Hatena::ブログ(Diary)

つれづれ鉄道日記

2017-02-14

観光列車フォーラム

 24日に弟子屈町で観光列車のフォーラムを開催します。

 よろしければ、ご参加を!

f:id:kiha229413:20170214211632j:image

f:id:kiha229413:20170214211708j:image

2017-02-08

花咲線にオホーツクブルー流氷物語号入線

会員の♂茉莉花さんからの投稿です

 今日(2/7)の花咲線3625D〜5626Dに釧網本線で流氷物語号として運用されているキハ54 508オホーツクブルー号が急遽定期運用に入っていました‼

 プレスでは臨時運行期間終了後は普通列車として共通運用されるとありましたが、臨時運行期間中に定期列車としてしかも花咲線に初入線とは大変珍しいことでした!

 当路線にはキハ40JR北海道色や首都圏色も入線しておりこの冬、大変バラエティー豊かな路線になっています!

写真はJR根室駅裏にて

f:id:kiha229413:20170208213728j:image

2017-01-15

花咲線全区間に朱色40入線

会員の♂茉莉花さんからの投稿です

 所定のキハ54に鹿による急ブレーキが原因と見られる車輪損傷が多数発生し修繕のため車両不足によるキハ40代走が10日から実施されました。

 一部の列車に代走が見られ根室まで入線は大変珍しいことが続きましたが、なんと朱色のキハ40 1758が臨時以外では単独定期運用で初めて入線しました。

 なお、代走及び野性動物の影響により最大10分程度の遅れが一部の列車で発生しています。

写真は花咲跨線橋から旧花咲駅方向からやって来た朱色1758

f:id:kiha229413:20170115191040j:image

2016-11-12

雨宮21号と丸瀬布森林公園いこいの森

遠軽町さまより、お便りをいただきましたので、ご紹介します。

雨宮21号が走るいこいの森を愛してくださる親愛なる皆様へ

雨宮21号丸瀬布森林公園いこいの森をご愛顧いただき本当にありがとうござ

います。 お馴染みの皆様だけではなく、すっかりご無沙汰している皆様にも

このメールを送らせていただいておりますことをご了承ください。

皆様ご承知のこととは存じますが、8月17日から31日にかけて台風などによる

4度の大雨によりいこいの森を流れる武利川が氾濫して公園内の鉄橋から山手側

は濁流に流されました。雨宮21号の軌道が流されたほか、キャンプ施設や遊具

施設なども甚大な被害を受けました。

この災害に対しまして全国各地の鉄道ファンキャンプ場利用者の皆様方より、

温かい励ましやお見舞いのお言葉をいただきました。さらに、雨宮21号の軌道

キャンプ場の復興に向けた支援のお申込みも全国から多数寄せられました。

遠軽町では皆様方の温かいご支援の声を受けて寄附金の受け皿作りを進めており

ました。大変遅くなりましたが、11月8日から遠軽町ホームページで「いこい

の森に愛の手を-いこいの森災害復旧-遠軽町ふるさと寄附金(ふるさと納税)」

の募集が始まりました。

http://engaru.jp/engaru/01soumu/ikoinomori/hurusatokihukin.html

皆様方から、お仲間やお知り合いで「雨宮21号やいこいの森が大好きな方」に、

この寄付金募集のことをお知らせくだされば幸いに存じます。

SNSなどでの拡散も大歓迎ですので、よろしくお願いいたします。

寄附額の2000円を超える部分については税金の控除が受けられますので詳しくは

ホームページをご参照ください。

なお、災害復旧のための寄附金募集であるため、通常のふるさと寄附金のように

特産品などの返礼品はございませんが、何卒皆様のご支援ご協力をお願い申し上

げます。

また、寄附額につきましては、無理のない範囲で十分と考えております。

最後になりますが、1日も早くいこいの森が皆様にとって楽しいオアシスとなる

ように、職員が路盤復旧作業を実施するなど懸命に頑張っております。

遊具施設なども含めて来年度中の完全復旧を目指しいるところです。

来年、いこいの森で皆様にお会いできますことを楽しみにしております。

2016-10-30

釧路・根室の簡易軌道展

 釧路市立博物館80周年記念特別展「釧路根室の簡易軌道展」が、ついに始まりました。

 鶴居村標茶町浜中町別海町の各村営、町営軌道のパネルや資料が展示されています。

 模型もすごい。

 その資料の多さにびっくり。特に画像がとても豊富で、パネルのほか、デジタル画像の量も半端ではなく、ずっと見てました。博物館のみなさまの努力に改めまして、感服(古い!)、そして感謝いたします。

 展示は、来年1月15日まで、途中、講演会なども予定しております。

 詳しくは、

http://www.city.kushiro.lg.jp/museum/

 をチェックしてください。

 ぜひ、博物館へ。

f:id:kiha229413:20161030161819j:image