Hatena::ブログ(Diary)

政治学資料室 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-06-02 2015年6月の出版物2

『年報政治学2015-I 政治理論と実証研究の対話』(Vol. 66-1)



小川有美「はじめに」


特集論文

稗田健志「政治理論と実証研究をつなぐ環――経験的分析における概念分析の役割」
田村哲樹「観察可能なものと観察不可能なもの――規範・経験の区別の再検討」
河野勝/三村憲弘「他者への支援を動機づける同情と憐れみ――サーベイ実験による道徳的直観の検証」
粕谷祐子「「一票の格差」をめぐる規範理論と実証分析――日本での議論は何が問題なのか?」
井上弘貴「政策アドボカシーにおける政治理論と実証分析の競合と協働――都市とモビリティをめぐる諸問題を事例として」
芝崎厚士「国際関係研究の将来――国際関係の研究からグローバル関係の研究へ」
木山幸輔「社会実験リバタリアンパターナリズムは世界の貧困を救う? ――援助の新潮流に関する政治理論的一考察」

公募論文

馬路智仁「それゆえコモンウェルスへ身体を捧げた――アルフレッド・ジマーン『ギリシャ共和国』と帝国共和主義」
聖人「1980年代以降の医療供給制度改革の展開――政策学習論の視座から」
中川洋一「2013年ドイツ連邦議会選挙の分析と連邦政治への含意」
城戸英樹「中央地方関係における政党ルートの役割――財政移転改革の日本カナダ比較」
築山宏樹「地方議会選挙の得票分析――議員行動と選挙とのつながり」

日本政治学書評委員会2014年書評

2015-01-03 2015年1月の出版物2

『年報政治学2014-II 政治学におけるガバナンス論の現在』(Vol. 65-2)



吉野篤「はじめに」

3-6.

特集論文

木寺元「税制改革と民主主義ガバナンス――リスク・ラバーたちの消費税

11-40.

長野基「日本の基礎自治体ガバナンスにおける無作為型市民参加の研究――政策評価における取組を中心として

41-65.

白崎護「好意の規定因としての対人環境とメディア――有権者意識における政党の競合と成長

66-90.

岩崎正洋「大統領制化と政党政治のガバナンス

91-109.

西岡晋「コーポレート・ガバナンスの政治学――三つの「I」のアプローチ

110-134.

山尾大「ポスト・コンフリクト社会のガバナンスを考える――イラクを事例に

135-155.

杉浦功一「ガバナンスにおけるパートナーシップ――ナショナルとグローバル両レベルでの実践と理論

156-184.


公募論文

築山宏樹「地方議員の立法活動――議員提出議案の実証分析

185-210.

斉藤尚「推論的ジレンマと司法審査の正当性

211-231.

久保田哲「伊藤博文の「立法」観――「協賛」をめぐる一考察

232-252.

保田幸子「十分性説における閾値――分配的正義論における平等主義への疑念

253-270.

五十嵐元道「植民地統治における開発への思想的転換――貧困の発見と革新主義

271-290.


日本政治学会文献委員会2014年度学界展望」

2014-06-03 2014年6月の出版物2

『年報政治学2014-I 民意』(Vol. 65-1)


民意 (年報政治学)

民意 (年報政治学)


2014-01-02 2014年1月の出版物

『年報政治学2013- 危機と政治変動』(Vol. 64-2)


危機と政治変動 (年報政治学)

危機と政治変動 (年報政治学)


遠藤誠治「はじめに」


特集論文

安武真隆「主権国家形成と黙示録――危機と政治変動としての宗教戦争

17-35.

小川有美「戦争する国家,たたかう人々――C. ティリーの変動の政治学

36-61.

中溝和弥「危機の政治史――独立インドにおける危機の克服

62-85.

岡部恭宜「韓国とタイにおける二つの金融危機と政治変動――内生的危機と外生的危機

86-108.

進藤兵「「2008年以後」の日本の政治――藤田=ジェソップ・アプローチによる資本主義国家分析・試論

109-134.

今井貴子「金融危機後のイギリス政治

135-161.

小林誠「延長された危機,封じられた政治変――キューバ・ミサイル危機から中米危機への軌跡

162-180.


公募論文

石川葉菜「アメリカにおける福祉縮減のメカニズム――1996年福祉改革へと至るウェイバー条項の制度変容を中心に

181-207.

内田智「熟議デモクラシー,国境横断的なその制度化の課題と可能性――欧州における討論型世論調査の試みを一例として

208-229.

柏原宏紀「明治初年太政官制下の卿輔関係についての一考察――参議省卿兼任制導入後の工部省を中心に

230-251.

岸見太一「移民選別とデモクラシー――法的強制を基準とする境界画定論の検討

252-273.


日本政治学会文献委員会「2013年度学界展望」

2013-06-03 2013年6月の出版物

『年報政治学2013- 宗教と政治』(Vol. 64-1)


宗教と政治 (年報政治学)

宗教と政治 (年報政治学)


齋藤純一「はじめに」

3-8.


特集論文

千葉眞「「宗教と政治」の現在――政治理論の視点から

15-37.

高田宏史「公共宗教と世俗主義の限界――ホセ・カサノヴァとチャールズ・テイラーの議論を中心に

38-59.

木部尚志「共同翻訳と公共圏のポリフォニー――ハーバーマスの〈ポスト世俗社会〉論

60-80.

中野勝郎「『共通の信仰』と『道徳的人間と非道徳的社会』――ジョン・デューイとラインホールド・ニーバーにおける政治と信仰

81-100.

高山裕二「未完の「市民宗教」――ピエール・ルルーとリベラルな社会主義の萌芽

101-121.

伊達聖伸「シャルル・モーラスにおける宗教的ナショナリズムの思想構造

122-144.

小川原正道「「政治」による「宗教」利用・排除――近代日本における宗教団体の法人化をめぐって

145-167.

辻康夫「多文化主義と宗教的マイノリティ――ムスリムの統合の問題をめぐって

168-188.

池内恵「グローバル・ジハードの変容――アブ−・ムスアブ・アッ=スーリーによる「ウンマ」の分散型組織論

189-214.


公募論文

前田幸男「世論調査報道と政治過程――調査方法の変化との関係を中心に

215-235.

境家史郎「戦後日本人の政治参加――「投票参加の平等性」論を再考する

236-255.

平野淳一「「平成の大合併」の政治的効果――市長選挙結果の分析から

256-278.

小畑俊太郎「ベンサムにおけるデモクラシーと官僚制――「責任」の概念を中心に

279-297.

鵜飼健史「ウィリアム・コノリーの領域性――主体と主権

298-318.

小宮京「大阪市警視庁の興亡――占領期における権力とその「空間」

319-339.

福島啓之「関係修復の国際政治と戦後日本外交――政策決定者の共時的認識と対象国の選択

340-359.

友次晋介「日本の南極への関与 1910-1963――理想主義/現実主義的国際観の狭間で

360-380.


日本政治学書評委員会「2012年度 書評

三船毅「政治過程 対象 蒲島郁夫・竹中佳彦『現代政治学叢書8 イデオロギー』東京大学出版会,2012年

381-384.

浅野一弘「行政学・地方自治 対象 有馬晋作『劇場型首長の戦略と功罪―地方分権時代に問われる議会―』ミネルヴァ書房,2011年

384-387.

石川敬史「政治思想史(欧米) 対象 デイヴィッド・D・ホール(大西直樹訳)『改革をめざすピューリタンたち―ニューイングランドにおけるピューリタニズムと公的生活の変貌』彩流社,2012年

387-390.

佐賀香織「政治思想史(日本・アジア) 対象 小川原正道『福沢諭吉の政治思想』慶應義塾大学出版会,2012年

390-393.

瀧川修吾「政治史(日本・アジア) 対象 北岡伸一『日本政治史―外交と権力』有斐閣,2011年 坂野潤治『日本近代史』筑摩書房,2012年

393-397.

杉浦功一「比較政治・政治史(欧州・北米ほか) 対象 吉田徹編『ヨーロッパ統合とフランス―偉大さを求めた1世紀』法律文化社,2012年 安江則子編著『EUとフランス―統合欧州のなかで揺れる三色旗』法律文化社,2012年

397-400.

宮脇昇「比較政治・政治史(ロシア・東欧) 対象 柴宜弘監修,百瀬亮司編『旧ユーゴ研究の最前線』渓水社,2012年

400-402.

石井貫太郎「国際関係論 対象 Joseph S. Nye, Jr., Understanding International Conflicts: An Introduction to Theory and History, 7th ed., Pearson Education Inc., 2008. ジョゼフ・S・ナイ・ジュニア(田中明彦・村田晃嗣訳)『国際紛争・理論と歴史(原著第7版)』有斐閣,2009年

403-405.

ツイッター