』

[] 『恋のから騒ぎ』 日本テレビ

さんま松っちゃん結婚したのが驚いたしショックでもあったらしい。実は私もー だって結婚しないと思ってたし。

もしかしたら松っちゃんの“笑い”が変わっちゃうんじゃ?と思ったんで。しかし最近は杞憂だと納得。

2009-09-11

[] 『A-Studio』 TBS

松ちゃん鶴瓶を一緒にテレビで見るのなんて『いろもん』のスペシャル以来?

今回取材に行ったのは尼崎時代の元・相方伊東とオカン・秋子。

正直なところ『放送室』で聞いたことある話ばかりだったんでちょっと残念。

どうせなら二人のお笑い談義を聞きたかったかもー

常々松っちゃんは「世間での鶴瓶さんの評価が低すぎ。もっと評価されなあかん人」と言っています。

『いろもん』に出演した際、鶴瓶が「もっとおもろなりたい!」と言い放つ場面があったのだが

あのキャリアでその言葉が出てくるのがすごいとも言っていました。

お互いが認め合ってるんでしょうねー じゃなきゃ鶴瓶も『ごっつ』出てオーデション受けないだろうなー。

[] 『派遣のオスカル』第3話 NHK総合

もう正社員キャラクターがコロコロ変わるのはどうでもよくなってきた。たいした問題ではないのだな。

それよりも何かにつけて『ベルばら』とこじつける(違うか、オマージュって言うのか)のが、なんだか楽しみになってきたよ。

だって取り上げるところが通好みの細かさで、マニアックすぎー マニアなら喜ぶのだろうなー。 

辛く苦しい中にちょっとした喜びを感じるのが仕事なんでしょう。確かに喜びがないこともないけど。

でももう“生活の為の仕事”となってる身としては勝子(田中麗奈)がうらやましい〜

正社員・内村(佐藤智仁)から告白され、あほボン(徳井義実)からキスされと、こちらの方面も進展ありで来週はどうなるんでしょう。

しかしやっと鈴木杏と対面したと思ったらあれだけって.....確かチャットしてたよね?仲良くなったんじゃないのか?

ネットの世界ではいいけど、オフでは関係ないのか?うーん、今後、鈴木杏とどうやって絡んでいくんだろう?チャットのみ?うーん。

2009-09-10

[] 『オールドミスダイアリー』第109〜112話 KBS World

今週はずーっとキム・ジョンミンがせつないです。

チェ・ミジャ(イ・ジェウォン)はチPD(チ・ヒョヌ)を選んだわけですが、ジョンミンは諦めるつもりはないようです。

って言うか忘れようとしても忘れられないだけなんですけど。


夜中に寝ているジョンミンに電話が掛かかり、ミジャの声で「愛してる」と聞こえてくる。

それはミジャが以前仕事で吹き込んだ勧誘電話の音声。

「知らない電話番号から電話があった。ミジャだった。愛してるって言われた。勧誘電話だった.....

愛してるって言われて気づくまで1秒だった。今までで1番幸せな1秒だった。1秒といえど幸せになれるんだな」

この時のキム・ジョンミンのせつない演技ったらありません。表情が絶品。

2009-09-09

[] 『オールドミスダイアリー』第105〜108話 KBS World

オ・ユナが10年来の親友から告白された、どうしたらいいか?とキム・ジョンミンに相談しています。

好きなら付き合えばいいとジョンミン。でも別れたら親友をなくすとユナ。するとジョンミン感情を高まらせながら

「なぜ別れる事から考える?....大切な人を永遠に自分のものにするんだ。別れが怖くて付き合えない?

そんなバカいないぞ.......いるな。いた.....あのバカを思うと腹が立つ」間違えなくジョンミンのことだし。

人のことは何とでも言えるんだよねー

2009-09-08

[] 『オールドミスダイアリー』第101〜104話 KBS World

オ・ユナがキム・ジョンミンに「私に惚れたの?」と聞く。

ジョンミンはユナを黙って見つめたまま手をとり自分の胸に当てる。←こんときのキム・ジョンミンの表情がめっさ素敵♪

「ドキドキしてるか?遅いだろう?」ユナの手を離し、

「惚れてないって事だ。俺だって惚れた女の前ではドキドキするさ」

こんなの惚れてまうやろー!

キム・ジョンミンとオ・ユナ、この二人はなかなかお似合い。

ジョンミンには幸せになって欲しいな。

2009-09-07

[] 『オールドミスダイアリー』第97〜100話 KBS World

どーせキム・ジョンミンがフラれるとうすうす分ってたけど。

自分のご贔屓の役柄が引導渡されるシーンを見なくちゃいけないのが、こんなにストレスになるなんてはじめてかもー。

チェ・ミジャ(イ・ジェウォン)がキム・ジョンミンを振り切ってタクシーに乗り込むとこなんて、もうミジャの目にはジョンミンは映ってなかったね。

帰りの車の中でミジャが撮ったポラロイドを見てすべてを悟るジョンミン。

ミジャの携帯に掛かってきた相手がチPD(チ・ヒョヌ)だとジョンミンには分ったのでしょう、

ミジャが出ようかやめようか迷ってると、すぐ車を止めさせて電話に出させるし。

こういう気の使い方がジョンミンの長所でもあり、優しすぎるという弱点と言うか、詰めの甘さと言うか。

「なぜ俺じゃないのか?なぜチPDなのか?」このなぜ?がフラれたという事実よりもジョンミンを苦しめる。←これって分るわー

ホントに何回も自問自答しちゃうんだよ「なぜ?なぜ?なぜ?」って。

2009-09-06

[] 『高須光聖の御影流』 TOKYO FM

陣内智則のなんやかんや。

離婚した時、島田紳介明石家さんまからメールをもらったとか。

紳介は「ここで消えるか残るかは離婚しようが何しようが関係ない。消える奴はなにしても消える。

残る奴はなにしても残る。自分を本物だと信じて頑張れ」いかにも“素敵やん”の紳介らしい。

対してさんまは「そんなことより俺っておもろい?」とだけ返信されてきた。

陣内が「おもろないです」と返すと「俺もっとがんばるわ」と返信が。

高須ちゃんも言ってたが、これってすごいねー 離婚も笑いにくらべれば“そんなこと”なんだな。さすが怪獣。


離婚前の陣内は天狗だったと自ら回想。大阪と東京を毎日行き来していて

「そんないちパネラーで出演できるか!」みたいな仕事を全部断っていたらしい。

今は、そんな仕事をひとつでも多くやりたいのに、全然仕事のオファーがないみたい。

高須ちゃん曰く「誰でもそういう時期はある。自分が天狗だって早く気付いて良かった」と。

そういえばこの前の『DTDX』に出てた陣内はおもろかったよー 周りの人がみんな離婚ネタを振ってくれたせいもあるけど。

2009-09-05

[] 『ガラスの靴』第1〜7話 

典型的な韓国ドラマなんですが、昔のソ・ジソプが見たいんで。

最近のストイックでスカした感じより、お茶目で愛嬌があるこのころのジソプがいいな。

なんだかこの役柄はお茶目で一途でかわいいぞ♪

2009-09-04

[] 『派遣のオスカル』第2話 NHK総合

派遣社員が役員会議に乗り込んで、その意見が通ってしまうのも?だし、前回とは違っていきなりやる気満々の正社員たちも?だなー。

だいたい女子正社員が派遣からアイデアを盗むのが「本気」か?とも思うが。と言いつつ面白がって見てるんですけど。

しかし鈴木杏はいつになったら本格的に絡むんだろう。

2009-09-03

[] 『任侠ヘルパー』第9話 フジテレビ

夕景の中を黒いスーツ着てかちこみに行く任侠ヘルパーたちの姿がかっこいいー

羽鳥(夏川結衣)がとうとう涼太(加藤清史郎)を認識できなくなったよう....彦一(草なぎ剛)はどうするんだろう。

[] 『クリムゾン・リバー2』

半額セールでパッケージのブノワ・マジメルがかっこよかったんで。

聖書神話になぞられた猟奇的殺人事件はちょっと『セブン』っぽいんだけど

オチが現実過ぎて、なんだかそれまでの事件とそぐわない。

いやーでもブノワ・マジメルはかっこよかったよー


2009-09-01

[] 『救命病棟24時 第4シーズン』 第4話 フジテレビ

間違って注射針を指したり、ピーマンが嫌いだったりとやたらと進藤先生(江口洋介)を“普通の人”として

描こうとしてるのが取って付けた感じでなんだかなー。イメチェン?

これでチームの気持ちもひとつになって、何かが始まるのか?

澤井医局長(ユースケサンタマリア)がまだおとなしいけどこれからか。

[] 『CHANGE』 フジテレビ

こちらも再放送でまとめ見。

ありえないんだよねー こんな政治家。リアリティに欠けるけどファンタジーだと思えば面白かった。

なにより脇役達“チーム朝倉”のやり取りがおもろーい。やっぱし大倉孝二阿部寛が最高。

いきなり政治の素人が総理大臣になっちゃって、海千山千のおやじたちを次々と篭絡していく様はおもろいんだけど

もっとそのおやじ達を取り込んでいく過程が見たかったなー あと官僚たちがチーム朝倉としてまとまっていく様子も。

クラゲと日米通商会議のほかにもっとエピソードあっても良かったんでは?西村雅彦がすぐ仲間入りしちゃって

鈴木浩介矢島健一にいたってはいつの間に?だったし。この二人も達者だからもっと面白くなるんだけどなー

でも大倉孝二と阿部寛がいるしな。あんまりやると濃くなるのか。

こういう強いキャラに囲まれて翻弄されてる役の木村拓哉はいいなー この前の『MR BRAIN』はちょっと鼻についたから。

1999 | 12 |
2000 | 12 |
2001 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 03 | 05 | 06 |