Hatena::ブログ(Diary)

政治学資料室 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-05-01 2015年5月の出版物

『年報行政研究 50 行政の専門性と人材育成』



目次

2014-05-02 2014年5月の出版物2

『年報行政研究 49 大都市制度の改革』



目次

2013-05-01 2013年5月の出版物

『年報行政研究 48 東日本大震災における行政の役割』



目次

2012-05-02 2012年5月の出版物2

『年報行政研究47 政権交代と官僚制』


年報行政研究47 政権交代と官僚制

年報行政研究47 政権交代と官僚制

http://www.js-pa.org/?page_id=485#2012


論説

山口二郎「政権交代と政官関係の変容/連続――政治主導はなぜ失敗したか」
田中秀明「政策過程と政官関係――3つのモデルの比較と検証」
西尾隆「政権交代と霞が関文化の変容」

公募論文・研究ノート

金貝「政策決定における専門家集団の役割――英国の医療専門家集団NICEの事例から」
平野淳一「市長の職歴・党派性の変容」
深谷健「規制緩和過程のセクター間比較分析――航空・石油・通信セクターを素材として」
山本公徳「シャウプ勧告における地方制度改革構想と現代地方自治

書評

荒見玲子「北山俊哉『福祉国家の制度発展と地方政府』」
伊藤正次「村上祐介『教育行政の政治学―教育委員会制度の改革と実態に関する実証的研究―』」
牛山久仁彦「金井利之『実践 自治体行政学』」
申東愛「坂本治也『ソーシャル・キャピタルと活動する市民―新時代日本の市民政治』」
宗前清貞「菅原和行『アメリカ都市政治と官僚制―公務員制度改革の政治過程―』」
手塚洋輔「真渕勝『官僚(社会科学の理論とモデル8)』」
野田遊「砂原庸介『地方政府の民主主義―財政資源の制約と地方政府の政策選択―』」
林昌宏「山崎幹根『「領域」をめぐる分権と統合―スコットランドから考える』」
藤原真史「原田久『広範囲応答型の官僚制―パブリック・コメント手続の研究―』」
松並潤「西村弥『行政改革と議題設定』」
三浦まり「上川龍之進『小泉改革の政治学』」
茂木康俊「田中秀明『財政規律と予算制度改革―なぜ日本は財政再建に失敗しているか―』」

2011-06-02 2011年6月の出版物2

『年報行政研究46 行政研究のネクスト・ステージ』



特集論文

村松岐夫「政府システムの変革期と行政学

2-17.

大森彌「行政研究の軌跡

18-28.

今村都南雄「日本行政学会と私の行政研究――60周年記念シンポジウムに寄せて

29-37.

水口憲人「「高度成長」と「バブル」時代の行政学

38-44.

新藤宗幸「行政研究に問われる視座・覚書

45-50.

今里滋「行政学と行政学教育 ―アイデンティティ,制度化,標準化

51-74.

今川晃「行政学と人材育成

75-92.

原田久「「89年調査」以降における行政学教育の変化

93-106.

小田切康彦/増田知也「行政学教育に関する調査――調査概要報告

107-124.


公募論文・研究ノート

46号年報委員会「年報46号公募論文・研究ノートの決定経緯について」

野田遊「基礎自治体に対する垂直補完の効果

126-143.


書評

飯尾潤「村松岐夫『政官スクラム型リーダーシップの崩壊』

144-146.

城戸英樹「喜多見富太郎『地方自治護送船団――自治体経営規律の構造と改革』

147-149.

金今善「寄本勝美『リサイクル政策の形成と市民参加』

150-152.

高松淳也「高橋洋『イノベーションと政治学――情報通信革命“日本の遅れ”の政治過程』

153-156.

玉井亮子「穴見明『スウェーデンの構造改革――ポスト・フォード主義の地域政策』

157-160.

田丸大「鈴木潔『強制する法務・争う法務――行政上の義務履行確保と訴訟法務』

161-164.

西川伸一「新藤宗幸『司法官僚公務員――裁判所の権力者たち』

165-168.

平井文三「大山耕輔『公共ガバナンス』

169-171.

藤田由紀子「手塚洋輔『戦後行政の構造とディレンマ――予防接種行政の変遷』

172-174.

光本伸江「稲生信男『協働の行政学――公共領域の組織過程論』

175-178.

南島和久「益田直子『アメリカ行政活動検査院――統治構造における評価機能の誕生』

179-181.

武藤博巳「三田妃路佳『公共事業改革の政治過程――自民党政権下の公共事業と改革アクター』

182-185.

笠京子「牧原出『行政改革と調整のシステム』

186-188.

ツイッター