Hatena::ブログ(Diary)

several waves

 

several waves

  

 

August 01, 2014


ブログを引越します


長いこと書いて来たHatena Blogですが

広告が出る様になったり、アプリとの連携が不便だったり

あと単純に私の筆無精が進行し過ぎて、書くのが面倒だったり

けれど、この夏に何年か振りに会った友人知人から

ブログもうやらないの?と聞かれると

・・・嗚呼

両親から更新全然ないねとSkypeの度に言われると

・・・嗚呼

なので写真だけでもアップできるブログにしていきます

やるのなら気分一新ということで引越し


http://severalwaves.tumblr.com


f:id:kiha-kn:20140725155053p:image:w640


写真の右上にある「+」をクリックすると文章が出て来たり

画面の左下にある「+」をクリックすると

プロフィールやアーカイブが見れ、検索が出来ます


f:id:kiha-kn:20140725160129j:image

f:id:kiha-kn:20140725160108j:image


日付もないから、更新滞った後でも更新しやすいかな

既に不定期更新になることを見越しての引越しもどうかとは思うけれど


そんな我が新ブログ、今後ともお付き合い下さいませ

May 25, 2014

Bern


f:id:kiha-kn:20140526023310j:image


ようやく・・・初めてベルンへ


f:id:kiha-kn:20140526023311j:image


f:id:kiha-kn:20140526024411j:image


かなり久し振りにカメラを持って行ったけれど

元々マニュアルに慣れていない上に

久し振り過ぎて難しい


f:id:kiha-kn:20140526024410j:image


f:id:kiha-kn:20140526024408j:image


最近はずっとiPhoneでスナップは撮っていたけど

カメラで撮ったものの質は歴然で

やっぱり難しくてもカメラで撮ろうと思い直す


f:id:kiha-kn:20140526024409j:image


f:id:kiha-kn:20140526024412j:image


難しいから時間をかけて、考えながら撮るし

だからこそ、一枚一枚に愛着も湧いてくる

長いこと無精して、使っていなかったことを後悔

November 11, 2013

移動遊園地


どの国に行っても、本当によく見かける

可愛らしいし、どこか趣きもある


f:id:kiha-kn:20131209155115j:image


気が付けばいつも突然組み立て工事が始まり

翌日には大勢で賑わっている


当然安全なのだろうけど

見ていて少し不安な気持ちにさせられる

November 02, 2013

Stephan in Basel


全然書いていない事が多いけれど

つい最近の出来事を・・・


f:id:kiha-kn:20131102194002j:image


バーゼルがシュテファン作品の青髭を買ったことは

バーゼルにいるアテルバレットの元同僚から聞いていて

そのキャスティングオーディションが木曜にありました

3年間踊っていたとはいえ

私もオーディションには参加しなくてはいけなくて

現ボスの前で前ボスのオーディションをするという

不思議な感覚の時間でした

それでも再会は嬉しく

今の同僚が楽しんでいるのを見れて安心


シュテファンはというと

台風の様に現れ、数時間暴れて、去って行きました

台風の後に残ったものは激しい筋肉痛

さすがに慣れたもので、私は大丈夫だったけど

翌日みんなが私に筋肉痛を訴える


うん、その気持ちと痛み、すごくわかるよ

October 22, 2013

Autumn


また書き始めると言って

既に1ヶ月以上も過ぎてしまいました

駄目ですね、一度筆が止まると


f:id:kiha-kn:20131023062129j:image


秋になりました

一年間で一番好きな季節です


f:id:kiha-kn:20131023062223j:image


ここスイスでも紅葉がしっかりあるので

今はこの秋色を楽しんでいます


f:id:kiha-kn:20131023062247j:image


りんごと洋梨とカボチャを煮詰めて

シナモンとバニラで味を付けて


f:id:kiha-kn:20131023062411j:image


クレープを焼いて食べてみたり

常にではないけれど、気が向いた時は手作り


f:id:kiha-kn:20131023062730j:image


先にスイスと言いましたが

この夏を境にドイツから引っ越してきました

7月上旬のシーズン末を最後にシュテファンから離れ

この8月からバーゼルに在籍しています


また新しい国です

長期ヨーロッパ放浪が続いています

今後ともよろしくお願いします

September 09, 2013

...too long


気が付けば9ヶ月も放置しておりました


f:id:kiha-kn:20130910062513j:image


そろそろ再開致します

January 20, 2013

la fine e l'inizio


早いもので1月もそろそろ終わり


f:id:kiha-kn:20130127100103j:image


年末には葵ちゃんが泊まりに来ておりました


f:id:kiha-kn:20130127100203j:image


普段も離れていて会えず

遊びに来ても時間が短くて簡単な会話しか出来ず

でも今回は我が家に3泊ほどしていったので

時間もたっぷりいろいろな話が出来ました

いつも出来なかった深い話

来てくれて嬉しかった

今度は私が会いに行かなくては


f:id:kiha-kn:20130127100942j:image


そして、年末年始の3連休でベルリンへ


f:id:kiha-kn:20130127101027j:image


ベルリンにした理由は特別なくて

せっかくの3連休だから、どこかに行きたかっただけ

そしたら同僚も行くと言うので

いろいろと安くなるし、楽になるので

という適当な理由で決定


f:id:kiha-kn:20130127101335j:image


ベルリンまで来て、なぜかイタリアのタバコ屋の看板


f:id:kiha-kn:20130127101432j:image


何度か来ていたから

観光は特に今回の目的ではなかったので

ヴィースバーデンにない様なカフェやバーを楽しんで

クラブに行ってみたり


f:id:kiha-kn:20130127101705j:image


f:id:kiha-kn:20130127101721j:image


f:id:kiha-kn:20130127101741j:image


f:id:kiha-kn:20130127101800j:image


地下鉄のホームにて

夜中ならではのテンション


f:id:kiha-kn:20130127101856j:image


たまたま年末年始の行き先が同じだったので合流


f:id:kiha-kn:20130127101954j:image


アテルバレットでの仲良しフィリップも来ていて合流

何年か前に日本にも遊びに来たイナもいて再会


f:id:kiha-kn:20130127102039j:image


実は葵ちゃんとフィリップは同じ学校出身

なので、フィリップとイナと同窓会


f:id:kiha-kn:20130127102130j:image


私と入れ替わりにアテルに入ったヨハンナ

みんな時期が違う知り合いなのに

みんな繋がっているこの世界


f:id:kiha-kn:20130127102509j:image


葵ちゃんな年末年始でした

だから何だか特別


やっぱり良い所も悪い所も知ってくれている友人は貴重

本当にいろいろな話が出来て

どんな事を言っても絶対受け止めて否定も肯定もしてくれる

たくさん人に知り合って

特にダンサー間のネットワークは広がっていくけれど

でも離れていたり、たまにしか会えない理由で

深く知り合えない人はたくさんいる

何かの機会で長い時間を一緒に過ごせたり

じっくり話し合えた人

それで私の事をよく知ってくれている人は

やっぱり貴重で、もっと大事にしていきたい

でも、私はそういう人達に甘えきってしまうから

もう少し大人にならなくてはいけないな

と思った年末年始でした

January 01, 2013

switchover


新年明けましておめでとうございます

昨年は大変お世話になりました

どうぞ今年も宜しくお願い致します



f:id:kiha-kn:20120914234921j:image


私にとって2012年は少し緩やか年でした

良い意味でも悪い意味でも、時間の流れが穏やかでした

それまでが濃厚に忙しなかったからこその反動だった様に思えます

最初こそ、その緩急の変化に戸惑いましたが

穏やかさに慣れてからは今まで掘り下げられなかったものに

時間を費やせる様になったりと

今までとは違う形の有意義さがあった様に思えます

この2013年は、そんな時間に見つけた考えや思いを大切にし

信じるままに突き進んでいこうと思います

自分が何よりも大事にしているものに

もっとしっかりと向き合っていきたいものです


kiha

December 25, 2012

Frohe Weihnachten


シュツットガルトでのガラを終えた翌日

ドイツ内を5時間ほど北上してのクリスマス

夏にも一度お邪魔していますが

相変わらず広いです

東京育ちの私が見たことのない果てしなく続く平野

それぞれの家も隣接しておらず、それぞれが立派な大きい家

そして見たことのない数の星がある夜空


f:id:kiha-kn:20130106035208j:image


家族揃ってのクリスマスの会食

美味しく頂きました


f:id:kiha-kn:20130106040048j:image


猫は暖炉の前から動きません


f:id:kiha-kn:20130106040212j:image


家族の一大行事に混ざるのは少し気恥ずかしい


f:id:kiha-kn:20130106040330j:image


とりあえずお菓子作りを手伝う


f:id:kiha-kn:20130106040406j:image


親切にいっぱいお世話してくださったお母様には

ドイツ語翻訳され出版されている栗原はるみさんの

日本食のレシピの本をプレゼント

クリスマス翌日は公演なので

早々にヴィースバーデンへ戻ったのでした

December 22, 2012

bw


ガラ公演でシュツットガルトへ

今シーズンはちょこちょことガラ出演で出張が続く

仕事の旅行で大勢と再会出来てラッキー

でも振替休日が欲しい


f:id:kiha-kn:20130106033142j:image


f:id:kiha-kn:20130106033200j:image


f:id:kiha-kn:20130106033217j:image


f:id:kiha-kn:20130106033236j:image


f:id:kiha-kn:20130106033301j:image


f:id:kiha-kn:20130106033314j:image


iPhoneのアプリで撮らずにカメラを使え

と父親から注意を受けた

はい、確かに・・・

でも荷物が増えて肩が凝る

December 09, 2012

snow


ここ最近で一番寒く

ここ数年で一番積もった日でした


f:id:kiha-kn:20121215104146j:image


ヨーロッパの他の国住む友達も

口を揃えて寒さと大雪を訴えていたので

ヨーロッパ全土に結構な寒波が到来していみたい

ドイツ南部のヴィースバーデンもマイナスだったんだから

もっと北の方や山間の方はもっと寒かったんだろうな


f:id:kiha-kn:20121215104507j:image


そんな翌日、雪こそ降ってはいなかったけれど

寒さは相当なのに、同僚達と公園の方へ散策

街中から外れた所にある公園だからか

雪も真っ白なままの本当に綺麗な雪景色


f:id:kiha-kn:20121215104737j:image


凍っている泉に近付いたら

団体がガーガー鳴きながら寄って来ました


f:id:kiha-kn:20121215104853j:image


餌が欲しかったのかな

全く怖がらず、むしろ図々しいくらい


f:id:kiha-kn:20121215104956j:image


公園中を進むと、雪だるまがたくさん

みんな作りたくなるのね


f:id:kiha-kn:20121215105055j:image


この雪だるまがピカイチの出来でした


f:id:kiha-kn:20121215105205j:image


自分達が作ったわけじゃないのに記念撮影


f:id:kiha-kn:20121215105258j:image


とても寒かったけれど、心温まる日曜でした

November 30, 2012

Francesca


少し前にロッテルダムに行ってきました


f:id:kiha-kn:20121215102834j:image


大好きなフランチェスカ

元々綺麗な人だけど、久々に会う度に更に綺麗なってる様に思う

いつも再会の時間は短くて足りないけれど

こうして1年に一度くらいは会えるのが嬉しい

旦那様のレオンはシェフなので

毎回美味しい食事をしながらの楽しい会話

踊り、人生、近い将来の夢や目標

今度はレオンのお店で食事したいな


f:id:kiha-kn:20121215103107j:image


いつの間にか新しい家族も出来ていて幸せそう

November 20, 2012

Invisible Forms


現在、バスにて移動中

明日から3日間、魔のハイルブロンで公演


バスや電車での移動は読書するのに格好の機会

こういう機会に、家ではあまり読書しない事に気付く

私の場合は、読書中だから話しかけるな

という防壁でもあるのだけれど


f:id:kiha-kn:20121120211836j:image


久々に吉岡徳仁さんの「みえないかたち」を読む

原研哉さんの「白」に続いて好きな本


f:id:kiha-kn:20121120211910j:image


クリエイターの著作を読むと

いかに自分がしょうもないエゴで凝り固まって

自分の視界を狭めているかに気付かされる

柔軟な考え方、そこから素材を活かして作り出す力

そんな在り方にとても憧れる

私はそんなダンサーでも

ましてやクリエイターでもないけれど

形は違えど、表現する事と作る事は同じだと思う

そんなふうに在りたい


憧れるだけでなく見習って、もう少し頑張ろうと思う

November 15, 2012

Maison Martin Margiela


今日はH&MとMaison Martin Margielaのコラボ世界同時発売の日


f:id:kiha-kn:20121116074912j:image


コラボのニュースが出てからずっと楽しみにしていて

今日は昼休みか仕事の後に行こうと

朝っぱらからウキウキソワソワしていたのに

ヴィースバーデンの店舗は扱っていないという始末

フランクフルトに行ける頃には売り切れているんじゃないかしら

人生で今日ほどH&Mに行きたくて仕方なかった日はない

でもやっぱりH&Mクオリティーなのかしらと

ルックブックを見る限りは素敵だけど

実物見るまではね

見れる日が近いと良いのだけど

世界各地の首都圏の友達からは買ったよーと次々と報告が

今日ほど小さい街に住んでる事を呪った日はない

November 09, 2012

Forsythe


特別に自分の中でルールがある訳ではないけれど

熱いダンスへの思いや、ダンス論、自分なりの公演の解釈

そういうものを書くのは自然と避けている節がある

けれど、今回はただのファンの戯れ言という事で・・・

いつもと内容の雰囲気が違うかもしれないが、そこは勘弁


フォーサイスカンパニーの『study #3』を見て来た。今回は過去の作品の中にあったセクションがまた使われていて、舞台自体が傾斜舞台に設定されていて、そんな中での新しいリサーチ的な?まあ、そんな事を考えてみた所で本当の意図は分からないけれど、ヴィースバーデンに住み始めて以来、見てきた作品で見たことあるシーンが違う形で目の前にまた現れるのは見ていてとても興味深かった。素晴らしいダンサー達だから単純に動きのボキャブラリーやキャパシティーに圧倒される所を、ただ圧倒されないで何かを見つけたいと思うのだけど、考えた所で自分の脳みそはそこまでついてゆけないので、やっぱりただ圧倒されれば良かったといつも思う。それだけたくさんの情報を与えられて、見ている間も、帰路でも見たものの事で頭がいっぱいになる。毎回ただ思う「フォーサイスさんって凄いなぁ」と。ただこうして一言でまとめると、悲しいくらいに月並みで陳腐に聞こえるが、本当にこの一言に尽きると思う。

現在28歳の私がまだ14・15歳だった頃、フォーサイスは新しいバレエを作った振付家という有名人として既に定着していた。親が毎月ダンスマガジンを買い与えていてくれて、『In the middle somewhat elevated』やら『Steptext』やら『Herman Schmerman』やら、特にギエムが踊っている写真などが主に載っていたのを目にしていた。当時バレエ少女の私もそのカッコいい写真に惚れ込んでいて、あまり文章の方は読んでいなかったが、ウィリアム・フォーサイスという人がドイツのフランクフルトバレエの芸術監督という情報だけは抑えていた。ヨーロッパにはクラシックバレエじゃないバレエを作る人がいるんだ、という最初の興味であった。読んでいないので勝手にドイツ人だと思い込み、アメリカ人だと気付いたのは相当後の事である。ちなみに、当時のダンスマガジンからの記憶では、今では大好きなイリ・キリアン作品は暗いモダンダンスという位置づけを恐れ多くも勝手にしていた当時の私である。というのも、キリアン作品は何故かいつもカラーページではなく白黒写真で、女性は長袖ワンピースで、男性は白シャツと黒ズボンで何だか物悲しい印象が多かった。それに比べてフォーサイスは限りなくシンプルなボディースーツでシャープな印象で、剥き出しの照明や舞台の壁で、正にカッコいいという印象だった。バレエが好きなバレエ少女ではあったものの、基本的にあまりキラキラと明るいものが好きではなく、ニコニコと踊るのもあまり好きではなかったから、そんなものを一切はしょった舞台が存在する事に感動。どちらかと言うとネクラだが、物悲しい(印象・想像)が好きかと言うと、出来れば感情をもはしょって、ただ身体能力・運動のみでバレエが好きだったから、だから勝手に「これだ」と思ったのだろうと、今になって思う。

そんなダンスマガジンやビデオからの情報のみだった所、初めて受けたヤン・ヌイッツのセミナーにて、フォーサイスレパートリーのクラスを受ける。当時17歳、バレエ学校の入学試験に失敗して以来、ようやく違う形で留学出来る道を模索している時に受けたセミナーだ。初のセミナー受講でレパートリーがフォーサイスだったのも運が良かった。かの有名な『In the middle...』の振付を習い、何故かこの時は舞台でのショーケース的なものもあり、どんな形であれパフォーマンスがあると言う事でレパートリークラスもまるでリハーサルの様でみんな熱が入っていた。私も超絶に熱が入っていた。初めて踊っていて楽しいと思ったのが、恐れ多くもこの作品であった。というのも、ずっとバレエをやっていて、バレエ留学を目標としつつも自信もテクニックもなく、なのに、親が買ってくれたビデオや連れて行ってくれた公演で良いものを見ていて、自分が到底こういうバレエを踊れる気がしなかった。考えたらバレエよりも更にテクニックを要する振付だと思うけれど、でも何故かこのバレエベースの振付が踊り易く感じて、しかも自分なりの試行錯誤で振付を消化して違う形に自分に合う様に作っていける様な気すらした。以降、私のバレエ留学という目標は、ヨーロッパのバレエ学校を出ればこういう振付家がいるヨーロッパのカンパニーで仕事する事が出来るかもしれないから、やっぱりまず留学はしておこう、という目標に変わった。

紆余曲折を経て、カンヌのロゼラハイタワーへ無事留学。留学と言いつつも、ユースカンパニーとしての活動が多く、私もその公演に参加できていた。年齢的にはもう18歳になっていたので、バレエ学校に行っていたら最終学年の年齢。最終学年に編入となると教育課程はほぼ修了していて卒業試験の準備や就職試験が主ですと断ってきた学校もあったくらいの年齢なので、結果どこかのバレエ学校よりもこのユースカンパニーに入れて良かったのだが、本当にバレエ教育を受けると言うよりは、今まで出来なかった舞台経験の機会をもらったという感じだった。留学生としては、お世辞にも勤勉な学生ではなかった。それはさておき、留学生活が始まってすぐの冬にカンヌのダンスフェスティバルがあった。フランクフルトバレエも来た。ようやくヨーロッパに来てこんなに直ぐに生で見れるなんてラッキーだった。私が留学したのが2002年なので、作られてから1・2年程経った『One Flat Thing, reproduced』が一番新しい作品だった。他に『Duo』と『N.N.N.N.』であったと思う。『Duo』はダンスマガジンやビデオで見たものを彷彿させる似たスタイルで、ただソックスであった。「ああ、もうトウシューズも履かないんだ」と思ったくらいであった。『N.N.N.N.』は男性ダンサー4人で振付なのか即興なのか分からない、でも、振付じゃなかったらこんなに息が合って絶妙なタイミングでそれぞれ動けないだろ、という様な驚きの作品だった。今では映像で有名な『One Flat Thing...』はただただ圧巻だった。大勢のダンサーがガーッとテーブルを引っ張って舞台に現れ、それぞれが機敏に緻密にテーブルの上やらしたやらで一斉に動いていく。公演が終わった後「ああ・・・フォーサイスの今はこうなんだ。2002年だもんな。あ、これ2000年の作品なんだ、2年も前にこんなものを作ってるんだ、じゃあ今はきっともっと先に進んでるんだ」ただただそう思った。

以来、2008年までフォーサイスの公演を見る機会はなかった。カンヌ留学中のオーディション活動も空しく、カンヌ修了後はヨーロッパに残る為にロッテルダムのダンスアカデミーに転校。そこで1年を過ごし、マウロに拾われてアテルバレットに入団。3年の間にキリアン作品を見る機会も増え、ロッテルダムにいた間はNDTを見る機会も多かったのでキリアンの振付にも感銘を受け、フォーサイスのもはや振付ではない次元に追い付く間もなく、とりあえずようやくなれたプロダンサーとしての日々を過ごしていた。そんなアテルバレット在籍中にレッジョ・エミリアでフォーサイス、キリアン、エック、ノイマイヤーが集結したガラがあり、そこで久し振りに見たが、既に見た事があった『Duo』であり、このガラの印象はマッツ・エックの『Aluminium』であった。キリアンの『27'52"』もすごく良かった。

このガラで改めて『Duo』を見て、今のフォーサイスはどんななのだろうと、ドイツツアー中のオフの日にフランクフルトへ行き、初めて本拠地のボッケンハイマー・デポで『Heterotopia』を観劇。面白かった。ふたつに区切られたそれぞれの空間で起こるハプニング。片方の部屋から聞こえて来るものに応えて動く。もう片方の部屋はもはや観客席すらなく、四方八方のどこから見ても良いスタイル。自分が動いて見たい位置から見れる。あらまあ、もう舞台と客席という形でもない、というか、劇場自体も劇場じゃなくて元倉庫の空間。見ていなかった数年間にまた進んでいる。日程的に見れなくて残念だったけれど、この作品は『Angolonegro』という作品と対になっているらしい。しかも驚く事に、かつてのセミナーで『In the middle...』を教えていたアンデールさんが公演後に急に「昔教えた事あるよね?ヨーロッパで踊ってるの?」と話しかけてきた。話しかけてみようかと思ったけれど、覚えてないだろうと思っていた所、踊っている間に客席に見かけたから後で話しかけてみようと思ってくれたそうだ。なんて記憶力。しかも薄暗い大勢の観客の中から。きっとこういう脳みそだからフォーサイスが踊れるんだと、また勝手に感動。

そんな翌年、アテルバレットを離れ、ヴィースバーデンの州立劇場へ移籍。シュテファンと仕事がしたくてのヴィースバーデンへの引越しだったけれども、フランクフルトが近い、フォーサイスの新作を毎回見れる、という副産物。以来、見れる限り公演を観劇。『I don't believe in outer space』『Theatrical Arsenal』『THE DEFENDERS』『YES, WE CAN'T』そして今年の頭に再び『Heterotopia』を見て、今回の『Study #3』、この3年と少しの間に見れるだけ見てきた。最近よく、もう出尽くしたとか、どこかでもう見たとか聞くけれど、フォーサイスは常に新しい試みをし続けている気がする。常に変化して、進化している気がする。限りがない。即興の部分が多いから常に違って見えるという訳じゃないと思う。だって、彼らの即興はコンセプトとタスクという構成の中にあるメカニズムに沿った即興であって、何でもかんでも自由に超人的な動きを繰り出している訳ではないんだもの。その基盤と枠を作るのはフォーサイスであって、そのアイディアが限りない。頭の中を覗いてみたい。でも、彼の本に数学が得意だったと書いてあった。私は数学が一番どの教科よりも悪かった。けれど、どんなに計算され尽くされていても、脱構築だとか言っていても、やっぱりダンスだよね、とも思うけれど、やっぱりもうダンスというよりは、恐ろしく頭脳明晰で己の可動範囲と空間を網羅した動く物体の動き。やっぱダンスじゃないのかな。だから一緒に見に行った何人かは「うん、本当にすごいけど・・・、でも・・・う〜ん」って言うのかな。それがいつか解りたいから、解せないものが目の前で踊っているからまた見たいと思う。私の同行者は毎回変わるけれど、私はひとりでも見に行く。でも、やっぱり見た後にこうして語り合いたいから誰かと見に行くのは好きです。島地さん、いつもチケットをありがとうございます。

現在、私の人生の中で一番フォーサイスが近いとこにいるのに(地理的に)クラスを受けて見学をしたこともない。ダンサーの皆様は来ても大丈夫だよと言ってくれるけれど、やっぱり敷居が高過ぎる。私なんかが・・・と思うのだが、だから、私なんかが混ざった所でどうってことないだろうとも思う。今の目標は、ヴィースバーデンにいる内のいつかに一度は見学に行く事。リハーサルを見てみたいな。でも、完全にただのファンなので、やっぱりちょっとやそっとの勇気じゃ訪ねる気になれないのだ。

たくさんの種類があるコンテポラリーダンスの中で、ネオクラシックだ、タンツテアターだ、モダンダンスだ、とカテゴリーがあるけれど、フォーサイスはそういうどれかには属さないフォーサイスというカテゴライズしか出来ないと思う。


これは私の過去から現在に沿ったただのフォーサイスへの思い

あえて題名を付けるなら、フォーサイスと私

うん、ただのファンレター

November 04, 2012

days off


久々の休日

恐ろしくなるほど寝ました

初演まで忙しかったのも前述通り

しかし、その後も2時3時まで寝付けなかったり

その翌日は寝れるだろうと思いきや

また眠りが浅かったりと、疲れが取れない日が続き

ようやく週末の土曜に死んだ様に眠った

せっかくの2連休の内の一日をほぼ睡眠に費やす

少し勿体無いけれど、必要でした


私がそんなふうに惰眠を貪っている中

レーゲンスブルグでは大きな初演が成功に終わる

元同僚の優貴さん率いる新カンパニーの初演

同僚達も観に行くのは知っていたけれど

私は自分の休日を選択

特別な初演を観れなかったのは残念だけれど

月末にあるレーゲンスブルグで行われるガラに出るので

その時に元同僚達や、その新作を観れる事を期待

でもいつかちゃんと公演を観に行く予定です

初演の成功おめでとうございます


そのガラにはシュテファンの青髭と

ジョゼッペの新作で参加

ガラ用にデュエットを作って持って行きます

そして、今週からヨハン・インガー作品も始まります

彼の『Walking Mad』の振り写し

初演は2月ですが、もう始まるんですね

そんなアップカミングです


f:id:kiha-kn:20121104235740j:image


話は変わりますが

蜷川実花のCameranというアプリ

どんな写真も彼女風の写真になると言う

なるほど、極彩色です

ちょうどそんな色のバーに行ったのでピッタリでした

土曜にたっぷり寝れたのは、この夜遊びのおかげ


・・・なんて脈絡のない日記

November 02, 2012

birthday cake


同僚あゆみの誕生日

いつもいっぱいしてくれる彼女に

自作タルトタタンとショーケースをプレゼント


f:id:kiha-kn:20121104232624j:image


ちょっとしたプロジェクトでした

秋らしくデコレーション

お誕生日おめでとう

October 27, 2012

Made in Love


ようやく初演が終わりました

シーズン初日からクリエーションが始まったものの

途中でツアーを挟んだことから進行はかなり遅く

プログラム3作品中の2作品が作り終わったのが初演3週間前

最後の1作品は4日間ほどで作り終えた感じでした

なのでクリエーション期間が延々と続いた様に感じます

気分的には半年位経った様に思える


今回の照明デザインに関しては

クリエーションプロセスを見ながら構成を練るものの

実際に照明作りを始められるのは作品が出来上がってからなので

初演目前の最後の最後でワッと仕事が始まった感じでした

休日にシュテファンの照明作りの日に見学に行き

翌日に舞台監督に渡すプラン表を完成させ

その翌日は朝9時から昼2時まで

早々と昼食を済ませ、また再開し手直しをし

夜には舞台稽古を22時半まで

そんな日ばかりが続き

このプルミエウィークも夜の舞台稽古までの時間は

照明のダメ出し、直しに費やすばかり

けれど、私も舞台に立っている立場なので

毎回の通し稽古をチェック出来ないのも残念で

2度目の通し稽古の時はセカンドキャストに踊ってもらい

初めて肉眼で作品を通して確認という感じ

本番同様の通し稽古なのに

何故かメインの照明のケーブルが抜けていたり

ターンライトの角度が間違っていたり

中止、再開せざるを得なかったり

1週間以上、仕込みと調整、修正に時間を費やして

ようやく見る機会に限ってこれ

そんな翌日のゲネプロは自分で踊るものの

踊っていない時に照明を思わずチェックしてしまう始末

ダンサーとしてはあまり踊ってない作品なので

結果良かったのですが、やっぱり頭は照明でいっぱい

ようやく初演で集中して踊った気がします


初演中も自分から見えた限りでは

何故か前日まで動いていたものが点いていなかったり

照明を作った時点から機械にプログラムされていて

舞台監督がキュー出しをしているにも関わらず

こういうハプニングが起こるんだなと

何ともやり切れないものですが

それでも良い経験と勉強にもなりました

とはいえ、特別に複雑な照明を作ったわけでもないので

(本音:というか、初の試みなので複雑なものを作れるわけもない)

なので、次回以降はきっちりやって欲しいものです


f:id:kiha-kn:20121021183301p:image


ジョゼッペの『Abi/tiamo』ではダンサーとしてよりも

キャラクター的存在で踊った感は全くないのですが

作品中ずっと存在はしています

踊っていると言うよりは常に佇んでいます

それと、ストーリーラインの様な映像に出演している感じ


一番踊っている感じがするのは『Fast Play』

作品時間は10分と短いけれど、8人全員が踊っていて

クリエーション期間も短かったけれど

音楽と踊りだけと、とてもシンプルで好きです


『Kommen und Gehen』では

本来セカンドキャストとしてソロをひとつしていましたが

怪我人が出てしまい、私のファーストキャストが

そちらに移り、私が彼女の代わりにソロという形になりました

好きなソロなので、結果初演で踊れた事は嬉しく

怪我をしてしまった同僚も良好に回復しているので良かった


結果3作品ともに出ることになったけれど

それぞれコンパクトにギュッと集中しているので良かった

特にこの2週間が照明で忙しかったので

踊るパートがきっちり区切られていたのも助かった

いっぱい踊りたくて仕方なかった若い時と

年を取ったせいか、自分の考え方が変わってきています


照明で頭がいっぱいの初演でした

ゲネを観に来た劇場の他の部署で働く同僚達や

初演後のお客さん達もたくさん話しかけてきてくれて

気に入って頂けたので、それがもう満足です

October 17, 2012

light design


ブログを再開してから初のオンタイム日記


f:id:kiha-kn:20121018073611j:image


今月27日初演の新プログラム『Made in Love』

トリプルビルで3作品とも新作

ボスのシュテファンによる『Fast Play』

そして『Kommen und Gehen』

ダンサーのジョゼッペによる『Abi/tiamo』


f:id:kiha-kn:20121018073729j:image


ダンサーとしても踊っているけれど

今回はジョゼッペ作品で照明デザインを担当


私自身、振付をしたのは

過去2回のヤングコレオグラファーの2度のみですが

振付も楽しかったけれど、照明が特に楽しかった

そんな話をジョゼッペともしていたので

今回のデザイン担当の話が来ました

願ってもないチャンスですし

大劇場の方で、きちんと時間を組んで照明を作れる

過去2回はヤングコレオグラファーのイブニングで

出品者も多く、それぞれに割り当てられた時間も短く

シンプルにするしかなかった所を

今回はじっくり作り込めるし

作品自体も40分近いので色々な展開を作れるし

大変だけれど、本当に楽しんでいます


f:id:kiha-kn:20121018074157j:image


この3日間が特にきつかったけれど

ようやく一段落

今日は朝から照明仕込み

昼間も仕込んだ照明チェックと手直し

早く終わったので時間を使って映像の撮影

夜には照明付きでの舞台稽古でした

手直しはあるものの、大体良い出来との事

私も舞台に立っているので、残念ながら肉眼では確認出来ず

明日、録画したもので確認

楽しみです


f:id:kiha-kn:20121018075115j:image


今回の初演は照明に対しての思い入れや意気込みが

ダンサーとしてのそれより強いかもしれない

October 13, 2012

Taks


バレエマインツの初演を見てきました


f:id:kiha-kn:20121018072717j:image


ビールと柿の種持っていますが

こんな貴ちゃん、本当に素敵でした

また見に行くね

September 26, 2012

present


ようやく現在に戻って来ました

夏休みから仕事始め、ツアーのあった最近まで


f:id:kiha-kn:20121018072150j:image


書こう書こうと思っていても

タイミングを逃したらもうズルズルと延びる

今度はiPhoneを活用していきますね

September 24, 2012

Wroclaw


スイスから戻ってきて1週間後にまたツアー

今度はポーランドにて青髭1公演


f:id:kiha-kn:20121018070914j:image


着いた日は曇っていて寒かった

灰色な景色が、まさに東欧のイメージそのもの


f:id:kiha-kn:20121018071017j:image


f:id:kiha-kn:20121018071033j:image


f:id:kiha-kn:20121018071052j:image


打って変わって、翌日とその次の日は晴天

街並みも違って見えて、とても可愛いし

着込んでいたから暑過ぎたくらい


f:id:kiha-kn:20121018071221j:image


公演後にはレセプションもあり

お客様が直接声を掛けてくださったりと

踊った立場にとっては本当に嬉しい

スイスで踊った時は久々な感覚があったけれど

ポーランドでは入り込んで楽しめた気がする


f:id:kiha-kn:20121018071602j:image


あっという間の2泊3日


f:id:kiha-kn:20121018071650j:image


また空港


f:id:kiha-kn:20121018071712j:image


最近あまり見かけないプロペラ機でドイツへ

September 22, 2012

Basel


ヴィンタートゥールでのツアー後の連休を利用して

遂にバーゼルを訪問


f:id:kiha-kn:20121018065529j:image


アテルに入団したての頃からの仲良しで

先輩であるアドリアン

そして、やっぱり先輩であるティボーとマーシャ

マーシャはダンサーを引退して

今はマウロの作品のレペティターとして

ティボーはバーゼルのバレエマスターとして

アドリアンはダンサーとしてカンパニーに所属

3人とも常によく見てくれて引っ張ってくれた先輩

そして、先輩として本当に尊敬する良いダンサー達

3年振りの再会も嬉しいし

公演を見てもらえたのも嬉しい


f:id:kiha-kn:20121018070221j:image


アドリアンのセクシーショット

ティボーとは仕事中に会ったので遠慮


f:id:kiha-kn:20121018070347j:image


バーゼルのカンパニーには

友人・知人、顔見知りがいっぱい

そして、良いダンサーもたくさんでした

公開リハのある日に行けて良かった

みんなが踊っているのを観れるのはいつも嬉しい

September 20, 2012

Winterthur


珍しくツアーがありました

スイスのヴィンタートゥールという街

何年か前にアテルバレットとも来たことがある劇場


f:id:kiha-kn:20121018064957j:image


ここでは青髭の3公演

バーゼルからアテル時代の元同僚が観に来てくれた

お互いアテルを離れてからの3年振りの再会

September 18, 2012

new season


今シーズンは最初の再演がロミオとジュリエット

そして10月末初演のクリエーションも開始

私はロミジュリではほとんど踊っていないので

ゆったりとシーズンが始まりました

何年もスタートから猛ダッシュという感じだったので

嬉しい反面、戸惑ってみたり


f:id:kiha-kn:20121018064448j:image


と言いつつも、しんどくなるので

やっぱり今のうちに、ゆったりを楽しむべき

September 16, 2012

pre-new season


夏休みも最終日


f:id:kiha-kn:20121018063805j:image


最初に会う同僚は大抵この人

September 14, 2012

Holland


ドイツ北部からオランダ南部へ

懐かしのロッテルダム

たった1年間しか住んでいないのに

このヨーロッパでの10年間、

どの国のどの街に住んでいてもよく来ました

ヨーロッパ中に好きな場所はあるけれど

ここは何故か落ち着く

適度な規模の都会

煉瓦作りや運河が通る街並み

文化やファッションも好き

ダンスキャリアを無視してヨーロッパに住むなら

たぶんロッテルダムを選ぶ気がする

イギリス、オランダ、ベルギー辺りが好き


f:id:kiha-kn:20121018060511j:image


そんなロッテルダムの中央駅

私がオランダからイタリアに引っ越した頃に

改装工事が始まり、早7年近く経ちますが

ようやく全貌と終わりが見えて来ました


f:id:kiha-kn:20121018061355j:image


ロッテルダムダンスアカデミー、1年しかいなかった母校


f:id:kiha-kn:20121018061433j:image


私が出た次の年度からCodartsという総名称に変更


f:id:kiha-kn:20121018061549j:image


そのその

今回のロッテルダム訪問相手


f:id:kiha-kn:20121018061645j:image


一緒に街をぶらり

かつて私が住んでいた近くの市場を通ったり


f:id:kiha-kn:20121018061747j:image


懐かしのパブで好きなビールを飲んだり


f:id:kiha-kn:20121018061827j:image


懐かしのカフェでお決まりのアップルタルトを食べたり


f:id:kiha-kn:20121018061909j:image


新しいカフェを開拓してみたり


f:id:kiha-kn:20121018061955j:image


そんなんで疲れてトラム


f:id:kiha-kn:20121018062028j:image


実は買い物もたくさん


f:id:kiha-kn:20121018062107j:image


夜は、そのそのとルームメートのミレミレ


f:id:kiha-kn:20121018062150j:image


アムステルダムにも行ってきた


f:id:kiha-kn:20121018062236j:image


中央駅の裏の運河を渡って、そこでランチ


f:id:kiha-kn:20121018062337j:image


黄昏そのその


f:id:kiha-kn:20121018062412j:image


ぶらぶら


f:id:kiha-kn:20121018062443j:image


買いたい物いっぱい見つけた


f:id:kiha-kn:20121018062550j:image


私の一眼で犬を撮りまくるフロフロ


f:id:kiha-kn:20121018062639j:image


オランダらしい不思議な物もいっぱい


f:id:kiha-kn:20121018062713j:image


この後は全員撃沈


f:id:kiha-kn:20121018062751j:image


疲労困憊で帰路に就く


f:id:kiha-kn:20121018062834j:image


翌朝はそのそのとミレミレに見送られ出発

September 12, 2012

Nord


ドイツ北部へと行って来ました


f:id:kiha-kn:20121014180656j:image


懐かしのハノーファー

学生時代に何度も使った駅でした

でも今回はただの乗り換えでの通過地点


初めてブレーメンとハンブルグに行きました

ブレーメンの音楽隊で子供の頃から馴染みのある地名

さすがに日本人観光客も多かった気がします


f:id:kiha-kn:20121014181157j:image


f:id:kiha-kn:20121014181216j:image


f:id:kiha-kn:20121014181235j:image


f:id:kiha-kn:20121014181259j:image


f:id:kiha-kn:20121014181327j:image


音楽隊の像

終始写真を撮る人垣


f:id:kiha-kn:20121014181350j:image


翌日はハンブルグへ

大きな街で、日帰りでは見て回れないので

ハーフェンシティと呼ばれる港エリアを観光


f:id:kiha-kn:20121014181900j:image


f:id:kiha-kn:20121014181919j:image


f:id:kiha-kn:20121014181942j:image


f:id:kiha-kn:20121014182007j:image


水辺にいると、とても落ち着く


f:id:kiha-kn:20121014182302j:image


最近気づいたけれど、港町が好きです

海があって、船がいっぱいで

人の出入りが多いからかオープンな人も多いし


f:id:kiha-kn:20121014182243j:image


f:id:kiha-kn:20121014182322j:image


f:id:kiha-kn:20121014182349j:image


f:id:kiha-kn:20121014182413j:image


少し歩いた所に海を眺める格好でラウンジが並んでいて

そのひとつは砂が敷かれていて、まるで砂浜

そこで帰る前の一杯


f:id:kiha-kn:20121014182632j:image


f:id:kiha-kn:20121014182653j:image


ハンブルグ中央駅に向かう道で

サン・パウリと言うエリアを通過

まるでスーパーやブティックかの様に堂々と立ち並ぶ

女人禁制の店が立ち並ぶ一角があったり

通った時は時間帯が早いせいか門は閉じていましたけど


f:id:kiha-kn:20121014182859j:image


ついでに、泊まっていたお家


f:id:kiha-kn:20121014183146j:image


煉瓦作りが多い地域でした

イギリスやオランダみたいで懐かしい感じ


f:id:kiha-kn:20121014183335j:image


そして、ネコ

September 10, 2012

Rein



日本とドイツ、空港に着いてまず一番肌で感じる違いは気温

日本は湿度が高くて、一日中暑くて、汗だくだったのに

ドイツは昼は爽やか、夜は肌寒い

シャワーの後には肌が乾燥してクリームを塗らないと痛い


時差ぼけも特になかったので

翌日はヴェスパで郊外まで行ってきた


f:id:kiha-kn:20120927022641j:image


なんちゃってライダー


f:id:kiha-kn:20120927022716j:image


f:id:kiha-kn:20120927022734j:image


f:id:kiha-kn:20120927022759j:image


ドイツらしい可愛い家

そういえば、こういうドイツ観光は初めて


f:id:kiha-kn:20120927022932j:image


f:id:kiha-kn:20120927023052j:image


すっかり秋の装い


f:id:kiha-kn:20120927023109j:image


f:id:kiha-kn:20120927023123j:image


f:id:kiha-kn:20120927023201j:image


f:id:kiha-kn:20120927023216j:image


ビーブリッヒからライン川沿いにまた走って

リューデスハイムという町に到着


f:id:kiha-kn:20120927023243j:image


f:id:kiha-kn:20120927023254j:image


ロープウェイがありました


f:id:kiha-kn:20120927023435j:image


f:id:kiha-kn:20120927023453j:image


f:id:kiha-kn:20120927023512j:image


またさらに走る

既にヴェスパで行く範囲を超えてるけれど


f:id:kiha-kn:20120927023613j:image


f:id:kiha-kn:20120927023642j:image


f:id:kiha-kn:20120927023654j:image


だだっ広い


f:id:kiha-kn:20120927023743j:image


寒くなってきたので帰り支度

もう少し遅くに出発していたらもっと寒かったかも

ヘルメットがあっても肌に触れる空気が冷たい

車で行くような距離まで行き過ぎたみたい

帰り道は長かった


でも、楽しい休日らしい日でした

September 08, 2012

fourth week 3/3


関西最終日


f:id:kiha-kn:20120927013652j:image


f:id:kiha-kn:20120927013719j:image


みんな見事にiPhoneユーザーですな


f:id:kiha-kn:20120927013815j:image


f:id:kiha-kn:20120927013834j:image


f:id:kiha-kn:20120927013852j:image


そこまで飲んでないのに、テンション高過ぎ


f:id:kiha-kn:20120927014046j:image


またしても、ひどい顔でパピコ!


東京に戻ったら、日本での日々も残り僅か


f:id:kiha-kn:20120927014213j:image


ロッテルダム組との再会

ピアニストのまさしとゆきちゃん

あと写真は撮り忘れてしまったけれど

お昼はまりっぺとゆりかと3人で会いました

ゆりかも結婚して、あらまあ

ゆりかとは16・17歳頃からの知り合いだから不思議な感じ


それから、最後の最後でようやく佐紀さんとも再会

4年振りにスタジオで撮影もしました


存分に夏休みな過ごし方をしてからだったので

身体も訛っているし、感覚もないのではと思ったけれど

やはりそこは野村佐紀子さん

彼女のエネルギーが満ちた空間にいたら

すっと入り込んでいけました

久しぶりに撮られた私はどう写っているんだろう


そして、残りの時間は家でゆっくり過ごしました


たっぷりある様に見えても、あっという間で

会えなかった友達も、時間が合わなかった友達も多くて

いつもそれは残念なのだけれど

一瞬しか会えないよりも

来年でも再来年でも、何年か振りにゆっくり会える方が

たくさん話すこともあって良いかな

と思う様にしています

ごめんなさい

会えたみんなもありがとう

また次に会えるのを楽しみにしています

September 06, 2012

fourth week 2/3


奈良編


f:id:kiha-kn:20120927005444j:image


葵ちゃんオススメの所でランチ

お豆腐づくしのフルコース

とっても美味しかった


f:id:kiha-kn:20120927005549j:image


家族でも行きたい


f:id:kiha-kn:20120927005654j:image


おなかもいっぱいで、いざ観光へ


f:id:kiha-kn:20120927005747j:image


ルートは地元民の葵ちゃん任せ


f:id:kiha-kn:20120927005824j:image


f:id:kiha-kn:20120927005843j:image


f:id:kiha-kn:20120927005916j:image


いた


f:id:kiha-kn:20120927005943j:image


本当に物怖じしない


f:id:kiha-kn:20120927010027j:image


本当に人に慣れているのね


f:id:kiha-kn:20120927010331j:image


近過ぎ


f:id:kiha-kn:20120927010120j:image


店先にてくつろぐ


f:id:kiha-kn:20120927010151j:image


売り物


f:id:kiha-kn:20120927010222j:image


大仏を見に先へ進む


f:id:kiha-kn:20120927010247j:image


f:id:kiha-kn:20120927010407j:image


f:id:kiha-kn:20120927010444j:image


遂に大仏様を拝見


f:id:kiha-kn:20120927010541j:image


f:id:kiha-kn:20120927010559j:image


ちゃんとくぐりました


f:id:kiha-kn:20120927010639j:image


f:id:kiha-kn:20120927010657j:image


余裕の葵ちゃん


f:id:kiha-kn:20120927010718j:image


f:id:kiha-kn:20120927010733j:image


骨盤はまる私、微妙にキツかった


f:id:kiha-kn:20120927010824j:image


葵ちゃんお気に入りの二月堂


f:id:kiha-kn:20120927010910j:image


f:id:kiha-kn:20120927010935j:image


f:id:kiha-kn:20120927010950j:image


茶店で一休み


f:id:kiha-kn:20120927011017j:image


日本滞在も終盤になってようやく初かき氷


f:id:kiha-kn:20120927011208j:image


どんな変顔でも可愛い


この後、春日大社に頑張って歩いて行くも閉館

この日の締めは葵ちゃん父オススメの焼肉屋

女ふたりでガッツリ食べました

奈良案内ありがとう!