Hatena::ブログ(Diary)

kiediary


2012-01-22

[] 『フリンジ シーズン4』第8話 FOX

修正された世界の青オリビア(アナ・トーヴ)は自分が自在に赤と青の世界を行き来できるとは知らないようです。

それはニーナブレアブラウン)がオリビアに注射してることに関わりがあるのかなー?

ピーター(ジョシュア・ジャクソン)はマシンで元の世界に戻るため赤の世界に侵入して、赤ウォルター(ジョン・ノーブル)に助けを求めます。

そこでの赤ウォルターはピーターが思っていた人物と違い、新型シェイプシフターを送り込んでくる正体不明の黒幕と一人で戦ってるって事?

どうやら黒幕は赤ウォルターではないのかー?赤オリビアも「長官は関係なさそう」って言ってたしなー

赤オリビアたちが手がかりを掴んで調べようとしてる相手がデビットロバート・ジョーンズ(ジャレッド・ハリス)?

修正された世界だから死んでないのか?どうやら新型シェイプシフターを造ってるみたい。

しかも赤ブロイルズ(ランス・レディック)が「オリビアたちがそっちに行く」って連絡してたよ!うーん?二人は共謀してんの?

そんでラスト、青オリビアの前にオブザーバー@監視人が現れます。

「あらゆる限りの未来を見てみたがすべて同じだ。君は死ななきゃならない」ってどういうこと?

しかもオブザーバー撃たれてたよ!さらにどういうこと?

毎回謎を残して終わっていくんですけどー これ最後にすっきり解決できんのかなー?


オープニングバックの色別

  • 青・・・金髪オリビアのいる今までの世界
  • 赤・・・赤毛オリビアのいるもうひとつの世界
  • 茶・・・ピーターがいない修正された世界

2012-01-21

[] 『カーネーション』第16週 NHK

朝ドラでこんなにドキドキしちゃったのは『ふたりっ子』のうっちー内野聖陽以来かも〜

あの腕をグッと掴むところが、もうキュンキュンしちゃいます。

綾野剛って髪が長かった時しか知らなかったんで、登場したときは誰かわからなかったし、興味も無かったしなー ああそれなのに。

何度も思うけどやっぱり髪型って重要だなー 髪長いままだったら(時代的にありえないけど)ここまでドキドキしなかったな。

あの髪型であの役柄だからこそだと改めて思うのです。

そして、ほっしゃん!もうすごっく良いです。糸子(尾野真千子)とのやり取りも楽しいし、乱暴な言葉遣いの裏に寂しさが見え隠れします。

ほんとは優しいんだろなーと想像もさせるキャラクターで、何より愛嬌があるよねー これはほっしゃんだからこそかも。

ほっしゃんが出てくるとなんだか楽しい気分になっちゃいます。

ああ、でもほっしゃん演じる北村も糸子が好きだったんだねー ラストの表情も良かったです。

2012-01-20

[] 『グッド・ワイフ シーズン2』第14話 NHKプレミアム

選挙に勝つためなら罪悪感なんてとっくに捨ててると思ってたのに、ナタリーアメリカ・フェレーラ)に対して躊躇してるイーライ(アラン・カミング

あんなに歯切れの悪い姿を初めて観るし、ナタリーといる時の楽しそうなあんな表情もはじめてかも。

小娘に脅しを掛けてるイーライも好きですが、思い悩んでるイーライもなかなかです。

今後もアメリカ・フェレーラに出てきて欲しいなー この二人の関係が進展してくれると嬉しいです。

[] 『家門の栄光』第2話 ホームドラマチャンネル

すべてを観終わって改めて見直すと、曽祖父の死ってこれから始まる物語においてかなり重要な出来事だったんだよなー

最初観たときはなんとも思わなかったけど、ハ・マンギ(シン・グ)があれだけ嘆くのも無理ないよなーと改めて思います。

イ・ガンソク(パク・シフ)が、ダナ(ユン・ジョンヒ)に心を動かされるのは、曽祖父の葬儀で号泣する姿を見てだろうけど

ダナがあんなに泣いたのは曽祖父の死ばかりではないのですが、その時点でそれを察していたのはヒョンギュ(イ・ヒョンジン)だけかも。

ずーっとダナばかりを見つめてきたヒョンギュなら気づいてたかもと、うっすら想像してしまいました。

2012-01-17

[] 『ストロベリーナイト』第2話 フジテレビ

勝俣(武田鉄矢)には「素人」と言われ、島(小木茂光)には「センスはあるが突っ走りすぎ」と弱点を付かれてしまう

姫川(竹内結子)は刑事として発展途上だけど、確かな能力もある。それを認めて周りがサポートして事件解決をしていく、いわば成長ものでもあるんだなー

“スーパーな刑事”でないぶん、間違いはあるんだろうし、それがまたリアルでもあるんだろうけど

でもさ、任意同行求める前にアリバイ確認は必要なんじゃね?それって基本じゃね?って思ってしまうんですけど。

大物なんで慎重にって言ってんのに呼び出してから事実が次々とって、そんなのありえるのか?うーん、そこんところがよくわかりません。

警視庁での組織の見せ方はリアルでゾクゾクするのになー

2012-01-16

[] 『ラッキーセブン』第1話 フジテレビ

達者な人が多いせいか、初回からキャラクターが馴染んでて良いです。でもタイトル通り7人をちゃんと使い切れんのか心配ですが。

あとどういう事件を扱うのが重要かも。警察じゃないんでヘビーな事件ではないだろうけど。

やっぱり見所はマツジュンと瑛太のあれこれになるんだろーなー 確かに瑛太のキャラクターは興味をそそります。

でもイマイチなんだよなー もうちょっと観続けたら面白くなるのかな〜


ファイトクラブでのアクションシーンを観たときに「あれ?シャーロック・ホームズ?」とデジャヴな気持ちに。

アクションシーンにハイスピード撮影って、もろガイ・リッチーの世界。やっぱりちょっと意識してるよね?

D

2012-01-15

[] 『平清盛』第1,2話 NHK

新しい時代の始まりとか、古いものを壊すとか、何かが動き出す時代の話は観ていてワクワクしちゃいます。

ふたりの偉大な父親を前に、なんとか乗り越えようとする清盛(松山ケンイチ)のあがきも楽しみだし

同年代のライバルたちとどう関わって、なぜ敵対してしまうのかをどう描いていくのかも期待しちゃいます。

それにつけても伊東四朗の顔ってやっぱ怖いわー 喜劇役者には思えん怖さ。

阿部サダヲが出てくるとなんだかホッとしちゃいます。あのセリフ回しで画面が明るくなる気がするんで。

[] 『運命の人』第1話 TBS

そういえばモッくんの演技を観るのは『聖徳太子』以来かもー すんごい久しぶり。

なのでこういう役柄もできるんだなーと感心しつつも、今ひとつモッくん演じる弓成が好きになれません。

傲慢で「自分こそ正義」と思ってるんフシが鼻持ちならないんだよなーまあそんな花形記者が転げ落ちてくのがこのドラマの見所なんでしょうけど。

なんなんだろうなー「自分が書く記事で世の中変える」的な大仰な建前が偽善に思えてならないからか。

できる男なんだけどイヤな感じを漂わせてるモッくんはうまいんだなー

でも贔屓目でしょうが、きれいごとじゃなく毒を持ってずる賢く立ち回る山部演じる大森南朋の方が役柄的にも魅力的に映ります。

それにつけてもキャストに『龍馬伝』率高いなー 今後、市川亀治郎小市慢太郎も出てくるよ。

2012-01-14

[] 『贖罪』第1話 WOWOW

もう怖いよ〜 黒沢清

女の子4人が体育館の入口を覗いてる後姿の引き絵とか、動きを制限した何気ない映像が怖いです。

カメラが無駄に動かないんだよねー だから怖さとか人物の澱みとかをギュっと濃縮した画面になってる感じ。

いつもと違う森山未來も暗いと言うより不気味だし、役づくりで痩せたのかな?一層怖いです。

自分は幸せにる資格はないって思ってる蒼井優のはかなげなところもいいし、人形にされても耐えてる姿はいじらしいです。

そんな不気味男である森山未來にちょっと愛情を感じて、少女から女になった瞬間「もういらない」って言われたら

やっぱり自分は幸せになっちゃいけないんだなって思っちゃうよねー なんだかせつないわ。

あの声、あのあごのライン、犯人、香川照之だよね?

[] 『理想の息子』第1話 日本テレビ

意外に面白かったんですけど。何より山田涼介くんが美しいし。

この山田涼介が母親思いの良い子なんだけど、ただそれだけじゃなく結構したたかで計算高いところがいいです。

そんなところが母親(鈴木京香)と似てるのか。

でもなー 母親が息子に“ときめく”ってのが、ちょっと気持ち悪いです。

正直、旦那がこんなんだったらイヤだなー。じゃあ息子がこんなんだったら良いのか?うーんそれもどうなんだろう?

またドラマでケンコバが観られてうれしい〜

2012-01-13

[] 『BONES シーズン6』第13話 スーパー!ドラマTV

うわ〜ブース(デビッド・ボレアナズ)がまたフラれたよ〜 どして結婚したくない女ばっかり好きになるかねー 

ブースはいい男なのになー 選ぶ女を間違えてるんだな。

またすぐにブレナン(エミリー・デシャネル)って訳にもねー 一途なブースにはそんな選択肢はないでしょう。

これが今後、二人の仲を接近させる布石なんだろーなー まあすぐにって訳じゃないんだろうけど。

2012-01-12

[] 『最高の人生の終り方〜エンディングプランナー』第1話 TBS

葬儀屋を通して人や命に関して向き合うドラマかと思ってたら、ミステリー要素もありな感じ?

榮倉奈々、刑事だもんなー そういう事だよね?それってどうなのかなー?ブレないのかなー?

山下智久の家族もいろいろありそうだし、女子高生の妹は黄川田くんと付き合ってんのかー?

最後にバナナマン設楽が死んだのは、山下くんのせいだって言ってたし、これも続きがあんのかー?

そして謎の山崎務なんですけど、光ってたよねー この世の人でないの?榮倉奈々のおじいちゃんとか?考えすぎ?

家族の問題とミステリーとうまく消化していけるんでしょうか。あっ今後反町隆史も帰ってくんのか。うーんどうなんだろう?

はてなマークばっかり浮かんじゃいます。

[] 『最後から二番目の恋』第1話 フジテレビ

なんか身につまされるような、そうでないような。

確かにこの年齢の女子の悩みやぼやき、職場での立ち居地は判るけど、鎌倉にポンと古民家は買えないんでねー 違う人種だなとも思うし。

中井貴一家族には、いっぱいめんどうな事がありそうで、妻の死の原因とかなんであんなに桜貝に執着?とか。

結婚はしてるけど寂しげな妹(飯島直子)に、双子の坂口憲二と内田有紀も問題ありげ

坂口憲二、不治の病とかじゃないよねー?皿割ったときの中井飯島の対応が大仰なんですけど。

でも中井貴一と小泉今日子のセリフやり取りは観ていて楽しいなー。

2012-01-11

[] 『ダーティ・ママ!』第1話 日本テレビ

うーん、ダメかもー。なんでだろう?現場に子供連れてくる現実感の無さなのかなー?

それともダーティな捜査をコメディっぽく見せてる点なのか。

捜査員は個性的で安定感抜群の舞台出身役者で好みなんですけど、この人たちをちゃんと使えていけんのか?1話見た限りではびみょー。

久々の加藤虎之介作品ではあるんですが、次回はどうしようかなー

しかしアンジュアッシュの児島、とてもレタスとキャベツの区別がつかない人には見えなかったよ。

2012-01-10

[] 『ストロベリーナイト』第1話 フジテレビ

スペシャルを録画したままずーっと放置したままだったんで、それ観てから連ドラへ。

なんかかなり好きかもーこの感じ。

竹内結子が演じる“できる女刑事・姫川”はキレ者なんだけど、そこはかとなくお嬢さん的な頼りなさをかもし出すのが危うくっていいんだよなー

そんな彼女を両脇から支えてる菊田(西島秀俊)と石倉(宇梶剛士)の姿に、いかに姫川が優秀で、ここまでの道程が並大抵でなかったことが現れてます。

完全な男社会の警察組織で、女の姫川が孤立無援で戦っていたらイヤだなーと思いましたが、ちゃんと理解してくれる係長(高嶋政宏)はいるし

姫川班のチームワークは良いしで、ちょっと安心って思ってたら黒川(桐谷健太)殉職ってショック!同時に連ドラに出ないのかと思ったら二重にショックです。

事件はそれなりに面白かったんですけど、犯人がなー。正統派ミステリー好きとしては、ああいう立場の人が犯人てのは好みじゃないです。

武田鉄矢演じる勝俣は『刑事の現場2』の役柄とかぶってる気もしますが、武田鉄矢の陰湿さが良いんで文句はありませんが

ラストでちょっと良い人になってる気が?連ドラはこっち路線なの?それじゃーつまんないかもー。

遠藤憲一扮するライバルの日下は姫川と犬猿の仲らしいけど、姫川ほど嫌ってないようなんだよねー 大塚の件で気を使ってたし。

なんだかんだ言って、勝俣も日下も姫川の刑事としての能力は買ってるって事なんでしょう。

マークスの山』ほどギスギスしてないけど、十係の班同士の手柄争いや、鍔迫り合いは今後良い感じの緊張感を生んでいくみたいで楽しみー

それにしても新メンバーの小出恵介にもなにやらトラウマがありそうですが、なんだかトラウマだらけだなー

姫川のトラウマは、警察組織で今の地位まで上り詰めたって動機付けで必要だと感じますが、小出恵介のはいるのかー?

姫川家も病んでそうだし、あんまりこういうのばっかりはどうなのか。

でも次回がとっても楽しみ♪ 特に心強い菊田&石倉が良い感じ。

2012-01-09

[] 『ステップファザー・ステップ』第1話 TBS

大昔に原作を読んだんで、詳細はすっかり忘れてますが、こんなドラマのようなタッチだったような・・・?

この時間なんでファミリー向けではあるんでしょうけど、意外に面白かったです。

双子の子役と小西真奈美がやけに可愛かったからなー この3人観てるだけでホクホクしちゃいます。

苦虫噛み潰した表情の上川隆也が双子に振り回される姿や相変わらず飄々としてる伊東四朗も和みます

メインの4人は親や子に対するトラウマや想いが強そうで、今後の展開の重要な鍵になってくんでしょうかねー 続きが楽しみかも。

2012-01-08

[] 『私の心が聞こえる?』第18〜20話 KNTV

もう内容よりも、ナムグン・ミンです!そうですナムグン・ミンのために観てます。

あのせつない表情、罪悪感に苦しんでる姿、たまりません。

打ち明けられない秘密、届かない想い、憎しみに燃える瞳、うーん揺らぎまくって不安定なところがまた良いです。

なぜポン・ウリ(ファン・ジョウム)は、兄としか思えないのか不思議。

そんでもって、なんでキム・ドンジュ(キム・ジェウォン)が、そんなにいいのか謎です。

どう考えてもキム・ジェウォンよりナムグン・ミンなんですけどー


D

[] 『HAWAII FIVE-0 シーズン2』第1話 AXN

シーズン2のプレミア放送。

前々から事件解決に関しては“ご都合主義”が蔓延してましたが、今回はそれに磨きが掛かってます。

知事室に隠しカメラって〜 でもいいの久々にダノ(スコット・カーン)が観られたから。

そのダノも元妻とは上手くいかなかったようで・・・・あっさり都合良くハワイに残留。こちらも早い解決で。

とにかくこのドラマに関しては、ゆるーいストーリーはどうでも良くって、日曜の夜に楽しく観られれば文句なし!

2012-01-07

[] 『シティーハンター in Seoul』 KNTV

最初の方は、養父(キム・サンジュン)の行動が理解できないし、復讐ものにしては明るいなーと違和感でしたが、回を重ねるごとに「なるほどねー」と納得できました。

特に予想以上に明る過ぎるイ・ユンソン(イ・ミンホ)ですが、観てる分にはストレスフリーでいいんですけど

復讐者としては、どうなのか?と思っていましたが、それは自分が「復讐する」という実感がなかったってことなんですねー 

実際父親(パク・サンミン)が死んだところは見てないし、父親という実感もなかったでしょうし。

だから信頼するおじさん(キム・サンホ)が死に掛けたときに初めて、大切な人を失うとはどういう事かわかり、養父の気持ちも理解できたのでしょう。

なんか、観てる側の疑問にすべて答えていただけた感じで気持ち良かったですが、警護室のあり方には終始疑問符ばかりでしたが・・・まっいいか。

後は、ユンソンとキム検事(イ・ジュニョク)が「立場を越えて理解し合う」関係性をもうちょっと描いてくれていたら満足だったかな。

対立し合う構図だけど、お互いの正義感や父親に対する思いなど、一番分かり合える二人だったはずなんで。

とにかくイ・ミンホとイ・ジュニョク、この二人がメインだからこそ成り得た作品だなーでした。

[] 『デカワンコスペシャル』日本テレビ

パリとか時代劇とかはいらないんで、いつものパターンで見せて欲しかった気持ちー。

でもあのメンバーをもう一度見られたのは嬉しかったけどね。

2012-01-06

[] 『デカ黒川鈴木』第1話 日本テレビ

熊谷パンキース』で田辺誠一を観た時は、ここまでコメディができる人になるとは想像もつきませんでしたが

11人もいる!』に続いてのこのボケ演技、もう見事です。

そして、いつもつっ込まれてる板尾さんが田辺誠一につっ込んでる!ってのが珍しくってニヤニヤしちゃいます。

まあでも田中圭にはやっぱりつっ込まれてるんですけどね。

1999 | 12 |
2000 | 12 |
2001 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 03 | 05 | 06 |