Hatena::ブログ(Diary)

政治学資料室 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2015-06-02 2015年6月の出版物2

『年報政治学2015-I 政治理論と実証研究の対話』(Vol. 66-1)



小川有美「はじめに」


特集論文

稗田健志「政治理論と実証研究をつなぐ環――経験的分析における概念分析の役割」
田村哲樹「観察可能なものと観察不可能なもの――規範・経験の区別の再検討」
河野勝/三村憲弘「他者への支援を動機づける同情と憐れみ――サーベイ実験による道徳的直観の検証」
粕谷祐子「「一票の格差」をめぐる規範理論と実証分析――日本での議論は何が問題なのか?」
井上弘貴「政策アドボカシーにおける政治理論と実証分析の競合と協働――都市とモビリティをめぐる諸問題を事例として」
芝崎厚士「国際関係研究の将来――国際関係の研究からグローバル関係の研究へ」
木山幸輔「社会実験リバタリアンパターナリズムは世界の貧困を救う? ――援助の新潮流に関する政治理論的一考察」

公募論文

馬路智仁「それゆえコモンウェルスへ身体を捧げた――アルフレッド・ジマーン『ギリシャ共和国』と帝国共和主義」
聖人「1980年代以降の医療供給制度改革の展開――政策学習論の視座から」
中川洋一「2013年ドイツ連邦議会選挙の分析と連邦政治への含意」
城戸英樹「中央地方関係における政党ルートの役割――財政移転改革の日本カナダ比較」
築山宏樹「地方議会選挙の得票分析――議員行動と選挙とのつながり」

日本政治学書評委員会2014年書評

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kihamu+politics/20150602/p4
ツイッター